« 感想:佐藤竜雄監督生誕祭 | トップページ | やっぱりADHDかもしれない »

2013年8月19日 (月)

感想:風立ちぬ

 人よりも事象に興味があるのはその通りなのですが、それにしても人の顔と名前をさっぱり覚えられません。
 過去の記憶をたどるに、小学生の頃に出席番号とセットで丸暗記したのが最後かもしれない。それでも顔は覚えてないんですよね。写真を見ると思い出す感じ。
 アニメや小説・漫画でも同様で、キャラ名と顔をほとんど覚えていない(笑)。名前ではなく、主人公との関係性とか特徴とか色とかで記憶しています。ドハマりしたアニメとかで、キャラ名とかを繰り返しインプットしている感じです。
 親や妹とかを見るに、普通に覚えられるっぽいんですよね。ひょっとして何か障碍だったりするんかな?(ブラッド・ピットが失顔症を告白したということですし)
 覚えられないのは分かっているし、おじさんになってさらに覚えられなくなっているので、努力して何度もインプットするようにします。比較的アダ名は覚えられるので、それを応用するとかかな? 時々ぽっと思い出す事はあるので、常に思い出せたらいいのになとか思います。

 甲子園が熱いですね。今年注目したいのは、前橋育英高校の高橋投手だと思います。9者連続三振もできて(10人目はバントでアウトのためタイ記録ならず)、打たせてとる投球術もある。疲れてきているのでそろそろ打たれそうですが、コントロールが良いように見えます。
 鳴門高校と富山第一高校に注目しています。あまり注目されていない高校が勝ち進むことに高校野球の醍醐味がありますしね。今年は予想外の高校が勝ち上がっていてワクワクできます。


●感想:風立ちぬ

 帰省中に時間をとれたので、『風立ちぬ』を観て来ました。
 個人的には相当好きな映画です。男のための映画だなと思います。これまでの宮崎アニメを期待して見ると、残念な感じになります。子供向けアニメではないので、お子様連れの親はがっかりしたことでしょう。

 宮崎駿監督はたびたび同じようなアニメを作ります。
 一番わかり易いのが、『風の谷のナウシカ』⇒『もののけ姫』でしょう。
 『パンダコパンダ』⇒『となりのトトロ』⇒『千と千尋の神隠し』⇒『崖の上のポニョ』かなと思いますが、『千と千尋の神隠し』と『崖の上のポニョ』は他の要素が入っているので違うかもしれません。
 『風立ちぬ』は、恐らく『紅の豚』の焼き直しだと思います。『紅の豚』は素直じゃないのであまり好きじゃないのですが、『風立ちぬ』は非常に素直だと思います。宮崎監督は、ゼロ戦が好きというよりも、第一次世界大戦ぐらいの古い飛行機が好きなはずです。『紅の豚』にあった、ある種の憧憬のようなものは、日本人を主人公にすることで素直に表現できていたように思います。

 宮崎監督は戦闘機などの兵器好きですが、共産主義者で反戦ということで有名です。
 これは非常に理解されにくい立ち位置です。そのせいで、愛国者の一部や韓国の一部などに非難されているようです。
 「美しいところだけ、好きな人に見てもらったのね」というセリフがあります。これは「飛行機の美しいところだけ見たい」という宮崎駿のエゴそのままでしょう。そして、それをそのまま素直に映画にしているわけです。
 このセリフだけでなく、素直な気持ちを様々なキャラクターが代弁しているように思えました。

 堀辰雄さんの同名小説を下敷きに、『菜穂子』という小説をもとに堀越二郎さんの半生を強引に重ねているわけで、『風立ちぬ』は思いっきりフィクションです。夢とうつつを行き来する感じは、今敏監督のアニメですが『パプリカ』に似たところもあるような気がします。(他の宮崎アニメでもたびたび夢とうつつを行き来しますし、今敏監督と同じような感性なのかもしれません)
 テーマのひとつとして、関東大震災と戦争の焼け野原を対比させたいように感じました。関東大震災が日本に及ぼした影響って計り知れませんね。ひょっとしたら戦争の遠因かもしれないな。

 庵野監督の声や、人の声を使った効果音は特に気になりませんでした。そういうもんだと思えば特に問題ないです。
 それにしても、瀧本美織さんの声が非常に宮崎監督の好きそうな声でした。島本須美さんとかの系統だと思います。よく見つけてきたなと感心しました。

 『風立ちぬ』は宮崎駿監督のエゴがよく分かる映画です。宮崎駿監督が好きならば見るべきでは?とオススメしておきます。


コミックマーケット84

 コミックマーケット84またはC84と書かれますが、84回目のコミックマーケットということですね。

 今回のコミケは非常に暑かったです。熱中症患者が続出ですわ。
 私も1日目は非常にやばかったですね。途中駅にある自販機は、栄養のある飲料が売り切れで入手できませんでしたし、前日準備が間に合わずに頭を防護できませんでした。大行列が少しずつ進むのですが、その途中にある水道を使ってタオルに水を含ませ、それで体を拭くことで体温が上がらないようにしていました。

 2日目は少し学習して、栄養のある飲料を持って行ったり、1日目に買ったフード付きタオルで頭を直射日光から守ったりしたので、1日目のような頭痛はありませんでした。でも、2日目が通常の3日目(男性向け大手が多い日)ということもあり、3日目は断念しましたわ。「いのちだいじに」ですよ。

 コミケって金銭感覚が狂うんですよね。同人誌や限定版なので、全部高いもの(笑)。今回はそれに加えて暑さと疲れで朦朧としたせいもあり無駄遣いしてしまったような気がします。この機会に買わなかったら買えないかもという意識になると、ついうっかり買ってしまうんですよね。『CCさくら』『ウテナ』は買う予定がなかったけど、つい買ってしまいました。まあ仕方ない。
 逆に、『ロウきゅーぶ』の一部タオルを購入できませんでしたし、公式のタペストリーを購入できませんでした。というか、この2つは売り切れるのが早すぎると思います。公式の絵師が「てぃんくる」さんと知らなかったので、購入が遅れたのが大きいのですが、初日でなくなるとは思いませんでしたわ。ファンが多いんですね。

 2日目の最後に「ファルコム」ブースでラジオのCDをうっかり買ってしまい、特典のハイタッチに参加してしまったもののほとんどラジオを聞いてないせいでイマイチなテンションになってしまったのが一番の後悔ですね。
 株主だから応援しているし、学生時代に聞いていたこともありJDKバンドは好きなんですよ。本当だよ。
 でも、ラジオはあまり聞いてなかったんですよね。ハイタッチも水橋さんがいるかもとかいう淡い期待で参加してしまったわけです。(結果、水橋さんはいませんでした)ごめんなさい。
 大阪でJDKバンドのコンサートがあることや、ゲームショーに出演することが発表されたので、ご報告しておきます。9月とか10月なので、参加できたら参加したいけど、最近の曲を聞いてないんですよね。聞いてから行くべき?

 コミケ全体としては、規制が厳しくなっている印象があります。過激なポスターは、テープで危ない部分が隠されていました。消しが不十分で販売停止になった大手ブースもあるとか?
 コスプレはレイヤーの立ち位置が決められるようになったような印象です。(どうだろ?)水着のようなコスプレをしている人がところどころいたので、勇気があるなという印象を受けました。それで館内を歩いたりしていたので、なおさらギョッとしたり(笑)。三次元は過激ですな。

 館内を通って企業ブースに並ぶという導線は、失敗じゃないかな?と思いました。館内を通るせいで混雑が発生していました。2日目は恐らく改善されていたように思うけど、それでも不思議な並び方でしたね。

国土交通省から消費者の皆さんへのお知らせ・注意喚起(マンションの悪質勧誘・訪問、アンケート調査等)

 悪質の訪問営業を受けてしまい困っています。
 全部本当のことを書くとバレたら怖いので嘘を混ぜることにします。

 まず、正午前に小柄の女性が訪問営業に来ました。これに出たのがいけなかったのですが、「強引にドアを閉められなくてよかった」とか機先を制してきたわけです。強引にドアを閉めにくくなりました。
 何の営業かわからない(「借地借家法」が変わったことをご存知ですか?という感じ)のですが、断ろうとすると上司に連絡をしたいとか言って携帯で連絡をとるわけです。その後に世間話を初めて話をそらしてきます。
 これを何度か繰り返すと、さすがに「断らろうとすると上司に連絡して時間を稼いでいる」ことに気づくわけですね。
 しかし、それに気づいた時にはすでに遅い。その上司(大柄な男性)が家にやってくるわけです。ハメられたこと気づいたものの、どうしていいものかって感じですわ。

 ドアに足や手をかけるという常套手段はもちろん、脅してくるし睨んでくるし、非常に厄介です。
 追い出そうにも追い出せません。営業を断っても、「俺は納得していない」とか言って引き下がりません。
 名刺を要求したものの持っていないと断れます。意味がわかりません。パンフレットを要求したものの持っていないと断られます。さっぱり目的がわかりません。社名を聞いたもののネットに噂を書かれるから嫌だと断られます。社員証をチラ見されたときに覚えておくべきだったと後悔。(ただし、その社名が正しいかはわかりませんが)
 今日はやめてくれと言うと、最終的に翌週に来るとか言う。喫茶店とかで会いたいというと法律を持ちだして断られるし、訪問時間を遅くしようとすると断られるし、好きにしなよって感じ。さらに、連絡先を聞こうとすると断られる(笑)。それって会わなくていいじゃんと思ったら、相手も察したのか睨んで脅してくる。
 最後に会社とか年収とか訊かれましたわ。納得いかんなあ。

 その後、「借地借家法」をググったところ、どうやらその法律改正を理由にマンションを売りたい業者がいるらしいことが分かりました。(このとき、利子が通常より高いらしい)不動産のプランを説明しますとか言わずに、マンションを売りたいといえばいいじゃん。
 ここ数年、なぜか「マンションを買いませんか?」という電話がかかってきているのですが、その関連だったわけです。さらに調べると国土交通省でも注意喚起されています。注意喚起じゃなくて、何か対策してほしいな。

 結局、消費生活センターに電話してみました。
 それで分かったのは、次の訪問には出なくて良いことと次に出会ったら110番することです。業者名や営業目的を告げないのは違法ということでした。
 他に調べたところ、訪問営業では室内に入れないらしく、室内に引き上げるのも有効らしいです。110番を邪魔する業者もあるようで、その場合は室内に引き上げて110番で通報すると良さそうです。

 しかし、置き手紙がしてあったので、まだ諦めていないっぽいんですよね。「心配です」とか書いてあったけど、脅しですよね、これ……。はぁ。面倒臭い。

作家が二次創作同人誌を認める「同人マーク」のデザインが決定

 応募してみようかと思って忘れていた同人マークが決定していました。左側はペン先なのですね。面白いマークだなと思います。
 このマークは現状は効果を発揮しないでしょう。グレーゾーンに守られていますから。しかし、TPPなどで著作権法が変更されたときに効果を発揮します。いわば「転ばぬ先の杖」のようなものです。
 その辺を理解できていないでマークや赤松さんを非難する人がいるので、それは残念だなと思います。

U-1グランプリ

 福岡県出身なので、ご当地うどんがラーメン並に流行ってもいいのになと思ってたら「U-1グランプリ」というイベントが行われるらしいです。
 開催地が代々木ですし、相当なお客さんが集まりそうですね。おそらくこれが第1回ではないかと思います。大成功して、B-1グランプリみたいなイベントになれば面白いなと期待しています。

アニくじ「ロウきゅーぶ!SS」

 なぜロウきゅーぶグッズはこうも変態なんだろう? 買う方の身にもなってみてよ! ブルマ型ポーチとかスパッツ型巾着袋とかどこで使えばいいんや!と思うっしょ?

|

« 感想:佐藤竜雄監督生誕祭 | トップページ | やっぱりADHDかもしれない »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:佐藤竜雄監督生誕祭 | トップページ | やっぱりADHDかもしれない »