« 春アニメ ’13 | トップページ | 感想:AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ »

2013年4月 8日 (月)

ANIME CONTENTS EXPO 2013

 ホークスは開幕ダッシュに失敗しました。タイムリー欠乏症ですね。ホームランでしか得点できない感じです。
 ソフトバンクは「つながりやすさNo.1へ」というCMをやっていますが、ホークスの打線はつながりが悪く、プラチナバンドになってませんね。せめて犠牲フライぐらい打てないものかなあ?

 最近、『六花の勇者』『とある飛空士への誓約』といった、(「この中に1人、妹がいる!」じゃなく)「この中に1人、裏切り者がいる」感じのライトノベルが好きです。「汝は人狼なりや?」の影響でそのようなライトノベルが生まれているのかな?
 どちらも裏切り者が増えたり、裏切り者ではないけど事情があったりという展開なんだけど、設定を考えるのは楽しそうです。アニメでも増えていくのかもしれません。

 春アニメが期待通り面白いと感じております。今のところ、ヤマトと進撃の巨人がかなり好きな感じかな?
 個人的に、スポ根アニメとか戦闘アニメとかが好きで、まったり系とかほのぼの系はそこまでって感じなので、今クールのアニメは良い感じです。(まったり系やほのぼの系はいつの間にか見なくなるんですよね)
 ヴァルヴレイヴとガルガンティアをまだ見ていないので期待したいと思います。変猫(変態王子と笑わない猫。)と超電磁砲(レールガン)がどんな感じになってるかな?というのも気になりますね。
 面白いアニメが多いと元気になります(笑)。

 ここ数年で知った生活の知恵的なものを列挙しておくかなあ。
 自販機のコーンスープでコーンが残らない方法は、飲み口の下を少し潰せば良いらしいです。流体力学らしいけど、理屈はわかっていません。
 固く結ばれている場合には、引っ張ってほどくのではなく、こよりのようにねじって固くして押し出す方がほどきやすいようです。引いてダメなら押してみなという発想の転換ですね。
 外食をすると紙ナプキン(日本特有らしい)がありますが、それのツルツルな面でガラスやプラスチックを磨くと綺麗になります。表面にロウが塗られているかららしいですけど、スマホが汚れている場合は試してみたらいかがでしょうか?

ANIME CONTENTS EXPO 2013

 今年もACEに参戦して来ました。幕張メッセは遠いですけど、検索して乗り換えが多いけど歩かないで良いルートを見つけました。東京駅で京葉線に乗り換えるのは骨が折れますわ。

 初日(土曜日)は入り口がわからずに迷ったんですよね。横から入るというのは想定外でした(笑)。去年もこうだったっけ? お陰で、2日目(日曜日)はすんなり入れましたけど……

 全体的な感想としては「同人誌のないコミケ」ですね。コスプレと企業ブースだけのコミケって印象です。
 角川書店の社長が発起人だったと思うのですが、角川書店のスペースはそんなに広くなかったように思われます。特定のアニメ(『まどか☆マギカ』『Fate』など)だけのスペースがあったりしたので、その辺りも企業ブースって感じです。

 結構買い物をしてしまったのですが、変猫のタペストリは買えませんでした。購入者は朝早く来て並んで買ったんかな? ACEガチャも到着したときには、すでに完売でしたね。

 ステージはひとつだけ当選しました。『翠星のガルガンティア』です。(参考
 8個応募して1個しか当選しなかったのは残念ですが、アスミス(阿澄佳奈さん)ファンなので当たりの部類だろうと思います。
 ボケる出演者が多かったせいか(金元寿子さんとか、茅野愛衣さんとかって、何となくほんわかしてますし……)、阿澄さんはツッコミ役に徹していたように思います。石川界人くんが新人らしく初々しかったですね。
 年長者だけあって小西克幸さんが一番説明がうまかったかな?(お題に従ってガルガンティアを説明するコーナーがあった)会場で配布されていたという1~2話収録のBDをゲットできなかったので、現在のところ小西克幸さん情報がすべてという感じです。
 ラジオなどでも情報が流れていましたが、すでにアフレコが終わっているらしいです。なんという順調な制作状況。脚本や絵コンテだけでなく、アフレコまで放送前に終わっているとは! 下手なアニメ映画よりも余裕がありそうです。テレビアニメのくせに。
 オープニングを歌うのが茅原実里さんなのですが、そのオープニング曲『この世界は僕らを待っていた』をステージで披露した後、最後の挨拶で、なぜか「アスミン緊張したよ~」と言っていました。『武装神姫』ラジオつながりだと思いますが、ひょっとして阿澄さんって頼られてますか?(茅野愛衣さんも、ガルガンティアを説明するときに阿澄さんを頼ってたような)
 ちょっと遠い席だったけど、結構楽しめたと思います。隣のステージに負けないぐらいに「フー!」ってやったし。

 初日の収穫は、『進撃の巨人』の巨人コスプレかな? 風船を配っていました。2日目には見かけなかったので、貴重なのかもしれません。巨人が風船を配るという図が面白くて笑ってしまいました。
 2日目の収穫は取り立ててないかも。ロウきゅーぶのポスターをゲットしたり、買い逃してたグッズを購入したぐらいかな?

 ACEで不満だったのは食事ですね。高くてまずい! 安くてまずかったり、高くてうまかったりすれば許せますが、高くてまずいのは許せません。
 アニメの宣伝ということを考えると、高くてうまいという路線が良いのではないかと思います。まずい料理だと宣伝にならないと思うけど、どんなもんでしょ?

 ACEの会場でデジカメが壊れたので、新しいデジカメを購入しようと思います。ミラーレス一眼+コンデジにしようかな?とか考えているけどどうなることやら。

 入り口でもらえたクリアファイルは俺妹とヴァルヴレイヴでした。まあ良い感じではないかと思います。

 心残りは時間切れで色紙の写真を撮影できなかったことですね。カメラも壊れてたし良い写真を撮影できなかったでしょうが、クリエイターの皆さんのサインを撮影したかったです。

角川GHD、9子会社を吸収して事業会社に 角川書店、アスキー・メディアワークスなど消滅

 ACEの前にこのニュースを見てほげぇぇでしたわ。ライトノベルのほとんどが『KADOKAWA』になっちゃう。どういう感じになるのか想像できません。恐らく、レーベルはそのままで、奥付などが『KADOKAWA』なのかな? 「ブランドカンパニー」として残りそうなので、ひょっとすると表面上はあまり変わらないのかもしれません。

人気声優茅原実里のファンクラブ突然解散 引退ではなく独立、所属事務所も移籍?

 ACE後にあった突然の発表ですが、事務所を移籍するのでしょうか? ファンの皆さんは大変だろうな。
 恐らく、みのりん自身も多少なりとも動揺しているのだろうと思います。むしろこの状況で、ACEで歌えたことがビックリなんですけどね。関係者は分かっててってことなのかもなあ。

【速報】『WHITE ALBUM2』が2013年秋よりTVアニメとして放映決定! シリーズ構成・脚本は原作と同じく丸戸史明さんが担当、制作はサテライト

 ホワルバ2アニメ化ですか。これは予想外の展開ですわ。と言っても、ゲームに手を出していませんが。好評らしいので、アニメが面白ければいいなと思います。

朝鮮総連本部:鹿児島の寺への売却確定へ、東京地裁認める

 朝鮮総連本部の売却が確定したようですが、この鹿児島の寺(最福寺)の住職(池口恵観)というのが相当すごい人らしいです。
 池口恵観さん=鮫島正純さんです。鮫島正純さんは、小泉純一郎元首相のいとこという話があるようです。
 確定している情報としては、「三無事件」というクーデター未遂事件を起こした右翼団体の関係者ということです。池口恵観さんは、この事件の際には不起訴、釈放されています。この経緯からも右翼団体に影響力がある人ということは分かります。
 さらに、安倍首相や鳩山元首相とも接点があるようです。与野党問わず政界とパイプがあるということでしょう。
 また、金日成を尊敬しており、最福寺には金日成主席観世音菩薩があるということらしいです。右翼なのか左翼なのかよくわかりません(笑)。
 金本選手や新井選手の護摩行を世話している人ということから何となく察しが付く感じではありますが……

 こういう人物が朝鮮総連の本部を購入したということは、いよいよ金王朝がやばいのかもしれません。

 また、有田芳生さんのtwitterより、韓国民団と朝鮮総連の幹部に同じ人物がいることがわかりました。(現在、その発言は削除されているので、うっかり口が滑った感じですね)拉致問題以降、朝鮮総連から韓国民団に流れているということでしょう。

北朝鮮サイト攻撃 アノニマス、6千人の情報を追加公開…ニセ李明博氏も

 アノニマスが北朝鮮の宣伝サイトをハッキングしたらしく、その中に韓国の政治家や財界人、マスコミのメールアドレスがあったようです。
 そして、NHK職員など日本人のメールアドレスもあるらしいです。アノニマス恐ろしい。

 本当に北朝鮮のために行動するには、バレないように異なるメールアドレスを使用しそうですが、少なくとも北朝鮮情報を知りたい人物を特定することはできたのだろうと思います。

 いよいよ北朝鮮情勢がすごい感じになって来ましたね。戦争にならないことを願います。

|

« 春アニメ ’13 | トップページ | 感想:AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春アニメ ’13 | トップページ | 感想:AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ »