« 感想:社会を変えるには | トップページ | 夏アニメ ’13 »

2013年6月11日 (火)

感想:言の葉の庭

 もう6月ですね。夏アニメの記事を書かないといけない時期になってしまいました。本命は『ロウきゅーぶ』なのですが、『ローゼンメイデン』も楽しみかな?
 はまち(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』。「俺ガイル」とも略されるらしい)をまとめ見して、これは男が主人公の少女漫画なのではないか?と思ったりしました。監督が吉村愛さんという影響もあるのかな?

 先日、俺妹の最終巻を読みつつ実妹に会いに行くというイベントをこなしました。久々に話せたからまあいいか。なぜか攻殻機動隊にハマったらしいんだよな。
 俺妹はタイトル通りの終わり方らしい(参考)ですが、読み終わって判断します。恐らく途中にあったヒロイン希望アンケートでもきりりん氏がぶっちぎりだったんじゃないかな?

 『惡の華』の押見修造さんって『ぼくは麻理のなか』というTS漫画も描いているんですね。押見ワールドな感じのTS漫画ですが、続きが気になっております。

 だいぶ前になるけど、藍井エイルさんが崖っぷちグラビアアイドル(有沢ゆいさん)だったという話を見て、アニソン歌手や声優って救いの道なのかもなあと思ったものです。リスカ跡があるという話もありますし、病んでたのかもしれませんね。

 デジカメが壊れたので新しいのを購入しました。でも、ひねくれ者なので普通のを買いにくい(笑)。当初はミラーレス一眼にしようかと思っていたのですが、リコーが『GR』というのを出してくれちゃったので、ついつい購入しちゃったわけです。
 でも、このデジカメはズーム機能がないっぽい。仕方がないのでソニーの『DSC-WX300』を購入ですよ。
 正直なところ、『GR』を使いこなせる自信がないので、WX300を使うことになるのではないかと思っています。WX300は最大20倍ズームですし、夜景にも強いみたいなんですよね。
 『GR』のようにズームなしの場合は、どうやって撮ればいいのかなあ?

☆DSC-WX300
千賀投手
Wx300_01
中村紀洋選手
Wx300_02

☆GR
Gr_01
Gr_02

●感想:言の葉の庭

 2つの話がありましたが、最初の短編(父娘の話)は宣伝かもしれません。2つ目の話が『言の葉の庭』ですね。15歳と24歳の恋の話です。
 このアニメは思いっきり「新宿御苑アニメ」です。聖地・新宿御苑に行きたくなっています(笑)。休みに思い立って行こうとするのですが、たいてい月曜日で休園日なんですよね。
 新海誠アニメは背景が美麗なので、聖地巡礼に適している気がします。実際の風景よりもアニメの方が幻想的だとは思うのですが、その空間に入れることは喜びじゃないかな?
 新宿が聖地になるというのも面白いと思いました。アニメではあまり登場しない街ですよね。最近では、池袋・鎌倉・湘南・立川・松戸あたりが多いのかな?
 そう言えば、映画の最後に「撮影は禁止されています」とあったのですが、写真撮影もダメなんだっけ? 調べてみると「個人等の趣味で行う写真撮影であっても、事前の届出が必要となる場合があります」とあるな。写真撮影してみたいけど、ぐぬぬな感じですね。

 内容について──歳の差のある恋(高校生と大人の恋)ですが、『耳をすませば』っぽいアニメだと思いました。甘酸っぱい青春って感じで楽しそうだなあ。
 背伸びした話じゃなく、SFでもなく、数ヶ月という短い時間の日常を描いているので新海誠さんのアニメでは珍しいかもしれません。新海誠アニメの中でも上位だなあ。かなり好きですね。『秒速5センチメートル』より好きかも。
 『彼女と彼女の猫』に近い感覚はあるのかな?(相当昔に見ているので間違ってるかもしれません)

 地に足の着いたアニメに入野さんの声と花澤さんの声は合いますね。平野文さん声が一番浮いてたかも。自然な声質の声優さんが多くて心地よかったです。

 このアニメってNTTドコモの宣伝にも見えます(笑)。最後には少し笑ってしまったのですが、代々木のタワーが何度も登場するし、途中アンテナまでリアルに描かれているカットまであります。あの大きな建物が、CLAMPにおける東京タワーみたいな存在感になっています。
 NTTドコモが出資しているのかな?と思ったけど、そうでもなさそうです。どうせなら、dアニメストアで先行配信しても良いのではないかと思います。かなり良いアニメですし。

 「TOHO animation」(東映アニメーションではなく)とあったので、気になって調べたら『PSYCHO-PASS』や『マジェスティックプリンス』は「TOHO animation」製作なのですね。
 最近、TOHOのチケット販売方法が自動販売機に変わり、人件費を削減できているのか、高校生料金が一律1000円になりました。非常に攻めの経営をしているように感じます。アニメ製作もその一環なのかもしれませんね。
 『攻殻機動隊ARISE』にも関わっているようで、目が離せないと思います。

【ソフトB】“つながりやすさNO1”打線で交流戦同率首位

 ダルビッシュ投手などが海外移籍したのに、相変わらず交流戦ではパ・リーグが強いですよね。何が原因なんでしょう? 勝てる方が楽しいので交流戦は非常に野球観戦が楽しみなのですが、原因も知りたいところです。
 DHの有無によって、育成力が変わってしまうのかな? DHの方が野手は育ちますし、先発投手も長いイニング投げられるのはおいしいですよね。より強力打線相手に投げられるのも大きいのかも。パ・リーグの方が新陳代謝も激しいように思います。高卒○年目の若い選手がかなり多いです。

 ホークスはついに「つながる打線」になりました。交流戦前までは「つながらない打線」だったのにね。
 特に1番中村選手がいいですね。帝京高校出身者はなかなか育たないジンクスがあるのですが、中村選手のバットコントロールはすごいです。高校時代からすごかった(日米野球でヒットを量産していました)ですが、プロでも通用して嬉しいです。
 また、松田選手⇒長谷川選手という並びが非常に好きです。この打順だと点が入りそうな気がします。特に長谷川選手は打撃フォームを変えたようで、構えたときにバットのヘッドが投手寄りに入っています。面白い打撃フォームですが、交流戦で高打率を残しているように合っているのでしょうね。
 そして、山崎捕手の打撃が良くなりました。楽天の嶋捕手の真似をしているようなのですが、理にかなった打撃フォームなのでしょう。例年交流戦で好調なのですが、輪をかけて良い成績を残しています。

 打撃陣は良くなったものの先発投手が崩壊しているので、怪我している投手の皆さんには怪我を直して万全の状態で戻ってきて欲しいです。

「統一球変わっていない」はウソだった 加藤Cの責任問題に発展も

 開幕前に公表して、隠す必要はなかったのではないかと思います。選手会から追及されて白状するという展開はNPBにとって最悪ではないかと思います。
 加藤コミッショナーはどうするのでしょうね? 開き直った会見を開いたようですが……

PSP『ロウきゅーぶ! ないしょのシャッターチャンス』が今秋に発売決定! 今度のジャンルは“ロリスポ シューティング アドベンチャー”

 6月にゲームが出ると思っていたら、秋にもゲームが出るんですね。「ロリスポ シューティング アドベンチャー」ってなんやねん! バスケパートが熱いといいなと思います。

劇場版「空の境界」がTV放映 式と幹也の物語を全13話時系列順にTOKYO MX、BS11にて

 買ったけど見てないアニメや! この機会に見るように努力しないといけませんね。

『らき★すた』スタッフ再集結のアニメ『Wake Up, Girls!』公式サイトオープン

 ヤマカン復活なるか?!ですね。ヤマカンもtwitterで絡んでくる人は無視すればいいのに、とか思ってしまいます。真面目に相手するだけ無駄っぽく見えるんだよね。

『蒼きウル』の企画→凍結→凍結解除の経緯

 『蒼きウル』をやり遂げなければ、山賀さんは次に進めないのかもしれませんね。ガイナックスが弱体化しているので、起死回生の一作になることを期待します。フルCGアニメになるのかな?

【公式発表】岡田斗司夫とホリエモンの呼びかけ 「みんなでアニメ作ろう!」

 岡田斗司夫さんとホリエモンだから、宇宙やロケットものになるのかな? そうすると『王立宇宙軍』や『蒼きウル』と似たようなものになる可能性もありますね。
 どんなアニメになるにしろ見届けたいと思います。今の岡田斗司夫さんに制作者をどれだけ集められるんでしょうね。

新世紀エヴァンゲリオン : 貞本版マンガ最終回が異例の再掲載 人気で売り切れ店続出

 漫画版のエヴァが完結したらしいですね。単行本で読んでいるので、恐らく雑誌は買わないと思います。最近はレイよりもアスカ人気が高くなっていますね。貞本エヴァもアスカエンドという噂だけどどうだろう? 序まではレイも人気だと思ったんだけどな。破あたりから極端にアスカ優勢になったように思います。

|

« 感想:社会を変えるには | トップページ | 夏アニメ ’13 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:社会を変えるには | トップページ | 夏アニメ ’13 »