« アニメコンテンツエキスポ開催 | トップページ | ベーシック・インカムという政策 »

2011年1月 6日 (木)

ネット右翼という思想

 実家から戻ってきました。寝正月だったなあ。もっと計画的に行動すべきだったかも。・・・と言っても行きたいところがないしなあ。次は九州新幹線に乗る!

 今年の予想でもしてみよう。今年と言いつつ3年後ぐらいかもしれないんだよなあ。「地方テレビ局の倒産か合併がある」「18禁漫画の一部がメジャー化する」「九州新幹線によるストロー効果で福岡経済が好調になる」「大阪都構想と中京都構想が一歩先に進む」「消費税増税へ向けた議論が活発になる」「亀井モラトリアムが終わって倒産が増える」「円安になって株価は高騰する」──こんなところでしょうか? 経済は上向きになると思いますが、雇用が回復するにはちょっと早いのではないかなあ?

ヤマカン今朝の朝日新聞にも載る 「実写映画も撮りましたが、最後はアニメで死にたいという思いは変わりません」  他

 ヤマカンの「オタク以外もターゲット」というのがなあ。本人がオタクなだけに、オタク以外を想定できるのかどうか。あまり意識しすぎるとオタクも離れるしねえ。不安もありますが楽しみでもあります。
 ヤマカンの引き中心の定点カメラっぽい演出が好きなので成功して欲しい。最近のアニメはカメラが被写体に寄り過ぎなんだよ。顔のアップとか邪魔すぎる。ヤマカンには今後も注目していきます。

『狼と香辛料』朝日新聞にホロが写ってるー

 ここ数日の朝日新聞はチャレンジャーだなあ。組織が変わったの? 今後は朝日新聞がずっとオタク寄りになりそうだなあ。東京都青少年健全育成条例もありますし、対抗軸として有効と読んでいる可能性もあります。政治さえ絡まなければ朝日新聞は大丈夫なので(笑)、どんどん特集していただければ非常に嬉しいです。

東京都青少年保護育成条例改正案可決の意味すること

 よくまとまってるなあ。可決の原因は、民主党では「賛成派と反対派が拮抗していた」ことにあると考えています。そして、役職付き(年配者)は規制賛成派だった可能性が高いんですよね。このあたりの力関係を察知したので、私は民主党に過剰に期待することを諦めました。

 最近、ネットで意見を集めていると、「同人誌は18禁の方が売れる」というのに目から鱗が落ちました。規制に対するスタンスが、一般の漫画と同人誌は異なるんですよね。それはなぜだろう?と考えるに、すべては「書店では18禁の方が売れない」「同人誌は18禁の方が売れる」に行き着くようです。
 つまり、同人誌は仮に18禁になっても被害がない。もちろん、18禁の規制(消しが甘いなど)は影響があります。しかし、今回の東京都青少年健全育成条例のように、18禁ゾーンの拡大に関しては同人誌への影響がないわけです。
 R-15に関しては何をR-15にするのか揉めそうですが、PG-12に関しては売り場さえ確保できれば宣伝になると思うんですよね。だって、そこにエロがあるというお墨付きなんですもの。100の宣伝文句よりも確かでしょ? だから、PG-12は作れると考えております。さっさと作っちゃえばいいのに。

 今後の流れとしては、電子書籍が発展して、次第に18禁の漫画でも買いやすくなることが予想されます。アメリカよりも日本の電子書籍の市場は大きくて(意外でしょ?)、その大半は携帯電話向けの漫画で、さらにその多くは女性向けエロ漫画らしいんですよ。東京都などの自治体はキャリアに対して規制をかけて、このエロ漫画市場を小さくしようと画策しているようですが、スマートフォンが登場して規制しにくくなっています。
 恥ずかしくて買いにくい。その障壁を取り除けば、大きな市場になります。18禁を拡大すればするほど、恥ずかしさの障壁を取り除けるんじゃないかな?と予想しています。

○ネット右翼という思想

 麻生元総理にしろ、猪瀬副知事にしろ、安易に「ネット右翼(ネトウヨ)」という言葉を使い過ぎているような気がします。嫌いな者へのレッテル貼りに過ぎなくなっているのが残念。思考停止せずに、もう少し冷静に捉え直したほうが良いように考えております。

 ネット右翼は以下のいずれかだと考えております。ただし、使用者によって意味が異なります。本当の意味は全くわかりません。

 1.韓国が嫌いな人。嫌韓厨
 2.民主党が嫌いな人。アンチ民主党
 3.自民党が好きな人。自民党信者
 4.漫画・アニメへの規制に反対する人。アニオタ

 個人的には、「アンチ民主党」はネトウヨとレッテルを貼られやすいように思います。「ネトウヨ=狭量で敵を作りやすい人」でもよさそうなんですけどね。そこまで意味を限定するとレッテル貼りに使えなくて便利が悪いみたい。

 反共、反米が戦後の軸だったと思います。「反共親米(自由主義)」「反共反米(社会主義)」「親共反米(共産主義)」の3つに分かれていたと考えております。そして、「反米(社会主義・共産主義)」が左翼だったのではないでしょうか? それに対抗して右翼が存在していた。右翼でも、「自主防衛」「日米安保」のふたつに分かれ、「自主防衛」路線のほうが極右として位置づけられます。

 鳩山由紀夫元首相の祖父・鳩山一郎元首相や岸信介元首相が「自主防衛」路線ですよね。現在では自民党町村派(清和会)になるのかなあ? 鳩山由紀夫元首相も祖父の墓参りをしているので「自主防衛」路線の可能性があります。この路線は自主防衛を意識しすぎると反米になってしまいます。
 それに対して、麻生太郎元首相の祖父・吉田茂元首相が主導した路線が「日米安保」路線です。米軍に軍備を依存するので軽武装と言われています。しかし、左翼には軽武装の意味がわからないようです。

 とりあえず「親米」が右翼となっていますが、右翼でない人も米国好きはいるんですよね。左翼に反対するのが右翼らしいです。だから、意味を広げて右翼と言うのもレッテル貼りかもしれません。
 共産主義の北朝鮮を支持していたのが左翼で、それに対抗して韓国を支持していたのが右翼という構図があります。昭和の政治を知る者にとって、これは常識なのでしょう。教科書に北方領土が掲載されており、竹島が掲載されていなかった理由はここにあると思います。
 しかし、ベルリンの壁が崩壊し、ソ連がロシアになり、冷戦構造が終結すると、左翼のアイデンティティが崩壊してしまいます。そこで、左翼は「護憲」「反米」に方針を転換します。そして、北朝鮮の拉致が明らかになって「親韓」に切り替えたように思われます。中国と韓国といった、現在のアジア重視路線ですね。
 右翼は「改憲」「親米」で対抗できますが、これまでずっと「親韓」なので切り替えることは困難です。しかし、「親韓」に対抗した勢力が登場したんですね。
 中国と韓国を特定アジアと言って嫌う勢力──当初は嫌韓厨と言われましたが、次第にネット右翼と呼ばれるようになります。拡大解釈されて、アンチ民主党や自民党支持者にも使用されるようになって意味が拡散しました。
 この勢力について、昭和の右翼や左翼には理解できないのです。韓国を軸に右翼と左翼を分けれないから(笑)。たぶん戸惑っている人が多いだろうなあと予想します。

 勝谷誠彦さんは典型的な嫌韓厨なんですよ。でも、民主党支持者(小沢信者)。だから、ネット右翼なのかどうか分からなくなっています。意味が拡散しすぎているんですよね。
 そこで提案。嫌韓志向の右翼は「平成右翼」でいいのではないでしょうか? デモを行ったりネットとは無関係になっているので、「ネット右翼」より「平成右翼」の方がそれっぽいと思います。
 共産主義・社会主義・北朝鮮を見捨てて親韓に切り替えた左翼は「平成左翼」でいいかもしれません。旧来のは「戦後(昭和)左翼」「戦後(昭和)右翼」でいいじゃん。そういう分類にした方が右翼と左翼の概念がスッキリするのではないでしょうか?

 いや……右翼と左翼の2種類で分けることはあまり意味がないと思ってるんですけどね(笑)。多種多様な人がいるのに2種類に分けるとか無理すぎる。

人気声優アイドル平野綾 「ライフライナーやめない?」とキレる

 twitterの使い方が下手な印象です。そもそもtwitterがライフラインっておかしくね? テレビや雑誌に大活躍ですが、今後の展開が心配です。声優としては大好きなので、体を壊さないように活躍してほしいなあ。

鷲宮神社 : アニメ聖地の参拝客、平野綾効果で2万人増の47万人 4年連続増

 31日にコミケ3日目があった影響が大きいと思うんだよなあ。鷲宮神社でコミケ4日目になってる。平野綾効果は限定的……だと思います。去年のニュースの影響で今年増えた予感。仮に30日がコミケ3日目だったときは激減するんじゃなかろうか? 実家で参拝するかもしれないしさ。

◯経済って熱力学にならない?3

 以前取り上げたネタを修正。

 内需とか外需は熱量(Q)とか仕事(W)としたほうが良さそう。圧力に相当するのは、前年比の経済成長じゃないかなあ? Rを経済成長率、Gを前年度のGDPとして、(1+R)G=Ngとしたらどうだろう? ここから先は全く考えていないんですけど、この方が素直な考え方かなあ?と思ってたりします。次回に続く?(笑)

|

« アニメコンテンツエキスポ開催 | トップページ | ベーシック・インカムという政策 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメコンテンツエキスポ開催 | トップページ | ベーシック・インカムという政策 »