« 感想:All You Need Is Kill | トップページ | 感想:GODZILLA ゴジラ »

2014年7月21日 (月)

感想:思い出のマーニー

 少し前の「東洋経済」の表紙が凝っていて好きでした。最近はちょっとおとなしい気がします(笑)。


 auのCMを見てると、なんであそこまで技術押しなんだろう?と思ってしまいます。一般ユーザにとって技術とか関係ないじゃんと思えるのは、私が技術好きだから?
 要するにムズムズするんですよ。その技術は手段であって、目的ではないというような。ソフトバンクのCMが上手いなと思うのは、とにかく分かりやすい。新しい言葉ですごさを表している感じが面白いです。
 auは800MHzで、ソフトバンクはプラチナバンド。ほとんど同じようなものですが、ソフトバンクの方がなんかすごそうな感じがしません? 言葉の選び方が上手いのでしょうね。

 ブログがコピペされると、アクセスが増えてびっくりします。そして、どこにコピペされたのだろうと不安になります。
 有名人の皆さんってこの不安に耐えているんだからすごいですわ。慣れたのかもしれないけど、私は慣れません。
 私のブログにはアフィリエイトはありませんよ。ブログの目的はメモなので、むしろ、ブログ維持にお金を払っている状態ですし(笑)。だから、アクセス増加が目的と言われると……アクセスが増えるのは嬉しいけど、増えすぎるのは気恥ずかしいという感じです。

 知っている声優さんのブログに、別の知っている人が登場すると「によによ」できますね。勘違いじゃなければあの人だよなという。
 恐らく、参加したイベントについて、出演者がラジオで語ったときの「によによ」と近いと思います。
 そのブログを読んでいると入院していたとかで、治って良かったよなーという感じです。

 元声優の矢澤りえかさんがご結婚とか。おめでとうございます。小見川千明さんの周りでは結婚ラッシュなんかな?(意味深)

 岡山(倉敷)の事件って、一時期家出説があったけど、その後の報道を見る限り完全に誘拐監禁事件ですね。女の子は悪くない。酷いことはされていないようですが、助かって良かったですね。
 そして、TBSが自社サイトの「アニメポスターがあった」という記述を削除し、その後他のマスコミより同様の報道があったことから、ポスターはTBSアニメの可能性があります。かつて誘拐事件の動機となり、TBSでアニメ化されたゲームに、Keyというゲームメーカーの『Kanon』があります。TBSはKeyのゲームを色々とアニメ化しているので、Keyアニメのどれかかもしれません。
 京都アニメーションがアニメ制作を担当しているので、TBSのKeyアニメはどれも丁寧に作られていて出来がいいですよ。それに可能性だけなら、私の好きな『ロウきゅーぶ』もあるよね。小学生は最高ですし。
 それにしても、改装費の1000万円ってどうやって工面したんだろ? 謎が多いですね。

 新規上場株っていつ買うのがいいの? 急騰したあとじわりじわりと安くなるイメージが強くて、毎回スルーしています。買って失敗して学習すべきなのかもなー。

 発達障害なのに管理職をやっている人がいるらしいですが、非常に大変だろうなと思います。管理職って発達障害者にとって苦手なことがすべて詰まっていません? 社長で成功している人もいて、社長職はある意味向いてるかもしれないと思えたりします。
 ADHDの管理職ならば、カミングアウトした後に職場をメモでいっぱいにするぐらいやらないといけないような気がします。部下のみんな覚えていてねってことですわ。社長なら方向性を決めて権限を部下に渡す感じだろうな。
 どちらにしろ、ジャイアン型と言われるような、自分に自信を持っている人でないとダメでしょうね。のび太型と言われる自分に自信がないタイプはこういう成功は難しいのではないかと思います。
(ジャイアン型・のび太型の区分は学術的にはないらしいです)


●感想:思い出のマーニー

 このアニメはかなり良いです。『借りぐらしのアリエッティ』とは比べ物にならないくらい良い映画です。
 ジブリが得意とする夢とうつつが入り混じった技法が使われていますし、『千と千尋の神隠し』で挑戦して結局宮崎アニメのヒロインになってしまった“自己嫌悪して不貞腐れている少女”をうまく表現できています。(千と千尋では自己嫌悪はなかったか)
 そして何より、憑き物が落ちるアニメになっています。こういうアニメは珍しい。『灰羽連盟』が憑き物が落ちるアニメだったと思います。

 主人公杏奈はコミュ障です。ひどいことを言ってしまうので自閉症(アスペ)かもしれません。でも、軽度でしょうね。
 そして、その杏奈は「絶対に許さない」という思いを抱えて生きています。そういう状態から、憑き物が落ちて「許す」までいくアニメです。
 途中、この人があの人なんだなとわかるところがあります。しかし、米林監督は親切なんですね。はっきりと同一人物と示します。宮﨑駿監督なら絶対にこういうことはやらないと思います。そして、同一人物と示すことで、さらに杏奈の憑き物が落ちて良い顔になります。

 私も憑き物を落とさなきゃいけないけど、何かにハマるのは何かに取り憑かれることなんだよな。それを落とすということはハマった理由を知って客観的に見る必要がある気がします。憑き物を落とすのは難しいですね。

 杏奈とマーニーの百合については、それほどでもないと思いました。愛情というよりも完全に友情ですね。ただし、マーニーは愛情かもしれません。
 マーニー役の有村架純さんに注目していたのですが、むしろ杏奈役の高月彩良さんが素晴らしかったです。コミュ障杏奈と憑き物が落ちたあとを演じきれていると思います。彩香役の杉咲花さんの演技も好きですね。杏奈と彩香の友情も見どころだと思います。
 声優さんを見ると甲斐田裕子さんがいます。他にも本職の声優さんがいそう。幼少期の声は子役を使ったのかな? ちょっと気になっています。

 憑き物が落ちた時に涙が落ちるアニメです。良かったねと言えるアニメです。
 『ヱヴァ』のアニメーターが多数参加しているので、アニメーションのクォリティは非常に高いです。その点は文句ない。ちょっとレイアウトが自分と合わないところがあったけど、見ているうちに気にならなくなりました。
 『借りぐらしのアリエッティ』同様に小さな事件です。でも、『思い出のマーニー』は非常に大きな事件に思えました。許す気持ちに心変わりしたのですから、恐らく非常に大きな事件なのです。
 この1点だけでもすごい映画だと思います。この1点だけは宮﨑駿監督を越えたと思います。小さな事件を大きな事件として描けたことに感動しました。

 コミュ障ならば見て損はないと思います。そして、憑き物が落ちたらいいですね。

 『マレフィセント』も見たけど、ト書きをナレーションで説明するし、落ちも予想できる映画だったので感想はやめます。思っきりつまらなかったです。『思い出のマーニー』の方がずっと面白いですわ。


マーニーがラスト? ジブリが解散?!

 以前からジブリが解散するという話はあります。しかし、ドワンゴの川上会長がプロデューサーになるという話もあります。
 鈴木Pが会社を維持できないと判断した場合は解散でしょう。『マーニー』次第かもしれませんね。
 まだ噂の段階でどうなるのかわかりません。しかし、解散を視野に入れていることは間違いないと思います。そして、ジブリしか知らないスタッフが路頭に迷う可能性が発生するということです。
 ジブリはアニメ制作会社にしては珍しく正社員化・固定給制です。そういうアニメーターが出来高制の普通のアニメに行く。考えるだに恐ろしいことです。

宮崎吾朗監督初のテレビシリーズ「山賊の娘ローニャ」10月放送決定

 『山賊の娘ローニャ』はジブリ制作ではないのですね。3DCGアニメでした。アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズらしいです。
 ジブリの外に出ての挑戦を応援したいと思います。良いアニメになるといいな。

○ソニーのステマとビッグデータ

 ソニーのXperia(TM)アンバサダーサロンアカウントで、フォロワー数が急増していたそうです。
 ソニーがフォロワーを買ったんだろうなと思うわけですが(以前、平野綾さんでも話題となった手法でしょう)、その後Twitter社がそのアカウントを凍結して、フォロワー数が急減(笑)。
 そのアカウントでは「ご心配をお掛けした、意図していないフォロワー急増について、事象を確認した直後にTwitter社へ報告をしておりました。その後、スパムと思われるアカウントは消えた模様です。その為フォロワー数が減少しています。」という発言をしております。
 さくらを使う手法(ステマ)って、成功したときはいいけど失敗したときは代償が大きいと思うのですが、どんなものでしょ? 株主でXperiaユーザとしては、ソニーにはステマ行為をやめてほしいと思っています(笑)。
 ソニーもいずれ復活するだろうと思っていますが、「ソニーってだせーよなー」って風潮になるのが一番まずいんじゃないかなと思います。

 さくらを使う手法(ステマ)が横行していることを考えるに、twitterのビッグデータって業者の発言が多くて使いものにならないように思えてきています。食べログの感想を関係者が書いていると参考にならないような感じですね。
 amazonやコンビニのように購入したものと購入者を紐付けないとビッグデータの意味がなさそう。無料だとハードルが低すぎてステマやり放題だろうなと思います。そういうものから業者の発言を排除するのって難しいだろうな。
 発言が多いものは参考になるけど、発言が少ないもの、ロングテイルと言われるところはステマの影響でより塗りつぶされているように思います。
 ビッグデータを売り物にするならば、1円でも取らないとダメっぽいですね。

新垣ヤクルトへ!ソフトB2対2トレード

 新垣投手・山中投手⇔川島選手・日高投手の2対2のトレード。

 ついに新垣渚投手がトレードです。戦力外通告が近いと思っていたので、温情のトレードだと思います。ヤクルトで頑張ってほしいものです。
 怪我をして手術を回避して、その後うまく行きませんでしたね。コントロールは悪いままだし、スライダーの威力も戻っていない。ポテンシャルが高かっただけに残念です。幼少期の交通事故で足を鍛えられないというのが響いたのかもしれません。

 山中投手も温情トレードですね。高齢で入団しているのであとがありませんが、今のところ1軍で通用していません。ヤクルトならば1軍で使ってもらえるかもということなのでしょう。優勝を狙える位置にいるか否かで選手の起用法が変わりますし。

 川島選手の獲得はホークスにとって大きいと思います。現在三塁手の松田選手と吉村選手が怪我で離脱していますし、代わりの明石選手も調子が悪いです。代打としては、江川選手が調子を落としています。セカンドやショートのバックアップとしても有望です。そして、長崎出身というのが大きい。非常に良いトレードです。

 日高投手は怪我からの回復次第だと思います。中継ぎで怪我したので、先発で起用するのかもしれません。同年代の飯田投手と切磋琢磨してほしいものです。日高投手は大分県出身らしいですね。

 オール九州トレードになりました。それぞれの球団の戦力となって生き残れたら嬉しく思います。

○神道の教義

※まだ考えがまとまっていないので、メモ書き程度です。

 神道に教義はありません。しかし、神道を神道たらしめている何かはあるはずです。

 神道の根幹は「穢れ(けがれ)」への恐れ(忌み)ではないかと思います。「穢れ」は「死」「出産」「血液」「病気」などから生じます。出産は死に直結したため「穢れ」に含まれたのでしょう。
 死んだ際などに、かつては殯(もがり)という儀式が行われていたようです。「喪に服す」と関係ありそうです。

 「穢れ」の語源は、「気枯れ」という説があります。気が枯れて死ぬという意味ですね。
 また、「ハレとケとケガレ」という説もあります。日常の「ケ」と非日常の「ハレ」があり、「ハレ」は祭りなど良い意味での日常ですが、悪い意味での非日常として「ケ枯れ」があったという説です。
 「穢れ」は「汚れ」に通じ、不浄のものという意味です。「汚れ」の反対が「清め」で、「清め」の中に「禊」や「祓い」があります。禊は水で浄める行為で、祓いは浄化の儀式です。
 「穢れ」を忌み嫌った結果、神道では「ご利益」と言われるように「現世利益」を追求します。死が怖いから、生を堪能しようという発想かもしれません。
 創価学会がそうであるように、日本人が現世利益を追求する傾向が強いのは神道のせいではないかと思います。

 神道は、「穢れ」を忌み嫌い、「現世利益」を追求する宗教である──というのが、現在の私の神道観です。
 「穢れ」と「現世利益」のどちらが早いかを考えるに、恐らく「現世利益」だと思います。「現世利益」を脅かすものが「穢れ」。そして、自分が「穢れ」にならないために、場の「空気」を読んで生活するのだろうと思います。

 『もののけ姫』では、アシタカがタタリ神のせいで穢れたために、村から追放されてしまいます。まつろわぬ者として生きることになるわけです。
 調査不足ですが、穢れたら追放されるという風習はあったのだろうと思います。(宮崎監督のことだから根拠があるよな)

 日本人が現世利益を追求するには、空気を読んで生活するしかないのでしょう。仲間外れや村八分のような行為は日本の伝統に根ざしているように思います。

○神仙思想

※こちらもまだ考えがまとまっていないので、メモ書き程度です。

 日本に多くの神がいて、仙人が少ない理由は何でしょうか?

 まず、神と仙人の違いは何かについて考えてみます。神は人ではないですが、仙人は不老不死の人です。生者です。これが大きな違いだろうと思います。
 関帝は関羽なので人ですが、日本の御霊信仰と同様に、人が死後に神になったということでしょう。

 道教では人間を形成する霊を魂魄(こんぱく)と言い、魂は精神を司る霊、魄は肉体を司る霊らしいです。鬼(人鬼)やキョンシーは魄だけの存在なのでしょう。ちなみに、魄も「たましい」と読むそうです。
 御霊信仰では魂を神として祀ります。関帝も同様に魂を祀っているのだろうと思います。

 次に、日本では蓬莱山(常世の国)が不老不死の理想郷であり、それは海の彼方にある異世界です。常世の国は恐らく中国大陸で、そのために日本にはいないことになっていたのではないかと思います。
 しかし、神に相当するカミは日本にいました。古神道と神仙思想で習合が起きたのだろうと想像します。

 だから、日本には多くの神がいて、さらに仙人という概念はある状態になったのでしょう。

 そして、日本の仙人は道教ではなく仏教との関連が強いようです。
 日本の仙人は仙人というよりも、修験道(仏教の派生)の山伏になるのではないかと思います。仙人から山伏へ名を変えただけで、役行者(役小角)のように仙人はいるのでしょう。
 修験道は、権現や明神など、神仏習合の極みとも言える状態なので、常世の国の仙人とは違うものと考えられているのではないかと思います。
 そして、修験道の仙人は、人が神に近づくための修行という位置付けではないかと思います。 

|

« 感想:All You Need Is Kill | トップページ | 感想:GODZILLA ゴジラ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

来月のコミケは、行かれるのでしょうか?
ソフトバンクの育成は、すばらしいとお聞きします。
特に投手。
その理由として2軍の投手コーチが素晴らしいという噂がありますが、せつなさんはどうお考えでしょうか?

投稿: 世界の至宝 | 2014年7月23日 (水) 08時59分

コミケは行きません。萌えるゴミが増えることがわかりました。

ホークスの育成についてですが、投手の育成はあまり芳しくありません。

そのためFAで毎年のように投手を獲得しています。

2軍投手コーチではなく3軍の倉野投手コーチの育成はすごいと思います。体幹を中心とした筋トレなどにより10キロ以上球速アップします。
しかし、その反動として、その投手はコントロールを失います。川原投手が代表例で、速球を投げれるようになったもののノーコンになってしまいました。

今後は球速をアップしつつコントロールを鍛える育成が必要ではないかと思っています。

広島の方が投手は育っていませんか?
ホークスは野手がよく育っています。2軍にも守備は微妙なものの打てる野手が多いです。(守備が悪いので1軍に上がれない選手が多いです)

投稿: せつな朱遊 | 2014年7月24日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:All You Need Is Kill | トップページ | 感想:GODZILLA ゴジラ »