« 冬アニメ ’13 | トップページ | アニメとアイドル »

2012年12月15日 (土)

ペニーオークションとステルスマーケティング

 いよいよ衆議院議員選挙の投票日が間近です。『投票マッチング』というサイトもありましたので、参考にどうぞ。
 毎日新聞のサイトの方が小選挙区の候補者情報が詳しくて参考になったかな?
 また最高裁判所裁判官の国民審査がありますので、『特集:最高裁裁判官国民審査 「憲法の番人」チェック』を参考にどうぞ。というか、情報が少なすぎるんですが。「×」以外の記号を使用すると無効となるらしいので注意です。「○」は使用しないように。

 大谷君が入団して、日本ハムが一気に勝ち組ドラフトになりました。他球団のスカウトが高校側に電話攻勢をかけているようですが、逆効果じゃないかなと思います。

 Epubについて調べていたら、無圧縮なファイルが一部(mimetype)あるんですね。気づいておりませんでした。単純なzipファイルだと思っていたら違うんだなあ。

2012年12月13日、東京・六本木の国立新美術館にて、“第16回文化庁メディア芸術祭”の記者発表会が開催され、受賞作品が発表された。気になる受賞作品は……?

 大友さんの短編アニメを見てみたいなあ。
 メディア芸術祭の季節になりました。一度行くと楽しいので、体験してみると良いと思います。ひょっとするとテレビでのPRが必要なのかもね。


ペニオク詐欺:「ステマ」に芸能人二十数人が関与か

 ペニーオークションが噂で怪しいオークションだということは知っていましたが、仕組みを理解して納得。

 1.落札者ではなく入札者が入札の手数料を支払う
 2.クリックで簡単に入札できる
 3.入札が行われると落札期限が延びる
 4.運営者側が入札して落札させない仕組みが入っている

 4が完全に詐欺行為ですね。落札できないのですから。そして、その詐欺行為にステルスマーケティング(ステマ)で芸能人が加担したという騒動になっています。
 ステマには、大きく分けて2種類あるように思います。「実名ステマ」「匿名ステマ」です。
 「実名ステマ」は有名人が謝礼をもらってブログやtwitterなどで紹介する今回のケースですね。有名人だから効果のあるステマです。
 それに対して、「匿名ステマ」は匿名掲示板やtwitterなどで一般人を装って関係者が紹介する方法です。口コミを利用したマーケティングですが、サクラを用意するとステマになるでしょう。口コミマーケティングは、恐らくすべてがステマなんでしょうけどね。

 ステマだからといって「実名ステマ」「匿名ステマ」を混同するとおかしなことになるように思います。「実名ステマ」が本当のステマで「匿名ステマ」はステマじゃないと考える人もいるようですし、「匿名ステマ」を嫌っている人は「実名ステマ」に違和感を覚えるかもしれません。
 最近は「実名ステマ」「匿名ステマ」どちらの場合も、【PR】とつけて広告であることをアピールし、ステマではないという印象を与えることも多いようです。でも、ネガティブキャンペーンとして【PR】を使う人もいるので、それはそれでどうかなあと思います。


ネットでできる選挙の話、ネットでできない選挙活動

 ネット情報も文書図画にあたるため、ネット選挙が文書図画の頒布を制限している公職選挙法に定植することになるんですね。だいぶ分かって来ました。
 そして、候補者名や党名を出して「投票依頼」することが違反なんですね。「白票」を依頼した場合はどうなるんでしょう? これも違反なのかな?

公職選挙法 -ネットに書いてはいけない選挙のこと

 これによると、ネットによる選挙運動が違反となります。
 そして、「選挙運動」とは、
 (1)特定の選挙について
 (2)特定の候補者を当選させるために
 (3)選挙人に働きかける行為
 ということです。ということは「白票」依頼はセーフっぽいですね(笑)。
 ちなみに、若者にやさしい政策を掲げる候補者を増やすには、白票でもいいから若者の投票率を上げたほうが良いという主張はあるようですよ。

 橋下市長はこのことを分かってtwitterを使っているんでしょうね。まず、橋下市長は候補者ではないから名前を出すことができます。比例での日本維新の会に関しては、「維新」という言葉を使って投票依頼しなければいいわけなので、「こう考えていますよ」「こういうことをやろうとしていますよ」「こんなことをやっていますよ」という書き方になっています。さすが弁護士だわ(笑)。


iOS向けGoogleマップアプリ公開 「正確で使いやすい地図をぜひご利用ください」

 地図って重要なんですね。今回の騒ぎでよく分かりました。
 有料のGoogleマップを入れていますが、無料なので使ってみようと思います。

アニメ『猫物語(黒)』ニコニコ生放送予約数が4万件突破! 最大・最速の勢い

 24日に『映画けいおん』がありますが、31日には『猫物語(黒)』があります。私もニコ生の予約をしちゃいました。

ベルセルク:「黄金時代篇」の特番をTOKYO MXなどで放送 ナレーションは大塚明夫

 1月2日にはベルセルクの放送もあるようです。録画予約しないとなあ。

翠星のガルガンティア : 虚淵玄が構成・脚本手がけるオリジナルアニメ 13年4月放送

 数年は虚淵アニメが話題になることでしょう。
 でも、脚本家としてのヒット作は『まどか☆マギカ』だけなんだよね。『Fate/ZERO』は原作者だけど脚本ではないですし。
 次のヒット作となることに期待したいと思います。

WIT STUDIO初の劇場アニメーション作品『ハル』が2013年6月8日公開決定!近未来の京都で人とロボットのラブストーリーを描く!

 押井さんが暴走を始めているっぽいので、そろそろProduction I.Gがからの独立が増えてくるのかもしれません。『WIT STUDIO』というスタジオにも注目したいと思います。

「革命機ヴァルヴレイヴ」2013年4月スタート サンライズが贈るオリジナルメカアニメ

 春アニメはすごいですね。サンライズのロボットアニメまである。中途半端なアニメは埋もれてしまいそうです。
 ちなみに、SFアニメのタイトルは濁音がある方がインパクトがあるなあとか思っています。中二的なかっこ良さがあるというか(笑)。それにしてもVVVなタイトルですね。

ジブリ新作は宮崎駿「風立ちぬ」&高畑勲「かぐや姫の物語」 2013年夏2本同日!

 個人的には、高畑勲復活が大ニュースです。イデオロギー抜きに美しい映像を作ってくれると嬉しいですね。となりの山田くんは技術に寄りすぎたと思っていますし、バランスが難しいですね。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」8都市での上映決定

 着々と公開を増やしています。インド宗教っぽい輪廻と一神教っぽい最後のオチなので、アメリカの方々にも楽しめそうに思っています。

シリーズ最新作『英雄伝説 閃の軌跡』がPS3/PS Vitaに登場! グラフィックや演出、戦闘システムなどが劇的に進化

 PS3とVitaだけでPSPが外れたんですね。こういう戦略をとっているのはファルコムぐらいなのかな? 新戦闘システムも気になります。

この方法があったか!──“スキャナ”になるマウス、キングジム「MSC10」を使ってみた

 ちょっと面白いと思ってしまいました。普段はマウスとして使えるんですよね。でも、スキャナになる(笑)。使っている姿が面白そう。キングジムは面白い商品を売り始めましたね。
 「OCR機能」が非常に便利そうです。書き写す作業を省力化できます。1万円を超えるので少し高額ですが、使ってみたい商品だと思います。

|

« 冬アニメ ’13 | トップページ | アニメとアイドル »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬アニメ ’13 | トップページ | アニメとアイドル »