« 同窓会終了のお知らせ | トップページ | けいおんファンってすごい »

2010年6月26日 (土)

事実上のゼロトップ

 ワールドカップ予選突破したー。3-1で勝てるとは予想外でした。半端なく嬉しいと同時に、手のひら返しの激しさにちょっと呆れてる(笑)。でも、今回の予選突破は怪我の功名(塞翁が馬とも言えるかもしれない)だと思ってたり。中村俊輔選手が全く使えないせいでシステムをスムーズに変更できたように思います。

◯ゼロトップシステム

 サッカーをほとんど見ないので、あまりわかってません。でも、イングランドとの練習試合でシステムを変えたらしいのは耳にしました。そのときにはじめてアンカーという言葉を聞いたのですが、阿部選手をアンカーに置いたらしいんですよね。調べてみると、ボランチ(守備的MF)よりも守備的なMFらしいです。超守備的MFかなあ?

 テレビとかでは4-1-4-1と言っていたのでそう信じてたのですが、ワールドカップ予選を見ていてなにか違うように思ったんですよね。だって、これまでの4-2-3-1の2ボランチよりも、4-1-4-1の1アンカーの方が守備力高いんですよ。それでようやく、2ボランチ1アンカーで守備的MFが3人いるんじゃないかと気づきました(笑)。4-1-4-1ではなく4-3-2-1ですね。

 ◇【W杯】岡田監督「終着駅はここじゃない」 決勝T進出の一問一答

 でも、岡田監督は、4-2-3-1から4-3-3に変えたと言っちゃうんですよ。ここであれ?と思いました。普通、4-3-3だと3トップですよね。でも、どう見ても3トップじゃない(笑)。ということは・・・噂されていたゼロトップじゃないかと。ググってみると岡田監督もゼロトップに言及しているっぽいんですよ。かつてはゼロトップ構想があったみたい。
 予想では、中村俊輔選手がいたので1トップにする必要があった。でも、中村俊輔選手がいない場合、FWが不要になったんじゃないかと。その代わりにアンカーを増やした。それが大当たりしたという気がします。
 今の日本代表のシステムは、4-3-3-0でしょう。FWがいないので攻撃要員がいないように見えますが、日本のFWは世界では通用しないっぽいです。FWを標的にできないから、むしろ守りにくいんじゃないでしょうか?

 攻撃的MFがドリブル突破して、守備的MFがミドルシュートを狙う。ときにDFのサイドバックがオーバーラップしてサイドをえぐる。走れる選手ばかりじゃないとおそらくこのシステムは機能しません。オシムサッカーがここに来て生きているように思います。みんなで攻めて、みんなで守る──走れない選手は交代要員にすらなれない過酷なシステムなんじゃないかなあ? でも、得意のパス回しが生きるシステムだと思います。

 このシステムは、相手がパワープレーに来てくれた方が絶対生きます。中盤がスカスカになる方が生きるはずです。その方がカウンターしやすくない? 将棋で言えば穴熊のようなものですよ。がっちり守って飛び道具で反撃。そのためには相手の中盤がいない方がいいはずです。デンマーク戦はそれで3点取れたんじゃないかなあ?と憶測。
 かつてのイタリアのカテナチオってこんな戦術だったの? 岡田監督だから日本のはオカナチオって呼ばれているらしいけど(笑)。

 次のパラグアイ戦は、デンマークほど中盤が開かないはずです。勝つとしたらカメルーン戦のように早めに得点して、オランダ戦のように守りつつ攻撃することじゃないかな? 守り一辺倒だったら負けそうなんですよね。今の守備ならば、2点取ったら勝てると思います。長谷部か松井のシュートが決まると嬉しいなあ。

◯本田△

 あの無回転FKって本田選手の得意技だったんですね。似たようなFKです。高地じゃないので曲がりもより大きいかな?

本田は“生粋の才能”、遠藤のFKは“プラティニ風” 欧州メディアが日本を絶賛

 デンマーク戦は本田△ですよね。文句のつけようがない。これが持続できたらどんなに嬉しいことか。

選手たちが自ら考え動き始めた…日本代表快進撃の理由

 早めに選手同士で納得行くような結論を出したほうがいいみたいです。韓国戦は負けてよかったのかもね。

ストライク・ウィッチーズ2

 番宣動画があがっています。楽しみですねえ。

つばさキャット 其の伍

 ついに最終話らしいです。落ち着いたら見るようにします。それよりOPを集めたCDは出ないのかよ!

OVA「とある科学の超電磁砲」制作決定!

 O・V・A!O・V・A! すごい勢いですなあ。この調子ならば2期も夢じゃないねー。2期の代わりにOVAかもしれませんけどね。でも、禁書目録2期はアリバイ作りだろ?

こえでおしごと!アニメ化決定です!!!

 Studio五組というのが、「ストライクウィッチーズ」や「咲-Saki-」のGONZO第5スタジオなんですかあ。これによると、GONZOの分裂の様子が……諸行無常だねえ。「エンカレッジフィルムズ」と「studio五組」が個人的に好きなGONZOみたいです。思いっきり注目しようと思います。

◯何が悪いのか?

 何で見たのか思い出せません。〇〇が悪いというときに何種類かあるらしいです。
 よく「誰其(人)が悪い」「組織が悪い」という指摘があります。その他に何があったかなあと考えて、「システムが悪い」というのが思い浮かんだのですが、どうも大きすぎるんですよね。そこでずっと考えてたのですが、ようやく思いついたのでメモしておこうかと。

 システムを2つに分けて、「(組織)構成」と「(組織)運用」でどうでしょう? 
 結果的に、「人」「組織」「構成」「運用」の4種類です。これが絶妙に組み合わさって良い仕事ができるように思います。
 自分は「構成」に対して文句を言うことが多いはずです。だって、人や組織だと個人攻撃になるし、運用は知らないところが多いんだもの。その点、構成は指摘しやすい。例えば、厚生労働省は大きすぎるので分割したほうがいいとかね。
 人に文句を言う人は喧嘩好き。組織に文句を言う人は上下関係嫌い。構成に文句を言う人は上から目線。運用に文句を言う人はマニュアル好き。こんな感じかなあ?

 さて、これを何かにつなげたいんだけど、何につなげられるもんかなあ?(笑)

|

« 同窓会終了のお知らせ | トップページ | けいおんファンってすごい »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同窓会終了のお知らせ | トップページ | けいおんファンってすごい »