« 秋アニメ’11 | トップページ | ロウきゅーぶ超比較2 »

2011年10月 6日 (木)

iPhone5ではなくiPhone4Sでした

 このところ大量にネタがあったはずなのに、ブログを更新していませんでした(笑)。ネタが多すぎて何から書いていいものか迷ってたんよね。そのうちに旬を過ぎてしまった感じです。ごめんなさい。

 秋アニメが始まりましたけどいかがですか? 難解なアニメが多い印象なんですよね。Fate/Zeroやホライゾンが難しい。何をやっているのかわかりにくいけど、ついていけたらいいなあ(笑)。本命はガンダムAGEなので、楽しみに待とうと思います。

 とりあえず正式なサービスになった「Google+」のアカウントを取りました。Facebook同様に本名で登録したけど、まだ楽しみ方が分かっていません。Twitter同様に様々な方をフォローして・・・それで止まってるんですよね(笑)。

 ホークス優勝しましたね。優勝した時に寝てしまっていたので、あまり実感がありません。今年こそCSを突破して欲しいものです。今年は強いから可能性はあるよね?(セ・リーグは中日が強くなっていますね)

 ついに、抱き枕を買ってしまいました。ほむほむ(暁美ほむら@まどか☆マギカ)の抱き枕カバーの絵柄が良くて、ついつい買ってしまったんですよね。他にも抱き枕カバーは持っているけど雑誌の付録などで記念品みたいな扱いだったのですが、今回のほむほむはかなり好きな絵柄だったわけです。それで、思い切って枕本体を買っちゃったんですよね(笑)。
 初めての抱き枕の感想は……舐めてました。これはオタクをダメにします(笑)。いわゆる「俺の嫁」感がすごいですね。「萌え」ってこういう感覚なのかあと実感しました。
 なんかこれまでの感覚は違うんですよね。触れないものをほぼ等身大で触れる快感なのかもしれません。だから、抱き枕商法はAKBなどの3次元のアイドルでも可能だと思います。
 まあ、そもそも「萌え」たことがほとんどないので、これが「萌え」かどうかは分からないのですが……色んな意味でやばいことは確実かなあと思っています。

 慶応大学の学祭イベントに行こうと思ったけど、チケットを受け取ってないんだよなあ。チケットが送られてくるのかな? 振込は行ったつもりなので、いざとなったらメールで確認する予定です。RO-KYU-BUのライブもあるし、今月はイベント目白押しだなー。


「iPhone 4S」発表 デュアルコアA5プロセッサ搭載

 iPhone5かと言われていましたが、iPhone4Sでしたね。iPad2と同じプロセッサということで、iPad2を操作した感覚をイメージするに、相当にサクサクだと思いますよ。電池の持ちが気になるけど、そのへんは工夫されているのかな?

 日本では、この発表以上にauでiPhoneが売られることの方が大きなニュースでした。ドコモがハブられましたね。どうするんだろう?
 ソフトバンクはW-CDMAという3Gの通信規格を使用しており、auはCDMA2000という3Gの通信規格を使用していますが、この違いのせいでおそらく通信速度の最高値はソフトバンクの方が速いと思います。最初はCDMA2000の方が速かった(auがWINを早く始めた)のですが、それ以降あまり速くなっていないんですよね。W-CDMAは着実に速くなっています。
 でも、これは理想的な環境での最高速度なので、ソフトバンクがそれを実現できるとは思えません(笑)。従って実測値はauの方が速い可能性が高いです。auは全体的にそこそこ速くて、ソフトバンクは大部分で遅いけど一部は速いという感じなのでは?と予想しています。安定を求めるならばauは良い選択肢ですよね。
 だけど、iPhone5ではWiMAXを使用できるようになるかもしれないので、それまで待つという選択肢もあります。UQ WiMAXはKDDIが出資しており、auの端末のいくつかで使用できるので、auのiPhone5で使用できるようになる可能性はあります。(あくまでも予想ですよ)

 それに対抗して、ソフトバンクは買収したウイルコムの技術を使用した高速通信を始めるようです。ウイルコムはPHSを大幅に高速化したXGPという通信規格を開発しており、今回はXGPに仕様を追加した高度化XGP(AXGP)で高速通信を始めるようです。でも、AXGPはPHSの要素はなくて実質TD-LTEらしいです。(TD-LTEの仕様にXGPの仕様を追加しようとしてたけど、どうなったんだろう?)
 LTEはドコモがXiとしてすでに展開してますが、TD-LTEはLTEの一種です。TD-LTEでは上りと下りで同じ周波数帯を使用します。(WiMAXも上りと下りで同じ周波数帯を使用。Xiは上りと下りの周波数帯が異なるLTE)TD-LTEは周波数帯を獲得しにくい中国などで使用されているようです。
 ドコモがLTE(Xi)、auがWiMAX(UQ WiMAX)、ソフトバンクがAXGP(WCP)と次の世代の通信が出揃った感じがします。当初はすべてのキャリアがLTEに統一されると言われていましたが、結局バラバラみたいです。
 今回、ソフトバンクはAXGPを「Softbank 4G」と言っているようですが、ドコモはXiを3.9Gと言っています。去年12月に国際電気通信連合がLTEを4Gと言ってもいいよって認可したようなので、ズレが生じています。でも、すぐに4Gと名乗ってしまうところが孫正義さんらしいですね(笑)。

 iPhoneの独占販売がなくなりソフトバンクは苦戦すると思いますが、今後はサービス勝負になるはずです。ドコモも黙って見ていないと思うので、今後の展開に注目したいです。iモード搭載じゃなければダメなら、Brackberryはどうなるの?って思うし、iモードなしも無理じゃないんですよね。


秋の夜長は電撃文庫で! 秋の祭典2011が過去最大規模で開催

 初めて電撃祭に行ってきました。電撃だけでこれだけのお客さんを集められるんですよね。アニメの殿堂と言われていた施設ではこれが手を変え品を変え毎日行われる予定だったんだよなあ。イベント好きなので是非ともやってほしかったわ(笑)。
 電撃祭の感想ですが、秋葉原UDXはどう動いていいのかわかりにくいのでベルサール秋葉原の方が圧倒的に楽しかったです。ステージの閲覧は事前に申し込みが必要だったようで、申し込みしておくべきだったなあと反省しました。
 ベルサール秋葉原ではロウきゅーぶのゲームがありましたが、実際に遊んでいる画面を大画面に映しているんですよ(笑)。そんなの遊びにくいじゃんかーと見るだけにしました。メタメタに負けている様子を見られるのはどうも嫌な感じがしたので…
 フリースローで商品ゲットを狙ったものの2投目を外してしまい参加賞止まり。地下でやっていたイラスト展示を眺め、紙袋をゲットしたあとスタンプラリーを行い、コスプレのお姉さんを撮影し、誰でも参加できるステージを閲覧して帰りました。
 まあまあ楽しめたのかな? UDXがもうちょっと使いやすければなあ。イベントが閉じちゃう施設なのが残念です。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

 ようやく読みました。加藤陽子さんの戦争への対峙は好きなんだよなあ。加藤さんの他の本と同様に日中戦争から太平洋戦争にかけてがやや弱いですが、日清・日露・第一次世界大戦は興味深い内容です。
 日本の歯車がずれたのはひょっとすると「対華21カ条要求」からかもしれません。本書を読み進めていると、それまでは世界の捉え方と日本の捉え方が一致しているんですよね。しかし、「対華21カ条要求」はやりすぎな印象が強いです。傲慢の始まりかもしれません。

 本書で面白いと思った点を列挙すると、
・山県有朋は「主権線」「利益線」を重視した
・日清戦争は戦争賛成が強く、日露戦争は政府も含めて戦争を回避しようとしていた
・満州と北京はかなり近い
・大韓帝国という独立国があった
・日露戦争は英米と独仏の代理戦争だった
・第一次世界大戦は山東半島も重要だが、南洋諸島も重要だった
・第一次世界大戦によって強い危機感が生まれていた
・第一次世界大戦後に日米の関係がおかしくなっている

……こんな感じですね。

 特に、第一次世界大戦を軽視したのかと思っていたのですが、非常に危機感を持っていたことが分かり目から鱗でした。
 来るべき世界大戦に向けて過剰に準備しているんですよね。焦燥感があります。ヨーロッパの戦争を実際に経験していないせいで、想像力だけでできることをやった感じ。だから満州事変までやって強引に満州を欲したのかなあと思いました。

 はじめて知ったのは「大韓帝国」ですね。だから日韓併合で大韓民国なんですね。なるほどなあ。
 あとは、第一次世界大戦後に日本の領土は十分広いこと。今の2倍はあるんじゃない?
 そして、民主化のせいで戦争が起きていることですね。戦争への不満が民主化を促進したようですし、政党政治が機能しなくて軍部が受け皿になっているしなあ。民主化が悪く作用しているなあと感じてしまいました。良いことばかりじゃないのは分かるけど、ここまで裏目なのも珍しいわ。
 日本にとって不幸だったのはウィルソン大統領の存在かもしれません。彼が日本の希望を打ち砕いているようです。第一次世界大戦後の日米の関係悪化も大統領の存在が大きいように思えました。この時期に仲良くできていたら違っていたんだろうなあと思わずにはいられません。

蒼海の世紀

 同人誌もあるのですが単行本の紹介です。
 大韓帝国の王子が主人公の第一次世界大戦の漫画です。珍しいですよね。女性ばかりの組織・海援隊という架空の設定の仮想戦記ものなのですが、韓国人を主人公に配した第一次世界大戦が舞台の漫画というのは思い切ったことをやっているなあと思います。
 おそらく同人誌よりも単行本の方が読みやすいと思うので、興味がある方はどうぞ。

クリプトン、「初音ミク」ヒットで経産相から表彰

 初音ミクちゃんが表彰ですか(笑)。日本を代表するアイドルになってしまいました。「銀河の歌姫」「電子の妖精」を圧倒的に超える2次元アイドルですね。

『ロウきゅーぶ!』ひなたの「おー」まとめ(全12話)

 おー!
 2期もできそうなぐらい円盤が売れたようなので、ちょっと安心しております。ロウきゅーぶのBDはかなり真剣に楽しんでます(笑)。インタビュー形式のSSも楽しくて満足。全巻購入特典がライブDVDじゃなくて、もっとアニメっぽいのだったら良かったのになあ。

児童ポルノに廃棄命令の条例、京都で可決。1年以下の懲役または50万円以下の罰金

 単純所持は厳しいよなあ。今回の条例では2次元は回避できているようです。
 実在の子供は保護すべきだと思うけど、児童(18歳未満)の画像や映像を単純所持だもんなあ。高校生のちょっと危険な画像や映像ってどこからアウトなのか分からない。分からなければ持っていてもいいのかなあ?(京都にいないので今のところ関係ないですが……)

『這いよれ!ニャル子さん』 TVアニメ化決定 制作はXEBEC 今度はフラッシュアニメじゃないのか?

 ニャル子さん、ついに正式にアニメ化なのですか。声優さんの変更がないといいなあ。すんなり見たいので大きな変更がない方が嬉しいです。

『ゼロの使い魔F』監督:岩崎良明×シリーズ構成:ヤマグチノボル きたああああああ

 ヤマグチノボルさんって手術したばかりじゃないの? 大丈夫なのかな? 大丈夫ならファンにとってこれ以上ない体制ですね。

川原礫 : 「アクセル・ワールド」「ソードアート・オンライン」 アニメ化決定 異例の2作品同時

 電撃文庫最後の大物という感じのアニメ化です。SAOは読んでないので読んでみた方がいいのかなあ? とりあえず1巻は買ってたりするんですよね(笑)。

とある魔術の禁書目録 : 初の劇場版アニメ化が決定

 「とある飛空士」に続いて「とある」シリーズも劇場アニメ化です。映画化なら超電磁砲の方が良かったなあ。
 それにしても映画になるアニメが増えましたね。映画化商法になるんかなあ? BLOOD-Cも映画だもんね。どうなってるの?

折笠愛、小清水亜美、三瓶由布子、タルタエリ、水谷優子、呉圭崇、所属事務所バオバブを離籍か   他

 バオバブやばすぎだろ? アクセルワンへ移籍するのかな? どうみてもマネージャーが移籍してそれに声優さんがついていっているんですよね。どう考えてもバオバブはおかしい。
 そう言えば明坂聡美さんがアミュレートに移籍らしいですね(参考/参考2)。スペースクラフトは声優を完全にやめるのかな?

|

« 秋アニメ’11 | トップページ | ロウきゅーぶ超比較2 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋アニメ’11 | トップページ | ロウきゅーぶ超比較2 »