« やっぱりADHDかもしれない | トップページ | 脱オタクしないとダメかもしれない »

2013年9月14日 (土)

ADHD対策

 田中将大投手はすごいですね。負けないなあ。バレンティンも55号ホームランだし、記録ラッシュの年ですね。
 東京オリンピックも決定しましたし、世間は賑やかですなあ。

 ようやく落ち着きを取り戻しました。逆に力が抜けている感じがします。燃え尽き?
 少し前は過集中状態が続いていたせいで、突然道路に飛び出したりと危ない状態だったみたい(笑)。気づいたら車道の真ん中にいたりね。過集中と不注意性や衝動性はトレード・オフの関係なんかな?

 現在、「忘れる」のが怖いですわ。落ち着いたら反省したことを忘れていっている気がするんですよね。メモはしているものの心に留めておかないと意味がないと思うので……

 このブログの本来の目的は「メモ」でした。どのような対策を取ろうとしていたのか、メモしておこうと思います。


●ADHD対策

 どう考えても、これまで運が良かっただけだと思います。
 今まで欲望に忠実に動きつつ指示に従い我慢することだけを考えていて、それがことごとく間違っていたことがわかったので、欲望を抑えながら我慢しないことを考えていく方向に切り替えようと思いました。

 まだADHDと決まったわけではないですが、相手の発言の最中に割り込んで発言したくなる衝動性はあるし、ケアレスミスを多発する不注意性はあるし、貧乏ゆすりをしちゃう多動性はあるし、ADHDと考えて問題ないように思えてます。ADHDは転職や引っ越しが多いらしいけど、親の指示(指示には従う性質)とか、そもそも冒険心が足りない臆病者とかでやってなかっただけ。予想以上に完全なるADHDだと思います。
 これまでの人生で行ってきたことはADHDにとって良くないことだったようです。ADHDは自分の欲望に従って生きてはいけないわけですね。ある程度は自制しないと社会生活を送れない。

 ADHDには「先送り」してしまう性質があるわけですが、思い立ったが吉日で先送りしてはいけないということらしいです。掃除などを先送りしていたせいで、それが重荷になるのではないかな? とりあえず思い立ったら「掃除をする」ように変えようと思います。ある意味、部屋の荒れ方はストレスと相関があるのかもしれないな。

 記憶力が悪くなったと思いつつ放置していたわけですが、記憶には短期記憶(ワーキングメモリ)と長期記憶があるようで、ADHDに不足しているのは短期記憶のようです。長期記憶は人並みにあるので、記憶力を取り戻す必要があると感じました。
 短期記憶(ワーキングメモリ)対策はとりあえず、3DSを衝動買いして鬼トレ(脳トレ)をやっています。最初にやった結果が60代ということに衝撃を受けました。
 また、Googleに依存し過ぎていたので諦めずに様々な物事を覚えようと思います。手書きをすると読むよりもずっと覚えられることがようやくわかってきました。ペーパーレスは無理ですね。

 衝動性があることが分かり、これまでの買い物が衝動買いであることが分かりました。要するに、衝動買いをしてはいけないということでしょう。本屋とかコミケなどに行くのはやめた方がよさそうです(笑)。衝動買いも電子書籍でしか買わないようにすれば大丈夫かもしれません。
 衝動買いしてしまったカワイイものを個人的に「萌えるゴミ」と呼んでいるわけですが、一気に処分した方が良いような気がしています。前々から分かっていたけど、先送りしていただけのように思います。物がなくなると心の負担が軽くなる予想なんだけど、どうなるかな?

 ADHDは興味がコロコロと変わるのですが、どうやら色んなことに興味を持たない方が良いらしいです。
 恐らく集中力を削ぐ要因となるのでしょう。ふとしたきっかけで過集中はしますが、基本的に注意力散漫なのがADHDです。集中力はないと思ったほうが良いですね。
 また、ADHDには最後までやり遂げられないという性質もありますし、興味対象が多くても意味がないように思います(笑)。一点集中でやり遂げた方が有益ですよね。

 ADHDは専門の医者が少ないようで、予約待ちでいっぱいのようです。診断してもらうのに1年ぐらいかかったとかいう話もありますね。そして、薬の数が少なく副作用が大きいようです(飲んだあと12時間不眠状態になるんだと)。結構怖いですね。
 薬が合わなかった人はサプリメントで代用しているようです。「ピクノジェノール」というサプリがよさそうなので、早速買ってみました。衝動性全開ですね。

 ADHDについて調べてみると、当事者の愚痴が相当に多いんですよね。気が滅入る。成功した人もいるけど、極一部なんだなと痛感しました。

 今回、最も衝撃を受けたのが、人の話を聞いていないことですね。
 最初の数秒は気付かず、その次の30秒は聞いているけど一瞬で忘れ、それ以降は集中力が切れるという、恐らく全く聞いていないのと変わらない状態なのだろうと思います。会話が成立していたのは、話が短いか、話が長い場合は推測していたんじゃないかなと予想しています。
 ADHDはメモが重要ということがわかったので、聞いた話はひたすらメモしようと思います。メモをとっている間は理解できない(理解したことをメモすると抜けが発生する)ので、メモを見返して理解することが重要らしい。習慣づけるしかなさそうです。
 癖のように頷いていたのは何だったんだろうな。集中が切れるタイミングを自分ではかっていただけかもしれない。ネット情報では他にも頷く癖があるADHDの人がいました。聞いていないことに対する自己防衛反応だったりするんかな?

 ADHDはせっかちで計画性がないので、「前準備を行う」ことが重要だと分かりました。これまで前準備を行っていないから失敗していたんだろうな。
 また、ようやく自分が気ぜわしいのだと分かりました。「気ぜわしい」と言われても分からなかったけど、「落ち着きがない」と言われるとその通りだと思います。これに関しては、「ピクノジェノール」に期待してみます。
 ADHDは先送りするくせがあります。そして、先送りしたことを忘れます。計画性がなく優先順位をつけられないので遅れが発生するという悪循環になります。「先送りしない」「○日にやる」ということが重要みたいです。ADHDは効率を求めてはいけないことが何となくわかってきました。地道に丁寧にやった方が良さそうです。

 ADHD関係なく抱え込んでしまう癖があるので、そこを改善すべきだと感じました。相談の仕方を理解しておらず、「私はこうしたい」がないので、まずは「やりたい」ことを考えることなのかなとか思ったりします。これは具体的に指示されたことはできるけど漠然とした指示への対応は難しいADHDの性質なのかもしれません。
 ADHDは周囲の人が困っているとそれには気付くらしいんですよね。自分が困っていると全く気付かないとか。

 5W1Hがわからないと子供の頃より言われてたけど、物事を言語化できていないんだろうなと思います。理解していないと言葉にできないから、恐らく理解が不十分。せっかちで最後までやり遂げられない性質のせいで、それで満足してしまうわけですよね。
 理解することと5W1Hを念頭に置いて、丁寧に文章を考える努力をしていくことにします。そうすることで勘違いも防げるんじゃないかな?

 「考えるな、感じろ」という言葉があるわけですが、私にとってはそれは間違いで、「感じたことの本質を考えろ」ということだと悟りました。ADHDは直感的に物事を掴むので、それを理解して言葉にする努力が必要なようです。

 ADHDの人が悩むのはよくわかったよ…普通の人(定型と言うらしい)の対策を行っても無意味という点に尽きると思いました。
 努力はしない方が良いとか努力しても無意味とかも書かれていたけど、努力の方向性が間違っているだけのようにも思います。
 自分に合った努力を自分なりにやってみる。これでやっていこうと思いました。

 日記の頻度も内容も変わっていくかもね……


|

« やっぱりADHDかもしれない | トップページ | 脱オタクしないとダメかもしれない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱりADHDかもしれない | トップページ | 脱オタクしないとダメかもしれない »