« 聖地巡礼1 | トップページ | 聖地巡礼3 »

2013年12月 4日 (水)

聖地巡礼2

 神道を調べるに、神仙思想から始まっている可能性が高いように思います。卑弥呼の鬼道ね。神道は道教と根っこは同じだろうなと考えております。
 カミには天神・地祇・人鬼があり、神道ではこれらのすべてがカミとなり得ます。天は当然として、地も磐座や神籬があるわけです。人も菅原道真や平将門のようにカミとなれます。恐らく総称して「神」に当てたのだろうと思います。

 古代日本で神と道教の習合があり、その後の奈良時代には神仏習合が始まり、陰陽道や修験道など日本独自の宗教と交流し、江戸時代に朱子学の影響で儒教と習合し、明治時代にはキリスト教と習合して国家神道が誕生したのだろうなと思います。
 神道は多神教ですが、国家神道は一神教だと思うんですよね。「キリスト=神の子」を「天皇=天孫」と読み替え、イザナギとイザナミを日本の創造主を読み替えると、かなりキリスト教に近い。八百万の神はキリスト教の聖霊ポジションに置いても良い。キリスト教と習合させたのだろうと思います。
 大黒様と大国主命を同一としたり、応神天皇と阿弥陀如来を同一とするよりは無理がない感じです。

 神道の発祥の地は奈良でしょう。それも三輪山の麓、桜井市付近だろうと推測します。聖地巡礼で奈良に行ってみたのはそういう事情なわけです。


●聖地巡礼2

 次は奈良・金沢・高岡です。

☆大神神社

 大神神社は大和国一宮らしいです。一宮とは昔の国単位で一番社格の高い神社です。だから、大和国一宮=大和国で一番社格の高い神社ね。全国にある一宮・二宮・三宮はこれが地名になったものでしょう。
 日本で一番古い神社でもあるらしいです。大和国は日本発祥の地とも言えますしね。三輪明神とも言うみたいです。「三輪そうめん」で有名な三輪ですね。ちなみに大神神社は「おおみわじんじゃ」と読みます。
 大物主大神が主祭神なんですね。大物主は大国主の和魂ということみたい。大物主なのでスサノオ系だね。近くに素戔嗚神社もありましたし。

★大神神社
大神神社鳥居
大神神社参道
祓戸神社
大神神社拝殿
大神神社拝殿と巳の神杉
大神神社大鳥居
自動車お祓い所

★天皇社
天皇社

★素戔嗚神社
素戔嗚神社

★若宮社
若宮社

☆ホケノ山古墳

 ホケノ山古墳は天皇陵ではないので発掘が進んでいますし、古墳の上に登れます。
 円墳かな?と最初思ったのですが、よくよく見ると前方後円墳なんですね。

★茅原大墓古墳?
茅原大墓古墳
茅原大墓古墳と大鳥居

★ホケノ山古墳
ホケノ山古墳案内
ホケノ山古墳
まむし注意
ホケノ山古墳前方後円墳
ホケノ山古墳埋葬施設

★三輪山?(ホケノ山古墳の上から)
三輪山?

★箸墓古墳?(ホケノ山古墳の上から)
箸墓古墳?

★国津神社
国津神社

☆箸墓古墳

 箸墓古墳は「卑弥呼かも?」と言われている倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)のお墓です。彼女は大物主神の妻で、箸でホトを突いて死んだという恐ろしい言い伝えがあるそうです。そのため箸墓古墳と言うらしい。
 箸墓古墳はかなり大きいです。天皇陵と同様に宮内庁の管轄で正面に鳥居があります。

★箸墓古墳
箸墓古墳周辺
箸墓古墳鳥居
桜井市
箸墓古墳(リコーGR)
箸墓古墳(ソニーWX-300)
箸墓古墳(ペンタックスK-30)

☆21世紀美術館

 メディア芸術の美術館です。子供向けの特別展の方が撮影できたし楽しめました。プールの下に潜ってプールを見上げるのは楽しいかもね。

★21世紀美術館
21世紀美術館
紙を触ると映像が
風で動く
サイコロを転がすと
ブロックを入れると
見上げられるプール

☆兼六園

 あいにくの雨で楽しさ半減でした。金沢は寒かったですね。足元からしびれるような寒さでした。

★兼六園
兼六園
兼六園
兼六園
兼六園
兼六園
兼六園

☆P.A.WORKSと城端

 P.A.WORKSはすごく田舎にあるんですね。単線の終点「城端」から20分ほど歩きました。
 町全体がP.A.WORKSの町という感じです。『true tears』の舞台ですしね。
 ベンチャー企業を町が誘致して、そこにP.A.WORKSが入ったみたいですね。近くに「じょうはな座」という文化施設があり、特別住民票などを購入しました。

★城端駅
城端駅(乃絵)
城端駅
ゆるゆり?

★南砺市観光協会
南砺市観光協会

★城端
城端
城端
善徳寺
城端
城端

★P.A.WORKS
P.A.WORKS
P.A.WORKS
P.A.WORKS
P.A.WORKSの周辺

★じょうはな座
サインポスター
特別住民票
サイン色紙
サイン色紙など
むぎや祭ポスター

☆高岡

 高岡市を散策。駅前が非常に寂れていますね。駅が新しくなるらしいので、商店街の活気を取り戻して欲しいです。北陸新幹線が停まるのは新高岡で別の場所なんですよね。
 高岡駅などで「あみたん娘」というキャラを展開していたのですが、全国的に知られてないので、ここで知ってもらおうと思います。
 「瑞龍寺」をチラッと見て、「前田利長墓所」が学校に侵食されているのを見て、「高岡大仏」と「高岡古城公園」を見て、『true tears』の「あいちゃん」の元ネタのお店「たこ焼きはちはち」を見て来ました。
 「たこ焼きはちはち」は開店が11時なので、しばらく待ったのですが、なんと訪れた日は定休日。寒い中待ったのにね。仕方ないので根性で閉店中の店内を撮影してきました。

★高岡駅
あみたん娘

★瑞龍寺
瑞龍寺

★前田利長墓所
前田利長墓所

★高岡大仏
高岡大仏

★高岡古城公園
true tearsの噴水
噴水

★たこ焼きはちはち
たこ焼きはちはち(外観)
たこ焼きはちはち(外観)
たこ焼きはちはち(外観)
たこ焼きはちはち(外観)
true tears
たこ焼きはちはち(店内)
たこ焼きはちはち(店内)

★越中中川駅
越中中川駅
越中中川駅(氷見線)


マンガでわかる統計学

 いやあ、統計学を分かってなかったですね。
 特に、ヒストグラムや分散・標準偏差、正規分布についてよくわかりました。一峰性でないと正規分布などを適用できないのですね。二峰性とか考えてたけど、サンプリングに問題があるので除外していいんだと。
 再度読み返しているところですが、なかなか覚えられないですね。

大栗先生の超弦理論入門

 難解な超弦理論を簡単に説明してくれる入門書ですね。
 しかし、粒子を点とするとおかしくなるのはわかったのですが、そこで弦になるのがいまいちわかりませんでした。この本も読み返して理解を深めたいと思います。
 自分の忘れやすい性質上、同じ本を何度も読み返すのが必要みたいです。

|

« 聖地巡礼1 | トップページ | 聖地巡礼3 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聖地巡礼1 | トップページ | 聖地巡礼3 »