« 真夏の夜の夢 | トップページ | 感想:カラフル »

2010年8月23日 (月)

アニメは誰のものなのか?

 甲子園は興南が優勝でしたね。思いのほか大差がついたなあ。見ようとしたんだけど、冷房を強くしすぎてていつの間にか冬眠しちゃってた。起きたら終わってるし……うぐぅ(涙)。準決勝が事実上の決勝だったのかもね。あれはどちらが勝ってもおかしくなかったと思います。島袋くんは進学らしく、一二三くんはどうするか迷っているようです。本人の将来にとって良い選択だったらいいですね。

 インセプションを見て、まだ消化不良なんよね。どうやって戻ってきたの? そこを描くと日本映画になっちゃうのかもなあ。でも、納得行かない(笑)。SF映画としては面白いと思います。なぜ攻撃されてるだっけ?と混乱するけど(異物として排除されるんだっけ?)、面白いからいいやって感じ。アバターでも思ったけど、やっぱりSFは絵だね。斬新な映像ならSFとして成立するわ。

 どこで読んだのだったかなあ? 日本はロシアの南下政策を模倣したというの。かなり衝撃的だったんだよなあ。日清戦争が朝鮮を独立させるための戦争だったというのと同等の衝撃。でも、これで日露戦争以降の日本の戦略とその失敗の理由が見えやすくなったんですよね。それまではロシアの南下政策を食い止めるための戦略だったのになあ……

 そして、戦後も同様にアメリカの産業を追いかけて、追いついたあとも模倣を続けているんじゃないんだろうか? 自動車や家電の先に音楽や映像、知的財産などを求めて失敗している気がする……
 アメリカはフロンティアスピリッツで突破力があるから新しい分野を開拓している。知的財産を重視する企業がある一方で、知的財産を捨てて数は力に走ったネット企業(googleとか)が成長しているしね。そして、ネットでは主に英語が使われているせいで、日本が模倣できないという……

 中国のパクリが問題視されているけど、日本も西洋文明を模倣してたわけじゃん。模倣って日本のアイデンティティだと思うんですよ。模倣しないとガラパゴス化するんじゃなかろうか? そうなると日本の模倣と中国のパクリを差別化する必要があるんじゃないかと思います。どうすれば模倣を正当化できるんだろう? 特許同様に+αを強調すべき?

ハルヒ in USA

 この本は難しかったです。だって論文なんだもの(笑)。でも、ハルヒを題材にアメリカのアニメ産業の問題を論じているのは新しいと思いました。特にファンサブ(字幕付き違法動画)やMADムービー(アメリカではAMVと言うんだって)を取り上げているのが印象的だなあ。

 しかし、納得がいかない点が多々あるんですよね。

 ・世界観を重要視しているが、世界観は大層なものではなく舞台設定なのでは?
 ・「拡散」「滅殺」が使用されているが、SFジャンルで使われていた「浸透と拡散」を使用できなかったのか?
 ・換コード化(翻訳作業)をアニメに限定しているが、洋画の輸入も同じなのでは?
 ・ハルヒのローカライザーを低く評価し過ぎでは? 他のアニメに比べるとオリジナルに近づけているのでは?
 ・日米の政治的な関係を意識し過ぎでは? 海外の収益が大きければ訴訟もあるのでは?

 最後に関しては、著者が経済産業省の人間というのが引っかかるんですよね。そんなにアメリカに遠慮しているもの?

 納得がいかない点はあるものの、記事のタイトルのように「アニメは誰のものなのか?」を論じる必要があるなあと思うようになりました。
 出資企業のものなのか? 著作権を持っている企業のものなのか? つくっている人のものなのか? ファンのものなのか? 誰のものでもないのか?
 海外ではメディアミックスを行える状況にないらしい。ネット上ではファンサブが溢れており、原作のライトノベルや漫画が無断で翻訳されていることで、ファンは情報を補完しているということみたい。
 そして、ローカライザー側も貧弱で、放送時間帯が頻繁に変わったりシリーズものがリリースされなくなったりするらしい。
 だから、ファンサブ制作者を糾弾しても解決しないだろうし(需要があるのに供給がとまっては解決しないと思う)、だからといってファンサブを放置するわけにもいかないだろうと思うんですよね。
 ファンサブが無駄になるぐらいの、メディアミックスを可能にする体制を少なくともアメリカでは構築する必要があるように思います。そうすれば、ローカライザーとファンで敵対せずに、「アニメはみんなのもの」となるんじゃないかなあ? 英語で流通すればある程度は解決するんじゃない?

『とある魔術の禁書目録』福岡ソフトバンクホークスの公式twitterで超電磁砲ネタ

 一部で話題の公式Twitterですね。3戦目も小久保さんのレールガンがあったら勝てたんじゃないかなあ? そういえば、最近江川がスタメンですが、このまま定着してほしいものです。できたら城所もスタメンに名前を連ねてほしいなあ(贅沢)。

8月28日公開の劇場アニメ『ルー=ガルー』超映画批評でまさかの100点満点中10点!

 10点って何があった? ガンドレス以来のすごい映画なのか?(笑) きっと作画崩壊しているんだろうなあ。

アメリカ版けいおん

 これはこれで男女ともに楽しめるね! イラストとSSの性別が異なるのはなぜに? しかし・・・アメリカのイメージってこんな感じになるよなあ。ひたすらマッチョなのはなぜ?

オタクって本当にライト化してるのか?

 「百舌谷さん逆上する」に載っていたように、関連作品を調べるか否かではないかな?(調べない人がライト)同じ作者、同じ監督、同じ制作会社、同じジャンル、同じレーベルなどなど、かつてのオタクは調べてたはずなんですよ。
 でも、ライトの人は「〇〇だけは特別」って感じになっているっぽい。他に波及しない。あれ? でも、ボカロあたりは同じ作者のを聞いてそうだけど……どうなんだろう?
 もしくは、本来オタクじゃない人がちょっと齧りました的な感じ? でも、みんな最初はそんなもんだよなあ。

 まあ、「オタクとは何か」を語り始めたらオタクですよ、それは(笑)。アイデンティティに関わるからねえ。

「アニメ・マンガの日本語」世界的人気に

 こういうサイトはありかもね。スラングに近い使われ方って辞書に載ってないしね。ビジネスでの日本語の価値が低下している分、少しでも興味・関心を持ってもらえたらいいよなあ。

「ツンデレは現実世界にも存在する?」を外国人が議論するスレッド

 少女漫画で主人公に意地悪をするかっこいい男の子がツンデレの発祥でしょ? 好きな子に意地悪をする男の子って現実でいるわけで。当然、女の子にもいるわけですよ・・・と思ってたり。
 少なくともうちの妹はツンデレやな。誰にでもツンで、デレることがほとんどないけど(笑)。心を許した相手には突然デレはじめるからなあ。正確にはツンデレではないのかもしれないけど、広義のツンデレだと思います。

結婚と恋愛のレート

 珍しくちきりんさんの記事で関心しました(笑)。いや、いいことを書いていることが多いんだけど、微妙に意見が異なったりして素直に賛同できないんですよね。
 2次元に逃げると3次元に戻るのが大変というか、男のほうがお姫様願望を抱くんだよなあ。だって、女の子キャラがいっぱいいるアニメやゲームばっかりなんだもの。これはトレンディドラマとそんなに変わらないと思います。だから、おそらくレートを下げてもなかなか同じ土俵に上らないように思うんよね。・・・自分も含めて。いや、上ろうかなあと迷ってはいるんだ・・・

◯最近のアニメOP/ED

☆Angel Beats - OP

☆WORKING!! - OP

☆迷い猫オーバーラン! - OP

☆けいおん!! - OP1

☆けいおん!! - ED1

☆Highschool Of The Dead - OP

☆生徒会役員共 - ED

☆世紀末オカルト学院 - ED

☆伝説の勇者の伝説 - OP

☆ストライク・ウィッチーズ2 - OP

☆けいおん!! - OP2

☆けいおん!! - ED2

|

« 真夏の夜の夢 | トップページ | 感想:カラフル »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真夏の夜の夢 | トップページ | 感想:カラフル »