« ドラフト会議2014 | トップページ | 育成枠と三軍制 »

2014年11月 6日 (木)

アルスラーン戦記アニメ化決定

 ヤフオクドームを大改修してフェンスを下げるという話になっているようですね。私は高いフェンスが好きだったので少々残念です。ホームランの判定でもめていたので良い改修なのかもしれませんが、東京ドームのような狭い球場になるのは哀しいですね。広くてホームランになりにくい球場の方が好きです。球場は大きくなくっちゃ!

 ドラフト雑感を見ていると「2014ドラフト雑感と2015年のドラフト候補達」という記事が良く見ていてデータが豊富ですごいなと感じました。ここまでは見れないですわ。書かれている内容もかなり面白いです。

 そういえば、ホークスの育成3位山下亜門投手は大逆転された星稜高校戦で投げた投手みたいですね。左ふくらはぎ痙攣による降板で、山下投手が打たれて負けたわけではない模様。
 ライバルの星稜の岩下投手はロッテ3位指名でした。共に切磋琢磨して、球界を盛り上げてほしいものです。
 他にホークス育成で注目は、190cmと長身の幸山一大選手かな? ちょっと有名な富山のスラッガーらしいです。今年は北陸出身者の指名が多かったのね。

 「ヴァナディーちゅ」はくまネタを押してきますね。まったくまったく……


[アルスラーン戦記]荒川弘のマンガ版がアニメ化

 漫画版がアニメ化なんですね。噂通りでした。声優関連の裏情報って正答率高過ぎるだろ。邪魔する人がいなければ、そういう人が誤情報を流さなければ正答にたどりついてしまうものなのかもね。

 『アルスラーン戦記』は私が最初に読んだライトノベルのひとつなので、非常に思い入れがあります。もうひとつは風の大陸だったかな? 確か同時にアニメ映画化されているはずです。それをきっかけに図書館が購入したのかもね。

 その後、『銀河英雄伝説』を読もうとするものの2巻までしか読めず。何回か3巻以降を読もうとしましたが、まったく読めません。同じ田中芳樹さんなのにね。

 『アルスラーン戦記』は1部で終わっていた方が良かったと思っています。2部があまり面白くない。簡単に十六翼将も死んでいきますし、良いキャラが多いのにちょっともったいないという感じです。

 アニメはどこまでやるのでしょう? 1部完までやって欲しいのですが無理ですよね。テレビアニメにすると大軍勢を表現するのが大変はないかと心配しています。他のアニメでも苦労しているのがありありと見えますし。

 大学で『十二国記』や『デルフィニア戦記』に出会いハマりました。結局のところ、ファンタジー小説が好きみたい。それも『ロードス島戦記』のような冒険ものよりは、戦記ものが好きっぽいです。『魔弾の王と戦記』が好きなのはそのせいかもしれません。『デルフィニア戦記』もアニメ化しないかな?

 『皇国の守護者』も興味があるので読んでみたいのですが、この作者なので完結しないんですよね。どうするかな? とりあえず、『天鏡のアルデラミン』をちまちま読み進めます。『天鏡のアルデラミン』もアニメ化するんだろうなと思ってたり。


ダンまち : GA文庫の人気ラノベがテレビアニメ化

 ダンまちって略すのね。
 アニメ化は予想通りなのですが、スタッフとショタなのに松岡くん?というのがちょっとだけ心配です。
 存分に私TUEEEをやってもいいのよ? というか、それ目当てのアニメでしょ? それがあってのショタTUEEEだし。能力的に間違ってないよね?

○ソフトバンクと日ハムの育成方針を比較してみる

 ドラフト結果を見て、ソフトバンクと日ハムの育成方針を比較すると面白そうだと思い立ちました。

福岡ソフトバンクホークス北海道日本ハムファイターズ
ドラ1一番良い選手(目玉主義)一番良い選手(目玉主義)
指名方針身体能力野球エリート
育成枠活用して3軍を整備使用しない
FA補強活用使用しない(稲葉を除く)
トレード活用活用
データ活用χ援隊(かいえんたい)BOS(ベースボール・オペレーション・システム)
投手球速重視コントロール重視
打撃打率重視本塁打重視
守備内野守備重視外野守備重視
走塁超積極走塁選手ごと

 ドラ1の指名方針は、両球団共通なんですよね。そのため、同じ選手を指名する傾向があります。また、SBは身体能力が高い選手を指名する傾向があり、同じ傾向がある西武と指名がかぶることがあります。牧田投手や秋山選手はソフトバンクも狙っていたはず。

 SBは育成枠を大いに活用して3軍をつくっていますが、日ハムはまったく活用していません。共通するのは、「すべての選手が試合に出る」ことなんですよね。試合をするために3軍をつくり、試合をするために育成枠を使わない。手法は全く違うのですが、目指している方向が同じなのが面白いです。

 日ハムのBOSは優秀なのでしょう。SBのχ援隊よりも野球に特化した痒いところに手が届くシステムではないかと思っています。
 そして、日ハムはBOSをもとにドラフトを展開したりトレードしたりしているはず。BOSに間違いがあると弱くなりそうですが、6位→3位で若い選手が成長しているので大丈夫なようです。

 投手育成に関しては、日ハムの方が優れているように思います。
 SBの育成では球速は伸びますがコントロールがつきません。そのため、中継ぎは育つのに先発が育たないんですよね。日ハムはコントロールを重視して、より実践的な投手を育成しようとしているように見えます。

 身体能力が高い選手を多く選んでいるからなのか、SBの守備・走塁は内野守備重視で超積極走塁です。特に走塁は2軍でも走りまくっています。
 日ハムの外野がかたいのはなぜなんですかね? 元投手が多いせいか肩が強く、レーザービームが多いです。

 ホークスは日ハムを目指しているところがあると思います。χ援隊を整備したのも日ハムの影響が大きそうですし、筑後市に2軍3軍を整備するのも日ハムの鎌ケ谷の影響があると思います。
 さらに、佐藤義則さんを投手コーチにするのも、日ハムや楽天で実績があるからではないでしょうか?

 刺激しあって球界が改善するのは良いことですし、他球団が別の新しいモデルを創るのも面白いと思います。

|

« ドラフト会議2014 | トップページ | 育成枠と三軍制 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラフト会議2014 | トップページ | 育成枠と三軍制 »