« 2ちゃんねるSNS | トップページ | 小沢イチロウの憂鬱 »

2012年6月 5日 (火)

感想:高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか

 3日にサッカー日本代表の最終予選を見に行って来ました。初めてサッカー観戦しましたが、やはりスポーツ観戦は面白いですな。テレビとは違って選手の判別ができないので(本田選手を除く)、背番号を覚えておく必要があるなあと感じました。野球と違って守備位置や打順で判断できないし(笑)。
 あとはオフサイドを判断するのが難しいと感じました。線審の旗とボールと選手を同時に見れないわ。
 なにはとまれ、3-0で勝ててよかったです(応援に行って負けると縁起悪く感じるし)。相手ゴールキーパーのファインセーブがなかったらあと2~3点は取れてますね。オマーンのシュートは1本(0本?)だったらしく、完璧に封じれていたと思います。本田△の先取点のおかげかもしれません。本田選手のいるいないで動きが変わるのかなあ?
 ちなみに、8日も見に行く予定。精一杯応援してきます。その時は応援グッズを買ってみるかな?


●感想:高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか

 非常に分かりやすい本でした。奇しくも井上準之助さんが五・一五事件で、高橋是清さんが二・二六事件で亡くなっているんですね。二・二六事件のところで「高橋を知らない若い将校」というのが悲しかったですね。「あの爺さんが若いころ欧米を走り回って、借金してくれたから、日露戦争に勝てた」とは思っていない──という一文に震えます。愛国であるならその裏側を知っていてほしいものです。

 高橋是清さんの起こした大正バブルを井上準之助さんが退治し、井上準之助さんの起こした昭和恐慌を高橋是清さんが退治したってことなのかなあ。
 金解禁に関しては馬鹿なことをしたなあと思っていましたが、時代背景があったのですね。しかし、井上さんは柔軟に対応できなかった。高橋さんも「ケインズに先立つケインズ政策」で日本を「世界に先んじて不況から脱出」させますが、道半ばで殺されてしまい制御不能に陥ってしまう。

 「水道の蛇口を開ける人はいても、閉められる人はいない」。今の時代にも高橋是清さんのあとの井上準之助さんが必要なのかもしれません。麻生元総理が高橋是清さんを支持している理由がわかった気がします。(高橋さんの「日銀による国債直接引受」とかね)ふたりとも楽観的だわ。でも、井上準之助さんの役割を果たす人がいないと、バブルやインフレを引き起こすと感じます。

 そして、この時代のほうが民主政治としては正常だったのかもしれないと思いました。二大政党は大きな政府と小さな政府で争っているし、論戦もレベルが高い。55年体制という反共産体制の間に日本の政治は恐ろしく劣化してしまったのかもしれません。井上準之助さんは緊縮財政を断行しましたが、今の日本の政治家にこれを行える人がいるとは思えません。(実際に実施すると、当時の日本ぐらいの大恐慌になるでしょうが……)
 軍部を除けば、政治的にも(二大政党制)経済的にも(直接金融主体)戦前のほうが優れているような気がします。それでも政治は支持を失い軍部を増長させ、経済も戦争のために統制されていくのですけどね。


2ちゃんねる、一部まとめサイトを名指しで「転載禁止」に?

 あれ? この展開は予想外。2ちゃんねるとまとめブログ(アフィリエイトブログ)は持ちつ持たれつの関係だと思っていました。だから、「転載禁止」はないと思ってたのに。
 でも、これって法的拘束力はないですよね? それに名指しされていないサイトは生き残れるような。「悪質」サイトだけがダメで、転載禁止ではないんだろうなあ。
 そして、「元管理人ひろゆき氏が禁止」という記事もあるんだけど、これはひろゆき氏が書いていることを知っていると解釈して良いのかなあ? 実質的に管理人はひろゆき氏だろうと思う(元2ちゃんねる管理人「ひろゆき」運営関与を認める)ので、このコメントを書いたのもひろゆき氏だろうとは予想できるのですが、記者の中にはその実態を知っている人がいるのでしょうね。

NHK未解決事件File.02 オウム真理教

 オウムの菊池容疑者が逮捕されましたが、その前に放送された「NHK未解決事件File.02 オウム真理教」が凄かったので、その感想を書いてみます。NHKってときどき恐ろしいものを作るね。
 ドラマパートよりも、第3部の「オウムVS警察 知られざる攻防」が興味深かったです。知らない情報が多かった。

 まず、オウムは全人類のポアを目指していたっぽいです。人為的なハルマゲドン。人類補完計画みたいですね。信者はポアする側かポアされる側かを選択しなくてはいけない。すごい状況です。

 そして、上九一色村の前に熊本県波多野村で軍事施設を作ろうとしていたみたい。しかし、土地取得に関する強制捜査が行われたために断念。しかし、この強制捜査が1週間延期になったために、オウムは信者から情報を得て隠蔽したとのこと。信者の夫が熊本県警だったとか。この強制捜査が1週間早ければサリン事件は起きていないかもしれません。しかし、宗教団体に対する強制捜査だったために慎重になったということでした。
 次に、実は長野県警(松本サリン事件)と神奈川県警(坂本弁護士一家殺害事件)はオウムにたどり着いていたようです。しかし、熊本県警の強制捜査で全容を解明できなかったので、強制捜査に踏み切れなかった。

 オウムは70億人を殺害できる致死量のサリン70トンを作っていたようです。しかし、警察の動向を察知して一旦破棄したようです。実際に地下鉄サリン事件で使用されたサリンは、急遽作った6リットルだったらしい。70トンも作られていたらと思うとゾッとします。
 ちなみに波多野村では風船爆弾を作成したようなので、風船爆弾でサリンを散布する計画だったのでしょう。恐ろしい計画を考えつくものです。

なぜマスコミはインチキをしても「ごめんなさい」と言わないのか

 『新聞社に入社すると「お詫び記事を出さない」ということを徹底的に叩き込まれる』というのはどうなんだろうなあ。マスコミを信じてはいけないってことやね。

なぜガンダムは海外で人気がないのか
米国でガンダムよりトランスフォーマーが売れるワケ

 ガンダムはアジアでは一定の人気があるので、「海外」ではなく「欧米」ではないかなあ? しかし、「ロボット=フランケンシュタイン」という説には目から鱗。人造人間なんだね。怖いイメージかあ。
 でも、吸血鬼やゾンビが人気になっている状況を見るに、怖いイメージが突然変異的に魅力的なキャラに変わる可能性もあるかも。
 エヴァに関してはキリスト教を題材にしているから人気になりにくいかと思っていたけど、案外キリスト教的に正しい気がするので、人気になってもおかしくないと思っています。アメリカのアニメブームはポケモンとエヴァが引っ張った面が大きいしね。
 ロボットに関して日本のアニメが先行しているという結論になっていますが、最近のロボットアニメの低調を見るに、すでに優位はなくなっているような気がします。むしろ最近のハリウッド映画のほうが良いロボット映画をやってない?

|

« 2ちゃんねるSNS | トップページ | 小沢イチロウの憂鬱 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2ちゃんねるSNS | トップページ | 小沢イチロウの憂鬱 »