« 感想:(日本人) | トップページ | 感想:高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか »

2012年5月28日 (月)

2ちゃんねるSNS

 最近、ホークスが弱いですなあ。ペーニャ選手が打てなくなって、あらゆる歯車が狂っている感じです。来年への種まきの年だけど、もう少し勝ってほしい。というか日曜日に負けるのが許せない(笑)。

 「ハ」行は昔「ファ」行や「パ」行だったらしいけど、「~は」とか「あはれ」とかを見るに、「ワ」行に近い「ハ」行なのかなあと思ったり。発音してみたら、「ファ」行に近い感じになるような気がします。
 しかし、「ワ」行が「わ」を除いて「ア」行になったのは不思議ですよね。外国語って「W」が残ってるじゃん。日本語は消えてる。
 また、「ング」という発音って日本語にもあるらしいのですが、文字としてはないですよね。聞き取れないから残らなかったのかなあ?
 五十音と言いつつ五十音じゃないですし、不思議な事が多いように思います。


「2ちゃんねる」が揺れる“違法情報放置” 通報・削除要請の仕組みは?

 最近、「2ちゃんねる」が警察庁に狙われているっぽいので、この機会にSNS化したらどうだろうと思い、変えるべき点と維持すべき点をまとめてみます。
 あくまでも個人的な感覚なので、様々な意見があっていいものと思うんですよね。

◇新規機能
IDの導入
twitterやyahoo掲示板のように「誰でも読めるけど書き込みはID必須」というのが良いように思います。twitter同様にIDは絶対表示のルールで良さそうです。
文字数ルールの採用
twitterは140文字ですが、何文字でもいいので文字数制限をしたほうがよさそうです。ただし、AAを書き込めるだけの文字数は必要でしょうね。
◇維持すべき点
カテゴリと板
カテゴリと板がある方が分かりやすいので、維持する方向が良いと思います。
age/sageルール
書き込みがあるとそのスレッドを上げる機能は残して良いと思います。
dat落ち
書き込みがないスレッドは落ちるというルールがないとスレッドが増えすぎるので、残すべきでしょう。
◇廃止すべき点
1スレッド1000レスルールの廃止
1000取り合戦も起きなくなっていますし、1000ルールに拘る必要もないでしょう。そうなると、レス番号も廃止なのかな?
規制の廃止
プロバイダ単位での規制は廃止して、IDの破棄で対応してほしいなあと思います。ID取得時にメールアドレスを記憶しておいて、同じメールアドレスでは登録できないようにするとか? まあ、捨てメアドを作るんだろうね。
 2ちゃんねるってコミュニティ機能が豊富なtwitterというイメージなんですよね。その方向で発展して欲しいです。

怒りの新日鉄 極秘技術「方向性電磁鋼板」なぜ韓国大手に流出したのか

 すごい経緯で明らかになったもんだ(笑)。中国の企業を訴えた裁判でバレるってなんだそりゃ。因果応報になるんかな?
 それにしても、特許を取っていない技術の流出って訴えて勝てるものなのだろうか? 根拠が弱い気がするから、あくまでも売り渡した日本人の責任かな? それとも、嘘を突いてきたポスコの道義的責任かな? 産業スパイに関する法律があれば、高確率で新日鉄が勝てそうだけどどうなるだろう? 家電業界も産業スパイがあっただろうし、これを機に訴えが続出する可能性もあるよね。

江戸時代に「コミケ同様」の出版興隆の秘密があった ――アマゾンや官僚に自国文化を支配される危険性とは

 「コミケ同様」と言いつつ関連性が薄いなあ。
 電子書籍の問題は新刊が出ないことに尽きると思うんですよね。新刊が出ないから発展しない。「講談社、全ての新刊の電子書籍化が可能に 6月から」ということなので、講談社は大丈夫なのかな?

“戦国武将”たちへの権限委譲、デフレ脱却はこれしかない

 大前さんが新自由主義の人だから、当然橋下さんに同調するんだな。わかりやすくなりました。
 大前さんの意見に賛成のところもあれば、どうかなあというところもあるのですよね。
 「少子化」「高齢化」が日本経済の足を引っ張っている。インフレ政策をとってもうまくいくとは限らない。移民政策は負の部分の処置に悩むことになる。ハイパーインフレとなって炎上すると手がつけられなくなる──このあたりは同じ意見かなあ? でも、地方分権をしてもまともになるとは思えません。多少まともになるかもしれないけど、「少子化」「高齢化」のせいで日本はほぼ間違いなく詰んでいます。いかに延命療法で生きながらえるか、もしくは死んでいるのに死んでいないと言いはるか(某ラノベみたいだ…)でしょう。

 最近、文明とは分業のことなんじゃないかなあとか思ったりしています。TPPも国ごとの分業で全体最適での経済発展なんだろうなあ。分業を進めて流動性を高めるのが新自由主義なのかもね。
 でも、分業を進めても流動性が高まらない分野もあるんですよね。アニメ業界がその最たるもので、専門職は流動性が高まらないっぽいんですよね。分業は万能ではない。
 しかし、分業しないと経済発展しないみたい。そして、分業すると一部しかわからないから精神的に病みやすくなるのかも(笑)。現代病ってそういうことなのかもね。

夢物語を吹聴する仏のオランド氏、それを見抜けないメディアと国民――他人事ではない日本の事情

 オランド氏の主張は日本の上げ潮派と同じですね。荒唐無稽に思えます。
 普通に考えて、景気が良い時があれば悪い時もあるじゃないですか。良い時がずっと続くのはありえない。景気が後退した時のために何をすべきかってことだろうと思います。
 景気が良い時は悪いことも隠れてしまいますしね。ちなみに、小泉改革は悪い面もあったと思いますが、それ以上に良い面が多かったと思います。最も悪い面は、上げ潮派に引きずられて消費税を上げなかったことでしょう。不良債権処理が終わった段階で上げるのが最も良いタイミングだったと思います。

ギリシャはユーロ離脱しかない

 ついにギリシャがユーロを離脱しそうです。イギリスは大勝利ですなあ。当然金融機関は大ダメージを受けるでしょうが、ポンドは無事なので他国よりマシでしょう。
 ユーロ全体が「日本化」してそうなんですよんね。いわゆる不良債権でがんじがらめ状態。何をやっても無駄。「重要なのは痛みを減らすこと」というのが、まだわかっていないのかもという思いを強くさせます。たぶん痛みは減りません。

|

« 感想:(日本人) | トップページ | 感想:高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:(日本人) | トップページ | 感想:高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか »