« 冲方丁(うぶかたとう) | トップページ | 領土問題 »

2012年10月 1日 (月)

感想:劇場版TIGER & BUNNY

 ホークスは終戦しました。
 「げんいんは?」「なぜまけたです?」「せんぱんはだれです?」「かんとく、さんどばっぐほしい?」──ペニーさんと帆足さんが予想外に活躍しなかったせいでしょうか? それとも、川﨑選手の抜けた穴が予想以上に大きかったせいでしょうか? 個人的には本多選手の不調が大きいかなあと思います。それでも、現在3位なのでCSに出場してほしいものです。

 先日、小久保選手が二打席連続ホームランを打ちました。試合前の時点で今年2本しか打てていないのに、引退宣言後に連発を見れるとは思いませんでした。練習でも打ててないらしく、もう打てないかもと思っていたので、非常に嬉しいです。当日ヤフードームにいたお客さんは貴重な試合を見れて羨ましいですね。


 電子書籍を購入するときにeBookJapanを使っているのですが、一部の出版社の書籍が売っていないんですよね。
 特に、集英社の漫画(少年ジャンプなど)の電子書籍がなくて良いサイトがないか探していたのですが、ようやく見つかりました! BookLive!がそれです。凸版印刷系列で、ビットウェイから分社化され子会社となった株式会社BookLiveが運営しているようです。
 そして、嬉しいことに集英社だけでなくスクウェア・エニックスやメディアファクトリーの漫画もあります。これまで電子書籍化されていないような出版社の漫画がようやく見つかって嬉しい限りです。

 『天皇陵の謎』という新書を読んでいて、大いなる勘違いがわかりました。
 箸墓古墳や纒向遺跡の調査で、従来4世紀と考えられていた箸墓古墳や纒向遺跡が3世紀のものだとわかり、「それまで4~6世紀とされていた古墳時代が実は3~6世紀だった」ということが判明したのですね。つまり、邪馬台国は古墳時代だったということのようです。
 学生時代、邪馬台国は弥生時代と学習したような記憶がありますが、時代とともに歴史は変化しますね。

TOKYO MXが東京スカイツリーからの放送波の送出を10月1日開始

 町田、八王子、横須賀、千葉、つくばなどが東京MXのエリアとなるようです。アニオタにはありがたいですね。


●感想:劇場版TIGER & BUNNY

 見に行ったのは先週なんですよね。なのでだいぶ忘れています(笑)。せっかく見に行ったので、感想をメモしておこうかと思います。

 客層は女性ばかりかなと思っていましたが、案外男性客もいました。このあたり、さすがサンライズですね。監督は米たにヨシトモさん。勇者王ガオガイガーの監督として有名ですね。他にドラえもんズなどを監督しています。

 『The Biginning』というだけあって、初心者向けの総集編(1話と2話らしい)&新作という感じでした。制作会社などにとってはおいしいのでしょうが、個人的にはあまり総集編というのが好きではありません。
 最たる理由は、展開を予想できることなのだろうと思います。そのせいでドキドキワクワクしないんですよ。アニメってありえない展開にしやすいから、派手な演出と相まってドキドキワクワクを楽しめるんじゃない? それを楽しめないから嫌いなんですね。どこが同じでどこが違うとかいうマニアックな楽しみ方しかできないのが残念。

 しかし、タイバニはまあまあ楽しめました。序盤はあまりホモ臭くないんだなあとか確認できたし(笑)。子供が大人に勝つ展開が好きなせいか(大人になってもこれが好きってどうなんだろうね)、虎徹の娘・楓が活躍するテレビ後半は好きなのですが、セリフの端々で腐女子を意識している気がしました。腐女子人気がすごかったし、仕方ないのかもしれませんけどね。

 CV山口勝平の敵が新作なんだと思います。それまではテレビ版と同じ展開ですよね? 調べたら、虎徹とその嫁さんの話と歓迎会の話が追加されているわ。自然に挿入したんだなあ。
 そして恐らくスポンサーが増えていますよね。ファミマがインパクトあったんだけど、当然コラボ企画やってるんだよね?(ファミリーマート、「初音ミク クリスマス♪ピアノケーキ」など←やってました)
 キャラでは牛角さんと折紙さんが目立ってたように思います。特に折紙さんは大幅増量じゃない?とか思ってるんだけど。その分、女性キャラの出番が減っているような……気のせいかもしれないけど。

 テレビでは後半間延びしてたので、映画ではきっちり決着をつけてほしいものです、テレビに続くという展開はなしでお願いしたいものです。でも、これだけスポンサーがついていて女性人気の高いアニメだと、テレビアニメ『タイバニ2』がありそうなんですよね。
 怖いなあ。すごく怖い。そこまで引き伸ばさないでほしいです。

 何はともあれ、映画の後編も楽しみにしております。(下の画像は劇場でもらったカード)

Tigerbunnycard


いまだ決まらぬWBC日本代表監督。混乱を招いたコミッショナーの責任は?

 現役監督が監督できないことは分かっていたはずですし、NPBが選手会を説得した際に「侍ジャパン」を常設化して定期的に代表戦を実施することになっていたはずです。定期的に代表戦を実施するのに、なぜ現役監督なのでしょう? 大いに疑問です。
 どうやら山本浩二監督に決定したようですが、加藤コミッショナーが何も準備しなかったことによるものだろうと思います。選手会が動くまで、「侍ジャパン」常設化は絵に描いた餅だったのではないでしょうか?
 秋山監督はよくぞ断ったと思います。悪しき風習は続けるべきではない。現役監督が代表監督をつとめるのは、他のスポーツを見渡しても異常です。ようやく世界大会として正常に近づいたと思います。

「引っ込み思案の目立ちたがり屋」が陥りやすい“社会不安障害”の苦しみ

 まんまこれなんですけど……“社会不安障害”とか怖いわ。「ひきこもり」につながる病っぽいですね。気をつけよう……

ソフトバンク、イー・アクセスを買収 完全子会社化

 日経が速報を流したので、信じられていないようですが、どうやら本当らしいです。それも完全子会社化。イー・アクセス傘下にはイー・モバイルがあるので、帯域を確保したということなのでしょう。帯域って買うことができたんですね(笑)。
 ウィルコムを買収し、イー・モバイルまで買収しちゃうとか、孫正義すごすぎる。電波はおいしいと完全に認識したんだろうなあ。これまでの買収を見ていると、恐らくNTTと並ぶ企業グループをつくりたいのでしょう。だから、日本テレコム(現・ソフトバンクテレコム)を買収し、ボーダフォン(現・ソフトバンクモバイル)を買収したのだと思います。
 太陽光発電ビジネスに乗り出したら、NTTが後追いしています。NTTにはNTT法があって派手に動きにくいところもあるので、いずれ逆転するのかもしれませんね。

「なぜ、貧困層、社会的弱者ほど国家の戦争に熱狂するか」から始まる会話。

 「戦士として命を張れば、平和な時代に皆から見下されてた人間でも、社会から人間扱いされる可能性があるからなんですよね」がすごくわかりやすかったので紹介。
 ついでに、居場所を失った兵隊というのも様々なフィクションで語られていますね。先日見に行った『るろうに剣心』とか、だいぶ前にアニメ化された『パンプキン・シザーズ』とかね。そういう人は戦争を求めるものなのでしょう。

「安倍総裁バッシングに違和感」 ロンブー淳がマスコミ報道に疑問呈す
安倍氏「腹痛辞任」コメントは不適切 「とくダネ!」小倉キャスターが謝罪

 個人的に同感。批判の仕方が下品に思えます。政策で叩くのはありなのですが、マスコミの劣化なのか政策で叩けないんですよね。なぜか「体調不良」とか「庶民感覚」を持ち出して、なんとなく適正がないように思わせて叩くんですよ。かなり気持ち悪い。そういう「空気」を作りたいんだろうなあ。
 恐らく、そういう空気で政権交代したんですよね。個人的には空気で政権交代が起きてもいいことがないと思ったので抗いがたいと思っていたのですが、マスコミの力には勝てず政権交代してしましました。(最近は政権交代してわかったこともあるので、知的好奇心を満たす上ではこれでも良かったかもとか思ってたり)

 ちなみに安倍新総裁の体調不良は難病「潰瘍性大腸炎」が原因です。最近新薬が開発されたので調子が良いようで、それを受けてカツカレーのパフォーマンスだったのでしょうね(笑)。
 大学時代の友達に難病だとわかった人がいたりするので難病って大変なんだなあと実感したのですが(なにせ治療法がわからないんですよ)、そういうのを知らない人も多いのだろうと思います。知らないと簡単にバッシングできるのかもなあとか思ったり。
 お友達内閣と言われたように安倍さんは人事が弱いと思っているので、身近に喧嘩するような人を配置してほしいと思っています。日本の政治はどうなるんかな?

スッキリ!! : 「とくダネ!」抜き、上半期の民放トップに 放送開始以来初の快挙

 正直、「とくダネ!」が落ちただけだと思います。「とくダネ!」を見る人が、似たような番組の「スッキリ!」に流れただけではないのかな?
 「とくダネ!」を見なくなったのは、「小倉さんが傲慢に見えるようになった」「民主党支持のコメンテーターが多い」「菊川怜さんのいる意味がない」という感じですね。

 一番大きいのは小倉さんのイエスマンばかりになっていることだと思います。朝の番組なのに小倉さんに気を使っている感じがあって、爽やかじゃないんですよね。末期症状かもなあ。

 個人的には、民主党支持のコメンテーターが前回の衆議院選挙で露骨に煽っていたので、そのあたりから見なくなっていきました。長谷川アナウンサーも民主党とつながっていたことがわかったり(ニューヨーク支店に異動後、ニューヨーク滞在関連費用不正使用によってアナウンサー解任)、露骨すぎたように思います。影響を受けて民主党に投票した人は見なくなっちゃったんじゃない?とか思ったり。

 菊川怜さんはトドメでしょうね。あまり見ていませんが、周囲と噛み合っていない……というか、浮いているように思えます。コメンテーターのひとりになってる?
 そろそろ終わってしまうのかもしれませんね。西武ファンの小倉さんが好きでした。今の小倉さんはあまり好きじゃないかなあ?

|

« 冲方丁(うぶかたとう) | トップページ | 領土問題 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冲方丁(うぶかたとう) | トップページ | 領土問題 »