« 感想:クラウド時代と<クール革命> | トップページ | 夏アニメ ’11 »

2011年6月 8日 (水)

大連立の可能性

 iPad2が待ち遠しい(笑)。カバーと付属品だけ先に届いたんよね。えー?これをどうしたらいいのー? とりあえず、あと1週間待ってみます。
 それにしてもダルビッシュがすごいですね。統一球になって一層点を取れなくなった印象。交流戦が終わったら、ダルビッシュから1試合2点取る作業が始まるぜ。1点以内にハム打線を抑えたら勝てる(笑)。

“大連立” 民自双方に意見の違い

 「踏み絵」でしかなかった内閣不信任案否決後に大連立が話題になっていますが、内閣不信任案の前から動きが分かりにくいんですよね。誰が内閣不信任案を提出したがったのか全く表に出てきていない。谷垣総裁ではないことは確かなようで、ベテラン議員を中心に提出を望んでいたらしい。

 小沢さんにとっても、今回の腰砕けは「加藤の乱」のように「小沢の乱」と呼ぶに十分だろうと思います。鳩山さんが騙されたということを考えても非常に不可解です。むしろ、大連立前提の行動に思えます。
 では、小沢さんと誰が大連立を画策していたのか? ……それはどうやら森元総理らしいんですよね。

 しかし、当然のように反小沢の勢力があるわけです。そのような大連立を模索しているのが、民主党の仙谷官房副長官と自民党の大島副総裁のようなのです。これに、谷垣総裁が絡んでいるのかは不明ですが、たちあがれ日本の園田幹事長は絡んでいます。
 反小沢ではなく脱小沢の動きでは、民主党の樽床伸二元国対委員長と自民党の菅元総務相の超党派議連もあります。これも大連立、または政界再編を想定した動きでしょう。

 以上のように大きく分けて、親小沢・反小沢・脱小沢の3つのグループがあると考えて良いかと思います。
 結局、大連立後を睨んだ動きですよね。大連立が成立したとしても、呉越同舟で同床異夢なわけですよ。

 では、大連立が可能なのかについてなのですが、親小沢と反小沢が組めるわけないのです(笑)。組むのならば、反小沢と脱小沢なのですが、自民党内の勢力が小さいと思われます。そもそも、大連立に前向きではない。親小沢の森元総理はベテランだけあって強引にまとめる可能性がありますが、それだと民主党がまとまらない。
 大連立は簡単そうに見えて、なかなか難しいと思います。
 反小沢と脱小沢が主導し、谷垣総裁を総理大臣として自民党の反対派を抑え、年内限定の大連立に限れば、ひょっとすると成立するのではないかなあ?とか考えています。もっとも、谷垣新総理が各グループの思惑を吸収できる必要があるんですけどね。それが一番難しいんじゃないかと思います。


“PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ)”の仕様や参入メーカーが明らかに

 個人的に、Vitaにはかなり期待しております。携帯ゲーム機で、DSの牙城を崩せるかもしれないとまで思ってます。

 まず、フラッシュメモリーベースのVitaカードはUMDと比べて読み込みが早いと思われます。読み込みが遅いことへのストレスがPSPの弱点(他の弱点はアナログスティックが使いにくい)だったので、これが改善されるのは大きいと思われます。
 次に、かなりゲームを作り易い(移植しやすい)ゲーム機ということが大きいと思われます。ゲーム(ソフト)がないと、どんなに良いゲーム機(ハード)でも宝の持ち腐れになってしまいます。PS3はその罠にはまってしまい、日本ではWiiに海外ではXbox360に、シェアを奪われてしまいました。

 そして、マルチタッチをディスプレイと背面両方に備えていることは強みになると思われます。スマートフォンでタッチパネルに抵抗がない時代です。そして、スマートフォン同様にマルチタッチ(複数のポイントに同時に触れて操作することができる入力方式)対応です。簡単なゲームはマルチタッチで遊べるようになると予想します。(DSのようにペンが不要)
 さらに、WiFiだけでなく3G対応モデルがあるところも、iPhoneを意識しておりゲームの幅を広げると予想します。ただし、ソニーはハッカーに狙われてネットワークセキュリティ事故を起こしているので、その対策が気になるところですね。

 最後に、3万円を切る価格というのは大きいと思われます。これだけのゲーム機が3万円かからない。魅力的ですね。(PSやPS2も3万円を切ってから売れたというイメージがあります) 
 アナログコントローラーが改善していることを期待しつつ、今回は予約して買おうと考えております。予想では人気になるんだけどどうだろう?

任天堂のプレスカンファレンスにて発表された新ハードWii U。カンファレンスで明らかになった、その姿に迫る。

 Wii Uの魅力が直感的に分からないんですよね。Wiiコントローラーのような魅力がないように思えます。ひょっとして任天堂は迷走してますか?
 ゲーム機としては面白いはずなんですよ。でも、任天堂にしては珍しく、3DSあたりから技術が勝ちだしている。やや枯れた技術をうまくゲーム機に取り込むのが任天堂の魅力だろうと思っています。
 そう考えると迷走している印象なんですよね。パッと見、面白さが分かりにくい。DSの大成功が、この迷走につながってるのかなあ?

Appleの「iCloud」と「iTunes Match」でできること

 私のイメージしていたクラウドサービスに近いかも。
 電子書籍や映像やゲームって、おおもとのデータ1つじゃないですか。購入したら、実際に使用するときだけダウンロードでいいと思うんですよ。特に映像はストリーミングでダウンロードする必要がないのですから、見たい時にストリーミング配信してもらえればいいはず。(一部のサービスはもうやってるみたいですけど)
 全体的にはGoogleのサービスっぽい気がします。ようやくGoogleの対抗馬が現れたのかな? iTunesをGoogleは持っていないので、かなりの強敵になりそうです。

リニア、中津川に中間駅 車両基地なども設置

 リニア開発がついに始まります! 中間駅が発表されましたが、中津川市と相模原市には車両基地が必要となるようです。7月に長野県の候補も公表されるようですし、今後の動きが楽しみです。相模原市は駅を見る感じでは橋本駅だと思うんだよなあ。どうでしょう?

【声優界の】週刊プレイボーイに早速「RO-KYU-BU!」が特集される【ドリームチーム】

 この売り出し方はどうなんだろうなあ? 空気になるよりはいいんだろうけどさ。この中では、花澤さんと小倉さんがかわいいんかな? そして、井口さんがうざい人担当。

放送天使ツインエンジェルR

 7月からアニメ化して、PSPにもなるらしいツインエンジェルのラジオです。ゆかりんでアニメのラジオってめずらしいですね。

【ひぐらし解一挙放送】追加情報発表!!

 ゲストが豪華すぎじゃないかな?かな? 週末が楽しみですね。

アニメに特化した「声優アーティスト」を募集するホリプロタレントスカウトキャラバン、その真意を徹底インタビュー

 本当にホリプロが声優をスカウトするんだよなあ。なんか時代が変わった気がするわ。それでいいのか?と思うと同時に、ホリプロの選択も正しいのかもしれないと感じたりもするんですよね。
 というのも、今の声優は声優だけに拘る必要はないわけですよ。声優もできる女優や声優もできる歌手でいいわけですよ。
 平野綾さんのように中途半端に舵を切るとまずいですが、最初から両立すれば可能なはずです。声優も捨てずに他ジャンルを開拓することはできるし、ホリプロはこれを狙っていると思います。
 May’nちゃんの成功から声優を発掘しようとしたらしいんですよね。カレイドスターやファンシーララでも声優としてタレントを送っていますし、ホリプロはアニメとの関わりが浅いわけではない。最初は失敗するでしょうが、10年続ければ数人は成功するのではないかと予想します。

◯【鏡音リン】炉心融解【オリジナル】

 作者は、炉心溶融という言葉を知らなかったようです。これを見て、炉心融解=メルトダウンかと思ってたら違ってたんだよね……

|

« 感想:クラウド時代と<クール革命> | トップページ | 夏アニメ ’11 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:クラウド時代と<クール革命> | トップページ | 夏アニメ ’11 »