« 都構想の是非 | トップページ | 春アニメ ’11 »

2011年2月26日 (土)

ライトノベルのアニメ化ラッシュの様相

 ついにETF(上場投資信託)を買ってしまった。しかし、よくよく考えるに、下げ止まるのを待つべきだったとちょっと後悔(涙)。相変わらず学習しないなあ。下げ止まるのを確認して買った方が、おそらく得なことが多いと思います。同様に、空売りは上げ止まるのを確認したあと買うものだろうなあと予想。
 ETFブームだけど、どういうメリットとデメリットがあるのかよくわかってないので、ちょっとドキドキしております。そこまで損しないだろうと踏んで買ってみたけど、どうだろう?

 Wikiを利用した『せつな情報局』が少しできてきました。まだ半分ぐらいの完成度だけど、それでもWikiのおかげでちょっと楽なのかも。あくまでもブックマーク代わりなので、皆さんは編集できません。何か要望がありましたら、twitterでどうぞ。

 最近、邪馬台国は畿内だって思うようになってきてます。九州出身なのにね。
 かつての地図はどう見ても90度おかしい。南と書かれていても実際は東だったりする。そして、実際に邪馬台国まで来て魏志倭人伝を書いているわけじゃないようなので、当時の地図に頼った伝聞なわけです。そうなると、畿内説の方が説得力があるような気がしております。
 纒向(まきむく)遺跡と箸墓(はしはか)遺跡という遺跡が有力地らしいです。個人的には神功皇后=台与(壱与)なので、その前の時代の倭迹迹日百襲媛命が卑弥呼なのかなあ?って感じです。天照大御神は倭迹迹日百襲媛命と台与を合成した人物と考えて良いかと思っています。本当のところはどうか分からんけどね。

 キュゥべえにそそのかされて、『まどかマギカ』のBDを予約してしまった。終わり方が心配ですが、魔法少女の歴史を変えるアニメになりそうです。

 「僕と契約して魔法少女になってよ」

アニメ化が決定しているライトノベルまとめ

 ライトノベル自体はバブルが崩壊したらしいのに、ラノベのアニメ化は凄いブームになっているようです。エロゲのアニメ化が減少して、ラノベのアニメ化が増加しているのかも。

 「ライトノベルのアニメ化」ってそれだけを見ていると小さいのですが、メディアミックスを考えるに最も広がりやすいと感じております。おそらく、ファンにとって小説が最もハードルが高い。その小説が原作なのですから、入手せざるを得なくなるのです。
 さらに、小説を漫画化でき、ファンの多くが買うので非常においしい。漫画化できたらアニメ化しやすいし、アニメ化すると原作や漫画が売れるので、一層おいしい。さらにドラマCDなどにも展開できるので、一粒で3度も4度もおいしいのです。

 ラノベ1巻は漫画3巻分のボリュームに相当します。読者にとって何となくお得感があります。
 ライトノベルは豊富にあるので、作り手としても選択の幅が広い。最近は学園モノが多いですが、探せば他のラノベもあります。
 作り手にとって唯一の難点は、イラストレーターが固定されていることでしょうが、漫画化すれば2種類になりますし、タイラーのように変えてしまうことも可能です。自由度が低いというわけではないと思います。
 唯一の難点は、あくまでも小説であることだろうと予想します。文字なので衣装や風景などを省略できますし、小説では自然に読めても無理のある描写をしていることがあります。漫画化すると制作者が省略している箇所をイメージしやすくなるはずなので、漫画化後のアニメ化が好みですね。

 メディア芸術祭で聞いた感じでは、ライトノベルではなく一般の小説の劇場アニメ化という流れがあるようです。それとは別に、ライトノベルのTVアニメ化という流れもあるのかもしれません。

 個人的には、「緋弾のアリア」「ロウきゅーぶ!」「とある飛空士への追憶」が気になります。読んでないけど、「ミニスカ宇宙海賊」「神様のメモ帳」「境界線上のホライゾン」も、どのようにアニメ化するのか気になるなあ。


オタクがメインストリームになる日は近いのか?

 ライトオタク化が進展していると思っております。小中学生がアニメCDを買っているとか、初音ミクもCDで買っているとか。そういう一般層も深夜アニメを見ているわけです。今や深夜アニメじゃなくてネットアニメかもしれませんけど。最近では、声優が少し一般化したんじゃないかな?

 アニメファン以外に売りたいのならば、もっと積極的にネット配信を進めて欲しいですね。CSに入っている家庭では、キッズステーションとかアニマックスとか見ていると思うんですよ。大学生向けのネット配信サービスがあってもいい。
 バンダイビジュアルさんには拒否られましたが、CSのような月額定額制のネット配信サービスを希望します。ついでに、1話100円のSD画質ダウンロード配信も希望。

すぐそばに神様がいる日常。TVアニメ「神様ドォルズ」今夏放送!

 神様ドォルズは夏かあ。案山子は3DCGだろうなあ。福圓美里さんがヒロインというのも面白そう。原作がまだそこまで進んでない印象なので、どこをクライマックスにするのか興味があります。

田中ロミオ氏原作の『人類は衰退しました』、アニメ企画進行中

 妖精さんがかわいいけど、かわいいんだけど……すごく眠くなりそうなんだよなあ。ARIAよりもずっとまったりとしたアニメになると予想します。

徹底討論 竹熊健太郎×赤松健

 むちゃくちゃ面白い対談でした。竹熊さんは編集者っぽいのに、その実クリエーターだったり、赤松さんは現役の漫画家なのに、圧倒的に編集視点だったり。
 目標の違いから導かれる結論の違いにもびっくりです。途中の認識は同じなのにね。大金は入らないけどそこそこ生活できることへの認識が一番違うのかな?

電子書籍の“中間フォーマット”、仕様案をダウンロード公開

 なぜもっと早くこういう方向性にならなかった? 中間フォーマットだけじゃなく、もっと公開すべき。無料で使ってもらうことが重要な時代なんですよ。それで国際標準になったら、電子書籍端末などが売れるわけだしさ。

男なんかいらない、女の子同士がいいんじゃないか!「百合男子」増加中!?

 三次元のエロで何が苦手かついに分かりました。男が苦手(笑)。二次元なら平気なのにね。二次元の百合も好きだけど、三次元の方が好きなのかも。リアルで腕を組んでる女の子とか確実に萌えるし。「百合男子」かあ。そういうのなのかもね。明らかにBLの逆パターンですわ。

同じ日の読売新聞にプリキュアネタとライトノベルネタが2本載っていた

 気分転換として読むラノベは軽くて荒唐無稽な方がいいんですよね。中にはライトじゃないラノベもありますけど、それだと気分転換にならないというか、放心しちゃうよね。

読売新聞に掲載された小清水亜美さんのインタビュー記事

 読売新聞のプリキュア推しはすごいなあ。小清水さんは許されてると思います。いいともは代役やろ。

名塚佳織が公式ブログで結婚を報告!

 おめでとうございます! ビックリですね! そういう状態なら、フリーという選択は納得だわ。末永くお幸せに。(だから、三瓶さんを小清水さんに獲られても問題なかったのね)

2月22日は『けいおん!』平沢憂ちゃんの誕生日です

 遅くなりましたがおめでとうございます。お姉ちゃんやお友達にもよろしくね。

米「ポケモン世代」が台頭すれば面白くなる――「クール・ジャパン」研究、米国の第一人者に聞く

 同じようなことを考えている人がいる! ポケモン世代って重要だと思うんですよね。それまでアメリカはアニメ不毛の地だったわけですよ。一部に強烈なマニアがいるけど大衆アニメをうまく輸出できていなかった。それがポケモンによって一変したわけです。
 日本政府の「クール・ジャパン」に違和感があるのも面白い。もっと日本の深い部分を知りたいのでしょう。アメリカのアニメファンの感覚が日本のアニメファンと同じだなあと思います。

中国で日本のラーメンが人気になったきっかけはとんこつとダシ?

 とんこつラーメンって特殊なんですね。醤油ラーメンは中華そばというだけあって、中国の麺に近いのかあ。そして、中国のスープはだしより油で旨みを出してるようですね。飲んじゃだめなのかあ。ひとつ勉強になりました。しかし、だしの代わりに何を使ってるんだろう? ひょっとして、だし自体が日本独自のものかな?

関西ローカル番組で自称「エロゲオタク」の美少女がエロゲのセリフを朗読 リアル桐乃かよ!

 俺妹のおかげで表に出て来やすくなったのかもね。都条例などのおかげで、18禁を買っても恥ずかしくない状況が生まれているように感じております。
 しかし、本当にエロゲ好きを堂々と公言する女子が登場する時代になったんだなあ……ちょっと感動。

『かんなぎ』再放送決定!でも思わせぶりで何かありそうだ

 良いアニメですよ。あまり盛り上がらなかったけど、ヤマカンらしい演出で好感を持っております。

『侵略!イカ娘』2期決定か! 声優の田中理恵さんのつぶやきからして本当っぽいな

 デマが流れたせいで疑心暗鬼になっていますが本当みたいですね。みんなもゲッソゲッソしてみなイカ?
 ・・・それにしても田中さんはサービス過剰だなあ(笑)。

「イカ娘」がSUPER GTを侵略だゲソ! 初音ミク車やエヴァ車と激突

 そのうちに痛車のモータースポーツが生まれるのではないでしょうか? 山の神だって花澤香菜ファンなんだし、モータースポーツにもオタクはいるはず!

|

« 都構想の是非 | トップページ | 春アニメ ’11 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都構想の是非 | トップページ | 春アニメ ’11 »