« 感想:劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ | トップページ | 感想:言の葉の庭 »

2013年5月15日 (水)

感想:社会を変えるには

 円盤を整理していて、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に絵コンテがついていることに気づきました。パラパラを読むに、長井龍雪監督は相当に絵が上手いし、絵コンテも上手い! 私は絵コンテを読むのが苦手なのですが、それでも漫画のように読みやすいと感じたので、恐らく作画しやすい絵コンテなのではなかろうかと思います。長井監督には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」をアニメ化してほしいのですが、どうかなあ?

 歴史人という雑誌を読んで、天皇の在位期間を10年とすると、卑弥呼=天照大御神になるということを知りました。箸墓古墳より卑弥呼=倭迹迹日百襲姫命と考えていたのですが、そうではない可能性もありますね。

 ビビッドレッド・オペレーショングッズを見ていて、「お尻まくら」ってありなんじゃないかな?とか思っていましました。まだないですよね? ピピパンは折角お尻を押しているのですから、枕も「抱きまくら」よりはお尻押しでどうでしょう?

 橋下市長の発言が話題となっていますが、慰安婦は一部で「sex slave」と訳されているようです。「性奴隷」って言葉はエロゲとかでしかないように思ってたけど、そういうわけではなさそうですね。
 また、橋下市長の発言から、米軍の軍人は風俗が禁止されていると知りました。荒くれ者が多いといわれる海兵隊が沖縄でレイプ事件を起こすのはそういう事情があったのですね。
 ところで、世界各国に慰安婦制度ってあったのですか? そのへん分かってないんですよね。


●感想:社会を変えるには

 新書大賞第1位ということで読んでみました。
 日本型工業化社会が機能不全に陥ったので、社会を変えるために、とにかく能動的に動けという本だと思います。

 それよりも、代議制民主主義の成り立ちとか戦後日本の社会運動などを知れる良書だと思います。西洋は本当に自由を獲得して、社会を構築したのですね。日本とは大きく異なる印象です。

 右翼・左翼や保守・革新と言っていますが、やはりそういう二元論はおかしいよなと思いました。
 戦後日本は唯一成功した社会主義国などと言われたわけですが、それを実現したのは自民党です。では、自民党は左翼政党なのでしょうか?
 また、小泉改革や日本維新の会など「変える」言葉が出てくるのはいわゆる右翼と言われている勢力ですし、「憲法九条を守る」と言っているのはいわゆる左翼と言われている勢力です。保守と革新が逆転しているわけです。
 二元論ではなく、「民主主義」「自由主義」などのように「○○主義」と細分化して理解することが必要だろうと思います。

 基本保障は効率的というところからベーシックインカムが浮上してきたのかな?(ベーシックインカムについては書かれていません)とか、考えることが多かったです。
・アメリカの上院議員は「州の代表」
・「士農工商」は中国の古典から輸入した
・西ドイツの緑の党の「われわれは右でも左でもない、前だ」
・ベ平連(ベトナムに平和を!市民連合)三原則「やりたいことをやれ」「言い出したら自分でやれ」「他人の批判はするな(それなら自分でやれ)」
・尖閣諸島には米軍の演習場があり、国有化されていない
──など、新しく知ることも多かったので、非常に勉強になりました。

 日本社会は、個々人が自由になった結果、再帰性が増大した不安定な社会になっているようです。
 本書でニュートン力学の話が登場しましたが、どうやって導入していいものかはわかりませんが、物理学の「場」の考え方を導入するのもありなのかもしれないと思いました。
 恐らく、ほとんど消化できていないので、じっくりと理解して行くつもりです。


『とある科学の超電磁砲S』5話感想 ゾクゾクする展開に引き!一方さんえげつなさすぎる

 超電磁砲がようやく5話で動き始めました。と言っても、禁書目録の焼き直しなので、展開は分かっている視聴者が多いわけです。美琴視点で話が展開されるので、どのように演出が変わるのかに注目すべきでしょうね。とは言え、禁書目録の演出は忘れているわけですが(笑)。

翠星のガルガンティア 4話 「追憶の笛」 海外の感想(解読)

 海外のアニメファンがすごい(笑)。解読しようと思い立ち、そして実際に解読しちゃうなんて……。解読結果を知って徒労に終わった感じですが、役立つときが来るかもしれません。

ダイヤのA : 累計1500万部の高校野球マンガが今秋テレビアニメ化

 『ダイヤのA』がついにアニメ化です。野球漫画ですが、主人公やライバルなどがスラムダンクに似ているように思います。つまり、腐女子にとっておいしい漫画なのではないかと思います。
 プロダクションI.Gとマッドハウスという、古いアニメファンが震えるようなタッグでの制作となるようです。放送局が気になります。NHKと予想していますが、いかがでしょうか?

アルスラーン戦記 : 荒川弘が田中芳樹の人気小説をマンガ化

 なんとアル戦が漫画化です。それもハガレンの荒川弘さん。中東を舞台としたドロドロしたファンタジーなので、ハガレンのような男らしい絵柄であってほしいです。
 ところで、田中芳樹さんはアル戦を終わらせるつもりがあるのでしょうか? あと3巻ぐらいで終わりそうなのですが、未完で終わっちゃうんだろうなという予感がします。

宮崎駿監督「風立ちぬ」主演声優に、庵野秀明氏を起用

 全く予想していませんでした。誰の発案なんでしょうね。宮さんなんかな? 恐らく聞き取りにくいのでしょうが、雰囲気さえ良ければ大丈夫だと思っています。それにしてもすごいチャレンジですね。

グレンラガンのスタッフ新作アニメ『キルラキル』 TVCM 第1弾 海外の反応

 グレンラガンが再放送中ですが、そのスタッフの新作アニメです。楽しみですね。

RO-KYU-BU!が再始動、2ndアルバム、ライブBDなど続々リリース

 RO-KYU-BU!の再始動が明らかになりました。ロウきゅーぶ!SSのOPテーマ「Get goal!」は作詞がKOTOKOさんで作曲編曲がfripSideの八木沼悟志さん、EDテーマ「Rolling!Rolling!」は作詞作曲が桃井はるこさんで編曲が渡辺剛さんで、1期と全く同じです。非常に期待したいです。
 恐らくライブがあるでしょうし(アニサマもあるかも?)、今年の夏は熱くなりそうです。

アニメ砂場論についての整理

 砂場論は今のSNS全般にも当てはまりますね。広大な砂場を用意しています。
 砂場を否定する=作家性という感じに見えますが、アニメ以外の血を入れるのは大賛成です。アニメファンがアニメをつくると縮小再生産になりそうなんですよね。自縄自縛に陥るというか、ループから抜け切らない感じがあるので。
 ただし、砂場を用意しないとブルーレイやDVDは売れないと思います。売りスレ民は否定するかもしれませんが、面白くても売れないアニメになってしまう危険性が高いです。ブルーレイやDVDを買う行為そのものが、砂場で遊んでいることだと思うのです。砂場がないと遊んでいいものか分からずに買い逃すのではないでしょうか?

フジテレビが「人狼」番組の第2弾放送 メンタリストDaiGoさんが参戦

 人狼ってテレビでもやっちゃうんですね。「汝は人狼なりや」ではなく、「人狼~嘘つきは誰だ?~」になっていますが(笑)。
 私は一度も遊んでいないので、テレビで学習してみるかなと思います。

|

« 感想:劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ | トップページ | 感想:言の葉の庭 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ | トップページ | 感想:言の葉の庭 »