« STAP細胞 | トップページ | ネタばらしと今後の対策 »

2014年2月 3日 (月)

感想:トリック劇場版 ラストステージ

 私は本当に徹底的に定点観測者でしかないみたい。夜空を眺めていたらおかしな動きをしている星があるから天動説っておかしくね?的な感じ。
 観測点(自分)が動くと途端に判断力が低下するんだよな。昔からわかっていたことだったけど、これって普通に使えないよなあ。

 言い忘れ。
 声優業界は声優さんを盾にしたり蜥蜴の尻尾切りをする業界だから、必要以上に声優さんを責めちゃダメなんだよ。それは別の誰かを利するかもしれないんだよね。これもあってちょっとやり過ぎたかなと思っていたり。

 ところで、アスミスは月給制という情報がありました。この辺についてはさっぱり分かっていないんだよな。預かり、準所属、所属の待遇の違いが分かっていないし、ランク制のルールもいまだに分かっていなかったり。アニメーターの動画と原画の単価についても間違って覚えてたし(動画は1枚あたりだけど原画は1カットあたり○円ということらしい)、たぶん間違った認識をいっぱいしているんだろうと予想しています。
 それと「ファンが誤解するのは嘘ではない」っていうのは業界の共通認識でいいんかな? 「オレオレ」と言って相手が息子と誤解してお金を振り込むとかいう有名な詐欺があるし、私は嘘の一種だと思っています。そりゃあ罪悪感は少ないけどね。

 たまっていた物語シリーズを消化していると、「どんな気分で演じていたんだろ?」と別の意味で面白かったり(笑)。
 鬼物語で「誤解されたらもう嘘なんだって」ってセリフがあって、かなり同意してしまいました。やっぱり誤解=嘘だよね。

 ま、自分を振り返ると、現在嘘について苦しんでいるっぽいことがわかってきてるんですけど。どうしたもんかな? ADHDの嘘に対する認識は特殊みたいだし。


●感想:トリック劇場版 ラストステージ

 良くも悪くもテレビシリーズの延長ですね。完全にファン向けです。でも、一番最後の演出ですべて許すことにしました(笑)。

 テレビシリーズの映画がテレビのスペシャル番組みたいになるのはなぜなんでしょうね。映画を見ている気がしないんだよなあ。CMや1話の尺など、テレビ独特のテンポみたいなのがあるとか? テレビで放送するときにCMを入れにくい映画が、「映画っぽい映画」とかなのかも。

 今回の映画は様々なお笑いの人が出てくるところが豪華なのかな? でも、その笑いで逃げている気もしました。殺人トリックはあまり推理できなかったけど、犯人はわかりやすかったし、テレビスペシャルの方が出来がいいのかもしれません。

 ちなみに、私の推理方法は特殊です。(他の人はどうやって推理するのだろう?)
 まず、犯人候補をあげて、殺される候補をその中から除外すると3人程度が残ります(笑)。
 その中で犯人ですよと誘導される人がいるので、その人を犯人から除外します。(実は犯人ということはあるので注意が必要だけど)
 犯人は残る2人のどちらかなので、伏線を探って犯人を特定。伏線は死体を見つけたとか、協力的すぎるとかですね。
 そして、そのあと殺人トリックを推理するんですよね。トリックは思いつかなくて種明かしされてなるほどということが多いかな? 全部わかったらガッツポーズですわ。

 また、呪術師の信者がやっていたポーズが、「ザンヤルマの剣士」というライトノベルの「オーキスの救世主」っぽいんだよな。オーキスのポーズのあと中指同士をくっつけたら、今回のポーズになる。誰か読んでた人がいたとかなの?
 「オーキス」はかなり好きでした。洗脳の怖さが非常によく分かる。そのあと中島らもさんの「ガダラの豚」を読んだけど、オーキスの方が印象深い。友人に向けてオーキスポーズをやったりしてたし(笑)。
 確かオウム事件の前に初版が売られたと思います。内容を結構忘れているので、今読むと感想が変わるのかもしれない。でも、オススメですよ。誰でも洗脳されるんだということがわかります。

 そして、最後の演出。音楽とSEがないのですが、この演出はかなり好きです。勇気が必要な演出だと思うのですが、恐らく私は音楽やSEで無理やり盛り上げているのが嫌いなのでしょう(笑)。必要なところに必要なだけ音楽やSEがあればいい。なるべく減らしてくれると嬉しいですね。


○スマートフォンとまとめブログ(アフィリエイトブログ)

 スマートフォンが流行しているので、ちょっと注意しておいたほうがいいかなと思って情報を流しておきます。
 スマートフォンを使うと、ガラケーに比べてまとめブログを読みやすくなっているようです。まとめブログは、アフィリエイトというサービスで収入を得ているので、「アフィサイト」と呼ばれたりもします。

 そのまとめブログは「キュレーション」の一種とも言えるのですが、たまに洗脳装置であることがあります。

 特に2ちゃんねるのまとめブログは注意が必要で、都合が良い書き込みだけをまとめており、都合が悪い書き込みは除外しています。洗脳目的のこともあれば、収入目的のこともあるでしょうね。
 ネットを使うとどうしても同じような情報を入手してしまいがちです。ツイッターでは「クラスタ」と言われるようですが、同類が集まってしまうんですね。そして情報が偏る。その偏った情報を正しいと思い込んでしまう。要するに洗脳みたいなものです。
 それがまとめブログにも当てはまりまして、個人的にはアフィリエイトで儲けるのは自由だと思っているのですが、洗脳装置としてのまとめブログには問題があると考えています。儲けるために書き込みの流れを作ろうと細工している人は嫌いですけどね。

 キュレーションは読みやすいですし時間がないときには便利が良いのですが、編集者(キュレーター)の目的を予想して利用することをオススメします。そうすると書かれていることとは違う情報を読み取れたりして楽しいかもしれません。
 要するに、利用できるものは全部利用したらいいじゃない?ということで(笑)。

○撫子の本音

 違法アップロードですが、ざーさん(花澤香菜さん)のキレ芸が好きなので貼っておきます。

|

« STAP細胞 | トップページ | ネタばらしと今後の対策 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« STAP細胞 | トップページ | ネタばらしと今後の対策 »