« プリティーリズムイベントに行きました | トップページ | iPhone5ではなくiPhone4Sでした »

2011年9月14日 (水)

秋アニメ’11

 鉢呂経済産業大臣が辞任したけど、その経緯が非常に気に食わない。大臣を怒らせて失言を引き出すのがマスコミの仕事なのかなあ? そして、失言を引き出したときの政治記者の発言は公にされないというアンフェアな状況。おまけに辞任会見で乱暴な物言いをした記者がいたらしい。失言を引き出した記者の可能性もあるんじゃね? 大臣の首を取った記者はガッツポーズしているんだろうけど、それがマスコミのやる正義かよ?
 そして、民主党だからマスコミがやってもいいと思っている自民党支持者の根性も気に食わない。自民党政権に戻ったときに同じ事をされる危険性を予想しない想像力のなさに呆れます。マスコミもレベルが低いし、政治家の支持者もレベルが低いんじゃね?

 諸事情で自民党に入りたくても入れなくて民主党に入党した政治家がいるから奇妙な二大政党制になっているんだけど(アンチ自民党で民主党に入党した政治家もいると思います)、実際のところ日本の政治はほとんど官僚が行っているので、あまり党派で対立しても意味がないなあという印象です。
 同じ政策でもどの党がやったかで評価を変えるのって非常に馬鹿らしいでしょ? 政府・与党は官僚の立案した政策を取捨選択して実施するものなんですよ。その取捨選択がおかしいと叩くのは可能だけど、政策がおかしいと叩くと自民党が与党になったときにブーメランになるじゃん。そういうことを平然とできる人が多すぎね?
 同様にアンチ自民党でも民主党が同じ政策をすると賛成するんだったら、それは何に反対しているのか分かりません。どの党がやったかではなく、政策を是々非々で考えるほうが建設的だと思いますけどね。自民党支持者が自民党の政策に反対したって、民主党の支持者が民主党の政策に反対したっていいじゃん。それが正常でしょ?

 録画していたNHKスペシャル『圓の戦争』を見ました。朝鮮銀行が朝鮮銀行券を、台湾銀行が台湾銀行券を発行できることを初めて知りました。そして、国を上げて粉飾をしていたこと、中国の占領地で強制的に圓を使わせていたことも知りました。
 そのせいで中国ではハイパーインフレが起こり、餓死者まで出たらしい。そりゃあ日本軍が中国の国民に嫌われるわ(笑)。見れる機会があれば、この番組は見た方がいいです。無謀な戦争の実態がよくわかりますもん。
 将来の世代につけを残して戦争を続けた……って、今の世代にも通じるんですよね。将来の世代のつけを残して、雇用や社会保障を維持しようとしているわけですし。戦争じゃないだけましだけど、何だかなあ……。

 ロウきゅーぶのアニメを非常に楽しんでいるわけですが、最終回は改変して欲しくないなあ。おそらく原作4巻がもとになるのですが、最終回にあるまじきことにごにょごにょなわけですよ。ヒントはスラムダンクの最終回みたいな感じ。だから改変はあり得るよなあという嫌な予感があるのです。でも、そうしちゃうと紗季ちゃんの見せ場がなくなっちゃう。あれで紗季ちゃんに入れ込んだので、変えないで欲しいんですよね。変えちゃうのかなあ?


●2011年秋のアニメ新番組
 夏は売れるアニメがなかったようで、イマイチ盛り上がりに欠けているようです。個人的にはかなり楽しめてるんだけどなあ?
 そのせいか秋アニメが期待されているみたい。まあ、実際に大作が多いなあという印象です。全ては見れないから、地味なアニメは影響を受けそうだなあ。どうしても派手なアニメを残しちゃうんよね。
 では、豪華な秋アニメを見ていくことにしましょうか。(参考:MOON PHASE

<地上波>
【NHK Eテレ】
 ○バクマン。2
 ○ファイ・ブレイン 神のパズル
 ○ちび☆デビ!

【日本テレビ系】
 ○HUNTER×HUNTER
 ○ちはやふる

【テレビ朝日系】
 ○バトルスピリッツ 覇王
 ○デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち

【TBS系】
 ◯Persona4 the ANIMATION
 ◯僕は友達が少ない
 ◯ラストエグザイル-銀翼のファム-
 ○機動戦士ガンダムAGE

【フジテレビ系】
 ◯UN-GO
 ◯ギルティクラウン
 ○アドリブアニメ研究所

【テレビ東京系】
 ◯侵略!?イカ娘
 ◯クロスファイト ビーダマン
 ◯君と僕。
 ◯戦国☆パラダイス-極-

【U局系など】
 ◯C3-シーキューブ-
 ◯WORKING'!!
 ◯Fate/Zero
 ◯真剣で私に恋しなさい!!
 ◯境界線上のホライゾン
 ◯たまゆら~hitotose~
 ◯マケン姫っ!
 ◯ましろ色シンフォニー
 ◯灼眼のシャナIII(Final)
 ◯世界一初恋2
 ◯ベン・トー
 ○未来日記
 ○フジログ シーズン2
 ◯gdgd妖精s

<BS>
【BS-TBS】
 ◯僕は友達が少ない
 ◯ひだまりスケッチSP

【BSフジ】
 ◯UN-GO
 ◯ギルティクラウン

【BS11】
 ◯C3-シーキューブ-
 ◯WORKING'!!
 ◯Fate/Zero
 ◯灼眼のシャナIII(Final)

<CS>
【AT-X】
 ◯C3-シーキューブ-
 ◯WORKING'!!
 ◯真剣で私に恋しなさい!!
 ◯灼眼のシャナIII(Final)
 ◯ベン・トー

【アニマックス】
 ◯ベン・トー

【キッズステーション】
 ◯Fate/Zero

<ネット配信>
【アニメワン】
 ◯たまゆら~hitotose~

【バンダイチャンネル】
 ◯マケン姫っ!
 ◯ラストエグザイル-銀翼のファム-

【ニコニコ動画】
 ◯Fate/Zero
 ◯侵略!?イカ娘
 ○未来日記
 ◯灼眼のシャナIII(Final)
 ◯WORKING'!!
 ◯ベン・トー
 ◯君と僕。
 ◯Persona4 the ANIMATION
 ◯真剣で私に恋しなさい!!
 ◯C3-シーキューブ-
 ◯ましろ色シンフォニー
 ◯gdgd妖精s
 ※詳細が分かり次第追加します

 あれ? テレビ東京が少ない。大作が並んでいるけど数は多くないんだね。日本テレビ、TBS、フジテレビが競う構図って久々じゃないでしょうか? バラエティの視聴率が落ちてきて、アニメの重要性が増したのでしょうか?
 それでは簡単に予想してみます。予想では基本的に2期は外してみてます。イカちゃんとかシャナとかWORKINGとか楽しみなんですけどね。あ、売上の予想じゃありませんよ。売上だったらU局だけとか不利ですし、4クールだと不利になりますし、漫画原作よりオリジナルやライトノベル原作の方が有利でしょうし、宣伝上手なアニプレックスが有利でしょうしね。

本命:
 ・ガンダムAGE
 ・HUNTER×HUNTER
 ・ちはやふる
対抗:
 ・ペルソナ4
 ・僕は友達が少ない
 ・Fate/Zero
 ・境界線上のホライゾン
注意:
 ・ギルティクラウン
 ・ファイ・ブレイン
 ・たまゆら
 ・ラストエグザイル
穴:
 ・未来日記
 ・UN-GO
 ・君と僕。
 ・真剣で私に恋しなさい!!
大穴:
 ・マケン姫っ!
 ・ベン・トー
 ・ちび☆デビ!

 本命は『ガンダムAGE』っしょ。子供向けといえどもガンダムだから本命。レベルファイブが関わっているので分かりやすくかっこいいガンダムになりそうです。
 また、原作力に頼って『H×H』『ちはやふる』を本命にしておきます。声優が変わったものの『H×H』はマッドハウスなので楽しみですし、『ちはやふる』は原作ファンですが少女漫画なのにスポ根で見やすいのではないかと思います。

 対抗は『P4』かなあ? 原作人気が高いようですし、実際に面白そう。『はがない(僕は友達が少ない)』もすでに同人誌があふれていて気になります。MF文庫では超期待作でしょうね。
 まどか☆マギカの虚淵玄さん原作の『Fate/Zero』も気になるなあ。そして、何より川上さんのラノベ(『ホライゾン』)がアニメ化というのが気になる。成功すればすごそうだけど、失敗の危険性は高いよなあ。

 注意として、『ギルティクラウン』は絶対に外せませんよね。ノイタミアが方向性を変えたように思います。
 『ファイ・ブレイン』と『たまゆら』は佐藤順一さんなので注目です。ファイ・ブレインはサトジュンには珍しくバトルものっぽい。たまゆらは横須賀を舞台のですが、ARIAスタッフなので最近のゆるいサトジュンなのでしょう。
 さらにGONZO復活のための『ラストエグザイル』に期待したいです。前作登場キャラも数人登場するようですし、新キャラも良さそう。前作好きとしては期待したいです。

 穴は『未来日記』ですね。原作はちょっと長くやりすぎたんじゃないかなあ? つかみは良かったんですよね。オチは不評ですが、個人的にはありです。アニメでもつかみは良さそうなので期待したいです。(でもピングドラムとかぶる?)
 『UN-GO』はタイトルが悪い印象。『C』と同じ感じですね。もうちょっとわかりやすいタイトルじゃあダメなんかなあ? 水島精二さんなので期待したいのですが…好きな人は好きなアニメになりそう。
 『君と僕』は面白いだろうと思うのですが、女性ファン中心でしょう。
 『まじこい(真剣で私に恋しなさい)』はゲームがそうだったように声優アニメになりそうです。普通に作れば楽しく見れるアニメになるんじゃね?

 大穴はちょっと色物を選択しました。
 『マケン姫っ!』は原作者が武田弘光さんがエロ漫画畑の人らしいので、そういう方向性のアニメになるんだろうなあと予想。
 『ベン・トー』は弁当バトルらしいけど、正直知らないんですよね。『はがない』がコケたら『ベン・トー』が人気になりそうです。
 『ちび☆デビ!』は『ミルモでポン!』の流れで面白ければいいなあ。

 秋アニメは大作が多いので色んな意味で非常に盛り上がると思います。最近の流れでは一体感を楽しむ人が多いと思うので、何か思い入れのあるアニメを作って、一体感を求めてみてはいかがでしょうか?


古代国家はいつ成立したか

 邪馬台国関連で久々に素晴らしく良い本ではないかと思います。よくある仮説の積み重ねによる考察ではなく、数字をもとに統計的にその時代の状況を捉えようとしているところが素晴らしい。
 かつては九州説を支持していましたが、纒向遺跡以降の数々の考察を見るに、邪馬台国は近畿だろうと思うようになりました。本書も近畿説を支持していますが、その理由が漢や魏との関係とともに丁寧に書かれています。
 それに伴い、狗那国を東海地方に、投馬国を吉備(岡山県)に比定しています。この考え方が今の主流なのかもね。
 筆者は古墳時代を国家のはじまりと捉えているようで、その説明も丹念になされています。
 他の調査より実際に朝鮮半島を支配していた証拠が出てきているので、古墳時代には国家が成立していたことは間違いないのでしょう。そうじゃないと海を渡って征服は不可能でしょうしね。律令制度がないというだけで国家ではないというのもおかしな話になりますし……単純に中央集権国家か否かってだけな気がするなあ。
 本書をもとにそのあたりを考察するのも面白いと思います。当て推量が少ないので良い新書ですよ。

野田首相を育んだ松下政経塾の“実像”
政界の頂点に立った「松下政経塾政権」 前原氏もパシリ扱い

 野田内閣は松下政経塾の内閣だなあと思います。ついに塾生から首相なんですよね。松下幸之助さんの先見の明がすごいと言うべきなのかな?
 前原さんなど在日韓国人の献金問題はありますが、松下という環境を考えるに基本は愛国です。というか、むしろそれが前提。だからこそ周辺諸国が野田内閣を警戒しているようです。(最近の松下政経塾は宣伝道具になりつつあるようですが)
 民主党政権と考えずに松下政経塾政権と考えると、野田内閣の方向性が分かりやすくなると思います。

|

« プリティーリズムイベントに行きました | トップページ | iPhone5ではなくiPhone4Sでした »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プリティーリズムイベントに行きました | トップページ | iPhone5ではなくiPhone4Sでした »