« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月23日 (水)

感想:マネーボール

 ホークス日本一おめでとう&ありがとうございます! 声優の藤田咲さんも喜んでます(参照)。最終戦は怖くてまともにテレビを見てられませんでした。杉内ファンで山崎ファンで松中ファンで城所ファンなんだもの(笑)。縁起をかついでパジャマを変えたり、試合終了までお酒を飲まずにいたり、できるかぎりの悪あがきをしたなあ。


●感想:マネーボール

 マネーボールにしろビリー・ビーンにしろ、私も多少は知っています。でも、メジャーリーグはほとんど知りません。そして、この映画はあまり知らない方が面白いんじゃないのかな?という印象です。
 マネーボールでどのくらい勝ったのかとか、ビリー・ビーンがどういう人生を歩んでいるのかとか、そういう背景を知らなかったので純粋に楽しめました。皆さんにもぜひとも知らない状態で見て欲しいです。
 知っているとちょっとした選手と役者の違い、過剰な演出などが気になりそう。
 ただし、野球を知らないと楽しめないんだろうなあという特殊な映画です。野球ファンの方が絶対に楽しめる映画です。

 最近は日本でもFA(フリーエージェント)が盛んになって来ましたが、メジャーリーグではFA前提の補強になるようです。(メジャーリーグではトレードは日本よりも頻繁に行われます)
 日本でもそうですが、メジャーリーグでも金持ち球団と貧乏球団があって、FAで選手を強奪されるようです。そういった貧乏球団の悲哀が生んだ“新しい野球”がマネーボールです。
 ビリー・ビーンの苦悩や決断が丹念に描かれており、ブラピの喜怒哀楽に感情移入してたせいもあって、マネーボールが成功した瞬間には涙が溢れていました。勝ってるよ、勝ってるよ……って感じ。最近、実写を見るとすぐ泣いてる(笑)。

 メジャー球団のGMって所詮は裏方なんですよ。当然、主役は選手ですし。
 でも、この映画は裏方のGMが主役で、映画として面白いんですよ。こういうところがハリウッドなんだなあと思います。シナリオの作り方が洗練されているんですよね。
 背景の説明があり、伏線があり、ぐっと盛り上がるところがあり、伏線を回収する──マネーボールではそんな感じかな?
 ハリウッドのシナリオは何分に何をするべきかというノウハウがあるらしいんよね。マネーボールは分析に値する映画だろうと思います。
 日本では「はやぶさ」の映画が3作品公開される予定ですが、こういう地味なテーマ、裏方が主役な映画こそハリウッドに学ぶ方がいいんだろうなあと思いました。

 ソニー・ピクチャーズで野球といえば日米なので、日本を意識したのかイチロー選手がちょっとだけ映像で出てきます。ニヤリとしたけど、出さなくてもいいよなあという複雑な印象です。個人的には出さない方が嬉しいかったかも。良い映画のノイズっぽく思えたんで。ひねくれてるかな?


◯ホークス完全優勝の秘密

 ホークスが日本シリーズで中日に勝てました。11球団に勝ち越しての日本一なので、完全優勝と言えると思います。
 今年のホークスはなぜここまで勝てたのか? ファン目線で分析してみようと思います。

 まずはドラフトについて。
 かつてのホークスは根本マジックで逆指名と囲い込み(今年の菅野投手のような方法)を生かしたドラフトを行なっていました。でも、それが全て成功したわけじゃないんですよ。1996年・2002年のように大成功した年もあれば、1999年・2000年ドラフトのように思いっきり失敗した年もあるのです。
 小久保・松中・和田・杉内といった当時の名残はありますが、今年のホークスをつくったのは2005年と2006年ドラフトなのです。2005年は松田・本多、2006年は大隣・森福・長谷川・福田・山田──今年の主要メンバーでしょ?(2007年の大場・岩嵜も今後期待できます)
 2005年と2006年は希望枠はありましたが今のドラフト制度になる過渡期で、高校ドラフトと大学・社会人ドラフトに分かれていました。また、2005年と2006年のホークスは高校ドラフトで囲い込みに失敗しております(陽選手と大嶺投手)。陽選手を獲得できなかったので本多選手を、大嶺投手の外れ1巡目で福田選手を指名するという怪我の功名が起きているのです。
 2年間良いドラフトをすれば強くなるんですよね。実際、2005年は9人(+育成枠2人)、2006年は8人(+育成枠1人)と大量指名しています。ダイエー時代末期に金がなかったので指名できなかったんでしょう。それを一掃するための指名に見えます。

 そして、最近のホークスのドラフトの特徴は「ショートマニア」「中継ぎ投手」「強打の大学生」です。
 「ショートマニア」は川崎選手のFAを見込んでのものです。2003年以降、明石・金子・江川・本多・福田・李・藤井・立岡・今宮と二遊間の選手を毎年のように獲得しています。主に高校生で、外野手候補でも2軍で二遊間を試しています。ショート候補は身体能力が高いのでつぶしがきくようです。明石選手と福田選手は、今年は外野手としても活躍しました。川崎選手がいなくなるので、満を持してのショート挑戦ですね。
 「中継ぎ投手」は、ダイエー時代末期の三瀬投手の成功からきています。主に、中位から下位にかけて指名します。それ以降、甲藤・柳瀬・森福・久米・攝津・金と指名しています。その中で大成功だったのが、攝津投手と森福投手なのですね。(甲藤投手の復活に期待しています)
 「強打の大学生」は、おそらく強打の高校生を指名した失敗と松田選手の成功があって、この傾向になっていると思います。松田選手以降、長谷川・中原・柳田と指名しております。長谷川選手は大ヒットですね。(柳田選手にも期待したいです)
 かつては即戦力を獲得していたのですが、最近はFAで即戦力を獲得する方針に転換しています。大きな方針転換なので、ドラフトを予想するときは注意しています。

 続いて、トレードについて。
 去年のトレードが見事なんですよね。金澤投手と吉川投手を獲得しています。両選手とも戦力外のような扱いだったので、良いトレードではなかったかと思います。金澤投手では荒金選手と金子選手を、吉川投手では井手選手を放出しています。
 なぜ金澤投手と吉川投手が復活したのか? 攝津投手の真似をして制球力が向上したからとしか言いようがないんですよね。両投手ともにドラフト上位で指名されただけあって、ストレートに力があり良い変化球もあるのです。でも、戦力外に近い選手でした。攝津投手の担ぎ投げのようなフォームをまねて制球力が向上したとしか思えません。中日吉見投手を見ても分かるように、投手はコントロールですね。

 さらにFAです。
 横浜の内川選手と西武の細川捕手を獲得しました。人的補償が発生するのかと思いましたが、なぜか発生していません。プロテクトがうまかったのかな?
 ドラフトとトレードで主力選手と投手陣は整ったのですが、3番打者と捕手が手薄でした。そこにFAで3番候補の内川選手と正捕手候補の細川捕手を獲得しました。
 ピンポイントでズドンという補強なので、「ピンズド補強」と言われるようですが、当時はなぜ先発投手を補強しないのか?と言われていたと思います。
 先発投手は博打に思えますが若手および攝津投手の先発転向に期待したのでしょう。後から見るとピンズド補強だっただけだろうと思います。でも、見事な補強でした。

 外国人選手はカブレラ選手を獲得しましたが、これは3~4年前ぐらいに新しい外国人選手を獲得しては失敗していたので、日本で実績のある外国人選手を獲得しているようなんですね。
 カブレラ選手の成績はいまいちですが、小久保選手や松中選手が4番に居座ると外しにくくなるので、4番松田のためには必要だったと思います。

 ここまでは兵站ですが、続いて戦略の話に移ります。

 去年の変革で大きいのが、「年俸制度改正」と「ウェスタン・リーグ」ですね。
 まず、年俸制度ですが、去年より出来高重視に改正されました。詳細はわからないのですが。出来高の割合を大きく増やしているのと、ノルマを達成できなかった時にマイナスの出来高を設けたことが大きな違いだろうと思います。
 ノルマに関しても、マネーボールっぽく従来よりも出塁を意識しているのではないかと予想しています。というのも、松田選手は出塁率が大幅に上がっているんですよね。査定の影響が大きい可能性はあると思っています。

 そして、ウェスタン・リーグの活用ですね。去年はプエルトリコとオーストラリアに選手を派遣しています。
 プエルトルコでは岩嵜投手と大場投手が大活躍して、今年の躍進につなげました。オーストラリアには山田投手、福田選手、中村選手、怜王投手が派遣されて、山田投手と福田選手が躍進しました。特に岩嵜投手はプエルトリコで覚えたツーシームを武器にできたことが大きかったと思います。

 去年からではないのですが、伝統的にホークスでは「師弟関係」があります。オフシーズンの自主トレで、主力選手に若手がついていき合同で自主トレします。
 松田選手は松中選手と師弟関係ですし、本多選手は川崎選手と師弟関係です。他球団とも交流がありまして、山田投手がロッテ成瀬投手に弟子入りしてコントロールが大幅に向上しました。また、大場投手が和田投手に弟子入りして、今年は勝てるようになりました。
 この師弟関係は練習の方法や取り組み方に影響があるようなので、今後も続けていって欲しいと思います。

 最後に戦術についてです。

 ホークスの戦術は「走る野球」と「左右無視」だと思います。

 まず、ホークスの選手はとにかく走ります。ドラフトで俊足の選手を数多く獲得しているというのもあるでしょうが、秋山監督の野球が走る野球なんですよね。
 通常の球団では盗塁のサインがあると思いますが、今のホークスは選手が自由に走っています。実況や解説で盗塁に関して監督の判断を気にしていることがあるのですが、選手の判断なので当たるわけがありません(笑)。おそらく「待て」のサインはあると思います。でも、どんなときも走るものと考えた方がよさそうです。
 マネーボールで言えば盗塁は無駄です。でも、ホークスは盗塁します。盗塁そのものよりも、盗塁によってストレートが増えたり制球を乱したりという影響が大きいのかもしれません。今年は、川崎選手や本多選手が出塁すると、ストレートを内川選手が狙い打ちするケースが多かったように思えます。
 また、ファンからは非難されていますが、井出三塁コーチはギャンブルでホームに突入させます。5割の確率でセーフならば突入させるようです。理由は、打率は高くても3割だかららしい。5割の方が確率が高いようです。日本シリーズ最終戦はこれまでの本塁突入が生きて点をとれたのでしょう。

 そして、投手の起用も代打の起用も左右を意識しません。中継ぎ投手は1イニング投げますし、左投手相手でも左打者の代打を送ります。むしろ、実際のデータに基づいた相性を重視しているのではないかな?
 ホークスは左投手が得意な左打者、右投手が得意な右打者が多いんですよね。分かりやすいのは小久保選手と長谷川選手ですね。このあたりは日本シリーズでも分かりますよね。
 中継ぎは左右関係なく1イニングを投げていたので、「森福の11球」が生まれたのだろうと思います。
 なんで監督やコーチは左右病なんですかね? 一般的に左右の相性はあるというだけで、選手個々は違うよなあと思っています。何かしないと非難されるからなのかな?

 以上が今年の完全優勝の要因です。他にもあると思いますが、私は分かっていません。
 今年よりホークスは3軍制が始まり、若手が底上げされています。ウィンターリーグはホークスだけでなく巨人や阪神も始めました。ドラフトではロッテが良いドラフトを行なっていますし、ホークスはFAで和田投手や川崎選手が抜けます。
 来年は厳しい戦いになると思いますが、若手を底上げしてホークスは優勝を目指すのだろうと予想しています。何年かかるかわかりませんが、今年以上に楽しいチームができあがることに期待したいです。

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

ICT企業の野望

 鷹さん、2連敗しちゃった。声優の藤田咲さんも悲しんでます(参照)。福岡は関係ないはずなのに、なぜ鷹ファンなんでしょう? 教えて!咲子!
 馬原投手はもう使わない方がいいですね。他の選手だけで乗り切った方がいい。個人的には明石選手をもっと使って欲しいんですよね。打率は多村選手より良いので、こういう短期決戦ではきっと活躍できると思うんですよ。
 といっても、采配を振るのは秋山監督で、実際に頑張るのは選手の皆さんだからなあ。
 名古屋では是非とも2勝して、福岡に戻って欲しいものです。惨敗だけは避けてほしいなあ。


ソフトバンクの格付け「Baa3」に格上げ、見通しは安定的=ムーディーズ

 どうやらボーダフォンを買収した時の借金を返済しちゃったっぽいです。10年かかると思ってたのに、5年ぐらいで返済しちゃった。iPhone効果なのかもしれませんが、それでもすごいです。恐ろしい。

ソフトバンク、米ヤフーの買収検討…米報道

 そして、次の標的はアメリカのヤフーらしいです。ついに世界戦略かあ。米ヤフーは、これまでマイクロソフトなどの買収の噂があり、ことごとく失敗しています。しかし、今回はかなり買収は成功しそうな予感がしています。
 どうも米ヤフーの業績がかなり良くないみたいなんですよね。従って、あまり強い対応を行えないんじゃないかと考えています。米ヤフーとしては、おとなしく買い戻しに応じるか買収されるかの二択しかないのではないかな?

楽天、電子書籍事業のKoboを約236億円で買収へ

 楽天は、北米の電子書籍業界でAmazonにつぐ規模のKoboを買収したようです。パナソニックやソニーと組んで電子書籍事業を行なっていますし、楽天の狙いは完全に電子書籍のようです。


日本は戦略的にTPPや「ASEAN+6」を議論せよ
野田首相、TPP「情報収集し参加是非の結論」

 ASEANを中心に2020年に「アジア太平洋自由貿易地域(FTAAP)」を目指しているようなんですよね。TPPの先にFTAAPがある。これは自民党政権のときにすでに話題となっていることなので、自民党の議員も知っていることだろうと思います。
 だから、TPPで反対しても、FTAAPをどうするかという話になる。FTAAPの次の自由貿易圏も登場するでしょう。では、ずっと反対して孤立していいのか?という話ではないでしょうか。反対派はどこで入るのかを明言すべきかもしれません。

 反対派の言う「日米FTA(日本政府はEPAと言うはず)の方がTPPより良い」というのは分からんなあ。TPPの方が数の力でアメリカに対抗しやすくないですか?
 あとISD条項は日本が結ぶEPAではほとんど結んでいるようです。20カ国以上と結んでいる。だから、条件をきっちり精査すれば問題は最小限になるんじゃない?
 TPPにリスクがあるのは承知しているので、情報と権限の一元化のためにも野田総理大臣には「TPP担当大臣」を置いて欲しいです。そうしないとアメリカに配慮して外務省が折れちゃう危険性がありそう。
 今後の各国の動きに注視しつつ、自由貿易圏を監視していくのが良いだろうと思います。

 農業は関税から農地面積や農作物の種類に応じた補助金に切り替える時期だろうと思います。実際に農作物をつくっている審査が難しいかもしれないけど、価格安定のための減反よりよほど生産的だと思うな。

上海で政府主催の日本アニメフェス May’n、牧野由依ら

 首脳会談で決まったらしいです。こんなことも会談するんですね。人口が多いので反日の方が目立ちますが、日本ファンも多いようですので(ただし、アニメの放送規制で減っている模様)、こういうお祭りはどんどん活用していきたいものです。

アニメで地域おこし 「聖地」横須賀に人の波 神奈川

 本当に観光客来てるの? 一応、たまゆらカレーはゲットしたけどさ。
 「セイクリッドセブン」は由比ガ浜だったんだ。神奈川は強いね。アニメの舞台となることが多い。
 1年もののアニメが減っているので、長い人気を保つのは難しいと思います。いっそアニメよりもライトノベルで街おこししませんか?

【コラム・ネタ・お知らせ】俺の妹が××すぎて眠れないCD 矢作 紗友里さん、内山 夕実さん、洲崎 綾さん収録レポート

 好きな声優がそこそこいるので買ってみようかな?

声優の斉藤千和さんが今まで演じたキャラを描いた1枚絵がいいね! お前らどれが好きよ

 うむ。向こうの人もやりおる。
 学園祭でのトークも面白かったし。ちわちわかわいいよ! 戦場ヶ原ひたぎさんが好きかなあと思ってたら、ほむほむ(暁美ほむら)に完全にやられちゃってます。134が秀逸。そいや「愚弟?」というのもいいよね。

【速報】オジサン、タイバニが映画になりますよ! アニメ『TIGER & BUNNY』劇場版が2012年公開決定!!

 劇場化商法来ちゃった! タイバニまで劇場化か。そのためのシナリオ変更だったんだろうな。謎を残して終わらす予定じゃなかったと思うんだわ。実在の企業がタイアップしているので、コンビニでの展開に期待したいです。

TVアニメ「化物語」が11月からキッズステーションで放送スタート

 『化物語』音楽全集 Songs&Soundtracksが出るようです。ついに出るんだな!それが一番嬉しいです。

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

まどか☆マギカ劇場アニメ化

 今年はCSを突破できました。7年間日本シリーズに進出できていなかったらしい。8年ぶりの日本シリーズが非常に楽しみです。落合監督は1999年の日本シリーズでダイエーホークス有利と言ってくれた多少縁のある方。2004年はプレーオフ、2010年はCSでホークス負けてしまったせいで対決できなかったのが落合中日です。「ずっとホークスとやりたかった」「王さんとの約束があったから」と落合監督が言ってくれているのが嬉しいですね。
 予想とというか願望で4勝2敗でソフトバンクホークス日本一。吉見投手は打てないでしょうが、他の投手は打てるはず。どんな形でもいいから勝って欲しいです。ここまで来たんだから完全勝利を目指してほしいな。


『魔法少女まどか☆マギカ』劇場プロジェクト始動!  まじかよおおおおお

 どうやらまじらしいですね。劇場版まどか☆マギカってどうなるんだろう? 焼き直し? 現時点では不安の方が大きいです。かなりテレビ版は綺麗に終わっていると思うんですよね。エントロピーの説明が気に食わないくらい(笑)。

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』は全3部作 2本はTVシリーズ再編成、1本は長編完全新作

 え?! 総集編+新作の2部作で十分じゃん。これは企画がおかしい気がしてきたぞ?! シャフトファン的にも歓迎しにくいんじゃないかなあ? かなり不安…


【小ネタ】天皇杯名古屋×北九州でアニメゲーフラ対決が実現か

 ギラヴァンツすげー! というか、絵が上手すぎる! 新しいスタジアムができたら、でっかいゲーフラ頼みます!

映画「けいおん!」テーマ曲の音源を公開、これまでのOP路線

 公式ホームページで公開されています。Youtubeを載せてみるかな? Tom-H@ckさんらんしい曲調でけいおんらしい歌でかなり好きです。Tom-H@ckさんって豊崎さんとの噂だけじゃなかったのね!

☆映画けいおん! テーマ曲「Unmei♪wa♪Endless!」

☆映画けいおん!ED「Singing!」

海外アニメファン「最近唇をしっかり描くアニメ多いよな」

 あれ? この唇が嫌いな人がいるの? 自分で絵を描いても、かなりライトを入れるけどなあ。あの唇の描き方は好きなんだよねえ。上唇はあまり描かないかな?

藤田咲さん「歳納京子のはじめてを奪ってやったわ\(^o^)/ 綾乃歓喜\(^o^)/」

 としのーきょーこー!ってな感じで中の人が何かを奪っちゃったらしい(笑)。
 ゆるゆりの女子会で鍋を食べたようです。女子会っていいなあと思っちゃうのは、うちが百合好きだからなんかな?

今月の11日に『おまもりひまり』『これはゾンビですか?』、月末に『そらのおとしもの』の、それぞれ発表があるよー

 2期とか3期とか? これは嬉しいなー。特にこれゾンは大好きだったので嬉しいです。「しゃーなしだな!」とか使いやすいですし。(王会長の「しゃーない」に近いけど)

明坂聡美MCのニコ生番組で「これゾン」アニメ2期の重大発表が!?

 これゾンはこれかな?

赤外線でのがん治療法開発 マウス8割完治、副作用なし

 赤外線だったらこれまでの放射線療法より安全だし、様々な癌に応用が効きそうです。かなり期待したい医療技術ですね。この方法ならば恐らく医療費も安くなるよなあ。

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

ドラフト雑感’11

 クライマックスシリーズのファイナルステージが始まっちゃうなあ。今年こそ突破したいなあ。でも、西武は後半戦の調子がいいらしいんだよなあ。どうなるんだろう?

 TPPに関しては、菅さんがTPP参加を検討するという発言した時点で、外務省的には参加しか選択肢がないわけです。ようやく理解しました。これがすべてです。
 そして、それを覆すには、国民投票しかなかったのではないかと思います。アメリカを納得させる道具は民主的な国民投票だけでしょう。
 反対派は完全に戦略を誤りました。すでに国民投票できる状態ではないので、日本はTPPに参加します。ひょっとすると残念ながら反対派は本気ではなかったのかもしれませんね。

PSP『ロウきゅーぶ!』本当にこのゲームCERO:Bなのかよ・・・・

 ロウきゅーぶのゲームを買いました。CERO:Bの基準が分からないのですが、とりあえず楽しむつもりです(笑)。
 ロウきゅーぶのファンは、基本的に金払いが良い人が多い印象。だから、CDもBDもゲームも売れるんだよなあ。遊びやポーズでロリアニメのファンはできないですよね。
 ちなみに、私はロリに対してカタナシくん(WORKING)のように、愛でる気持ちで見ております。本当だよ!!


2011年ドラフト、全球団を徹底検証!
2011年ドラフト採点!

 ドラフトが終わり、CSが始まっています。今年は珍しくドラフト後の感想を書いてみようかなあと思います。

☆ロッテ 95点
 今年は、ドラ1で藤岡投手、ドラ2で中後投手と、左腕を2人指名できたので予定以上のドラフトだったのではないかと思います。藤岡投手はBIG3の中で最も即戦力と見ているので、抽選に当たって幸運だなあという心境です。中後投手は育成に時間がかかるでしょうが、ドラ1候補だったので2位指名はお得と言えるでしょう。
 3位の鈴木選手は遊撃手、益田投手は中継ぎを補強という思惑だと思います。
 指名人数が少ないので5点減点しました(育成枠を活用して第2の岡田・角を発掘しても良かったのでは?)が、スカウトとしては快勝と言って良いでしょうね。

☆横浜 70点
 球団の売却問題で社会人に断られたのでしょうか、今年は「高校生中心のドラフト」です。大学生も指名していないので、大学にも断られたのかもしれません。
 6位にもかかわらず高校生中心のドラフトなので評価が難しいのですが、将来性が高い高校生を指名したと思います。ドラ1の北方投手を大成させるのは難しいでしょうが、ドラ2の高城捕手は谷繁捕手クラスになれる逸材です。ドラ3の渡邊選手もドラ4の桑原選手も将来のレギュラーとなる可能性がありますが、ちょっと指名順位が高いように思えます。
 大学・社会人に断られたために満足できないドラフトになったのではないでしょうか? 来年は即戦力を狙うと予想しています。

☆楽天 85点
 残念ながら藤岡投手は抽選で外れましたが、社会人の武藤投手を獲得。ドラ2~4が立派で、釜田投手、三好選手、岡島捕手と、評価の高い選手をうまく指名できています。今年もきっちり福岡県の三好選手を指名していますね(笑)。三好選手が3位というのは予想していませんでした。評価しているんですね。
 残りは外野手を指名しているので、外野手が手薄なのかもしれません。
 1位は残念でしたが、それ以降は予定以上のドラフトになったのではないかと思います。

☆広島 90点
 ここ3年は岩本・今村・福井と上手く一本釣りできていますね。今年もBIG3のひとり野村投手を見事一本釣りできました。野村投手は広島県の広陵高校出身ということで、広島凱旋ですね。
 菊池選手はやはりドラ2でしか獲得できないようです。良い選手を指名したなあ。
 戸田投手は高校生左腕で、土生選手は広陵高校で野村投手とチームメイトだったようです。有名ではないですが、スカウトがマークしていたのでしょうね。予定通りの指名に思えます。
 下位で指名するのではなく育成枠を使っている点も広島らしさを感じます。広島にとっては最高のドラフトだったのかもしれません。

☆オリックス 80点
 オリックスは例年のように社会人が多めですね。今年は高校生の高橋選手を抽選で外してしまいましたが、T岡田選手に続く野手を求めているように思えます。
 ドラ1の安達選手、ドラ2の縞田選手と2人の遊撃手を連続で指名しています。意図がわかりにくいですが、ひとりをコンバート予定なのでしょうか? 横浜が指名したい選手(特に社会人)をオリックスが指名したのかもしれません。
 社会人はほとんどチェックしていないので言及しにくいのですが、中位・下位は良い指名に見えます。最近のプロ野球では高卒遊撃手が多いのに、社会人遊撃手を上位に2人もってくる意図が分からないので点数を下げました。

☆阪神 90点
 選手名だけを見れば大成功です。しかし、伊藤選手をドラ1指名したのは、抽選を回避したように見えるので、そこだけ減点したいです。
 それでも、ドラ2の歳内投手は高校生の中では比較的早めに1軍で登板できそうですし、ドラ3の西田選手とドラ4の伊藤選手をバランスよく指名できています。
 さらに、ドラ5で松田投手を指名できたのは幸運と言えます。春の甲子園で活躍したので、もっと高い順位で指名されても良い選手に思えます。
 やや即戦力投手が少ないのが気になりますが、2軍に良い投手がいるということなのでしょう。

☆西武 90点
 今年は社会人投手を2人上位で指名しました。他球団とは異なる選択で、社会人投手の指名順で言えば1位と2位に当たります。これだけで大成功ですね。
 ドラ3の駒月捕手はスカウトが狙っていた選手なのでしょう。ドラ4の永江投手は、投手と野手どちらを選択するのか気になる選手です。
 捕手が少ないので、初めて育成枠を使用して捕手を指名するという、納得のドラフトだったように思えます。

☆巨人 80点
 菅野投手を外したものの、他の指名は予定通りに思えます。今年は大学・社会人中心のドラフトだったようですね。
 ハズレ1位の松本投手ですが、高校生左腕の育成は難しい(大抵潰れる)ので、ドラ1で獲得するのは勇気があるなあと思います。松本投手を外した横浜のほうがおいしいかも。高校生左腕を獲得するならば、ドラ3以降が安全じゃないかな?
 有名な選手はいませんが、巨人のスカウトは良く見ているのでしょうね。失敗ドラフトに見えて良いドラフトの可能性がありますが、即戦力ドラフトではないと思います。

☆日本ハム 95点
 菅野を指名したことと、抽選で当てたことに驚きました。隠密で動くあたりが日ハムらしいです。ドラ1の菅野投手とドラ2の松本選手の指名は、菅野投手が入団すれば完璧と言えます。
 即戦力として森内投手を獲得しつつ高校生中心の指名になっていますが、菅野投手が入団拒否すると来年は厳しいかもしれません。
 それでも、指名自体は十分に評価できます。ドラ3の石川捕手は大砲候補、ドラ4の近藤選手は巧打&守備タイプなのかな?
 二遊間が弱くなっているので、松本選手と近藤選手のどちらかがレギュラーを獲得できるかもしれません。
 また、ソフトボールからの隠し玉、ドラ7の大嶋捕手の活躍に期待したいです。

☆ヤクルト 80点
 高橋選手を抽選で外したあとが、どうも納得できません。川上選手は高橋選手と同じような期待度としても、ドラ2の木谷投手はもう少し下の順位で獲得できないものでしょうか? 楽天が狙っていましたが3位で獲得できたのでは?(高校の後輩だからドラ2は嬉しいのですが……)
 中位・下位は大学・社会人で固めましたが、昨年より日本製紙石巻の選手にこだわりがありますね。久古投手が活躍しましたし、石巻ということで震災を経ての成長に目をつけているのかもしれません。
 下位は予定通りでしょうが、ドラ1ドラ2を失敗と見ています。

☆ソフトバンク 90点
 今年は甲子園に出ていない九州のダルビッシュと下町のダルビッシュを上位で指名しました。このところ「高校生中心のドラフト」なので予定通りだと思います。北方投手はブラフだった可能性があると考えています。
 ドラ3の塚田選手は、中位で獲得できる右打ちの内野手として注目していました。予想通りの獲得で納得です。ドラ4の白根選手は獲得しそうな選手でしたがスルーすると思っていました。予想外です。
 ドラ5の嘉弥真投手は全く知りませんでした。隠し玉でしょうね。森福投手のような中継ぎになれることを期待します。
 育成枠で釜元選手を獲得できたのも大きく、納得できるドラフトでした。

☆中日 95点
 高橋選手を抽選で当てるあたり運がありますね。
 2位以降で高校生と大学生の投手を獲得しましたが、非常に余裕を感じます。中日は数年に1回10人近く社会人投手を指名するので、その間を埋めるような指名なのでしょう。
 ドラ2の西川は1位クラスですし、ドラ3の田島とドラ4の辻投手は、中日の指名順を考えるとおいしいように思えます。
 ドラ5の川崎投手は鷹も狙っていたと予想しています。直前にとられたけど、三重の選手なので中日に譲ったのかはわかりません。
 ドラ6の宋選手も含めて、予定通りの指名だったことでしょう。素晴らしいドラフトでした。

 今年は菅野投手が話題になりましたが、囲い込みという戦術は古くなったと感じました。もう囲いこみできなくなるように、交渉権をトレードを認めてもいいのではないでしょうか? 江川投手のドラフトで問題となりましたが、あのときは入団後のトレードでした。入団後ではなく、入団前に交渉権と選手をトレードする。そうすれば、選手にとっても球団にとっても幸せな状況が生まれると思います。
 また、最近の中日とソフトバンクはFAと外国人で即戦力の選手をピンポイントで獲得しています。そして、その方が強いようです。囲い込みをしても必ずしも強くならないのではないでしょうか? 巨人も時代の変化を感じ取って、育成とFAで強くする方向に移行してはどうかと思います。

 ドラフト全体を見渡すと、横浜が極端な高校生中心ドラフトになったので、相対的に他球団が思惑通りのドラフトを展開できたように見えます。予定通りということは、スカウトの力量がよく分かる機会ですので、今年の選手を追うと面白いかもしれません。


10月31日実施の円売り介入、過去最大の7─8兆円規模か

 7~8兆円の規模でここまでしか円安にならないんですね。円高圧力が強いので、今後も定期的に介入することになると思います。予算はつけているのでしょうが、底がつかないようにうまく介入して欲しいものです。

「第32回日本SF大賞」候補作に「魔法少女まどか☆マギカ」 最終選考会は12月に

 エントロピーの説明が間違っているので、SFはどうだろう? 時間SF的ではあるんだろうけど、ちょっと違和感。ほむほむかわいいよほむほむ。

台湾MSの萌えキャラ「藍澤光」、Silverlightバージョンアップでも続投

 続投おめでと。ファンが多いので、これからも頑張ってくだされ。

「だから日本が好きなんだ」ラジオ会館の人工衛星を見た海外の反応【シュタインズ・ゲート】

 やはり秋葉原に行って実物を見て来るべきだったのかも。痛ビルですよね(笑)。
 それにしても海外のシュタゲファンは熱いですね。日本よりも海外で受けがよさそうだしなあ。向こうでも世界線やDメールの話題になるんかな?

「オリの獣がこんなに可愛いわけがない」 「バファローベル公式フォトブック」発売

 このポスターがすごく欲しいです(笑)。ベルたそはやっぱりかわいいよねー。奇跡的なかわいさ。オリックスはもっと攻めていけよ。

【ちはやふる4話】「新どうしちゃったんだよおいおい!」 海外の反応

 百人一首が世界的になると?! アニメってほんといいもんですね。こうやって世界とつながれるんだもん。

『パパのいうことを聞きなさい!』アニメ版、キャスト発表。PSPでゲーム化も決定

 EDが堀江さんってなんてスタチャアニメなんだろ。そして、バンナムからゲームが出るということか。結構期待されてるんですね。なかじまゆかさんの絵柄が好きなので応援しています。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »