« 感想:コクリコ坂から | トップページ | インターフェースとプラットフォーム »

2011年7月27日 (水)

バンダイの逆襲

 ブルーレットおくだけのCMが「どろり濃厚ピーチ味」っぽい。ひょっとして狙ってやってる?

 新聞やテレビって政治部ってありますよね? あれって政局部の間違いだと思っています。だって、政治を報道できてないですもの。経済部ってあるけど、これも政策部に変えた方がよくないですか?
 「政局部」「政策部」だったら、現状の記者クラブの構造を脱した主体性のある報道になると思うんですよね。日本はかなりの確率で言葉に引き摺られるので(言霊です)、名前を変えて分かりやすい報道を目指してほしいです。

バンダイチャンネルが月額1000円でアニメ見放題の定額制サービス開始

 にゃふふ! 望んでいたサービスが開始ですよ! このサービスを始めてくれたこと、そして月額1000円に抑えてくれたことが非常に嬉しいです。
 今年の1月に要望メールを送ったんですよ。そうしたら「現在のところ、月額定額制のCSやケーブルテレビに近い形式も含めて、ネット配信サービスを開始する予定もございませんことをご案内させていただきます」という回答だったのです。(CSやケーブルテレビのようなネット配信サービスという質問だったので、このような回答になっています)だから諦めていたんですよね。
 でも、バンダイチャンネルはやってくれました!

 月額定額制ってユーザーだけでなくバンダイチャンネルにとってもメリットが大きいと思うんです。
 まず、収入が加入人数に比例するので非常に安定します。携帯電話が強い理由はこれですよね。サーバへの投資よりも加入人数の増加が上回ることが多いのでは?と予想します。最近はニコニコ動画が定額制で成功していますよね。年々サーバーが安くなるので、サーバへの投資はそこまで大きくならないと予想しています。画質を上げると難しいので、その投資をどうするかが課題でしょうか?
 続いて、ある程度見ないと損になるので、加入者は必然的にサイトを訪問する機会が多くなります。ページビューを稼げるのです。その結果、広告で収入を得ることができます。アフィリエイトを活用することで、さらなる収入源となる可能性があるのです。
 さらに、アニメの視聴者が多くなることで、クチコミ効果を期待できます。「知らない」が最もまずい状態で、その次が「見ていない」でしょう。「見ている」の次に「好き」「嫌い」があります。批判されているアニメでも、だからこそ見る人はいるはずです。「嫌い」も宣伝になるのです。
 最後に、熱心なアニメファンを囲い込めることです。月額1000円かけられるアニメファンは、そんなに多くありません。ブルーレイを買ってくれるようなファンです。映画も見てくれるでしょうし、新作アニメをTwitterやブログなどで広めてくれるようなファンでしょう。バンダイにとって非常に良質な客なのです。最初にこのような客を囲い込むと、新しいサイトを作るよりもバンダイチャンネルにアニメを提供した方が安いという流れが生まれます。バンダイ以外のアニメも提供できる可能性が大幅にUPするのです。
 以上がバンダイチャンネルにとってのメリットです。なかなかのメリットでしょ?

 最近はアニプレックスの元気がいいので、バンダイの逆襲に期待したいです。


【訃報】アニメーターの芦田豊雄さん死去、「魔神英雄伝ワタル」等で活躍

 世代ど真ん中なので非常に残念です。巨星墜つって感じですよ。最近ではJAniCAでご活躍されていたのになあ(最後ちょっと揉めていたけど)。
 「北斗の拳」の監督だったんだなあ。当時怖くてあまり見てないんよね。ミンキーモモやワタル、グランゾートは楽しく拝見しました。超おもしろかっこいいぜ!
 長い間お世話になりました。お悔やみ申し上げます。

津川雅彦「脚本家の腕が落ちている」ドラマ業界に苦言

 これは視聴率の低下が示しているでしょうね。あまりドラマを見る方ではありませんが、以前より骨のあるドラマが減っているようには思います。韓流に持って行かれたのはこのせいじゃね?
 アニメは比較的レベルの低下を感じないかな? 好き嫌いはあるでしょうが、岡田麿里さんや虚淵玄さんなど個性のある脚本家が生まれている印象です。

AndroidにモバイルSuicaを入れてみた

 ついにAndroidでモバイルSuicaできるようになったんですね! よく電車を利用する人にとっては便利そうだなあ。ガラパゴスAndroid的におサイフは必須機能?
 電子決済の争いで、日本ではモバイルSuicaが勝ちそうなんよね。そうなると一層便利になりそうじゃん。次のケータイでは検討してみるかな?

シャープ、「XMDFビルダー」の無償提供を開始

 1年おせーよ(笑)。この分野はEPUBに集約されていくっしょ。制作者もEPUBとXMDFだとEPUBを選択すると思いますよ。

『とある飛空士への夜想曲』下巻、壮絶なことになります。もうラノベじゃないです

 上巻買ってまだ読んでないけど、そうか……下巻はそうなんだ。「星の大地」以上にきついんかな? ラノベで「星の大地」以上は見たことがないわ。あのラストと最近の政治を重ねあわせると……馬鹿な民衆という感じもあるよなあとか思っちゃったり(読めば分かります)。

ロウきゅーぶ! 原作を読んだら更にハマった! アニメと原作の照らし合わせ
『ロウきゅーぶ!』の主人公のキャラデザと漫画版について

 どうも「ロウきゅーぶ」にハマっているっぽいです(笑)。ライトノベルからのファンなので、やはりアニメになって楽しいみたい。今期では「ピンドラ」や「ゆるゆり」も楽しいんですけどね。
 アニメもいいんですけど漫画版が素晴らしい。『ななついろ★ドロップス』も評判が良かったようですし、たかみ裕紀さんには注目していいかもね。ハズレはないように思います。
 とりあえず「『ロウきゅーぶ!』第1話」を読んでみてください。

【月刊アニメスタイル】第5号、第6号のねんどろいどぷちが発表されました

 めんまはよくわかるけど、さわちゃん先生かよ(笑)。微妙なところをついてくるなあ。さすがアニメスタイルと言うべき?

こげどんぼ*が赤裸々に綴るエッセイコミック新連載登場!

 何これ? こういうの流行ってるの? まあ読んでみたい気はしますが……参考にはならんよね。

『涼宮ハルヒの消失』に出てきた文芸部の本棚の本を全て特定した人が現われる

 マジですごい! ここまで特定できるもんなんだね。ファンは偉大です。

「うちは日本製ですから」台湾新幹線、安全性を強調

 中国に行っても高速鉄道は利用したくないなあという事件でしたね。鉄道省ってすごい役所なんだなあ。
 当初、日本の新幹線なのかどうか分かりませんでしたが、日本の新幹線モデルが事故に巻き込まれたようですね。カナダのボンバルディア社の車両が停止して、日本の川崎重工の車両が突っ込んだせいで起きた事故らしいです。なぜ後続車両が停車しなかったんだろう?
 死者数も揉み消している可能性があるようで、何が正しいのか全くわかりません。中国って日本以上に隠蔽体質なんかな?
 台湾もドイツやフランス製品が交じっているし韓国も建設に関わっているので、日本だけというわけではないんですよね。まあ日本の在来線も様々な国の技術を導入していますしね。そこは経験で独自技術になっていくのでしょう。

|

« 感想:コクリコ坂から | トップページ | インターフェースとプラットフォーム »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:コクリコ坂から | トップページ | インターフェースとプラットフォーム »