« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

感想:レ・ミゼラブル

 最近、「今でしょ」先生が猛プッシュされている気がします。気のせいかな?

 久しぶりに家電を見てみたら、だいぶテレビのフレームが狭くなっていますね。韓国メーカーのテレビが海外で売れたのは、フレームが狭いというデザイン面が大きかったように思います。(安売りしたからという話がありますが、最初に値下げを仕掛けたのはパナソニックだったと記憶しています)
 スマートフォンにも狭いフレームが導入されているようで、大画面でも持ちやすい端末を実現するようになっていっているようですね。

 声優グランプリの女性声優一覧で阿澄佳奈さんの趣味欄に「カメラ」とあって、ようやくカメラが趣味になったんだねとか思ったり。カメラが趣味でいいじゃんと、星ひなにメールを送ったわけですが、それが通じた?
 そういえば、いつの間にか禁書目録の映画が始まっていました。チケットを2枚も買っているから見に行かなきゃね。「もこ歌元気(もこたんの歌は元気が出るね)」ではなく「ゆか歌元気(ゆかちの歌は元気が出るね)」なのかな?

 WBCは打撃陣の調子が上がらず不安は多いですが、ロッテの角中選手の調子がよさそうです。ちなみに、角中選手は昨年の首位打者ですが、育成出身ではありませんし鈍足で非力なわけではありません。独立リーグ出身で普通の走力と普通の長打力を持っています。(育成出身なのは岡田選手で、鈍足なのは福浦選手と思われます)


●感想:レ・ミゼラブル

 全編ミュージカルという話なので、レミゼを観てきました。有名なのに、アニメでもやってたのに、まったく話を知りません。この映画を見てから、「レミゼってジャン・バルジャン物語じゃん!」と思いました。
 時代背景も知らなかったので、この時代のフランスなんだ……! (でも英語なんだ)とか無意味に感動していました。また、拙い英語知識ですが、字幕がうまく訳されていて素晴らしかったです。

 そして、噂通り全編ミュージカルです。歌っていないセリフの方が圧倒的に少ないです。
 男優も女優もひたすら歌っていますが、皆さん上手いですね。最初は歌うのに違和感がありましたが、途中から歌わない方が違和感(笑)。「なんで歌わないんだよ!」と思ってしまいます。
 ひょっとしたらミュージカルの映画が流行ってしまうかもしれませんよ。

 全体的に追いかけっこな作りですね。ルパン三世で銭形がルパンを追いかける感じ。追いかけっこの人物が切り替わる場面転換で、ある人物を綺麗に殺しちゃうのが見事。惜しい人物ですが殺した方が見やすいです。
 神との向き合い方が裏のテーマっぽいのでキリスト教徒の方がより深く楽しめそうです。

 数ある歌の中でも、革命のときの歌(『民衆の歌』)が好きです。高揚します。戦いには歌がつきものなのかもしれません。そして、子役のコゼットが歌ってた哀愁ただよう歌(『Castle on a Cloud』)が何となく好きです。

 大人コゼット役の女優さん(アマンダ・セイフライドさん)が、非常に花澤香菜さんに似ています。
 最初、「誰かに似ているな」と思い、「花澤さんじゃね?」と気づいてしまったら、もう花澤香菜さんにしか見えなくなって(笑)。でも、ちょっと違うんだよなあとか思いつつ見ておりました(コゼットの方が少し面長な気がする)。歌が上手い花澤さんだね!
 ちなみに、花澤香菜さんも最近ファーストアルバムを出しております(公式サイト/インタビュー)。

 この映画は映画館で見た方が良いと思います。映像よりも音響設備が重要です。そういう意味で映画館で見て正解な映画だったと思っています。


メディア芸術祭

 週末にメディア芸術祭に行ってきました! ちょっと!展示スペースが狭くなってません? 以前ならば巨大ロボットを飾っていたっしょ! ゲームコーナーや漫画コーナーももっと広かったっしょ!
 恐らく、展示を複数の建物に分けたのだろうと思うのですが、すべてを見て回るのがしんどいので、新美術館だけにして欲しいなあと思ったり。一昨年の展示が一番好きだったかな?
 メディア芸術総合センターをつくれたら、そこで展示する作戦だったのだろうと思います。鳩山元首相に潰されちゃったから仕方ないですな。

 今回の印象は、ゲームが少なかったですね。短編アニメはシュールなのが多かったです。ミュージックビデオもPerfumeぐらいしかなかったのかな?(企画であってミュージックビデオではないかも)
 個人的には「勝手に入るゴミ箱」が最も面白かったです。その次がウダーという楽器ですね。着想が面白くて、少し実用的かもと思える感じが好きです。

☆勝手に入るゴミ箱作った Smart Trashbox

☆電子楽器ウダーの解説

 ちなみに、necomimiも審査員推薦作品で展示されていました。2つ持っているんだよなあ(笑)。女の子がつける方が絶対かわいいですよね!

☆脳波で動くネコミミ【necomimi】発売中♪

 漫画では『GUNSLINGER GIRL』の受賞が意外でした。アニメでは『アシュラ』を見るべきっぽいと思いました。3DCGがだいぶ違和感なくなっていますね。

強い力と弱い力

 この新書を読んでようやく強い力と弱い力がなんなのか理解してきた気がします。気のせいかもしれませんが(笑)。強い力はクォークの色を変える力で、弱い力はレプトンの種類を変える力と理解したけど、合ってるんかな?
 物理やってたのにさっぱり理解できてないんですよね……理解できてたら理論物理に進んでたよ。

 しかし、ヒッグス粒子が質量をつくっているという理解は間違っていました。ヒッグス粒子起源の質量は2%だけらしいです。
 強い力のエネルギーが質量の大部分らしいです。E=mc^2なのでエネルギーを質量に変換できるためこうなるのですが、強い力のエネルギーというものが理解できてないんですよね。強い力ってクォークの色を変える力では?

 「ダウンクォーク+ニュートリノ ─Wボゾン:弱い力→ アップクォーク+電子」というのをぼーっと見ていると、ダウンクォークの中に電子があり、アップクォークの中にニュートリノがあるように見えてしまいました。
 そして、「ダウンクォーク→X+電子」「アップクォーク→X+ニュートリノ」となるようなX(何か)と、X-レプトン間の力があってもいいじゃんとか思えてしまいました。Xの電荷は+2/3ね。
 でも、こんなの物理学者がすでに検討してるよなあ。。。

 結局、ヒッグス粒子は弱い力の理論が成立する証拠(ヒッグス場の存在)で、弱い力のボゾン(WボゾンとかZボゾン)に質量があることを示すものらしいです。
 恐らく、まだ理解できてないな……この新書は物理をかじった人が読む方が良いと思います。

日本書記の真実

 日本書紀より天皇の治世の年代を特定しています。120年ずらすというのが主流らしいですが、本書では複数の軸を用意して多層的に年代を特定しています。

 また、賛と讚および珍と祖禰を別人と捉えており、倭の五王は七王という解釈になっており、年代の重なりを根拠に二朝並立を主張しています。

 面白い解釈だとは思うのですが、倭の五王の捉え方は無理筋の可能性があるように思いました。ただし、二朝並立は可能性がありますね。

 個人的には、那珂博士の「上代年紀考」が面白そうだと思いました。通説らしいので他に資料がないか探してみたいです。

天皇名日本書紀末年那珂説
崇神紀元前三〇年二五八年
垂仁七〇年
景行一三〇年
成務一九〇年三五五年
仲哀二〇〇年三六二年
応神三一〇年三九四年
仁徳三九九年四二七年
履中四〇五年四三二年
反正四一〇年四三七年
允恭四五三年四五四年
安康四五六年
雄略四七九年四八九年
清寧四八四年
顕宗四八七年
仁賢四九八年
武烈五〇六年
継体五三一年五二七年
安閑五三五年五三五年
宣化五三九年
欽明五七一年
敏達五八五年五八四年
用明五八七年五八七年
崇峻五九二年五九二年
推古六二八年六二八年

 日本書紀よりはずっと現実的な年代になっているので、その根拠を知りたいですね。

GyaO&グリー : アニメコンテンツへの投資ファンド創設で合意

 グリーが迷走していますね。こういう投資ファンドって今まで失敗しているからなあ。アニメの投資って長期スパンで考えるべきらしいんですよね。5年後にBOXを売ってもとをとるようなイメージ。そういう投資ファンドにできたらメリットはあると思います。

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

PS4は早すぎるのか?

 長らくブログのコメントを公開するのを忘れてた。すみません。つい先程気づきました。

 『ビビッドレッド・オペレーション』はそこまでビビッと来ないなあと思いつつ……キャラ紹介時は変身どまりで、合体は次の担当回でも良かったような気がしてたり──島田フミカネさんがすごかったのかなあ?とか感じたりしています。

 予想通り1ドル95円で円安が止まっているけど制御できるんかいな? 電力料金およびガソリン価格を考えると、これ以上の円安って厳しいように思うんですよね。日本政府はどう考えているんだろうね。

 『ロウきゅーぶ!』の12巻が売っていたので早速確保。5年生も加わったので楽しみです。ちびちび読んでいこうと思います。

 コナミの新企画が、かなり狙ってるなと感じています。相変わらずコナミはこういうのが上手いね。

 平野綾さんが最近復活してきていますね。安泰だったら今放送しているアニメの多くのキャラが平野さんだったんだろうなあ。それぐらいすごい勢いだったんですけどね。
 AKBの騒動も同じですけど、アイドルファンというものをアイドル本人がわかってない気がしています。ちなみに、アイドル商法自体が無理があると思っています(笑)。
 アイドル声優と言われる声優だって、単なる若手声優として見ているしなあ(震え声)。

 『メディア芸術祭』『ワンフェス』『電撃文庫春の祭典』『東京国際アニメフェア』『アニメコンテンツエキスポ』と様々なイベントがあるわけですが……どれだけ行けるんでしょうね。
 東京国際アニメフェア(TAF)は都知事が変わってどうなるのかも気になります。とは言え、アニメコンテンツエキスポ(ACE)があるから、そちらにアニメファンは流れますよね? あれ?今年は1週間ずれてるぞ! ──これはACE側の配慮なのかもしれませんね(笑)。

 遠隔操作の犯人が逮捕されたようですが、本人は否認している模様。起訴されたとして、有罪にできるだけの証拠があるのか疑問です。日本の警察ってサイバー関連技術をおざなりにしすぎてたのかなあ? サイバーテロが増えたら対処できない恐怖はありますね。攻殻機動隊が必要になるのかな?(笑)


プレステ4年内発売で価格は4万円超、7年ぶりの新型登場と朝日新聞が1面で報道

 これまでで一番盛り上がらない新型PSの発表でしたね。ソニーが非常に迷走していると感じています。コンテンツ業(音楽・ゲーム・アニメなど)をグループに取り込んだせいで、それが重荷となっているのではないでしょうか?
 ソニーが音楽やゲームの定額制を真っ先にやるべきだったように思います。権利を守ろうとして自縄自縛に陥った印象。
 PS Vitaも大きくこけてしまいましたし、何がいけないんでしょうね。
 SNS機能やソーシャルゲーム機能が追加されるようですが、ゲーマーはそういうのに期待しているのですか? ゲーマーじゃないのでわからないのですが、XBOXの方がゲーマーを意識した進化をしているイメージです。PS4は流行を見ているだけのような……その方が売れる可能性もあるんですけどね!

 しかし、4万円ってお高いですね。まだPS3で十分という感じですし、これ以上綺麗にしてどうするのでしょう? 開発費が高くなりすぎて、一層ソーシャルゲームに流れそうです。


「THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L ON WINTER!!」ライブレポート

 アイマスが映画になるらしいですよ! よほど好調なんですね(笑)。アニメをそこまで見ていないので、録画しているのくらいは見ようと思います。

ワンフェス2013冬 特集

 ワンフェス(ワンダーフェスティバル)はコミケ(コミックマーケット)よりも濃い人が行くもの──という漠然としたイメージがあります(笑)。だって、フィギュアとかガレキ(ガレージキット)とかお高いんですもの。それに技術というか特殊能力が必要ですし……
 オタク同士の会話で、以前は濃いとかぬるいとか(私はぬるい部類)あったけど、ライトなオタクが増えた今はどうなっているんでしょうね。

TVアニメ第2期『ロウきゅーぶ!SS』 今夏放送開始!

 『ロウきゅーぶ!SS』は夏アニメ! ゲームともども楽しみです。
 原作とアニメを同時に終わらせる予定じゃないかな?と予想していますが、どうなるんでしょうね。原作もあと2巻ぐらいだろうと思います。そうすると5月と8月に新刊が出ないとやばいのかな? 8月ではなく9月に最終巻を出すのかも……?(ちょっと厳しいかもな)

日笠陽子が5月より3カ月連続リリース! アニメ映画『ハル』の主題歌も担当

 RO-KYU-BU!から井口裕香さんに続いて日笠陽子さんがデビュー!(井口裕香さんは2回目のデビューらしいですが(笑))
 放課後ティータイム(HTT)で歌っているので、実力的には申し分ありません。ついにデビューって感じかな?

NHK-FM初のアニソンレギュラー番組「アニソンアカデミー」が4月よりスタート

 アニソン三昧がレビュラー化? という驚きがありました。

NHK「MAG・ネット」次号3/2で最終回 後継番組も特になし

 でも、単純にNHK的にテレビからラジオにオタク枠が移動しただけじゃなかろうか(笑)。初音ミクも落ち着いてきて、アニメもまどマギ以来爆発的なヒット作がない感じですし、ちょっと小休止かな? 春アニメが凄そうだと思っているんですが……

 今回の『MAG・ネット』には阿澄佳奈さんと小倉唯さんが出演されていました。何となく顔が似ている感じが(笑)。小倉唯ちゃんも声優顔になってきたんじゃない?

初音ミクの特別番組、YouTube公式チャンネルでスタート

 やっぱりオタク情報はテレビよりもネットかな? テレビのようにマスに伝えるべき情報でもないわけですし。

貴金属使わない燃料電池向け触媒 九大、生産コスト大幅削減

 燃料電池の燃料など、他にもクリアすべき課題はあるでしょうけど、大幅な前進だろうと思います。触媒の開発競争が始まる予感がしますね。九大は特許を握ったんだろうか?ちょっと気になります。

| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

アベノミクス

 そろそろプロ野球キャンプインですね。野球に関してはこの時期が一番楽しかったりします。球春という感じですし、この時期はまだ期待>不安なんですよね。キャンプが始まるとスポーツ新聞などの情報も増えますし。
 練習⇒紅白戦⇒オープン戦という流れが好き。若手厨なので外国人よりも新人とか高卒3年目とか育成枠の選手とかに期待してしまいます。オープン戦は見に行きたいな。


「アベノミクス」は是か非か

 「アベノミクス」と誰が言い始めたんでしょうね? そもそもアベノミクスとは何か明確になっていないように思います。今回は、山崎元さんの定義に従おうと思います。

  • 2%(以上)の「インフレ目標」設定
  • 金融緩和の拡大(リスク資産購入の拡大を含む)
  • 公共投資による需要追加

 これがアベノミクスらしいです。
 まずは「インフレ目標」についてですが、消極的な日銀がよくぞ思い切ったなと思います。しかし日銀はインフレが2%になったあと急激に引き締めると予想しております。そこで、個人的には継続的に1%以上という「インフレ目標」とする方が良いように考えています。手を緩めることを許さない方向ですね。

 2%の「インフレ目標」ですが、達成は難しいと考えています。
 1点目に「GDPの2%程度(約10兆円)の需給ギャップがある」ことがあげられます。つまり、需要<供給の状態ということです。この状態では物価が下落してデフレになるのが通常です。
 2点目に「リーマンショックの後遺症」があげられます。欧州の傷は根深いですし、アメリカも好景気ではありません。従って、輸出が伸びない状態です。
 3点目に「人口オーナス」があげられます。日本は生産年齢人口(15~64歳の人口)が減少しています。この状態では15~64歳の1人あたりのGDPが同じ場合、日本のGDPは低下してデフレになってしまいます。人口オーナスに負けないように生産性を向上させるしかありません。

 物価上昇率2%というのは、2008年以来ありません。その前は1992年らしいです。いわゆるバブル期です。それほど難しい目標なのです。上記の3点を考えるに、安倍首相の任期中に達成するのは困難だろうと思っています。

 次に「金融緩和の拡大」についてですが、基本的に賛成です。まず、金融緩和を拡大すると円安になります。銀行の貸し先がないので金融市場限定になりますが、それでも円安になります。
 円安になると海外の投資家から見ると日本株が割安に見えるようになり、海外の資金が流入して株価が上昇します。(現在株価が上がっているのは、輸出関連株だからとかではなくこれのせいです)
 株価が上昇すると銀行は自己資本比率が高くなるので、破綻の危険性が緩和されます。また、企業も設備投資しやすくなります。日本経済にとってメリットが大きいわけです。

 反面、円安にはデメリットがあります。東日本大震災によって福島原発事故が発生し、原発を利用しにくい状況になりました。その結果、化石燃料の輸入が震災前よりも増えてしまい、貿易赤字になっています。円安になるとさらに発電コストが上がってしまい、電力会社や家計を直撃します。
 従って、ある程度以上の円安にはできませんし、金融緩和の拡大にも限度があるわけです。一気に円安が進みましたが、1ドル90~95円程度で落ち着くと予想しています。

 最後に「公共投資による需要追加」についてですが、需要追加というよりも復活かな?というイメージです。単純に減らしすぎたのだろうと思います。
 しかし、公共投資の乗数効果も小さくなっていますし、GDPから公共投資の原資が差し引かれることもないので、イマイチ効果が見えにくくなっています。
 首都高などの古い設備の大規模更新をアピールすべきだろうと思います。こういう古い設備をそのままにしてしまうと、トンネル事故のように事故が発生します。これの理由付けのために、東京オリンピックもあるのかもしれません。

 恐らく消費増税のためのGDPアップが本来の目的だろうと思います。
 GDPがマイナスでは消費税を上げられませんから、財務省としてもGDPをプラスにする必要があるわけです。公共投資を増やしたい自民党との思惑が合致したのでしょう。消費税が10%になるまでは公共投資が増えると予想しています。

 参議院選挙が終わるまではこの路線でしょうし、その後も消費税が上がるまではこの路線でしょう。消費税が8%になって、ようやく与野党の攻防が始まると思います。それまでは、野党もマスコミも自民党に協力するのだろうと思います。


新たな生存戦略、しましょうか。

 ピンドラ見終わってなかったり。コミックバーズって“らしい”選択ですね。

アニメ「琴浦さん」原作コミック 品切れ→入荷→また完売状態。特に1巻

 アニメ化の効果がすごいですね。コシコシって流行るんかいな?

中島愛の新曲がコシコシ(5454)枚を売り上げて19位に初登場

 誰か数字をいじったんじゃないの?(笑)

日テレ「ZIP」でジョジョ女子特集→出演したジョジョヲタ女子がヤラセ暴露www

 こういう暴露があっという間に広がる時代ということですね。噂ではなく本人が言っているとわかるという(笑)。

文化庁メディア芸術祭 アニメーション・マンガ関連トークやプレゼン企画も多彩

 メディア芸術祭の季節になりました。今年はいつ行こう? 最近忙しいけど、休みを利用して行こうと思います。

アニメ「宇宙兄弟」4月6日より夕方枠に進出決定!!

 面白いのは分かっているけど、消化できていない感じです。(録画はしていたりする) この機会に見るか?!

「キャプテンハーロック」製作費27億円で今秋アニメ映画化

 27億というのは近年稀に見る数字ですね。だいぶ3DCGがこなれてきたので、見れるアニメになることを期待したいです。これまでの3DCGアニメって技術重視でストーリーとか演出が二の次になりがちなんですよね。そこを改善して欲しいです。

ToLoveるダークネスBD2巻 「解禁された乳首が素晴らしいっ(*´Д`)ハァハァ」

 完全に規制商法ですね。18禁アニメより良く動くし、綺麗だったりしない?
 原作好きなので、BOXになったら購入しようかな?

TVA『僕の妹は「大阪おかん」』のBlu-rayが4月19日発売決定!

 阿澄・井口コンビのダークホース声優アニメ。gdgd妖精sとスタッフがかぶっているので、方向性も似ているのかもしれません。1枚だけなら買ってもいいかもね。短編アニメの強みですな。

お気の毒ですが、冒険者は女の子になってしまいました

 同人ゲームなのにボリュームが多くて楽しめています。TSエロゲだけどエロ要らない(笑)。

| | コメント (1)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »