« ANIME CONTENTS EXPO 2013 | トップページ | 感想:劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ »

2013年4月15日 (月)

感想:AURA~魔竜院光牙最後の闘い~

 お昼に食べたしゃぶしゃぶが非常に美味しかったです。やっぱりしゃぶしゃぶは豚がいいね。牛だとちょっと重いし、だし汁が汚れちゃう。胡麻ダレとか柚子胡椒とかあったけど、梅肉をつけて食べるのが非常に美味しかったです。この食べ方はさっぱりできていいですな。

 日本の電機業界(弱電)の衰退を見るに、テレビやスマホに技術が要らなくなったのが原因ですよね。日本が得意だったのは、ハードのメカニックの部分だったんだね。
 それを考えると、電気自動車が広まると日本の自動車業界はピンチになるんじゃとか思ったり。テレビのブラウン管に相当するのがエンジンなんだと思っています。
 でも、電気自動車だとエンジンはいらないし、テレビのようにユニットを組み合わせる感じになるイメージです。これって電機業界と同じ状態になっちゃうよなあ。
 そう考えると、日本の自動車メーカーが目指すべきは、プラグインハイブリッドで意地でもエンジンを残すことなんだろうと予想します。電気自動車になったら新興国に負けてしまうわ。
 まあ、自動車を運転できない者の戯言なんですが。(完全ペーパー)

 今クールのアニメってすごい豊作ですね。すべて見るのがきつい。
 噂になっていた『惡の華』を見ました。ロトスコープという実写をトレースする手法が使用されている珍しいアニメです。プレスコのヴァルヴレイヴともども面白い試みだと思っています。(アニメーターの技量も上がるでしょうし)
 ロトスコープは実写をそのまま描くので、嫌な部分を省略できないため、嫌な部分が強調されやすいようです。そのせいで原作ファンが発狂しているようです。要するに登場人物がかわいくないわけですね。
 でも、私が見る限りかわいくなってると思います。二次元的にはかわいくないかもしれないけど、かわいく描けてるのではないかと。トレース元の実写を見ていないのでわかりませんが、実写の女優さんも結構かわいいんだろうなと思ってます。
 エンディングの歌がすごいですね。ザワザワします。(ワサワサではなく)

☆惡の華ED 「花 ~a last flower~」

 恐らく、サブカル好きな人には好評なアニメです。アニオタには不評なアニメになると思います。でも、制作者寄りのアニオタには好評かもなあ。気軽に見るアニメではなく、気合を入れて見るようなアニメですね。どこまで視聴者を揺さぶれるか、興味があります。

 ついでに、気合が入っている『進撃の巨人』OPのMAD。つなぎが上手いですね。

☆進撃の巨人OPに中毒になる動画

 俺妹2話で原作者が脚本を書いていてビックリ。ちょっと京介の性格が原作寄りだったように思いました。独白によって格好悪い部分が見える感じですね。こういう遊びって好きです。


●感想:AURA~魔竜院光牙最後の闘い~

 『AURA』を観て来ました。
 内容は『中二病でも恋がしたい』そのまんまです。アニメ化はこちらの方が後でしたが、原作はこちらの方が先なんですよね。
 予想以上に似ていたなあ。もっと中二病肯定だと思っていたのですが、否定もしていなかったけど肯定もしていなかったわ。でも、『中二病でも恋がしたい』よりは肯定していると思います。

 主人公の声優さんが島﨑信長くんで、ヒロインの声優さんが花澤香菜さん。最近テレビアニメでよく聞く声ですね。
 信長くんと梶裕貴くんが最近の男性声優では好きだな。高校生声って感じで、爽やかでいいです。松岡禎丞くんも熱くて面白くていいんですけどね。
 女性声優さんでは、金元さんの声がひたすらかわいかったです。キャラも小さくてかわいいし、一服の清涼剤になっていました。(全体的に陰鬱な空気が流れるアニメ映画です)
 井上麻里奈さんのキャラがコスプレを揶揄するセリフを言うのですが、井上麻里奈さんって元コスプレイヤーなので、どういう気持で演じたんだろうなあとか思っていました。過去の自分に向けて言ってる感じなんじゃなかろうか? 役的にはおいしいけど、セリフ自体は痛いような気がしています。

 多分、発毛剤のCMのように「戦わなきゃ、現実と」ということだと思います。私はそのように受け取りました。見る人によって受け取り方が違うかもしれません。でも、最後の加速展開によって(途中までは停滞しているわけですが)、前向きになって劇場を出れる映画だと思います。


ヤマグチノボルさん : 人気ラノベ「ゼロの使い魔」の作者が死去

 ゼロ魔の原作もアニメも見てないのに、ラジオだけは聞いていました。ラジオに原作者が強く関わっているのが新鮮でした。2年も闘病されてたのですね。お悔やみ申し上げます。
 MF文庫Jを有名にした作品が『ゼロの使い魔』だったと思います。メディアファクトリーとしても恩人を失ったのだと思います。後に続く作家が何を書くのかに注目したいです。

【愛の力】ムネリン、メジャー昇格へwwwwwwww

 本当にすごいわ。金のためでなく、純粋に野球好きなのでしょうね。イチローに憧れているのでしょうが、イチローのためにというわけでもないように思います。もっとうまくなりたいってところなのでしょう。
 2試合に出て活躍しているようです。遊撃手としても無難にこなしているようです。このままうまく行けば、メジャーで最も通用した日本人遊撃手になりそうです。肩が強くないのに、本当にすごいですわ。

|

« ANIME CONTENTS EXPO 2013 | トップページ | 感想:劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ANIME CONTENTS EXPO 2013 | トップページ | 感想:劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ »