« 感想:マグネシウム文明論 | トップページ | しゃーなしだな! »

2011年4月26日 (火)

1ベクレルは何シーベルト?

 原発推進でも反原発でもなく、「脱原発」というのが今後の日本の潮流ではないのかなあ?と思っています。原子力は大きなエネルギーを得ることができるものの、制御が難しいんだなあと再認識した次第。
 メキシコ湾での原油流出事故がありましたが、海への影響力が大きかったにも関わらず海底油田に反対する流れにはなっていません。しかし、今回の福島原発の事故は原発に反対する流れになっています。原油は見えるのに、放射線や放射性物質が見えないので、恐怖が桁違いなんだろうなあと想像しています。
 この状況では、原発を推進することは難しいでしょう。住民感情もあるでしょうし、災害に備えるための建設コストが急激に上がったはずです。
 しかし、現状の原発を廃棄すると世界的に電力量が不足します。発電量を維持しつつ、他の発電方法に切り替えていくことが現実的ということになります。それを一言で言えば「脱原発」ということみたいです。ひょっとするとこの認識は間違ってるかもしれないけど、「反原発」と「脱原発」は異なるという認識です。

●原発関連の単位について

 原発関連の単位が分かりにくいみたいですね。正直、私もほとんど知らなかったり。そこで、ざっくり整理してみようかと思います。(と言っても、ほとんどWikipediaのパクリ)

分類単位記号次元等説明
放射能ベクレルBqs-11秒間に崩壊する原子核の数(放射能量)
放射性物質の原子核が崩壊すると放射線が放射される
キュリーCis-1従来の単位
従来は、ラジウム1gの放射能量
現在は、1キュリーを3.7×1010ベクレルとしている
照射線量クーロン毎キログラムC/kgC/kg空気1kg中に1Cのイオンを作る放射線量
レントゲンResu/cm-3従来の単位
1レントゲンは約2.58×10−4C/kg
吸収線量グレイGyJ/kg
m2s-2
1kgの物質が1Jのエネルギーを吸収したときの吸収線量
照射線量1C/kgのときの空気の吸収線量は約34グレイ
照射線量1レントゲンのときの空気の吸収線量は約8.77ミリグレイ
ラドraderg/g従来の単位
1グレイは100ラド
1kgの物質が0.01Jのエネルギーを吸収したときの吸収線量
線量当量シーベルトSvJ/kg
m2s-2
放射線の種類によって人体への影響が異なる
1シーベルトは放射線荷重係数(WR)×1グレイ
また、1シーベルトは実効線量係数×1ベクレルで変換可能
レムremerg/g従来の単位
1シーベルトは100レム
吸収線量1ラドのX線の線量当量
1レムは生物学的効果比率(RBE)×1ラド

 ベクレルが放射性物質の原子核の個数ということがわかりますし、シーベルトが人体への影響を測る単位であることがわかります。また、グレイがどのくらい放射線を吸収するのかという単位であることもわかります。
 次に、シーベルトに変換する「放射線荷重係数」と「実効線量係数」が重要になるので、少し調査してみます。

 まずは、「放射線荷重係数」です。

種別放射線詳細透過力エネルギー放射線
荷重係数
α線ヘリウム原子核全エネルギー20
β線電子全エネルギー1
γ線電磁波全エネルギー1
X線1
中性子線中性子極大~10keV5
10keV~100keV10
100keV~2MeV20
2MeV~20MeV5
20MeV~5

※1eVは電子が1Vで加速するときに得られるエネルギー

 α線は紙1枚で止まるらしいので、透過力と破壊力が高い中性子線が最も怖いことになります。その次はγ線ですね。距離の2乗で小さくなると言われていたのは、γ線のことだろうと思います。

 続いて、「実効線量係数」です。

核種半減期実効線量係数
経口摂取(Sv/Bq)吸入摂取(Sv/Bq)
ヨウ素1291570万年1.1×10-73.6×10-8
ヨウ素1318.04日2.2×10-87.4×10-9
ヨウ素13320.8時間4.3×10-91.5×10-9
セシウム1342.06年1.9×10-82.0×10-8
セシウム13613.1日3.0×10-92.8×10-9
セシウム13730.0年1.3×10-83.9×10-8
プルトニウム23887.7年2.3×10-71.1×10-4
プルトニウム2392.41万年2.5×10-71.2×10-4
プルトニウム2406564年2.5×10-7-
ストロンチウム8950.5日2.6×10-97.9×10-9
ストロンチウム9029.1年2.8×10-81.6×10-7

 元素名の後ろにある数字は原子量で、陽子の数+中性子の数です。1molの質量(単位はg)と言ったほうがいいのかな? 同じ元素で原子量が異なると同位体(同位元素、アイソトープ)と言います。放射性物質の場合は放射性同位体とも言います。

 放射性物質は原子核が崩壊すると別の物質になります。このときに放射線が放射されます。半減期は放射性物質が崩壊して半分になるのに必要な時間です。例えば、炭素14年代測定は、この現象を使用して何年前に生きていたのかを特定しています。(生きているうちは炭素12と炭素14の比率が同じだが、死んだら炭素14が減っていく)

 この表を見て分かるように、核種によって、半減期も実効線量係数も異なります。核種によっては実効線量係数が2桁も3桁も異なります。だから、何ベクレルかというのも重要ですが、それに加えてどの核種が放出されたのかを気にしたほうが良さそうです。と言っても、ほとんどヨウ素131で、一部セシウム137みたいですが。
 海に流れている量が桁違いなので、個人的には空気中や水道水よりずっと心配だったりします。まだ完全には止まってないだろうしなあ……

 (追記)この段階では、μSv/hに変換できていないことに気づきました。
 まず、1kgあたりに何ベクレルあるのか?を算出します。
 次に、上記の表より、1日に何kg経口摂取・吸入摂取したのか?を算出します。経口摂取と吸入摂取が両方あれば加算でいいと思います。これで1日あたり何シーベルトなのかが求まります。
 最後に、24時間で割るとSv/hになるはずです。μSv/hにするには、さらに1.0×106で割ってください。(正確には減少係数があるらしいので、最大値と考えてください)

 ところで、科学者は簡単には100%とは言えません。99.9999999%でも100%ではありません。0.000000001でも0%ではありません。だから、「ほとんど起こらない」「ほぼありえない」などと奥歯にものが挟まったような言い回しになってしまいます。
 しかし、99%ぐらいだと「起きる可能性がある」などと言い回しが変わるはずです。つまり、「ほとんど~ない」と言っている場合は「ない」の方に限りなく近いわけです。
 まあ、原発推進派の科学者の場合は、一層不思議な言い回しになるのは仕方がないかなあと思います。自分の信じていたものが壊れていく絶望感があるだろうし、食い扶持がなくなるかもしれんしね。

 閑話休題。
 結局、1ベクレルは何シーベルトかなのですが、核種が分からないと何シーベルトなのか分からないという結論になります。多くの場合は、ヨウ素131を想定していると思いますので、それを念頭に入れて換算すればいいのではないでしょうか?


63万テラベクレルって何グラム?

 そんなに少ないんかい。1molが6.02×10-23個だもんなあ。そうなるんやね。
 E=mc2のエネルギーの大きさも感じますね。質量のエネルギーって、改めて恐ろしくでかいと思いました。

東浩紀さんがヤマカンとフラクタルの出来に文句 →ヤマカン「スタッフはどう思うでしょうか、私は無関心を決めようと思います」

 いつの間に喧嘩してたんだろ? せっかくの岡田麿里さん脚本だったのにもったいないなあ。まだ、フラクタルを観終わっていないけど、なんか見にくくなっちゃった。

[まどか☆マギカ]少女の限界の中での最高を目指して。「魔法少女まどか☆マギカ」11・12話 その1

 ようやく見終わりました。名作ですね。綺麗に風呂敷を畳んだな。綺麗すぎてムズムズする。

 まどかの物語で始まり、ほむらの物語で終わった印象です。ほむほむがかわいすぎます。11話にしてはじめて、コネクト(オープニング曲)がほむほむの歌だと分かりました。ほむほむがOPに登場しないはずです。ほむほむの見ている世界なんですもの。
 見ている最中に、まどかの願いはQBが感情を持つことかな?と思ったけど違いましたね。次元が違う願いでした。4次元でしたし。
 その願いは、イデの発動なのか、人類補完計画なのか、そんな感じの映像だったと思います。大量のまどかは大量の綾波のようでした。すごく優しいハルマゲドンの表現だったのではないかと思います。ハルマゲドンの新境地かな?

 まどかマギカって、エヴァやひぐらしなどとは異なるループの突破方法ですよね。CLAMPっぽい解決方法だなあとも思いました。箱庭世界の常識をぶち壊すって感じ?!

 「等価交換」なのに、先に「願い」ありきなのも面白いし、魔法少女と魔女の関係も面白い。QBの設定もソウルジェムの設定も面白い。設定厨・世界観厨としても大いに楽しめる作品でした。

 00年代後半からは京アニとシャフトの時代な印象です。でも、方向性が大きく異なるのが面白い。今後もこの2つのアニメスタジオには注目ですね。

 まどかマギカはオリジナルアニメなのにDVDやブルーレイが売れているようで。このところオリジナルアニメが増えているのが嬉しいです。今期も「あの花」「花咲くいろは」「TIGER & BUNNY」「DOG DAYS」などがありますね。リスクを取ってでも新しいアニメを生み出そうとしている、その姿勢がすごく嬉しいです。

『魔法少女まどか☆マギカ』 地上波放送でカット&修正された部分まとめ・・・これは震災直後だとヤバイわ

 あのタイミングでこれだったんか。自粛するわなあ。

 ニコ動「僕と契約してニコ厨になってよ」──な感じがしますね。ニコニコ動画では見れるわけですし。こういうのがネットのいいところかな?

新エヴァの作画監督が『まどか☆マギカ』に一言「スタッフの実力以上に作品が評価されているのを自分の実力などと勘違いしないことですね」

 こういう煽り合いがないと盛り上がらないと思います(笑)。鈴木さんってこういう煽りをする人だったんですね。
 名義貸しはやってるように思うけど、面白けりゃいいじゃんとか思ったり。シャフトにおける、サンライズの矢立肇みたいな感じ? ディレクターじゃなくてプロデューサー的な立ち位置な気もするなあ。もしくはマネージャー的な立ち位置。

◯電波女と青春男 OP

※シャフトの新作アニメです。

【海外の反応】『あきそら』重版されないことが確定

 世界でも話題になってるんだな(笑)。赤松健さんところに持って行って、広告をつけて合法に放流するという方法が一番いいと思ってるんだけどなあ。なにはとまれ貴重品になりそうだなので大事にします。

注目リリース : PHP研究所、ライトノベル「メイド喫茶でわかる労働基準法」を発売

 PHP研究所から大ヒットラノベが生まれてアニメ化……とかあり得るのかなあ?

シャープ、XMDF制作ソフトウェアを無償化へ――7月から配布
東芝、電子書籍ストアを開設--音声読み上げの書籍コンテンツも
LISMO Book StoreがAndroidスマートフォンに対応
NECら、電子書籍サイト「日テレeBOOKS」にクラウド基盤を提供

 XMDF制作ソフトウェア無償化に関しては遅いよーという不満があるけど、一気に電子書籍の市場が動いていますね。今度こそ本格的な流れかな? とりあえずiPad2を購入する予定。さて、どうなるかなあ?

IEAに政策変更を勧告されたドイツの太陽光発電
太陽光発電の未来を変える大発見! ソーラーパネルより安くて効率的!
東大、量子ドット太陽電池の理論変換効率75%に
「海に浮かぶ風車」発電計画始動 NEDOが年内に調査開始

 太陽光発電はまだまだコストが高いなあと思いつつも、効率が上がっているのも事実みたい。太陽光を使用したマグネシウム精製という方法もあるし、海上風力発電もあるし、様々な発電方法が検討されることでしょう。
 原子力はコスト面で一歩後退という気がします。事故がなければコストは安いが、事故が起きるとコスト(補償額)が桁違いというのは、あまり依存できないように思います。次の発電技術が生まれるまでのつなぎでしょうね。
 そして、次の発電技術が何になるのか、注目していきたいと思います。波力発電のニュースが少ないんだよなあ。海上風力のほうが有効なの? 海流は止まらないと思うんだけど……

|

« 感想:マグネシウム文明論 | トップページ | しゃーなしだな! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:マグネシウム文明論 | トップページ | しゃーなしだな! »