« 電子書籍はなぜ売れないのか? | トップページ | バンダイの逆襲 »

2011年7月21日 (木)

感想:コクリコ坂から

 今クールのアニメってレベル高くね? 余裕があったのである程度みたけど、どれも結構面白い。でも、図抜けて面白いアニメがないから、すごく売れるアニメはない予感がします。
 例の都条例が施行されたあととは思えぬほどに、ロリキャラばっかりだし、「小学生は最高だぜ」だし、シスコンとかブラコンもいるし。条例に挑戦って感じ? 際どい表現はない代わりに精神的により深くなっている印象です(笑)。エロい表現は薄い本任せになるのかな?
 条例を厳しくしたら、同人やネットという地下に逃げるだけだと思うんよね。そうしたら、そちらも規制したりするんかなあ? 個人的には作品や周辺環境が面白ければそれでいいです。

 しかしなあ……。「猫神やおよろず」はなぜ声優変更した?! 気にし過ぎなのかもしれないけど、地味な作品なんだからくぎゅでよかったじゃんとか思っちゃうんだよなあ。雑誌を買ってたファンを切り捨てたということなんだろうけど……うがぁ。慣れるしかないのか?

●感想:コクリコ坂から

 「ゲド戦記」よりずっと面白いのではなかろうか?と思っていましたが、予想を超えていました。これって名作じゃね? ジブリで言えば「耳をすませば」に並んでると思います。宮崎吾朗監督作品と思わずに見たほうがいいよ。

 吾朗監督の前作「ゲド戦記」はハズレだと思ったので、まともに見たことがありません。
 テレビでチラ見した感じでは、カット割りがおかしく思えました。カットが切り替わると勢いがつく印象があるのですが、「ゲド戦記」にはそれがありません。素人考えですが、「ゲド戦記」のカットは頭の部分が2~3コマ長いんじゃないかなあ? 綺麗につなげすぎてシーンが重複している印象でした。カットが切り替わるところでは「すき間」が必要なんじゃね?
 カットの切り替えで何が正しいのか分かりませんが、「コクリコ坂から」はカット割りが段違いに良くなっています。序盤は逆にちょっと飛びすぎているかもという部分がありましたが、次第にカット割りは気にならなくなり引きこまれていきました。サマーウォーズのリズムに近い部分もあったような気がしたけど、意識したのかなあ?
 カット割りが妥当になったのは、ひょっとしたら音楽がいいせいかもしれません。音楽に合わせてカットを切り替えているのかなあ?とか感じました(勘違いかも)。選曲のセンスはかなり良かった……ひょっとしたら宮崎駿監督よりいいのかもしれません。

 テーマとしては、例の都条例が施行して間もなくにジブリが「兄妹恋愛(近親相姦)ネタ」のアニメを堂々と公開したことには驚きましたが、それに加えて「学生運動」というテーマを並行してうまく解決している点に光るものを感じました。2つのテーマが綺麗にシンクロして描かれていて素晴らしいです。
 「平成狸合戦ぽんぽこ」よりも爽やかに運動が描かれていますし、恋愛映画としては「耳をすませば」ぐらいに爽やかです。
 昭和を懐かしむ映画ではありますが、そこまで比重は大きくないのでしょう。しかし、かなりきっちり調査している印象を受けました。
 宮崎駿監督よりは高畑勲監督に近いのかな? 宮崎駿監督は矛盾を勢いでねじ伏せるような演出ですが、吾朗監督はかなり計算して演出しているのではないかと思います。建築士らしいのかな? 「ゲド戦記」は設計を間違えたのかもしれないなあ。

 声優に関しては、最近のジブリらしく俳優さんを使っていますが、長澤まさみさんもうまいもんですね。この世代の女優さん(蒼井優さんとか宮崎あおいさんとか)ってなんでみんなうまいの? 監督が求めていることをうまく表現できていたと思います。
 ちなみにキャラは妹の空ちゃんが好きかな? あの軽さがいい(笑)。生徒会長(だっけ?)にあっさり切り替えるところとか面白いですね。声優は白石晴香さんらしい。キャピキャピした声が好きです。

 最後はベタに、旗の大写しで終わったほうが好きだったかなあ? なんかちょっと尻切れで終わった印象なんよね。わざとかもしれないけど、あれでいいんかなあ? そこだけがちょっと惜しかったです。
 そういえば、男の子が空から降ってくるアニメなんだね(笑)。女の子が降ってくることは多いけど、男の子は珍しいよなあ。これは女性が見るべきアニメなのかも。(男視点では説明不足となる可能性はあるかな?)


◯感想:宇宙は何でできているのか

 難しいことってこうやって説明するんだなあと感心しました。
 正直なところ、序盤はあまり面白いと思わなかったのですが、終盤に分かっていないことが載っていたので面白く読めました。
 「電磁気学」から「場の量子論」(新書内では「量子場の理論」)に移行するところで完全につながっていなかったのですが、そこがつながったように思います。そこで、「光子の交換」なんだなあ。
 「強い力」や「弱い力」はさっぱり分かっていなかったのですが、本書によって何となくイメージをつかめた気がします。イメージをつかむって重要ですよね!
 本書は日本人ノーベル賞受賞者が数多く登場します。こういう本があれば、ノーベル賞受賞者の功績をよく知れていいよなあ。帯に「日本人の功績」と入れてもいいかも?
 特に、南部さんが想像以上にすごい人だとわかりました。「色荷」「自発対称性の破れ」「ひも理論」──ひとりで3つ取れそうなぐらいすごいことをやってた人なんじゃん。(色荷は量子色力学へ、ひも理論は超ひも理論に発展)
 物理とかSFとかに興味があれば、読んでみると楽しいと思いますよ。それに、トゥットゥルーな『STEINS;GATE』でも登場する「CERN」という機関がどういう研究をしているのか、その一端を知ることもできるはずです。

「なでしこ世界一」早朝驚異的21・8%!フジ+BS1=32・5%

 みんな見てたんですねえ。点を取られても取り返す精神力。立派な勝利だったと思います。
 沢兄貴のパスが狙われてて、アメリカ強いなあという印象ですが、最後の兄貴のパスとその後のシュートに大興奮でした。
 宮間さんの左右両方で精度良く蹴れる能力ってすごいなあ。2点ともにその能力が大きいと思います。
 PKは運がよければと思ったけど、アメリカはかなり参ってたんですね。何にしろ世界一はすごい!
 ロンドン五輪の最終予選が始まるようなので、マスコミは休ませてやれよと思っています。でも、この機会にスポンサーを増やす必要があるので、テレビに出る必要があるのかなあ?

アニメ輸出で官民協力、制作・配給会社設立へ

 海外向けみたいですね。配給が弱いのは同意だけど、どうやって収益を高めるんだろう? 箱物でなければ50億円出るんですねえ。国立メディア芸術総合センターって100億円ぐらいだったのに……鳩山のばかぁ!

7/27(水)のニコ生ラジオに、田村ゆかりさんのゲスト出演が決定!

 このラジオまだ聞いたことないんだよなあ。ゆかリんが出るなら聞いてみようかな?

脚本家・岡田マリー「射精に関しては”一話に使う”って決めてるんです…。」

 岡田さんすげーよ(笑)。エロゲのシナリオとかやってたらしいから、エロには強いんだろうけど、なんというか……すごいよね。次は女性のエロいネタをお願いします。

京都の児童ポルノ規制を取材したら、条例は仮の姿でした

 規制が西洋に近づいてきたなあ。電車で通過してもアウトは盲点でした。逆に幼児期の記録はセーフなのね。2ちゃんねる地雷は大量に踏んでるから(笑)、キャッシュに残ってるんだけどなあ。
 そもそもこういう児童ポルノってなんで18歳未満なんだろう? 女性って16歳で結婚できるから民法と矛盾があるんじゃね?とか思うんだけどなあ。それをふまえると15歳未満が妥当じゃない?

児童ポルノ愛好者をデータベース化 被害防止へ警察庁

 ロリ系アニメとかロリ系エロゲをやってたら登録されるんかなあ? 容疑者および容疑者と接触した者だから大丈夫かいな?(その先の拡散はやらないのね)
 大物が釣れたらどうするんだろう?(政治家の息子とか)代議士に報告して、もみ消しとかになるの?

|

« 電子書籍はなぜ売れないのか? | トップページ | バンダイの逆襲 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子書籍はなぜ売れないのか? | トップページ | バンダイの逆襲 »