« アニメコンテンツエキスポ2012 | トップページ | 交流戦が始まります »

2012年5月 9日 (水)

あるあるCity

 「AKB0048」が始まってたので見てみたのですが、思いっきりマクロスですね(笑)。でも、AKBメンバーの演技はかなり好きですわ。藍田織音役の仲谷さんと一条友歌役の佐藤さんの声が結構好きです。そして、SKEの秦さんは羽ばたいてるっぽいですなあ。(SKEで一番有名よね?)
 アニメファンらしいまゆゆは、まゆゆをゆかりんが演じていることをどう思っているんかなあ? 今はそれだけが気になっています(笑)。

 そう言えばペニーが退団しましたね(記事)。何をしに日本に来たのでしょう? シーズン中に獲得した助っ人の方が活躍することが多いので、そちらに期待しようと思います。


あるあるCityオープン

 北九州市に帰省した際に、27日にオープンしたあるあるCityに立ち寄って来ました。
 「北九州市漫画ミュージアム」に行きたかったのですが、8月開館予定ということで残念。お盆時期に行こうかなと思います。「あるあるYY劇場」も5​月​12​日オープンということで残念ながら中を見ることはできませんでした。北九州でお笑いって何か違うと思うんだ。アイドルかと思ったらお笑いなんだよなあ。勝算はあるのでしょうか?(だんだんアイドルに寄って行くと思うけど)

 あるあるCity自体はもともとラフォーレ原宿の小倉店があったのですが、撤退したためにほとんど廃墟状態だったんですよね。小倉駅の新幹線側にある建物なのに廃墟。小倉駅前のそごう跡が廃墟だったときよりはずっと良いですが、それでも寂しいですよね。
 その廃墟に、もともとあった漫画博物館計画をもってきたわけです。1~2年ぐらい開館が遅れたようですが、廃墟が残るよりはこれでよかったように思います。むしろこの立地にオタクビルを造っていいのかなあ?(笑)

 北九州という都市規模にしては店舗はよく揃っていると思います。「アニメイト」「ゲーマーズ」「まんだらけ」「メロンブックス」など主要な店舗はありますしね。広島あたりからならばお客さんは集まるかもしれません。

 惜しむらくは「とらのあな」「ボークス」「コスパ」がないことと、ゲームセンターがしょぼいことと(セガあたり誘致しても良かったのでは?)、鉄道のお店がないことと、カラオケボックスがないことですね。
 その反面、「シューティング場」があります(笑)。北九州らしさを演出ですか?

 今後の展開は、近くにある西日本総合展示場で行われる同人誌即売会との連携と、競輪場で実施される「アニうた」との連携でしょうね。更衣室を置いて、(コスプ)レイヤーがウロウロする建物にすれば楽しそうなんだけどなあ。非現実的な空間を演出してほしいものです。


ももへの手紙

 沖浦さんって高畑勲さんのアニメが好きなのかなあ? そういう感じのアニメです。ジブリに例えられるみたいですが、宮崎さんというより高畑さんだなあ。走るところは宮崎さんかなと思ったけど、それ以外は高畑さん。ファンタジーではなく伝奇っぽい感じです。

 でも、「人狼」の方が圧倒的に好きですね。間違っているかもしれませんが、「人狼」は最後のセルアニメ映画だと思っています。重厚で丁寧な映画です。
 それに対して、「ももへの手紙」は平坦なのに強引に見えました。各カットは良くて、各シーンも面白いと思うのですが、ジェットコースターになっていない感じ。メリーゴーランドに乗っているような印象です。あともうちょっと伏線を張って欲しいですね。そのせいで強引な展開に見えたように思います。
 脚本は他の人に任せてよかったのではないかなあ? メディア芸術祭のアニメーション部門で優秀賞だけど、公開前に受賞するのって良くないな。ふさわしくないように思えました。

 声優さんは、美山加恋さんも優香さんも結構向いている感じでした。かなり悪くないです。美山加恋さんはひょっとするとこっちの方に来ちゃうかもね(笑)。

○実質GDPの傾向

 経済成長率などは実質GDPを使用するようなので、実質GDPで傾向チェックをしてみたいなあと思います。傾向チェックには、平均と回帰係数と相関係数を使用します。

暦年実質GDP(単位:10億円)log10実質GDP(単位:円)
2000年474,847.214.67655
2001年476,535.114.67809
2002年477,914.914.67935
2003年485,968.314.68661
2004年497,440.714.69674
2005年503,921.014.70236
2006年512,451.914.70965
2007年523,685.814.71907
2008年518,230.914.71452
2009年489,588.514.68983
2010年511,301.614.70868
2011年506,833.314.70487

 経済成長率を見るので、LOG10をとることにします。100=1なので、経済成長率に変換するときにちょっと厄介ですが。
 それでは、とりあえず5年間で平均と回帰係数と相関係数を求めてみます。

暦年平均(単位:10億円)回帰係数経済成長率相関係数
2000~2004年482,541.240.004891.13%0.92444
2001~2005年488,356.000.006591.53%0.97675
2002~2006年495,539.360.007641.77%0.99643
2003~2007年504,693.540.007781.81%0.99600
2004~2008年511,146.060.005231.21%0.91652
2005~2009年509,575.62-0.00202-0.46%0.27853
2006~2010年511,051.74-0.00312-0.72%0.44209
2007~2011年509,928.02-0.00343-0.79%0.48271

 経済成長率は10回帰係数-1をパーセンテージで表示しています。100=1なので1を引いています。ずっと同じ時に0%となるはず。おそらく経済成長率を平均するよりも正しい値だと思っています。

 GDPの規模は平均でイメージして、全体の傾向を経済成長率(回帰係数)でイメージします。その正確さは相関係数でつかみます。今回は相加平均を使用しましたが、相乗平均の方がいいのかなあ?

 さて、2002~2006年と2003~2007年の相関係数が1に非常に近いので、2002~2007年は順調な成長です。しかし、2005~2009年は非常に相関が悪くなっています。つまり、2009年が異常値ですね。また、平均も下がっていますし、回帰係数もマイナスになっています。リーマン・ショックの影響がよくわかりますね。
 2011年も東日本大震災で異常値でしょう。これは平均により微かに分かる感じです。おそらく、2011~2015年と2012~2016年を比較できるようになるとはっきり分かるのでしょう。

 平均だけでなく回帰係数と相関係数を使えば多少傾向をつかめるのではないかなあと思ったのですが、いかがでしょうか? GDPだとlogが入って単純に回帰係数で見ていないので、ちょっとメリットが分かりにくいのかもね。

○小見川千明さんのCM

○ドラゴンズの選手が語るロッテの応援

業界初のMRAM搭載SSD、バッファローが産業向けに製品化

 バッファローが案外すごいことやってる(笑)。ちょっと期待したいと思います。これで爆速になり安全になったら嬉しいな。

「財務省支配」という都市伝説

 久しぶりにノビーと同意見。財務省が支配しているなら、ここまで赤字国債が増えることはありえない。財務省は敗北して、撤退戦を繰り広げているだけだよ。それでもさらに敗北しそうだけどね。

一番難しいのは「生き残ること」、大塚明夫が「声優」という職業を語る

 ぶっちゃけてるなあ。そうなんよね。アニメ業界はハイリスクローリターンです。漫画業界はまだハイリターン。ゲーム業界はどうかなあ?

声優ビジネスはおいしい!? 大手芸能事務所の参入は「消費されるだけ」

 参入するのは歓迎だけど荒らすのだけはやめてほしいなあ。

声優の竹達彩奈さん、アイムエンタープライズを離れてアセンブルハート所属に!

 え?なんで?

なんとドイツ製、フリーの同人百合エロゲの日本語版が公開されている模様

 ドイツすごいですなあ。ここまでかわいく描けるようになってるんだ。もうすぐこの分野でも外国に脅威が現れそうだ。

給付付き税額控除

 ベーシックインカムに繋げたいので、正直定額にして欲しかったりします。海外だと家族の構成によって給付額が変動するんやね。そういうのが嫌なんだよなあ。簡素化して欲しいです。

|

« アニメコンテンツエキスポ2012 | トップページ | 交流戦が始まります »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメコンテンツエキスポ2012 | トップページ | 交流戦が始まります »