« 冬アニメ ’11 | トップページ | 東京都青少年健全育成条例の整理 »

2010年12月15日 (水)

感想:SPACE BATTLESHIP ヤマト

 800万人いるという団塊の世代(1947~1949)の年金時限爆弾がやばい。2年後には1947年の人が65歳になって、必ず年金を受け取ってる。団塊の世代が全員年金を受けとると、ひとり月10万円としても年間9.6兆円。現在、年金の半分が税金(半分が保険料)なので、年間約4~5兆円歳出が増えることになる。
 そら消費税を上げろって話になるよ。経済対策などで一時的に必要なのではなく、今後10年ぐらいは4兆円以上かかるんだもの。
 やばいだろうなとは思ってたけど、想像以上で笑えますわ。なんだこれ?! でも、全世界的にこのような現象が起きるんですよね。(戦争が終わったらベビーブームが起きるらしい)今後10年うまく耐えれたらいいよね。

漫画の中で犯罪を表現したらアウト!?

 採決は15日。『民主党の浅野克彦都議は、「6月では反対の立場に回ったが、今回は賛成に回る」と明言』ということなので、残念ながら今回は可決しそうです。
 すでに付帯決議つきながら13日に委員会は通過東京国際アニメフェアはさらに混迷。おそらく開催は難しいんじゃないかというところで、菅総理が懸念を表明と事態が進展しています。動きようがない(採決まで早すぎね?)ので、とりあえず15日までは見守ろうかなあと思います。
 その後の出版社の動き、書店の過剰反応などが気になるんだよなあ。条例施行後の状況は予想できません。変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。どうなるんだろうね。

◯感想:SPACE BATTLESHIP ヤマト

 アニメは見てません。こういう設定だったんだなあ。放射能除去装置ってこういうことだったのかあって感じです。
 アニメは見ていませんが、「キムタクisキムタク」でしょうね。アニメとは違うはずです。しかし、そこを除くとSF映画として立派に仕上がっていると思います。SFXもROBOTだけあって日本最高峰。非常に格好良いです。
 SF描写として、もうちょっとネジとボタンと計器が多かったら嬉しかったなあと思ったり(笑)。床の描写はなかなか素晴らしかったと思います。我ながら変なこだわりだなあ。

 この映画は泣ける要素が満載ですね。世界的に公開できるかは疑問ですけど、非常に日本らしいSF映画だと思いました。最近物足りなかった、仲間を切り捨てる決断の描写が豊富にあったのも素晴らしい。
 原作が西崎さんだったのが印象的でした。今で言うメディアミックスなので、漫画家が原作というのはおかしいはずです。アニメって準備に時間がかかるしね。30年以上前にこれだけすごいSF設定を創りあげていることにビックリ。グレンラガンの地下描写ってこれだったのか。

 観る前はどうだろうと思ってましたが、なかなかまとまった映画じゃないでしょうか? 原作ファンはキムタクや黒木メイサに引っかかるかもしれないけどさ。そういや、古代進と森雪って何歳ぐらいなんだろう?

|

« 冬アニメ ’11 | トップページ | 東京都青少年健全育成条例の整理 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬アニメ ’11 | トップページ | 東京都青少年健全育成条例の整理 »