« 2ちゃんねるまとめブログ(アフィリエイトブログ)の終焉?! | トップページ | AnimeJapan 2014 »

2014年3月11日 (火)

感想:ホビット 竜に奪われた王国

 まどマギイベントは落選でした。行けるかどうかわからないので、これでよかったのかもね。

 STAP細胞では共著者の若山照彦さんが論文取り下げを提案ですか。いよいよ追い詰められていますね。そろそろ終了かな?

 オープン戦は勝敗にこだわらなくて良いので楽しいですね。とは言っても、7連敗はつらいだろうな。阪神のことですけど、何があったの?とか思っています。
 ホークスは打線と中継ぎが凶悪ということがわかったので、あとは先発が揃うかでしょうね。背番号が29になった大場投手と2年目の東浜投手に期待したいです。


●感想:ホビット 竜に奪われた王国

 ホビット族としては見る義務がある映画です。

 見る直前にセラミックの歯が根元から折れちゃって(笑)、集中できなくて残念でした。なんでこのタイミングで歯がポロッととれちゃうかなあ?

 一応、IMAX 3Dで見たのですが、3Dで見なくても良いのかもね。蜂が迫ってくるのが一番3D感がありました。ドラゴンはあまり3D感がなかったように思います。

 さて、感想ですが、ホビットはロード・オブ・ザ・リングに比べてちょっと間延びしているように思います。
 指輪物語は全6巻で、ホビットの冒険は全1巻ですよね? 原作を読むのを断念した人間が言うべきことではないかもしれませんが(笑)、これをどちらも三部作の映画にするのは無理がないですか? ホビットはせめて二部作じゃね?
 恐らくロード・オブ・ザ・リングでは大幅に端折っていることが監督は不満だったのではなかろうかと思っています。だから、ホビットは端折りたくなかった。その結果、間延びしてしまったということかな?とか。

 間延びした分はギャグに振られているんですよね。本来やりたいのはこれだったの? ホビットにそれは求めてなかったんだけどという気分はありました。
 また、間延びした分、ガンダルフの言っていることの理不尽さが強調されているように思うんですよね。このシリーズの弱みが強調されちゃっている感じ。ロード・オブ・ザ・リングでは美しさによって隠されていた部分だと思います。

 面白かったんだけど、何となく物足りないんですよね。オークが弱いのがつまらないのかな? 無双っぽくオークがざっくざっく殺されるんですよ。いくらドワーフやエルフが強いと言っても、さすがに弱すぎでしょ(笑)。
 ドラゴンは強そうです。でも、それを強調するために他の敵を弱く描きすぎじゃね?

 そう言えば、夏頃公開というハリウッド版ゴジラは面白そうですね。今度のゴジラは強そうです。テーマも原点回帰なのかもしれないし、楽しみだったりします。


数字か?直感か? 迷ったら統計学を使え!

 ちょくちょく統計学の本を読んでいるのですが、理解はできてきているものの使えるとは思えません。間違いは指摘できるようになってきているけど、統計学を使って説明するレベルにないという感じ。

 本書は分かりやすいけれど肝心なところが抜け落ちている感じがしています。「おわりに」にある、「タイトル決定のために使用した適合度検定を使った仮説検定」を詳しく書いて欲しかったですね。
 また、政府債務がGDP比90%未満の成長率については書かれているのですが、成長率がマイナスになる政府債務のGDP比は書かれていないんですよね。そこが気になるのにな。

 しかし、政治に対する捉え方などが私と近いなと思いました。あまり考え方が近い人がいないので、ちょっと嬉しかったりします。統計学の本なんですけど、経済学の准教授の本だから政治寄りの話になっているのかもしれません。
 国のデータは数式なども含めてもっと公表して民間で使えた方が良いように思うんですよね。議論してより良い方向に持っていける政治を期待したいです。

危険!「炭水化物抜き」ダイエットでみるみるおブスになっちゃう理由

 「低炭水化物食による長期的な効用は認めず,死亡リスクが有意に増加することが示唆された.」
 えーっ? 死亡リスクが高まるのかよ! 度が過ぎたらいけないということですね。「減らす」はOKなようです。

|

« 2ちゃんねるまとめブログ(アフィリエイトブログ)の終焉?! | トップページ | AnimeJapan 2014 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
3月の記事に今頃レスで申し訳ありませんが
>ロード・オブ・ザ・リングに比べてちょっと間延び
について。

ええと、間延びはたぶん、していないと思います。
原作読まれていないんですよね?
LOTRが長大で複雑な原作を思いっきり端折ったのは事実です。その分、映画は「せわしない」というよりはところどころ大事な要素を落っことした印象で、
後半に行くにしたがって感動が薄れました。
「ホビット」は原作どおりではなく、LOTRとホビット原作以外のトールキン作品からも要素を取り入れて、トーリン・オーケンシールドの物語を軸に非常に豊かな物語にふくらませてあります。
既読の人間から見ると、「思いっきり盛ったな」と感じる部分はありますが、勝手なオリジナルではないので違和感はあまりありませんでした。
それと、オークはLOTRでも決して強くはなかったと思いますよ。強かったのはサルマンが作りだしたオークと人間を掛け合わせたウルクハイでした。
今回も特別強いオークとしては穢れの王アゾグとせがれのボルグが登場していますが、それ以外のザコはLOTR同様弱いです。
あと、竜はたぶん思ってるほど強くないですよ。
というか、3部のバトルはvs竜、が中心ではないです。
12/13公開ですので、ぜひお楽しみに。
長々と失礼しました。

投稿: ねこ | 2014年6月18日 (水) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2ちゃんねるまとめブログ(アフィリエイトブログ)の終焉?! | トップページ | AnimeJapan 2014 »