« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月18日 (水)

“やらおん”って手広くアフィリエイト商売してるんだね

 ワールドカップが始まりました。日本はコートジボワール戦に負けてしまいましたね。深夜に試合があるため、たまたま見れた試合だけ見ています。

 地震が起きると排外主義になるのかもしれません。排外主義はゼノフォビアと言うらしいです。分かりやすく言えば「攘夷」です。
 以前は関東よりも関西の方がゼノフォビアだったように思えます。阪神淡路大震災のせいなのかもと思っています。現在は関東の方がゼノフォビアに見えています。東日本大震災のせいですね。
 関東大震災が1923年ですが、その後の日本は恐らくゼノフォビアでしょう。
 ナショナリズムが悪いと言われますが、個人的にはナショナリズムは悪くないと考えています。近代化にはナショナリズムが不可欠です。むしろゼノフォビアが悪いのではないでしょうか?
 ナショナリズムを高めても、外国は受けれられると思います。「自国を愛し、他国も愛する」ことは可能ではないかと思っています。

 『俺の教室にハルヒはいない』を読み終わったら声優ラノベでした。「バクマン。」以降なのか、声優ラノベが増えている印象があります。
 パーマンもアイドルが登場したんだよな。声優がアイドル化しているので、そういう効果を狙っているのかもしれませんね。


●やらおんのアフィリエイトID=豚小屋速報のアフィリエイトID

 「豚小屋ゲーム速報」というPSO2まとめブログの楽天アフィリエイトIDが、「やらおん」のものと同じだったようです。

※その楽天アフィリエイトIDは「1235b4ef.b81345d8.1235b4f0.781ec2c3」らしい。

 「やらおん」はかつて西村博之氏から直々に2ちゃんねるの「転載禁止」を言い渡された(尻尾切りされた)まとめブログです。しかし、他のブログで2ちゃんねるまとめをしているわけですね。商魂逞しいと思います。

 そして、他にも同じアフィリエイトIDを使用しているまとめブログがあるらしいです。(「GEEK速報」「スロパチで今日も負けたまとめ」「みんなのパズドラ」「EXTREME速報」「ダイエット速報@2ちゃんねる」「エヴァ速」「激アツパチンコ・パチスロまとめサイト119%」あたりが挙げられている)

 ひとりで作成できる規模を超えています。共通のアフィリエイトIDを使用していたと考える方が自然だと思います。むしろ、アフィリエイトブログを収入源とする企業と考える方が自然なのかもしれません。

 やらおんはアニプレックスが出資しているのかもしれないと思っていました。やらおんが企業とすると、アニプレックスが出資しているというよりは、アニプレックスと提携していると考えた方が自然なのかもしれませんね。

 2チャンネルを積極的に荒らしたり、ステマ(ステルスマーケティング)したり、デマを流したり、都合のいいようにファンを誘導したり──いわゆるネット工作を行っているブログです。
 書き込みを行わずまとめるだけのまとめブログならば害は少ないと思いますが、ネット工作を行うまとめブログは百害あって一利なしです。

 あまり騒ぎとなっていないようですが、監視を続けたいと思います。面白い展開にならないかな?


ワールドカップ日本代表の敗因は何か? データで浮かび上がる「コートジボワールの秘策」

 分析ってすごいですね。自分はボール支配率しか見ていませんでした。ボール支配率が低すぎる!

 1-0で勝つよりも3-2で勝つ方が良いと思っています。
 その理由は、2点取られたときに、3点取れる実力があれば逆転の可能性があるから。
 その意味で今回は理想的なチームを作れたと思っています。

 しかし、不満がないわけではありません。
 1回試してほしかった布陣があります。「ボランチ本田」「トップ下大迫」「1トップ豊田」です。
 まず、コンフェデレーションズカップでボランチが狙われることがよくわかったので、ボランチ本田を試して欲しかったです。本田選手はトップ下だと機能しにくいように見えるんですよね。トップ下よりは1トップの方が機能しています。
 次に、大迫-豊田のラインはボールがよく繋がると思っています。豊田選手が選ばれなかったのは残念ですが、このラインは1度しか実現しなかったのでもっと見たかったと思っています。
 大迫選手はFWですが守備も熱心に行う選手です。視野も広く、パスもうまいので、本田選手よりもトップ下に向いているように思えます。

 豊田選手が選ばれなかったのは残念ですし、ボランチ本田は実現しないので、ぜひとも「トップ下大迫・1トップ本田」を実現してほしいです。
 結局4年前と同じく、1トップ(0トップ)本田が最強なのかな?ということに落ち着きそうです。

 ギリシャ戦ではもっと走ってほしいです。そして、ボール支配率を高めてほしい。さらに、点を取られても良いので3点以上とってほしいです。これができれば、きっと勝てるんだろうなと思っています。ギリシャに3点取る力はないはずです。

女王・卑弥呼はどこから来たの?九州説と近畿説、邪馬台国論争に新たな説が!『歴史秘話ヒストリア』

 NHKのこの放送では伊都国に卑弥呼の起源を求めていました。知らなかったので興味深かったです。

 纒向遺跡から桃の種が見つかったため(歴史秘話ヒストリアによると麻の種も見つかったらしい)、纒向遺跡にある日本最古の前方後円墳・箸墓古墳に眠っているという説がある卑弥呼は、恐らく古道教(=鬼道)のシャーマンだったのだろうと思います。
 さらに、この纒向遺跡から東に進むと、伊勢神宮に行き着くので、非常に神道と関わりが深いことが予想できます。

 道教は神仙思想から発展したわけですが、しかし、神道には神があっても仙人の思想がありません。
 神仙思想は神と仙人を分けられるのかについて分かっていません。
 そして、分けられるとすると、なぜ卑弥呼の鬼道→天皇の神道では仙人が捨てられたのか疑問です。

 また、アマテラスは太陽の女神です。神仙思想ならば、陰陽は明確に意識されるべきなのではないかと思います。しかし、太陽(=陽)なのに女(=陰)なのです。ルール違反です。この時代はそこまで明確ではなかったのでしょうか? それとも、日本的な宗教観と習合したのでしょうか?

 さらに、ツクヨミは月の神ですが、男神か女神かはわかっていないようです。伊勢神宮を見に行った時に荒神だとわかったわけですが、そのときに妄想が働きまして、ツクヨミ≒スサノオなのではないかと考えています。
 スサノオは国つ神だと思っています。アマテラスは天つ神ですよね。天つ神と国つ神が姉弟というのはおかしいでしょう。従って、本来は姉弟ではなく、天つ神と国つ神は異なる宗教の神なのではないかと思います。
 後年ならばツクヨミ=スサノオと完全に習合したのでしょう。しかし、両方残す必要があって習合できなかったのではないかと思います。その結果、ツクヨミは名前だけ残り、性質がスサノオに受け継がれたのではないかと思っています。

 そう考えると、ツクヨミは男神の可能性が高いわけですが、月(=陰)で男(=陽)なわけです。これもまた陰陽ではルール違反に見えます。やはり、日本的な宗教観と神仙思想の儀式がくっついたのかもしれませんね。
 現代で言えば、道教は信じないけど風水は信じるという信仰方法です。
 「陰陽道」という日本独自の宗教が生まれたのも、神道が神仙思想をすべて受け入れていないせいかもしれません。

 歴史秘話ヒストリアを見つつも、何か根拠となるものはないものか探していました。その結果……全然見つからずに相変わらず頓挫しております。

| | コメント (0)

2014年6月 9日 (月)

みゆきち結婚

 このところ飲み会が多くて体がへろへろです。飲むのは好きだけど、ダメージを受けやすいのはいかんなと思います。

 新しいピクノジェノールを入手。輸入品ですがどんなものか試してみようと思います。

 アルスラーン戦記の最新刊を読んで、十六翼将の死に方があっけなくて個人的にはいまいちでした。かなりの部分で忘れているんだけど、それでもあっけなく死にすぎじゃね?と思われて。せめて戦場で死んでほしいものです。

 いよいよブラジルのワールドカップが目前ですね。
 どうも日本の入っているCグループって、前評判よりずっと強そうです。日本も調子を上げているんだろうけど、それでもコロンビアはもとより、ギリシャもコートジボワールも強そうです。
 ザンビアってアフリカ大会予選敗退しているんですよね。そこに4-3という辛勝。喜んでいいものか難しいです。それでも、ギリシャとコートジボワールに勝たないと予選突破は難しいので、勝ちに行ってほしいものです。


みゆきち結婚

 舞台(というか朗読劇)後の発表? なにはとまれおめでとうございます。誕生日婚かぁ。
 みゆきちの結婚は予想してなかったな。

 今年は本当に多いね。置いて行かれる感が半端ない(笑)。周囲も焦れと言っているし、焦った方がいいのかな? どんどん混乱していっています。

 沢城みゆきさん世代の声優さんって結構早いですよね。名塚さん、三瓶さんのだぁだぁだぁコンビも早かったし。

 沢城さんって完璧超人に見えるんよね。声優の訓練をし直していたり、海外に留学して英語を話せるようになっていたり、地に足がついた努力をしてるなあという感じ。
 好きな役者さんなので、今後とも活躍していって欲しいです。


ソフトバンクも月2700円で音声定額 「スマ放題」7月1日開始 ドコモに追随

 ドコモ、auに続いてソフトバンクも音声定額らしいです。
 この流れってちょっとした気持ち悪さもあるんですよね。あらかじめ決まってたんじゃないかっていうね。
 携帯キャリア3社はたぶん、ソフトバンクが始めた消耗戦に疲れているところもあると思うので、そろそろ手打ちにして消耗戦を辞めようとしているんだと思います。
 ソフトバンクもシェアが拡大してきて消耗戦のメリットがなくなってきてないかなとか思っています。完全に憶測ですけどね。

 ソフトバンクはあくまでもドコモに対抗しているんだなという印象を持ちました。auの存在感がちょっとやばいかもしれません。

おサイフケータイとは何が違う? どうやってチャージをする?――au WALLET

 そんなauの起死回生策がau WALLETなのかもしれません。
 どういうサービスなのかまだ理解できていませんが、プリペイド型でサーバ型なのかな? NFC対応というのも気になりますね。

検証されない仮説によって法律、規制をつくるべきではない~自民党橋本岳議員・法務委員会質疑書き起こし

 自民党にもようやく若い議員が増えてきている印象です。
 それにともなって、規制に懐疑的な議員も増えているのかもしれません。

 それにしても橋本岳議員はすごく科学的なことがわかっている人ですね。政治家にしては珍しいのではないかと思います。「統計は嘘をつく」ということがわかっているのもすごい。官僚にとっては手強い存在でしょうね。

 今回の規制によって、単純所持が違法になるようです。おそらくHDDのどこかに違法とされている画像とかが落ちているとは思うのですが、それをチェックして削除していくわけにもいかないし……きっと違法なものを持っていることになるんでしょうね。
 これは事後法みたいなところもあるので、しゃーないんかな? 普通こういうことはやらないと思うんだけど。

| | コメント (2)

2014年6月 4日 (水)

若者の○○離れ

 ワールドカップまであと少し。コスタリカ戦は3点取って勝ったから大勝利と思っています。本田が自信を取り戻せたらいいところまでいけるかもね。(逆に自信を取り戻せないと予選敗退もあり得ると思います)

 Amazonで購入したピクノジェノール(ADHDに効くサプリメント)をまた買おうとしたら同じものが売っていない! この状態って『極黒のブリュンヒルデ』の鎮死剤みたいな感じなんだが(笑)。とりあえず、別のピクノジェノールを買ってみて、効果を確かめたいと思います。

 『テヅカ・イズ・デッド』にあった「キャラクター」と「キャラ」の違いって、ペルソナ(仮面)と実体の関係かな?とか思ったり。読み直さないと誤解してそうだけど、「キャラ」はペルソナだけで実体が不安定な感じで「キャラクター」は実体が存在する感じ。どうかな?
 2.5次元は皮ものTSの印象になってきてしまっています。声優がキャラクターの皮をかぶっている感じ。皮ものにするだけでダークになっちゃうな。ショタを演じる声優にエロさを感じるのってそういうことなのかも。

 最近、野球でBABIPという指標を見るようになったけど、この指標は面白いですね。フィールド内の打球は運や守備力に左右されるらしい。ホームランや三振や四死球は左右されない。
 逆にホームランと四死球だけの指標とか、フィールド内の打球だけの塁打数/安打数とかあったら面白いかも。久しぶりに勝手に指標を作って選手を評価してみるかな?


“若者の居酒屋離れ” 「とりあえずビール」が通用しない時代に

 私は、「若者の○○離れ」は間違っている──というよりも、「正確ではない」と思っています。

 この根本原因は「少子化」だろうと思います。
 絶対数が少なくなっているので、割合が変わらなくても「若者の○○離れ」に見えるわけです。

 本当に「若者の○○離れ」と言いたい場合は、例えば20歳の居酒屋に行く割合が10年前とどの程度変わったのかを見せる必要があるのではないでしょうか?
 でも、そういうグラフが提示されることは稀です。

 絶対数を増やしたいならば高齢者を取り込むしかありませんし、若者の割合を増やしたいならば若者が興味を示すようにするしかありません。「若者の○○離れ」と言っていしまうと、これが曖昧なんですよね。

 これまで若者をターゲットにしていたために生じている問題かもしれません。
 高齢者にシフトできない業界が「若者の○○離れ」と嘆いているにすぎないのかも。

 記事では博報堂のマーケッタが登場しますが、広告代理店も高齢者にシフトできていない業界なのかもしれません。だから、間違ったマーケティングをしている可能性があります。

 最近テレビ東京の視聴率が良いようです。恐らく、高齢者に見てもらう番組作りに徹しているためだろうと思います。


たくさんのありがとう

 ちょっと怖いブログでした。現在は削除されています。
 東スポによると『自殺ほのめかした声優・林沙織の所属事務所「無事が確認できた」』ということですので、無事なようです。

 アトミックモンキー→フリー→アクセルワンということらしいです。フリーの期間は3ヶ月だから、フリーというのは慣習でアクセルワンというのは決まっていたようにも思います。
 事務所が変わるというのはリスクなのかもしれませんね。本当に何かされたのか、もしくは疑心暗鬼になっていたのかはわかりません。
 青二のような大きな事務所ならば、「干す」ことはできるでしょう(最近では野田順子さんで露骨に感じた。丹下桜さんもなの?)が、アトミックモンキーにそのような力があるのかな? 音楽業界ではGLAYとか、芸能界では水野美紀さんとかは知っています。

 今回は、「疑心暗鬼」ではないかと予想します。
 声優業界が予想以上に嘘ばっかりというのが分かって以来、そりゃあメンタルはボロボロになるよなと理解できるようになりました。味方と思った人が敵かもしれないとか怖すぎますわ。味方がいない孤立無援の戦いと言えるでしょう。何が本当で何が嘘か分からない状態って、何を信じて生きているんでしょうね。

| | コメント (1)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »