« 中国の「7月危機」 | トップページ | 感想:佐藤竜雄監督生誕祭 »

2013年7月 7日 (日)

感想:世界は宗教で動いている

 ここ数年で日本株のルールが最近変わってきているんですね。

・2014年より所得税の軽減税率終了にともない税率UP
・2013年より復興税により税率UP
・全国証券取引所で単元株を100株に統一することを目指している
・売買単位は5~50万円が望ましい

 税金が上がるのですね。売買高への影響が大きそうです。また、単元株が1株や1000株という企業は100株に株式分割や株式併合が行われることになりそうです。

 「BROTHERS CONFLICT」ってブラコンなんですね(笑)。シスプリの逆が生まれるとは思いませんでした。女性のオタクが元気な時代ですな。

 アニソンで「やなぎなぎ」さんの歌を聴くことが多くなったけど、かつてsupercellのゲストボーカルをやっていたんですね。「君の知らない物語」はやなぎなぎさんみたい。


●感想:世界は宗教で動いている

 キリスト教や儒教については、橋爪さんの過去の新書にあったのでノーコメントとします。

 イスラム教は「平和のための宗教」。これは重要かもしれません。
 「原理主義」というのはキリスト教の言葉らしく聖書至上主義という意味みたい。イスラム教には存在しない。なぜなら、イスラム教にはキリスト教のような曖昧さは存在しないから。「最後で最大の預言者」ムハンマドのクルアーン(コーラン)が唯一の聖典なので、その意味ではイスラム教そのものが原理主義なのかもしれません。
 ジハードも聖戦ではないらしい。イスラム教は誤解が広まっていますね。

 イスラム教って、イスラム法が憲法より上の存在みたいなんですよね。ユダヤ教もそんな感じらしい。だから、国よりもイスラム教の方が重要なんですよね。
 国が重要というのが「ナショナリズム(国家主義)」で、橋爪さんの新書を読む限り、近代国家を成立させるにはナショナリズムが不可欠ということのようです。例えば、中国ではナショナリズムがなかったために近代化が遅れたという主張。
 国よりもイスラム教が重要ということは、イスラム教の国家は近代化できないよなあと思えてしまいます。

 ヒンドゥ教や仏教というよりもインドには輪廻という考え方があるんですよね。輪廻転生ね。カースト制度もそれを前提に成立しているようです。(前世や来世では違うカーストだから平等)
 日本の仏教にはあまり反映されていない感じです。「お盆」とか仏教のようで、やってることは仏教ではないですよね。お盆は先祖の霊が帰ってくる行事ですが、輪廻転生するならば帰ってこれないですよね。
 仏教は輪廻から抜け出すのが目的の宗教だと思うのですが、そもそも輪廻を信じていない場合は何が目的となるのでしょうね? そのあたりを追求したのが日本の仏教となるのでしょう。

 日本の宗教の場合、神道と言うべきなのか分かりませんが、日本独自の宗教がありますよね。その中で最重要なものは「ケガレ」と「タタリ」だと思います。
 「ケガレ」があるから、お払いしたり清めたりします。「ケガレ」は「気枯れ」らしく、「死」や「病気」は「ケガレ」そのもののようです。「北枕」のように、死者と同じことをすることはいけないことです。理由はケガレるからですね。理由が分からない慣習の多くは、「ケガレ」を理由にすると分かりそうです。
 また、「タタリ」があるから、神様を祭ったりお供えしたりします。日本人の性質は相手に合わせて行動するんですよね。神様を擬人化して、神様が喜ぶ行動を行うことで怒りを静めようとするわけです。

 国家神道に関しては、日本人だけに対応したキリスト教を作り上げたのではないかと思います。近代化するにはナショナリズムが必要で、ナショナリズムを育成するにはキリスト教相当のものが必要だった。そう考えると国家神道を否定できません。
 国家神道の理屈で言えば、天皇がキリストに相当するのだと思います。キリストは神の子ですが、天皇は天孫。Godは人類すべてをつくっていますが、日本の神は日本の土地をつくっている。これこそが恐らく日本のナショナリズムなのです。

 政教分離という原則がありますが、これは非常に難しいですね。ナショナリズムの背景がキリスト教で、それをもとに近代国家が成立している。従って、キリスト教ですら難しい。イスラム教やヒンドゥ教では無理。日本では天皇を例外としていますが、厳密に言えば無理。そういうことが分かってきました。


TVアニメ「COPPELION」は秋スタート!声優陣に戸松遥ら

 結局、「COPPELION」ってアニメ化するんですね。というか、できるんですねって感じもする。
 昔の世紀末漫画と比べると絶望感が足りないような気がするんですよね。アニメになったら絶望感が上がるんだろうか?

【神アニメ】『ロウきゅーぶ!SS』1話、まったく小学生は最高だぜ!俺達の希望がついに帰ってきた!!EDをみんなで大合唱しよう!!

 1話から神回でしたね。作画のレベルが上がっていますし、このくらい強引な構成でいいと思います。ひょっとしたら原作の最後までやってしまうのかもね。
 智花と紗希の声が違うと言う話がありますが、自分は違和感を感じませんでした。
 EDは空耳らしいですよ。モモーイはひどいことをするな(笑)。

ライトノベル活況 旧作にも光 文春文庫が参入、古参も復刊に力
新書ブーム余波 教養書の仕切り直し? 「選書」相次ぐ創刊 岩波も

 文春まで参戦とか、信じられない状況となっていますね。
 そういえばライトノベルって、イラストだけ規制されるのかなあ? 小説はなぜか規制されないんですよね。近親相姦もレイプもOK。なぜか問題とされませんが、官能小説であっても18歳未満でも買えます。

 また、個人的には選書がかなり好きです。新書より深く書いてあるので、じっくりと読めます。ただし、つまらない新書が増えたように、つまらない選書も増えそうなのが心配ですね。

 最近、そこそこ大きな本屋も潰れている(近所の本屋も潰れた)ので、電子書籍もあってかなり出版業界が変わりそうです。

ジブリ新作『風立ちぬ』早くも絶賛

 樋口監督はともかく、細田守監督が絶賛ってすごいですね。押井監督も文句を言っているように見えて絶賛しているようにも見えます。これまでの宮崎アニメではないのでしょうが楽しみなアニメです。

|

« 中国の「7月危機」 | トップページ | 感想:佐藤竜雄監督生誕祭 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国の「7月危機」 | トップページ | 感想:佐藤竜雄監督生誕祭 »