« 文化庁メディア芸術祭の季節です | トップページ | 2ちゃんねるまとめブログ(アフィリエイトブログ)の終焉?! »

2014年2月24日 (月)

感想:劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵

 球春到来。オープン戦はやっぱり楽しいですね! 期待の選手がくすぶっているのがもどかしい。早く活躍してくれないかな?

 読者さんより時事ネタを書いてほしいと要望が来ているのですが……調べる余裕がないんですけど(笑)。一応書いてみました。どんなもんでしょ?
 そういえば、野田内閣のときに外務副大臣がおかしな動きをしていたのをメモってたけど、どうやら田原総一朗さんの調査漏れっぽいです。調べたら続報がありました。(参照

 阿澄さんの例の件は9割以上の確度はあると思っています。で……何だか誤解がありそうなので、誤解をといておこうと思います。

 まず、阿澄さんには迷惑かもしれませんが、阿澄さんのファンをやめてませんよ。ましてやアンチになったりしてないよ。ファンじゃないとこんなに面倒なことはできないって。アイドル声優の阿澄さんは終わったかもしれないけど、声優の阿澄さんは終わっていない。つーか、これからっしょ。それはそれこれはこれって感じです。
 また、誤解している人はいないかもしれないけど、カプ厨だけどおっさんだからね。ひねくれ者だから普通じゃないけどおやじですよーだ。

 そして、花澤香菜さんの話題を最近していますが、そこまでファンじゃないと思いますよ。ひとかな(「花澤香菜のひとりでできるかな?」)を聞いていた時期はありますが、今は聞いていませんし、ロウきゅーぶは原作ファンです。
 純粋なアニメ声優として一番評価しているのは斎藤千和さんじゃないかな? ほむほむとかガハラさんとかすごく好きです。泣き演技だけでなく、最近は大人っぽい演技もいいし、かわいい声も好き。叫び声もいけるのがすごいです。
 他には……沢城みゆきさんは峰不二子さんの方の声が多いので、もうちょっとかわいい声を聞きたいです(最近やっているCMの声が大好き)。

 中の人の感じでは気にしてないようなので、自分も気にしないようにします。気が楽になりました(笑)。ありがとうございます。
 ちなみに、阿澄さんを覆い隠しても、福山さんは覆い隠せないんだよ? 阿澄さん主導にしろ、福山さん主導にしろ、福山さんファンの嫉妬を恐れたんだと思うんよね。だから、そちらに知らせることも目的だったわけですね。
 阿澄さん→阿澄ファンとしても筋が悪いけど、福山さん→福山ファンとしても筋が悪すぎると思うんよね。だから、福山さんは男らしくないなあという思いがあります。そもそもこの無理筋が成立するとなぜ思えたんだろ?(無理筋だから工作することになるんよね)すごく疑問なんですよね。


●感想:劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵

 「SFはやっぱり絵だねぇ」という感じです。思いっ切り日本のSFでした。
 亜空間に潜るときも下向きに潜るんですね(笑)。こういうとき上向きに潜ったら伝わらないのかな?
 宇宙戦艦ヤマトとか銀河英雄伝説とかでもそうですが、宇宙空間に上下があるんですよね。敵も味方も海面に浮いているように整列しちゃう。これって不思議なんだよなあ。

 今回の映画は電子戦というか情報戦です。
 ついこの間まで情報戦っぽいことをやっていたので、そういう手を打つのねと感心していました。ただし、自分にはハッカーのスキルがないので、そういうスキルがあればもっと違う攻撃ができたんだろうな。
 もっとも情報戦だからカタルシスが不足しています。終盤にプロレスがありましたが、ほとんど派手なバトルがないですしね。梨理香さんのバトルをもっと描いても良かったかもね。
 情報戦はアニメーションでわかりやすく展開されるのですが、分かる人にしか分からないって感じがします。でも、分かる人にはすごく面白い(笑)。モーパイファンは分かる人しかいないですわな。
 できれば、最初の方に出てくる「ホームページ」は、「ウェブサイト」とか「サイト」と言って欲しかったかな?(最近誤用も少なくなってますし)

 登場人物では、下田麻美さんの声のショタ、無限彼方くんががめっちゃかわいいです。上半身が裸というシーンがかなり多い(笑)。ナデシコのハーリーくんほどではありませんが(日高のり子さんの声が反則です)、ショタ好きにはかなりおいしいキャラだと思います。
 また、能登さんのキャラがおいしいと思いました。こういうキャラを演じれると楽しいだろうなあ。

 完全なるサトタツワールドですね。脚本も書かれていますし、監督の好きなものがたくさん詰まった楽しい映画でした。「さあ、海賊の時間だああああ!」って感じで見ると楽しいと思います。


○感想:土竜の唄 潜入捜査官 REIJI

 すごい傑作かもしれません。今まで見た三池監督の映画の中で一番面白かったです。宮藤官九郎さんのおかげなの? 恐らく続編が作られると思います。

 TVブロスを立ち読みして面白そうだぞと思い、仲里依紗さんがエロそうだという邪な気分で見ました(笑)。
 本当は、「A列車で行こう3DS」を株主優待で買おうとしたものの売ってなくて、映画でも見るかなとふらふらと見たんですけどね。

 全編ギャグなのですが、バランスがいい。締めるところは締めてる感じです。CGもうまく使われてる。面白いけどかっこいい。ギャグなのにかっこいいのです。三池監督の映画ってギャグがきつい感じがあるのですが(そのせいでカルト人気があると思う)、宮藤官九郎さんの脚本で柔らかくなっているのかもしれません。普通の人でも面白く見れるようになっていました。寅さんとか釣りバカ日誌とかそういう感じかも。

 極道の映画です。生田斗真さんが体を張ってすごく頑張っています。生田さん演じる菊川玲二は、頭が悪いのか頭が良いのかわかりません。頭が悪かったら最後のあれには気付かないでしょ? 土竜の仕事はそもそも無理でしょ?
 突っ込みどころはあるけど、そこは原作のテイストじゃないかなと予想しています。ちなみに、原作は読んでいません。
 フジテレビが出資しているので、テレビ放送を楽しみにしたいと思います。非常にテレビ向きだと思っています。

理化学研究所、STAP細胞論文の調査に着手

 現在追試が行われているようですが、STAP細胞は再現しないのかもしれません。材料や手順が同じならば誰でもつくれないと役に立たないわけです。小保方さんにしかつくれない細胞は役に立ちません。

 再現しない場合は小保方さんと理研は非常にまずい立場になってしまいますね。報道が沈静化したのはこれを察知したからかもしれません。

 これだけ時間が経っているのに再現していないので、私はかなり厳しいと感じております。論文の捏造と言われても仕方ないかも。そして、再びiPS細胞に光が当たりそうです。
 予断を許さない状況となってしまいました。慎重に今後の展開を見て行きたいと思います。

全聾の作曲家にはゴーストライターがいた佐村河内守氏はなぜすぐバレるウソをつき続けたのか

 時事ネタと言えばこれしかないですよね。
 「嘘をつき続けたのか」というよりもむしろ「なぜこの時期に新垣さんがバラしたのか」という方が気になっています。昨年、「新潮45」で『「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か』という記事が発表されたから?

 佐村河内さん関連で面白かったのは、「カプコン黒幕」説と「痴情のもつれ」説ですね。
 「カプコン黒幕」説は、ゲーム「鬼武者」の曲を佐村河内さんが作曲したときに、カプコンが全聾という設定を仕掛けたという話。週刊文春によると関係者は知っていたということらしいです。どうでしょうね?
 「痴情のもつれ」説は、青山繁晴さんと山口もえさんが言ったことのようですが、佐村河内さんと新垣さんはそういう関係で痴情のもつれで新垣さんがバラしたという話。面白いでしょ?

 佐村河内さん以降、「設定」ということが明らかになったわけですが、音楽業界はもちろん芸能界や出版業界は混乱したことでしょう。だから、「嘘をつき続けろよ」という話になるんよね。氷山の一角を叩いても仕方ないと思います。

【慶大生自殺】識者が警鐘「キャラ設定交際」の危うさ

 インターネットで双方向メディア化、ミニメディア化してしまった影響なのかもね。「キャラ」ということがようやく完璧にわかりましたわ。これって現代の病理なのかもしれませんね。一部の人しか気づいていないけど、相当に闇が深そうです。

2ちゃんねる、全掲示板を転載禁止?―新運営まとめサイトに待った!

 結論から言います。
 普段2ちゃんねるを見ない人にはわからないと思いますが、2ちゃんねるでクーデターが起きました。そして、まとめサイトに制限をかけようとしています。

 ひろゆきも「こうしてささやかに終わり、時代は変わっていくんですなぁ。」とつぶやいています。

 正直、運営にどんな人がいたのか知りませんし、どうやって運営していたのかわかっていません。しかし、確実に運営方針が変わっています。

 2ちゃんねるには●というのとP2というのがあるのは知っているので、●流出についても多少わかります。これも内部対立のせいだったみたい。
 ●流出によって「作家は暴言謝罪、不倫もバレる? 2ちゃん情報流出騒動」ということが起きています。
 ●を管理していたらしいのがJim氏っぽい。Jim氏ではない誰か(P2を管理していた人?)が意図的に●の情報を流出させたとか。そして、P2を管理していた人から2ちゃんねるの権限を奪ったということかな?と予想しています。

 これも予断を許さない状況なので、慎重に今後の展開を見て行きたいと思います。何がきっかけでクーデターが起きたんだろうね。

ソニー 新型ゲーム機「PS4」の国内販売開始

 PS4はこんなに売れるとは思っていなかったんですよね。ちょっと早くない?って印象でした。
 Vitaは売れると思っていて売れなかったし予想は難しいです。VitaにOSが2個載っていることを知らなかった(ソニーオリジナルのOSを開発したせいでやめられなかったとか)のと、モンハンが3DSに流れたのを知らなかったのが敗因ですな。
 PS4は相当作りやすいようです。結局は作りやすいゲーム機が勝つということなのかもしれません。シンプルな方が良いということなのかも。
 Xbox Oneと比べても、価格・性能ともにPS4が優れていそうです。ソニーは頑張ったから、ゲームに関してはV字回復もあるかもね。

ウクライナで政権崩壊、大統領代行は親欧路線へ

 ウクライナでクーデターです。他のニュースはどうでもいいから、これを熱心に報道してほしいものです。それぐらいすごいインパクトのあるニュースだと思う。
 国が分裂するかもしれないという話もありますし、かなり緊迫した状況のようです。何が原因で何が起きているのか? いずれ整理しようと思います。

|

« 文化庁メディア芸術祭の季節です | トップページ | 2ちゃんねるまとめブログ(アフィリエイトブログ)の終焉?! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

せつなさん
早速要望に答えて頂きありがとうございます。
なかなか楽しかったです。

が、しかしもっともっとせつなさんらしさのある解釈が聞きたいです。

今後も期待しております。

投稿: | 2014年2月25日 (火) 16時04分

私らしい解釈ってなんやろ?(笑)

自分がADHDとわかってから、ちょっと考え方が変わっているかもしれませんよ。

投稿: せつな朱遊 | 2014年2月28日 (金) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文化庁メディア芸術祭の季節です | トップページ | 2ちゃんねるまとめブログ(アフィリエイトブログ)の終焉?! »