« マッチポンプ(自作自演)ビジネス | トップページ | 若者の○○離れ »

2014年5月21日 (水)

片山被告、完落ち

 全米で公開されたゴジラが調子も評判もいいようですね。日本公開は夏休みとか。かなり期待しております。

 交流戦も始まりました。今年はパ・リーグのホームでDHなし、セ・リーグのホームでDHありです。新鮮ですかね?
 横浜スタジアムや神宮球場、東京ドームでDHありは怖すぎると思っています。特に、神宮球場でDHありのヤクルト打線は怖すぎます。
 そう言えば、投手大谷は158キロを投げるも打たれてしまいました。打順は7番だったんですね。DHありの試合ではこういうのをしないのかな? やはり投手をDHに入れるのは不利ですかね? 今日もノーヒットですし、最近、打者大谷は調子が悪いですね。

 ピエロになる生き方しかないかなと思うようになりました。わかっている人にはわかるかもしれないけど、わからない人にはそれがわからないんだよ。ということで、それを可視化するために行動しようと思います。全力で地雷を踏むスタイル。

 絶賛放送中アニメWIXOSSのカードゲームを買いに行こうとしたら売ってないんですが(笑)。いや、一部店舗で売ってはいるのですが、プレミア価格になってて定価で買えません。次回入荷は6月とか。ルールを知りたいだけなのになあ。円盤の1巻にデッキがついているらしいので、それを買わせる作戦? ぐぬぬ。

 Kindle Paperwhiteでラノベなどの小説を読むのは良さそうです。Paperwhiteは液晶ではなくe-ink スクリーンでモノクロです。文字を読んでいて疲れないし、自然に読むことができます。
 カラーのイラストを読めないのと、操作した時にちょっと反応が遅いのと、電子書籍なので新刊を読めない程度。これらは諦めることにして、小説や新書などは紙の書籍から切り替えようかな?と検討しています。


「自分が真犯人」 片山被告の身柄拘束
「先生すみません。自分が犯人でした」 カギになった「onigoroshijuzo2」

 片山被告、完落ちです。(「半落ち」というミステリ小説があったけど、読んでないなそう言えば……)

 今年の漢字は「嘘」ですね。嘘バレが多すぎます。

 片山被告の警察を全力で煽っていくスタイルが、自作自演と完落ちにつながったんですかね? 証拠が弱いので無罪の可能性も高いなと思っていただけに、自作自演で決定的な証拠を握られるのは、あまりにも馬鹿らしい結末だと思います。
 なぜ自作自演メールを送ったのだろう? 自己顕示欲が強いということなのでしょうか? 
 いや、自己顕示欲が強いのは悪いことと思っていないです。むしろある程度強くないと人前に立てないでしょ?
 ただし、度が過ぎるのはどうだろう? 過ぎたるは猶及ばざるが如しと思うのです。今回もこのケース。

 味方した江川紹子さんも全力で煽った片山被告。拘留期間中煽れなかったストレスがそういう衝動を引き起こしたのかもしれないですね。頭では尾行の可能性などに気づいていると思うんですよ。でも、衝動を抑えられなかったのでしょう。
 そして、辛抱強く最後まで尾行した警察の勝利ですね。通常はここまで報道される事件ではなく、警察のメンツのための逮捕と裁判だったと思います。メンツを最後の最後で守った警察の勝利。
 しかし、誤認逮捕があっただけに、逮捕するときの証拠はもう少し確実なものがあって欲しかったなと思っています。
 ルッコラの葉脈ぐらい弱い証拠だよね?


「『惨劇の巨人』? 面白いよねえ!」千葉ロッテマリーンズの交流戦ポスターがあおっていくスタイル

 この企画は毎年形を変えてやってるんだけどな。『惨劇の巨人』が誰かの心に引っかかったのでしょう。

吉田調書

 朝日新聞のスクープですね。
 吉田所長が「高線量の場所から一時退避し、すぐに現場に戻れる第一原発構内での待機」と指示したところ、部課長級も含めて社員が福島第二原発に退避したということのようです。
 これはスクープでしょうし、将来のためにも公表してしかるべきだと思います。政府では公表できないと判断して、誰かがわざと流したのかもしれません。国会で話題になりそうです。

再生中のムービーをクリック1つでGIFアニメ化できるChrome拡張機能「Animated Gif Capture」

 ちょっと前に記事を見て、おおすごいと思っていたアプリを紹介。Chromeアプリです。
 ダウンロードの違法化がありましたが、ひょっとするとこのアプリだと動画の保存にならないのかな? 軽量化できるので、便利の良いアプリだと思います。

週刊文春 ASKA容疑者“スクープ記事”電子書籍で緊急発売

 今もそうなのかな? この時期の週刊文春はすごいです。スクープが多すぎます。
 記者クラブや通信社から情報を入手している新聞の隙間を埋めているのが週刊誌だと思うんですよね。そりゃあデタラメな記事や興味本位の記事も多いです。でも、中にはフリージャーナリストなどがしっかり裏を取って調査している記事もあるわけです。
 どの媒体だからではなく、記事それぞれに対して見て行った方が良いと思います。小久保の巨人移籍を最初に東スポが報じたんですから(東スポといえば1面の嘘記事で有名です)、何があってもおかしくないんですよ。

|

« マッチポンプ(自作自演)ビジネス | トップページ | 若者の○○離れ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日、アナと雪の女王も観てまいりました。
せつなさんがおっしゃる通り、松たか子の歌声が素晴らしかったですねー
ありのままのーという歌が流れる場面が一番よかったように思います。
真実の愛というものが男女の愛でなく、姉妹愛であったこともよかったです。
せつなさんも早く真実の愛を探し、氷で覆われた自分を溶かしてもらってください。

余談ですが、アナと雪の女王はセイントセイヤの盗作疑惑がありますが、せつなさんはどうお考えでしょうか?

投稿: 世界の至宝 | 2014年5月21日 (水) 07時53分

本当に真実の愛を見つけたいですね。今年は毎月のように真実の愛を探しています(笑)。

実は聖闘士星矢も詳しくないので、パクリと言われても分かっていなかったりします。
世界の神話などでも似通ったものがあるので、目くじらを立てない方が良いと思います。

私はアナ雪はミュージカルというよりもマクロスを意識しているのように感じました。(マクロスがミュージカルを意識しているのかもしれませんが)

また、音楽のパクリも同様にあまり目くじらを立てない方がいいと思います。似すぎていると笑っちゃいますけど。

投稿: せつな朱遊 | 2014年5月22日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マッチポンプ(自作自演)ビジネス | トップページ | 若者の○○離れ »