« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月20日 (木)

冲方丁(うぶかたとう)

 『PSYCHO-PASS』の総監督が『踊る大捜査線』の本広克行監督ということでビックリ! さらに、原案と脚本が『まどか☆マギカ』の虚淵玄さんということで、もっとビックリ! そして、ヒロイン・常守朱役の声優が花澤香菜さんということで期待せざるを得なくなりました。やりすぎや!
 主人公・狡噛慎也役の声優は関智一さん。キャラ原案は『REBORN!』の天野明さんです。

 最近、「声優漫画」「女子カメラ漫画」「TS漫画」が増えている気がするんですよね。
 声優漫画はそのまま声優の卵が主人公の漫画ですね。声優漫画のきっかけは、バクマンじゃないかなあ? 声優漫画が増えているのはやはり人気職業というのと、活動が多岐にわたって様々なシチュエーションを描きやすいというのがあると思います。
 女子カメラ漫画が増えているのは、メカと美少女の延長な気がします。そして、コンパクトデジカメやミラーレス一眼などでカメラ好きの女子が増えたからではないでしょうか? 成立しやすい環境が整ったということですね。なでしこジャパンが活躍しているので、サッカー少女漫画が増えるかもしれません。
 TS漫画が増えているのは、男の娘よりも間口が広いからではないかと思います。男の娘は分かりにくいと思うんですよね。(自分もわかってないし)TSはトランス・セクシャルの略称で、かつての『らんま1/2』『転校生』とか、今では『ココロコネクト』『TSF物語』とかですね。実際にはありえないけど、非常に分かりやすい「シチュエーション萌え」を提供できるように思います。


天地明察

 暦の話なので気になっておりました。恐らく原作(原作者:冲方丁)を読まないだろうということで、映画を見ることに。同じように原作を読まないから映画を見ようとしているのに『のぼうの城』があります。

 暦の話かと思ったら、星の話だったり、囲碁の話だったり、算数・数学の話だったりして、個人的に好みのものばかりで興奮しました。
 一番興奮したのは囲碁かも(笑)。定石は全く覚えられないくせに、囲碁を見るのは好きなんですよね。囲碁用語って『コスミ』『ツケ』『ノゾキ』『一間高ガカリ』『シチョウ』『星』『小目』『天元』とかいちいちかっこいいですし、『布石』『一目置く』『捨石』『駄目押し』『死活』『岡目八目』などと一般用語にもなっていますし。

 様々な有名な登場人物が登場しますが、おそらく半分はフィクションだと思います。気持ちよければフィクションでもいいんですよ(笑)。
 特に序盤は笑いの要素が多かったのですが、算額絵馬の流行、日蝕や月蝕の意味、暦と星の関係、星と数学の関係などを無理なく説明できていたように思います。笑いを取り入れることで、難しいことをすっきり説明したのかもなあ。
 暦には星の知識が必要というのは予想通りですし、算数・数学の知識が必要というのもさもありなんという感じです。しかし、数学バカをきっちり描いたのは好感をもてました。算数・数学を解いていると、周りが見えなくなるものです。それをコミカルに笑いに昇華していたのが素敵でした。

 その分、中盤から終盤にかけては次第にシリアスになっていき暦づくりの話が中心となるので、緩急が効いていて良い構成だと感じました。滝田洋二郎監督の『おくりびと』も見ないといけないかもなあ。わざとらしいけど違和感がない伏線の張り方が魅力だと思います。動機とかが分かりやすいですよ。

 役者では横山裕さんと武藤敬司さんと宮崎あおいさんが印象的でした。
 横山さんは思っていたよりずっと演技できるんですね。武藤敬司さんはおいしい役だと思いました。宮崎あおいさんがかわいかったですし、安井算哲(渋川春海)との関係がうらやましいなあと思いました。

 音楽が久石譲さんというのもポイントが高いです。映画に合う壮大な音楽なんですよね。
 見ていて気持ちのよい映画でした。理系の人におすすめですし、文系の人にとっても苦なく見れるのではないかと思います。算数・数学ファンを増やすきっかけとなればいいなと思います。

マルドゥック・スクランブル:圧縮

 圧縮だけは読んでいるはずです。残りの2冊は積んでいたという記憶が……というか、冲方丁さんの小説ってこれしか読んでいない気がします(笑)。デビュー作はハードカバーだったのでスルーしたしなあ。

 たまたま「完全版」を上映していたので見てきました。2年ぐらい前に公開されているアニメですね。「R18+」ということでアダルト映画なんですよね。なぜかなあと思ったら、主人公(というかヒロイン)が元売春婦設定なんですよね。見てわかったのですが、がっつり描いていました(笑)。所詮はアニメなんですけど、これは「R18+」で仕方ないかなあとか思いました。

 制作はGoHandsで、秋アニメで『K』を制作する会社です。
 内容はハードボイルドなSFなのですが、原作にあった韻を踏むラップのようなフレーズがないなあと思いました。再現するのかと思ったのですが、1枚絵があっただけな気がします。
 原作からしてエログロ設定が多いのですが、それを忠実に再現していたなあと思います。特に、誘拐屋連中のエログロはきっちり描写してたかな? でも、それほど不快じゃないのは、そのように描いたのでしょう。

 『圧縮』では中途半端なところで終わってしまうんですよね。だから、3話をまとめて見たいアニメという印象です。BOXを買うべきなんだろうなあ。気になるから原作を読み進めるかなあ?とも思いました。

 ヒロイン・バロットの声優が林原めぐみさんというように年齢層が高いのが特徴のアニメです。ウフコック役の八嶋智人さん(『トリビアの泉』の司会)は良い声でした。ナレーションをつとめることも多いようなので、声優として悪くないと思っています。
 個人的には誘拐屋の声優がニヤリとできました。ダメ絶対音感でもわかるような声優を使っています。見る機会があったら当ててみてください。

るろうに剣心

 大地丙太郎監督(『こどものおもちゃ』『フルーツバスケット』『おじゃる丸』など)が褒めていたので気になって見てしまいました。(参考

 結論から言えば、面白かったです。製作が発表されたときに、すごく不安だったわけですが、そのような要素は皆無でした。良い映画だと思います。
 ハマった原作ファンは違和感があるかもしれませんが、漫画を実写にするのですから違和感があるのは当然だと思います。そういう細かいところよりも、ここまで完成させたのが見事だと思います。

 まず、剣や銃を使ったアクションシーンが素晴らしいです。個人的には日本映画の中でもトップクラス。
 剣心役の佐藤健さんの剣の使い方が綺麗でした。剣道やってたんじゃない? 右手に力が入ってなくて様になっていました。
 銃の描写も、銃そのものより着弾した時の破壊描写が好きです。良い具合に建物が壊れます。銃そのものに興味がないので、こういう描写をしてくれると気持ち良いです。
 漫画原作ですが、CGはあまり使用していないと思います。恐らく映像の早送りとかを多用しているじゃないかな? 飛天御剣流の双龍閃や斎藤一の牙突はCGで派手にしたくなりそうなものですが、そうなっていません。

 次に、「逆刃刀」や「不殺の誓い」を全面に押し出しているので、テーマがぶれていないです。最初から最後まで、殺すことに対する剣心の抵抗を描いています。(アニメの「オーフェン」ではこれを見たかったんだあと思いました)
 テーマがぶれていないので非常に見やすいです。テーマがしっかりしているので、とってつけたような戦闘シーンになっていませんし、心理描写もしっかりしていました。

 最後に、キャストが良かったように思います。
 剣心役の佐藤健さんは「おろ?」という声も、叫び声も非常に素晴らしかったです。特に叫び声が気に入りました。かっこいい声です。
 薫役の武井咲さんも初々しくてよかったですね。今回の映画でわかったのですが、武井咲さんの声が大好きです。最後の戦闘シーンではすごく喘いでいます(笑)。声を使わないで演技をするのは大変だっただろうなあ。
 恵役の蒼井優さんは、和服がそこまで似合っていなかったです。演技は良いけど、原作ほどかわいくないかも。
 刃衛役の吉川晃司さんと斎藤一役の江口洋介さんがかなりかっこよかったです。殺意を感じる映える演技だったように思います。

 ワーナー製作ですが、日本でのコンテンツ製作は順調じゃないかな? 『ロウきゅーぶ』からスタートして驚きましたが(個人的に大好きです)、『アクセル・ワールド』『るろうに剣心』と良いコンテンツを送り出せていると思います。


「私的違法ダウンロードの罰則化」啓発サイト、日本レコード協会など7団体

 10月からスタートですので注意が必要ですね。売れなくなる予想ですが、そうなっても後戻りはできませんよね。

数学界最大の難問「ABC予想」解明か

 ABC予想を知りませんでした。そして、ABC予想を調べても難しくて分かりにくいのですが(笑)。
 それを新手法で解明したというのは何たる天才かと思います。天才っているんですよね……

落合博満が〝顔面まひ〟隠さず語った「闘病2週間」

 顔面麻痺とはビックリなんですよね。そりゃあWBCの監督は絶対に受けられませんわ。

前田敦子が合コンで佐藤健に「お姫様抱っこ」される 週刊文春に掲載

 Twitterでつぶやいたところ、どういうことかと訊かれたので、週刊文春の武勇伝を列挙します。

 2012年6月21日号:小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
 2012年6月21日号:AKBオタの元カレが告白!“会いに行けるアイドル”指原莉乃との恋/元カレが告白「AKB48指原莉乃は超肉食系でした」【全文公開】
 2012年6月28日号:巨人 原監督に一億円払わせた元暴力団員K氏の電話
 2012年7月19日号:日経新聞・喜多恒雄社長のマンションに通う美人デスク
 2012年9月13日号:GACKTに国税マルサが強制捜査愛人・隠し子も発覚!
 2012年9月20日号:前田敦子恋愛解禁直後の仰天スクープ撮

 他にも、AKB48高橋みなみ母が15歳少年への淫行容疑で逮捕!? 週刊文春が報じる/「強制わいせつ」文春記事は「事実無根」 中田ヤスタカ、販売中止と回収求めるとかありますし、何があったのかと思うくらい全方位に攻撃的です。ワイドショーネタの半分くらいは週刊文春なんじゃないかなあ?

 週刊文春と週刊新潮は、週刊現代や週刊ポストと異なり写真が少なく真面目な時事ネタが多めなんですよね。しかし、今年の週刊文春は芸能関係でがっつりスクープを掴んでいます。編集部に何かがあったことは間違いないと思うのですが……

サイゾー「声優の小野大輔と谷井あすかが結婚」

 サイゾーに声優業界の噂の真相が掲載されているらしいです。
 小野Dと谷井さんが結婚しているとか、竹達彩奈さんの窃盗などらしいですが……まだ読んでないのですよね。
 小野Dさんの女性ファンは、裏切られた男ヲタのように錯乱状態らしいですが……

 オタク業界の噂の真相みたいな雑誌がほしいなあとか思っているので、こういうのは嬉しかったりする(笑)。幻想ばかりの業界だけど、ガス抜きは必要だと思うんだぜ。

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

これが映画だ VS これも映画だ

 松下金融担当大臣が自殺とか?! 前金融担当大臣の高校の先輩が復帰するんかなあ? 国民新党に人材はそう多くないっしょ。しかし、なぜ自殺することになったのか謎です。何も前兆はなかったよね?

 西武さん連戦に負け越して、今年の優勝はないかなあと諦めたわけですが。だって、残り24試合でゲーム差6でしょ。残り試合を2勝1敗という驚異的なペースで勝ったとしても、16勝8敗で西武が残り5割とするとゲーム差が4しか縮まらないわけですよ。
 しかし、この3試合で状況が変化。ソフトバンクは3連勝で西武は3連敗ですよ! 残り21試合でゲーム差3です。ゲーム差なしで西武と日ハムが並んでいます。もし残り試合を2勝1敗の場合、14勝7敗となり、西武と日ハムが5割とするとゲーム差は3.5ゲーム分追い上げられるので首位に立てるわけです。まだ戦える(笑)。
 交流戦の頃は、優勝争いはできるから(震え声)だったわけですが、ようやく優勝争いできるようになりました。例え優勝できなくたって、優勝争いの経験は若い選手にとって宝物になると信じています。

 俺妹11巻を購入。12巻で終了らしいです。良い終わり方になるかもしれません。ラスボス地味子が登場らしいですが、どういう話なのか楽しみにしております。再びアニメ化されますし、うまく風呂敷をたためたらいいなあと思います。


●感想:アベンジャーズ

 「日本よ、これが映画だ」を見てきました。婚活イベントの時に好きと言ってた人が結構いたんですよね。影響を受けやすいのでとりあえず見てみました。(他には黒子のバスケとかサウンドホライズンとか好きらしい)
 この映画って「東映まんがまつり」ならぬ「MARVELまんがまつり」ですね。(MARVELはアメコミの出版社)完全にお祭りです。元ネタのアメコミを全く読んでないので、細かいネタがわからなかったのがもったいなかったです。
 今のアニメで近い作品は「TIGER & BUNNY」でしょう。個人的にはタイバニの方が好きかなあ。ヒーロー&ヒロインを新しく作り上げているし、アメコミはおっさんばかりなので(笑)タイバニのようにかわいいキャラがいるのがいいなあと思います。後半ホモ臭くなり、続編のために改変されたようですが……。そう言えば、映画がまもなくなので期待しております。(参考

 閑話休題。アベンジャーズに話を戻して。
 IMAX 3Dで見たものの、迫力はいまいちでした。もっと3Dを活かせたんじゃないかなあ? しかし、戦闘シーンはかなり爽快でした。言葉では言い表しにくいのですが、苦手な戦闘シーンがあるんですよね。そういうのは苦痛に感じちゃうので、楽しく見れて嬉しかったです。
 人が大量に死んでいるはずなのに、人が死ぬシーンが少ないのは、爽快に見せるための工夫でしょうね。アメリカの人々にとって911が頭をよぎるんじゃないかな? 極端なまでに残酷なシーンが少ないです。

 結局、アベンジャーズのリーダーはキャプテン・アメリカなのかな? 最後指示を出してたように思えます。ひとつ解せないのが、ハルク博士の設定ですね。理性を保てない設定なのに、なぜか最後の戦闘では理性を保って戦ってるんですよ。おかげで面白い動きが多かったわけですが……設定的には納得がいきません。このキャラってドラゴン・ボールの大猿と関係があるんかなあ? とか、思い描いていました。鳥山明さんってアメコミ好きでしょ?

 アベンジャーズはおそらく続編が製作されます。最後にそれを匂わせていました。こういう「まんがまつり」ならば、また見てもいいかな?(そう言えば、3Dメガネを持ち帰れました。そうなったんだ)

●感想:踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

 「ハリウッドよ、これも映画だ。」も見てきました。こちらを先に見ております(笑)。
 元々見るつもりがなかったのですが、水野美紀さんが出演するということで方針転換。ちなみに、3は見ておりません。組織の理不尽さを訴えている映画で、理不尽なことをやっちゃいかんと思うんだよなあ。テレビも含めて、真下及び雪乃さんがらみの事件が好きなようです。

 事前に「犯人は捕鯨」とネタバレされていたせいで、犯人を見て「捕鯨だ」という感想です(笑)。捕鯨って演技上手いよなあ。
 また、直前にあったテレビ特番をちらりと見ていて「なぜ小栗旬?」と疑問を抱いたことが、映画を見て解消されました。このためなのね。FINALということで豪華な犯人ですが、事件の規模は2の方が大きいかな? 非常に見やすいですが、テレビシリーズのような事件だったと思います。

 また、パトレイバーっぽさがなくなり、エヴァっぽさ(円卓会議)と相棒っぽさ(組織の確執)を感じました。もっとテロっぽい事件の方が踊るシリーズっぽかったんじゃないかなあ?とか思ったり。

 最後にカーアクションがあるのですが、車をCGにするのではなく周囲をCGにして欲しかったなあ。重量感がなさすぎて残念に感じました。

 FINALと銘打ったわけですから、最後であって欲しいです。いつまでも続けるのは好きじゃないので。


『絶対可憐チルドレン』 TVアニメ二期確定? 早売りネタバレさん情報

 絶チル再アニメ化確定ですかね。おめでとうございます。平野綾さん復活かな?

TVアニメ『武装神姫』、2012年10月放送開始! メインキャスト陣が語る作品の魅力

 ミズハスは人形好きだからドハマりしてますなあ(笑)。多分アスミス好きでもあると思うので、天使型アーンヴァルLOVEだと思います。
 知らなかったのですが、音楽および主題歌が織田哲郎さんらしいですね。なんという力の入れようなのでしょう(笑)。

eufonius菊地さん、炎上ツイートきっかけで活動自粛へ

 eufoniusの音楽(特にリフレクティア)が好きなのでちょっと残念ですが、騒動を考えるに妥当なところなのでしょうね。おそらく少し増長してたんじゃないかな?

俺の妹がこんなに可愛いわけがない11巻発売記念、アニメ制作スタッフ座談会!

 豪華メンツ(笑)。
 ちなみに、かんざきひろさん=キャラデザ・作画監督の織田広之さん=鼻そうめんPさんですよね。才能豊かだよなあ。
 「覇権」に変わる新しい言葉が生まれるらしいですけど、すでに「アニプレックスのゆまです」という言葉があるんじゃないかなあ? それに変わる新しい言葉も生まれたらいいな。
 10月からTRUE ROUTE(再編集版)がオンエアらしいです。ニコニコでは見たけど、再度見ますかね。

「日本維新の会」に、現職国会議員7人が合流することが確実に
橋下氏「維新八策は公約ではない」 党綱領と位置付け

 自民党が総裁選、民主党が党首選を行なっている間に、「日本維新の会」発足ですね。これによって、みんなの党は影が薄くなりますなあ。渡辺喜美さんは落胆かもね。
 それにしても、橋下さんの考え方や参加メンバーが「新自由主義」です。わかりやすく言えば小泉元首相の政策です。ひょっとすると、小泉さんよりもはっきりと新自由主義かもしれません。直感でしかないのですが、小泉さんは仕方なく新自由主義を演じていたように見えるんですよね。そうではなく、橋下さんは信念を持った新自由主義です。ベーシックインカムに言及していますが、新自由主義の流れのベーシックインカムです。
 既得権益の破壊とか打破とか爽快に思えますが、我々も既得権益者ということをお忘れなく。例えば、正社員は今の時代十分な既得権益者です。それを理解したうえで維新と付き合う必要があるのだろうなあと考えております。

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

オタク婚活に行ってみた

 大分ラーメンを横浜で食べたのですが、結構濃厚な豚骨スープなんですよね。紅しょうがとごまを入れて食べるようにすすめているし。本当に大分ラーメンなのかなあ?(関東にある九州のラーメンは偽物が多い印象)紅しょうがを入れて食べるのは酸っぱくなるし赤くなるので嫌いだったのですが、このラーメンではドロドロ過ぎて赤くならず酸っぱさが適度に刺激的でした。悪くないですね。ツイッターのリプ情報では、大分ラーメンは長浜ラーメンに近いから濃厚なスープではないらしい。ということは、うまいけど大分ラーメンじゃないのかもね。

 なんか、アニメや声優さんがらみの炎上事件が起きているのですが、愉快犯の皆様やめてくれませんかねえ(迫真)。

「収益確保」が決め手=もつれた末に参加決定-WBC

 新井会長どういうことですか! 参加するのはいいのですが、腑に落ちてなかったりします。結局、問題としていた収益分配に関しては解決したのでしょうか? WBCのマークを使わない侍ジャパンのグッズならばNPBの収益という理解でいいのかな?
 今回は投打ともに弱いので優勝できないよなあと思いますが、それでも選手にとっては良い経験になると思いますので、活躍を期待しております。


●オタク婚活に行ってみた

 最初に言っておきます。かすりもしませんでした。何があったわけでもないので、あまり面白くないと思います。面白くしたいんだけど、どうやったら面白くなるんでしょ?

 とりあえず、先日、オタク婚活に行ってみました。
 以前、あるオタク婚活サイトで申し込んでみたんですけど、くじ引きがあるようで外れたんですよね。別のサイトも同じようなシステムなのかなと思って申し込んだら、こちらはくじ引きとかなく登録完了メールが来たので、そこで初めて慌てました(笑)。

 まず、何を着て行けばいいのか分からない。文字通り着て行く服がないので、申し込んだ週の週末に服を調達です。この時点でかなり疲れてしまっています。面倒くさいです。逃げたい感情でいっぱいです(笑)。
 そして、システムがわからない。このあたりはなるようにしかならないと思って考えないことにしました。とりあえず、ギルドカードという自己紹介カードがあるらしいので、何を書くかなあと思い巡らせるだけですね。
 最後に、場所がわからない。ということで、当日は1時間前に新宿に到着して、婚活イベントが行われる店を探していました。お店を見つけたあとはギルドカードに書く内容を検討。と言っても、何を書いていいものかわからないんですよね。とりあえず、すべての項目を埋めることにしました。

 受付時刻になったので、お店の2階に行き身分証明書を見せて6000円を支払いました。この参加料6000円というのが高いのか安いのかわからないんですよね。どうなんでしょう?
 6000円なので食事があるのかなあと思っていたら、フリードリンクだけでした。受付前に食事していて良かったかも!

 受付が終わると、男性用ギルドカードのある座席に座ります。私は5番に座りました。そして、ギルドカードを書いていたところ、女性陣もやってきます。目の前に座った女性が唐突に私の筆箱からペンをさくっと取っていくという……まあ、いいんですけど、ちょっとびっくりしました。イベンターが筆記用具くらい用意してもよさそうだよなあとか思ったり。
 参加者の格好はスーツというわけではなく、オタクだからとコスプレやキャラもののTシャツというわけでもなく、小奇麗な普段着ですね。そういうのでいいのねと思って安心しました。地味目の服のほうがいいのかもなあと何となく感じたけどどうだろう? 
 「独身です」という誓約が必要なようで、ギルドカードに署名しました。でも、この誓約ってどこまで意味があるんだろ?(笑)

 ほぼ全員集まって、各自ギルドカードを書き終えたところで、イベントスタートです。男女ともに20人強いたはずです。

 まずは、『自己紹介タイム』です。ひとリ当たり約3分間自己紹介します。
 これについて、猛烈に反省すべきだなあと思いますわ。自分の場合、自己紹介しないで、質問ばかりしていたような気がします。「わたし、気になります」という欲望解放が起きてたんですよ、きっと。いつものことですけど(嘆息)。
 自己紹介なんですから、ちゃんと自己紹介しないといけなかったんですよね。おそらく同じような自己紹介を女性全員に言っていいんですよ。そして、予想ですけど自己紹介を仕切ったほうがいいんだろうなあと思いました。TRPGのGMをやった方がいいんだろうなあ。自分はGMとか苦手ですけど。
 また、ギルドカードには書きたくないことや話のきっかけとならなさそうなことは書かない方がよさそうです。書く必要がないことは書かない、で恐らくいいんじゃないかなあ?
 また、好きな漫画やアニメなどを書けるのですが、ここではひとつだけでなく複数書く方がいいですね。そして、なるべく新しくて有名な漫画やアニメを書いた方がいいみたい。どのように会話に繋げるかも用意していた方がいいのかもなあ。

 『自己紹介タイム』が終了すると『アプローチシート』にメッセージ記入です。
 正直『自己紹介タイム』の時点でランナーズ・ハイで気分がポワ~としていて、どうでも良くなってきていました。やっぱり会話するの好きじゃないわ(笑)。だんだん面倒くさくなってくるんよなあ。
 アプローチシートは3枚あって3人にメッセージを渡せるのですが、記憶が薄らいできているんですよね。ギルドカードにはメモもついていて、色々とメモしているのですが、どうメッセージを書いていいものかわからない。3枚に女性の番号だけ書いたけど、失礼ですよね。ごめんなさい。
 漠然と評価するだけでは一目惚れ以外はわからなくなるので、女性に対する評価基準をしっかり持つ必要がありそうです。3分間では見た目や声、そして自己紹介の内容ぐらいしかわからないんじゃないかなあ? それを評価基準とするしかないのかもしれません。
 そして、メッセージカードにはメールアドレスを必ず書く方がいいと思いました。これ以降、メールアドレスを渡す機会がない可能性があるからです。今回そういうことを何もやっていないので、終わったあと何も残ってないんですよね。返信が来るとは思えませんが(笑)。

 恐らく、記載したメッセージカードが相手に配られたんだと思います。自分はもらってないので、よくわかりません(笑)。

 その後、『フリータイム』が始まって、3人の女性と話せます。
 『大本命カード』というのがあって、それを使用すると優先的に目的の人と話せるようですが、それを使うこともなく、たんたんと3人の女性と話しました。最初の2回はのんびりしていたら、なかなか目的の女性と話せないんだなあと感じていました。
 ちなみに、女性も『大本命カード』を使用できるらしいのですが、今回はその説明が不十分だったようで女性は使用していませんでした。
 1回目に話した人には軽く叱られたと思います。恐らく恋愛感情ではなく好奇心だからですね。なんで好奇心の方が上回るんだろうなあ。2番目の方には話すことがなく失礼しました。3回目に話した人が、恐らく個人的には一番好きなタイプなのかもなあ……と、そこで初めて分かりました(笑)。訓練して、自己紹介の時に判断する必要があるのかもしれません。
 ここでどうやって持って行ったらいいのかわかりませんが、直接的な言葉のほうがいいのかもしれないなあとか何となく思いました。でも、間違っているような気もします。よくわかりません。

 最後に、『最終投票カード』を記入します。
 最終投票カードには第三候補まで女性の番号を書けます。もしくは、その代わりにNGを指定できます。NGを使用した場合、NG以外の人から指名されるとカップルになるらしいです。ということは、誰にも(2人以上かな?)書かれなかったことを調査可能なのかも?!
 今回は確か8組のカップルが誕生したようです。おめでとうございます。そして、参加者の皆さん、お疲れ様でした。

 経験してみて、つくづく「宝くじ」だなあと思いながら見ておりました。宝くじよりも当たる可能性が低いかもしれないなあ(笑)。この日の翌日の中野では男女それぞれ50人という婚活イベントがあったようですが、50人に自己紹介って結構きついなあとか思ったんですけど、いかがなもんでしょ?
 婚活が就活のように語られる理由と、婚活に疲れてしまう理由がよくわかったような気がします。エンドレスで厳しいんですね。

 イベント終了後、失敗したなあと思いつつボーっとしながら、池袋に行ってしまいました。池袋の乙女ロードは女性が多いですね。女性が集まってた一角があったけど、何をやってるんだろう? ──わたし、気になります。
 池袋では、結局、本や同人誌を買ってしまうんですよね。いかんもんです。
 スクーターに乗った兄ちゃんにどやされるし、かなりボーっとしてたんだろうなあと思いますが……今回の宝くじは良い経験になったと思います。定期的に宝くじを引くかなあ?


「ココロコネクト」炎上に公式コメント 「恣意的な改ざん行為により、多くの方に誤解や混乱」
「ココロコネクト」炎上に公式が再度お詫び 「配慮の欠けた演出」「深く反省いたします」

 ココロコの炎上って、ドッキリ企画が面白くないことに尽きるんじゃないかなあと思います。笑えないドッキリっていじめに見えても不思議じゃないですよね。声優さんは芸人じゃないのですから、笑いに昇華できなかったのかもしれませんが、笑いに昇華する職業ではないわけだしなあ。
 謝罪文が発表されて裏側の話が暴露されたので、これで炎上は収束するように思います。ドッキリを仕掛けられた市来さんもこの炎上には戸惑ったんじゃないかなあ?とか思ったり。

プリキュア声優、誹謗中傷でツイッター閉鎖
喜多村英梨 Twitterアカウント「KITAxERI」について
ブログでしか呟けないけど。

 海外からは男性器の画像攻撃を受けてたっぽいけど大丈夫なんかなあ? 現在は完全に閉鎖されていますね。ブログには「ビッチとか枕とか言われてヘラヘラ出来る程、ドMぢゃないょ(笑)」と書かれているので、そういう誹謗中傷を受けていたということなのでしょう。
 直接言うのと枕はどうかと思うけど、キタエリファンの中ではビッチというのはマイナス評価じゃない気がしてたりするんだよなあ。実際のキタエリとは違う偶像でしょうけど。
 何はともあれ、キタエリが元気になることを願っております。声優さんも顔出しが増えると大変だよね。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »