« ハンカチ世代運命の日 | トップページ | 尖閣の真実 »

2010年11月 4日 (木)

感想:ANIMAX MUSIX 2010

 若者の〇〇離れって濫用されているけど、これって単純に少子高齢化のせいじゃないの? 若者ひとりあたりの数や金額を比較している記事が非常に少なくて不満。年収自体が減少傾向だから金額は下がるんだろうけど、そういう正確な統計情報がないと原因を分析できないんじゃないの?

 APEC(アジア太平洋経済協力会議)前にTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加期限があるみたいだけど、個人的にはTPPに参加してほしい。農業保護政策が戸別所得補償制度というのは不安だけど、アジア各国と比較しても農業のレベルって低くないと思う。中国の上流層が高級果物とかを買うんだから、TPP加盟国に売ることだってできるんじゃないかな? そのルートを政府が整備することが重要で、結果的に国内専用の農協を再編する必要が生まれるように感じています。

 最近、アグネスが身近に迫ってる。マジで怖い。職場に労組経由で児童ポルノ規制の署名が送り付けられてたし、映画館では「たとえば児童ポルノ」ってアグネスがささやくし・・・ストーカーのように拡散してます。アグネスのバイタリティがすごいせいなのか、日本ユニセフの資金力のせいなのか、ひたすら押しまくってますね。
 これまでは政治家に訴えて法律や条例をつくる方向だったのですが、今後は世論に広く支持を訴えていく戦略に舵を切ったように思えます。漫画やアニメの表現規制を隠しつつ、3次元の児童ポルノの禁止を訴える戦略にも見えます。
 この動きを注視しつつ、何か動きがあったら対処するしかないのかなあ。しかし、日本ユニセフがここまで敵になるとは思ってなかったわ(笑)。

ANIMAX MUSIX 2010

 日刊スポーツの記事はおかしいね。ANIMAX MUSIXにおけるLISPの扱いは、かなり小さかったですよ。大きかったのは、KOTOKOさん、中川翔子さん、May'nさんあたりじゃないかなあ?

 今回アニソンライブを経験してわかったことは、サイリウム必須ですね(笑)。サイリウムがないとかなりつまらないはず。動きを知らなくても周囲に合わせればOK。ヲタ芸を踊ってた人もいるけど、サイリウムとは全く合わないですね。みんな縦の動きの時に、ヲタ芸だと横の動きになるんだもん。(サイリウムでもPPPHっぽい動きはあるし、横揺れもあるっぽいけど、周りに合わせたほうがいいように思います)
 サイリウムが同じように揺れるのが美しかったです。3階席にいたけど2階席のサイリウムが綺麗だったなあ。曲によって青系と赤系を使い分けてる。色の統一が素晴らしかったです。1階席の特に前の方はサイリウムをあまり持っていない印象でした。運が良かった人でサイリウムを知らない人がいたとか?
 しかし、こういう光景ってアニソンライブ独特なんですかね。最近は声優だけでなくアイドルのライブもサイリウムを使うんだっけ? とりま、この文化は面白いです。おそらく普通のコンサートとは大きく雰囲気が異なります。ロッテの応援はサッカーのを導入している印象でしたが、ひょっとするとアニソンライブの観客の動きなのかも。あの手の動きはサイリウムを振っている時と近いような気がします(笑)。

 今回の曲目は、「ANIMAX MUSIX FALL 2010」セットリストを参照。
 持ち歌では、創聖のアクエリオン、鳥の詩、空色デイズ、ダイアモンドクレバスあたりが嬉しかったです。中川翔子さん、KOTOKOさん、May'nさんの盛り上げ方がうまかったように思います。慣れてますね!
 予想外に楽しかったのは第2部。LiaさんとORIGAさんのsakura(激うま)、May'n部長のBeautiful World、しょこたんの星間飛行(キラッ☆)が素晴らしかった! 「Give a reason」「輪舞」「God knows」「ゆずれない願い」「IN MY DREAM」「愛・おぼえていますか」「Eternal wind」といった好きな歌が目白押し。それも普段歌わない人が歌うという・・・みんな上手く歌うもんだ(笑)。さすがプロでした。すごかったなあ。
 最後は、部長(May'nちゃん)だったけど、さすが歌シェリル。むちゃくちゃうまいです。そういえば、ラブゲッCHUのEDをMay'nちゃん(中林芽依名義)が歌っているとは知りませんでした。今週知った(笑)。May・Nなのね。

 アニソンシンガーの皆さん、観客の皆さん、その他関係者の皆さん、素晴らしいイベントをありがとうございました。3時間ぐらいで終わるかと思ってたら、7時間も楽しめたよ。本当にありがとう!

◯感想:君に届け

 ようやく君に届けの映画を見てきました。多部ちゃんの爽子声がすごく好みです。それにつきます(笑)。最初の爽子=貞子演出(耳の前に大量の髪を流す演出)がどうも気に食わないし、後半の恋する爽子演出(耳の前に髪を流さない演出)も納得がいってないけど、泣けたし多部ちゃんが多部ちゃんらしく可愛かったからこれでいいと思います。なぜか先生が活躍しているのも、演出だと思って許す。
 能登の爽子はあまり見てないんよね。レコーダーにはあるんだよなあ。2期があるらしいし、深夜に再放送しているので、もうちょっと見てみるかなあ?

 くるみ役の桐谷美玲さんはかわいいという設定だけど、アニメ声っぽくて声がかわいいですね。ちずちゃん役の蓮佛美沙子さんの演技が印象に残ったなあ。今後注目したい女優さんでした。

 男性が監督しているせいなのか、風早くん視点がかなり原作よりも多かったと思います。風早くんを身近に感じれる映画じゃないかな? 改変は多いですが、そういうのを感じたい人向けの映画です。あとは多部ちゃん好きが見る映画だな(笑)。

斉藤が“一時引退”育成コーチ兼任選手へ

 一時引退じゃないと思うなあ。ついに、斉藤和巳さんが事実上の引退です。おそらく復帰は厳しいかと。選手兼コーチというよりは、コーチ兼選手だろうなあ。ダルの離婚より衝撃が大きいかもしれないニュースでした。

池上彰のよくわかる枕営業

 うますぎて笑った。握手会にそういう効果があったとは・・・関係者は気をつけてほしいですね。それにしても、なぜここまで知っているんだろう? ゴシップ情報だけじゃない気がする。やっぱり関係者なのかな?

|

« ハンカチ世代運命の日 | トップページ | 尖閣の真実 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンカチ世代運命の日 | トップページ | 尖閣の真実 »