« 感想:ホビット 思いがけない冒険 | トップページ | PS4は早すぎるのか? »

2013年2月 1日 (金)

アベノミクス

 そろそろプロ野球キャンプインですね。野球に関してはこの時期が一番楽しかったりします。球春という感じですし、この時期はまだ期待>不安なんですよね。キャンプが始まるとスポーツ新聞などの情報も増えますし。
 練習⇒紅白戦⇒オープン戦という流れが好き。若手厨なので外国人よりも新人とか高卒3年目とか育成枠の選手とかに期待してしまいます。オープン戦は見に行きたいな。


「アベノミクス」は是か非か

 「アベノミクス」と誰が言い始めたんでしょうね? そもそもアベノミクスとは何か明確になっていないように思います。今回は、山崎元さんの定義に従おうと思います。

  • 2%(以上)の「インフレ目標」設定
  • 金融緩和の拡大(リスク資産購入の拡大を含む)
  • 公共投資による需要追加

 これがアベノミクスらしいです。
 まずは「インフレ目標」についてですが、消極的な日銀がよくぞ思い切ったなと思います。しかし日銀はインフレが2%になったあと急激に引き締めると予想しております。そこで、個人的には継続的に1%以上という「インフレ目標」とする方が良いように考えています。手を緩めることを許さない方向ですね。

 2%の「インフレ目標」ですが、達成は難しいと考えています。
 1点目に「GDPの2%程度(約10兆円)の需給ギャップがある」ことがあげられます。つまり、需要<供給の状態ということです。この状態では物価が下落してデフレになるのが通常です。
 2点目に「リーマンショックの後遺症」があげられます。欧州の傷は根深いですし、アメリカも好景気ではありません。従って、輸出が伸びない状態です。
 3点目に「人口オーナス」があげられます。日本は生産年齢人口(15~64歳の人口)が減少しています。この状態では15~64歳の1人あたりのGDPが同じ場合、日本のGDPは低下してデフレになってしまいます。人口オーナスに負けないように生産性を向上させるしかありません。

 物価上昇率2%というのは、2008年以来ありません。その前は1992年らしいです。いわゆるバブル期です。それほど難しい目標なのです。上記の3点を考えるに、安倍首相の任期中に達成するのは困難だろうと思っています。

 次に「金融緩和の拡大」についてですが、基本的に賛成です。まず、金融緩和を拡大すると円安になります。銀行の貸し先がないので金融市場限定になりますが、それでも円安になります。
 円安になると海外の投資家から見ると日本株が割安に見えるようになり、海外の資金が流入して株価が上昇します。(現在株価が上がっているのは、輸出関連株だからとかではなくこれのせいです)
 株価が上昇すると銀行は自己資本比率が高くなるので、破綻の危険性が緩和されます。また、企業も設備投資しやすくなります。日本経済にとってメリットが大きいわけです。

 反面、円安にはデメリットがあります。東日本大震災によって福島原発事故が発生し、原発を利用しにくい状況になりました。その結果、化石燃料の輸入が震災前よりも増えてしまい、貿易赤字になっています。円安になるとさらに発電コストが上がってしまい、電力会社や家計を直撃します。
 従って、ある程度以上の円安にはできませんし、金融緩和の拡大にも限度があるわけです。一気に円安が進みましたが、1ドル90~95円程度で落ち着くと予想しています。

 最後に「公共投資による需要追加」についてですが、需要追加というよりも復活かな?というイメージです。単純に減らしすぎたのだろうと思います。
 しかし、公共投資の乗数効果も小さくなっていますし、GDPから公共投資の原資が差し引かれることもないので、イマイチ効果が見えにくくなっています。
 首都高などの古い設備の大規模更新をアピールすべきだろうと思います。こういう古い設備をそのままにしてしまうと、トンネル事故のように事故が発生します。これの理由付けのために、東京オリンピックもあるのかもしれません。

 恐らく消費増税のためのGDPアップが本来の目的だろうと思います。
 GDPがマイナスでは消費税を上げられませんから、財務省としてもGDPをプラスにする必要があるわけです。公共投資を増やしたい自民党との思惑が合致したのでしょう。消費税が10%になるまでは公共投資が増えると予想しています。

 参議院選挙が終わるまではこの路線でしょうし、その後も消費税が上がるまではこの路線でしょう。消費税が8%になって、ようやく与野党の攻防が始まると思います。それまでは、野党もマスコミも自民党に協力するのだろうと思います。


新たな生存戦略、しましょうか。

 ピンドラ見終わってなかったり。コミックバーズって“らしい”選択ですね。

アニメ「琴浦さん」原作コミック 品切れ→入荷→また完売状態。特に1巻

 アニメ化の効果がすごいですね。コシコシって流行るんかいな?

中島愛の新曲がコシコシ(5454)枚を売り上げて19位に初登場

 誰か数字をいじったんじゃないの?(笑)

日テレ「ZIP」でジョジョ女子特集→出演したジョジョヲタ女子がヤラセ暴露www

 こういう暴露があっという間に広がる時代ということですね。噂ではなく本人が言っているとわかるという(笑)。

文化庁メディア芸術祭 アニメーション・マンガ関連トークやプレゼン企画も多彩

 メディア芸術祭の季節になりました。今年はいつ行こう? 最近忙しいけど、休みを利用して行こうと思います。

アニメ「宇宙兄弟」4月6日より夕方枠に進出決定!!

 面白いのは分かっているけど、消化できていない感じです。(録画はしていたりする) この機会に見るか?!

「キャプテンハーロック」製作費27億円で今秋アニメ映画化

 27億というのは近年稀に見る数字ですね。だいぶ3DCGがこなれてきたので、見れるアニメになることを期待したいです。これまでの3DCGアニメって技術重視でストーリーとか演出が二の次になりがちなんですよね。そこを改善して欲しいです。

ToLoveるダークネスBD2巻 「解禁された乳首が素晴らしいっ(*´Д`)ハァハァ」

 完全に規制商法ですね。18禁アニメより良く動くし、綺麗だったりしない?
 原作好きなので、BOXになったら購入しようかな?

TVA『僕の妹は「大阪おかん」』のBlu-rayが4月19日発売決定!

 阿澄・井口コンビのダークホース声優アニメ。gdgd妖精sとスタッフがかぶっているので、方向性も似ているのかもしれません。1枚だけなら買ってもいいかもね。短編アニメの強みですな。

お気の毒ですが、冒険者は女の子になってしまいました

 同人ゲームなのにボリュームが多くて楽しめています。TSエロゲだけどエロ要らない(笑)。

|

« 感想:ホビット 思いがけない冒険 | トップページ | PS4は早すぎるのか? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「アベノミクス」って辿っていくとここが一番最初らしい
http://blogs.yahoo.co.jp/muronao1329/16412227.html

検索結果を時間順に並べられると楽なのになぁ

投稿: みなみうり | 2013年2月 3日 (日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:ホビット 思いがけない冒険 | トップページ | PS4は早すぎるのか? »