« ネット右翼という思想 | トップページ | 「ものづくり」から「ことづくり」へ »

2011年1月16日 (日)

ベーシック・インカムという政策

 LISPのイベントに当選しちゃった。ひょっとして、1次抽選で外して、2次抽選で当たるように細工してる?(笑) 参加費がかなり高いけど、当たったからには参加するしかないなあ。ま、結構うれしいんですけどー。

 コミケのときに思ったけど、コミケの商品ってセット売りのほうが高くね?(笑) 高いなあと思いつつも買ってしまうのがコミケなんだよね。おそらく、今後の日本経済は、コミケのように多品種少量生産でニッチでマニアックな売り方になるんだろうなあと予想しております。

 菅政権で内閣改造が行われましたが、与謝野さんが離党して入閣するとは思ってなかったなあ。選挙中の与謝野さんって体調が悪かった記憶があるんよね。最後のチャンスなのかもしれんね。
 とりあえず、消費税の増税とTPPだけはやりとげて、その後に解散総選挙を行って欲しいと考えています。例え選挙で負けても、やるべきことをやり遂げたら後世評価されると思うよ。(菅首相もそれを望んでいるっぽいし)

かってに改蔵アニメ化におおいに驚く赤松健先生

 オチが素晴らしいですね。赤松先生かっこいいわー。
 しかし、かってに改蔵って、なぜ連載中にアニメ化しなかったんだ?! 逃がした魚が大きかったのかなあ? なにはとまれ、おそらくTVアニメだろうと思うので楽しみです。絶望先生よりもかってに改蔵の方が好きだったりするし。

にゃんぱいあ : 同人誌発のネコキャラがテレビアニメに

 ああ。にゃんぱいあって同人誌だったのか。かわいさをどこまで表現できるかでしょうね。イカ娘のような3話構成がいいように思ってたりするなあ。

ラピュタは本当にあったんだ! 「Minecraft」で再現されたラピュタがスゴい

 これは予想以上! かなりすごい労力だわ。数十人でつくっているのか。コミュニケーションはどうやってとったんだろうなあ。

東京都青少年育成条例改正の是非 都議会公明党幹事長vs.松本零士氏

 産経新聞もアリバイ作り? 『都の“性描写規制”条例 「表現活動の制限に」81%』って、成立後にアンケートしても意味ないんだけど(苦笑)。
 「だが近年、不健全図書に指定された漫画などの約半分は、業界の自主規制団体に属さない社によるもので、実効ある対策が必要だ」と言うけど、それがどうして今回の条例になるのか? 自主規制団体を作るための条例改正じゃないっしょ。詭弁過ぎて、目的と結果のあまりの違いに驚愕。
 規制派と反対派は妥協点を見つけられないのかもなあ。そう考えると、規制派の強引な行動は理解できるわ。強引すぎてびっくりしたけどさ。

【144回】映画監督、押井守さんから学ぶ「職場を生き抜け!」

 押井さんの記事とは珍しい。耳が痛いことが書かれているけど、一読の価値はあるかと思います。ひとつ言えるのは、ちゃんと話を聞けることが重要なんだろうなあ。。。いまだに苦手だわ。

「右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい」

 これは難しい。しかし、神戸新聞は思い切った試みを行うもんだ(笑)。

 ・鼻の位置が高いのに大きい
 ・肌色が少ない
 ・片方の眉毛がない

 ざっと考えるに、このくらいかなあ? 特に鼻が小さい(もしくは、鼻がない)のが萌えキャラの特徴です。あとは、衣装にちょっと赤みを入れたいところではある。その結果がこれ。あまり萌えない? 画力がなくてすみません。特に色をつけるの苦手なんやわー。

『Lat式 初音ミクさん』が天使のごとく可愛いさで愛くるしい!!

 たぶん、これで感じるかわいいという感情が「萌え」なんですよ。萌えって訓練しないと習得できない感情だと思っています。
 これほどまでに完成度の高い映像をつくれるってプロの人なんかなあ? ちょっとシャフトっぽくはあるよね。

これはゾンビですか? 1話「はい、魔装少女です」 海外の反応

 ゾンビは原作未読ながらギャグだと思ってたので、化けそうだなあと予測してました。ギャグのラノベ原作アニメはそんなに外れない。シリアスなのはかなりの確率で外れるんですけどね。文章をアニメにする難しさだろうなあ。
 最後の5分ぐらいの勢いがすごかったですね。この勢いが続けば今期1番になれるかも。敵はノイタミナかなあ? 「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」(略称:おちんこ)も、変態妹をキタエリが熱演していて面白かったりする。1巻読み直したら実妹じゃなかったわ。一応避けてたのね・・・

SUBARU×GAINAX 『放課後のプレアデス』 公開日決定!予告編PV公開!

 会ったことのある人が、まだ声優を続けていることが分かってほっとしてたり。ブログを持っていない声優さんだと生存確認できないんだよなあ。事務所にある情報って大抵古いし。
 youtubeアニメということは、どんどんコピーして宣伝してねってことかもね。宣伝の道具としてのアニメは成功するのでしょうか?

ニコニコ動画『魔法少女 まどか★マギカ』を毎週無料で配信

 今回のニコ動アニメで一番の目玉かもね。こっちでは、まどかマギカとゴシックという悠木碧ちゃんアニメの放送時間帯がかぶってるので、利用させていただくかも。

ドラえもん効果、外国人に「どら焼き」人気 日本の土産の主力

 これは面白い現象。ドラえもん人気はアジア圏でしょうね。アメリカなどではのび太が人気ないらしい。こういうところをきっかけに「あんこ」を好きになってほしいな。インド人は羊羹好きらしいしさ。

○ベーシック・インカムという政策

 数年前から「ベーシック・インカム」という言葉を聞くようになってきました。アニメのフラクタルでも登場しましたね。山崎元さん、堀江貴文さん、田中康夫さん、東浩紀さん、池田信夫さん、小飼弾さんなど、多くの人が興味を示している政策です。そして、今後(擬似的にですが)実現しそうな政策でもあります。

 ベーシック・インカム(BI)支持者の間でも、現状の社会保障(生活保護、年金、子ども手当、扶養控除など)をどの程度やめるのか?という部分で、意識の違いが顕著です。大雑把に分類して、3種類にまとめられると考えています。

1.社会保障を全廃してBIに一本化する
2.社会保障を減額してBIを実施する
3.社会保障を残してBIを実施する

 1は新自由主義と言われる方々が推進しており、3は社会民主主義の大きな政府を志向する方々が推進していると感じております。そして、BIへの批判は3に対して行われます。1に対しての批判が少ないのが意外なんだよなあ。

 1も3も無理があると思っているので、私は2ですね。BIは社会保障ではなく景気対策だと考えています。2の場合、負の所得税とも言われるようです。
 そして、負の所得税を実現する政策に、「給付付き税額控除」というものがあります。私は給付と税額控除に分けるのは反対で、給付に一本化した方がいいと考えています。給付と税額控除の二本立てでは、金額を変えると給付・税額控除の構成が変わるので、容易に金額を変えられないだろうという予想からです。

 現在、消費税を増税する議論が巻き起こっています。(年金制度を維持するために、消費税の増税は賛成です)しかし、消費税は低額所得者に不利という事情があります。消費税の先進国では、食料品などの税率を下げていますが、日本では何をどの程度の税率にするのか十分に議論できていません。
 そこで、この「給付付き税額控除」が検討されています。食料品の税率を下げる代わりに、現金を給付しようという考え方です。定額給付金や子ども手当のように世帯主に給付されることが予想されますが、これは事実上のBIではないでしょうか?

 私は、1%上げるごとに1人あたり月額千円給付していき、子ども手当を廃止したり生活保護を減額することで、最終的に消費税30%で1人あたり月額3万円給付を志向しております。
 この場合、住居を除いて1人あたり月10万円以下で生活している人にとっては生活がわずかに豊かになります。
 給付額はもう少し多くてもいいかと思っていましたが、予想以上に年金維持に使用する必要があるんだなあということで、月額3万円給付に落ち着きました。BI推進派の多くは月額5~7万円給付を目指しているようですが、無理だと思います。
 BIは春と秋(ボーナスとボーナスの間)に給付するのが理想だと考えています。国からのボーナスと思えばいいんでないかな? 不景気の時に景気対策をしたい場合は、給付額を一時的に増額することも可能です。定額給付金の常態化ですね。(定額給付金だと拒否反応を示す人も多いのかなあ?)

 今年中に給付付き税額控除が議論されることと、最終的に給付に一本化されることを願いつつ、菅内閣に注目したいと思います。

○リーマンショックの状況整理

 世界恐慌とリーマンショックを対比させたらどうだろう?と思って整理してみました。といっても、関東大震災と阪神・淡路大震災で対比させているんですけどね。なぜか奇妙に一致するんだよなあ。

1914年第一次世界大戦勃発1986年バブル景気開始
1915年1987年
1916年1988年
1917年1989年
1918年第一次世界大戦終結1990年
1919年1991年バブル崩壊
1920年戦後恐慌1992年
1921年1993年
1922年1994年
1923年関東大震災1995年阪神・淡路大震災
1924年1996年住専破綻
1925年1997年
1926年1998年山一證券破綻
1927年金融恐慌1999年
1928年2000年
1929年世界恐慌2001年
1930年2002年ITバブル崩壊
1931年満州事変2003年
1932年2004年
1933年国際連盟脱退2005年
1934年2006年
1935年2007年BNPパリバショック
1936年2008年リーマンショック
1937年日中戦争勃発2009年
1938年2010年

 この表を見るに、ITバブル崩壊でリーマンショックが起きるべきだったのでしょう。しかし、グリンスパンさんの手腕なのか、運良く不況になりませんでした。これは日本にとってかなり運が良いのだろうと思います。2002年と2008年では企業の体質が全く違います。特に金融機関は不良債権をかなり処理できているはずです。実感はなくても戦後最長の景気拡大だったのですから、多少なりとも良くなってないとおかしいですよ。
 確かに今は不景気ですが、日本は直接的な被害(主に金融)は少ない。輸出先の景気が悪いので、日本の景気も悪くなっていると割り切る方が良さそうです。
 世界恐慌から10年ちょっとで第二次世界大戦が勃発しています。リーマンショックから10年後(2020年ごろ)に注目ですね。どうなってるんだろうなあ。

|

« ネット右翼という思想 | トップページ | 「ものづくり」から「ことづくり」へ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネット右翼という思想 | トップページ | 「ものづくり」から「ことづくり」へ »