« 感想:ホビット 決戦のゆくえ | トップページ | 感想:ベイマックス »

2015年1月 7日 (水)

2014年を振り返って

 2015年になりました。本年も宜しくお願い致します。

 一昨年の鬱を引きずっていた形ですが、昨年はかなりgdgdでした。
 でも、得られたものも大きかったように思います。自分を知ることは重要ですね。思った以上にイライラしていることや心配症なことを理解しました。
 そして、やはり「売り言葉に買い言葉」はダメですね。あれは「本人が言っているんだから、それを信じろ(大意)」という書き込みを見て、ムカっとしてやってしまったという……。本人が言ってても嘘なことはあるでしょ? STAP細胞はなかったでしょ?
 関係ない人に迷惑をかけたと思っています。あまり後悔はしていないけど(もっとスマートな方法をとれたらよかったような)、ごめんなさい。
 おかげで様々なことに対して徐々に吹っ切れてきています。恐らく、これを乗り越える必要があったのでしょう。若干視野が広くなったような気もします。

 今年の目標は何にしようかな? 残り人生の目標を決めるとかどうだろ? 目標を決めたことがないんよね。

 『天使の3P』を読んで、音楽のコードを多少理解できました。メジャーとかマイナーとか7とかそういうことなのね。サグたんは説明が上手だなあ。

 「ためしてガッテン」だったか、重曹を入れるて麺を茹でるとインスタントラーメンが美味しくなるというのを見て以来、カップ麺に重曹が入ってたらどうなるんだろうと思っています。スープに重曹が入るとまずくなるようなので、酸辣湯のスープにしてしまえば、酢と重曹が反応するのではないかとか(笑)。ソーダ水は酸+重曹でつくるようなので、炭酸スープになるでしょうが、少量なので大丈夫じゃないかな?


年間アクセスランキングTOP100

 年末年始はゴロゴロしていたせいでネタがありません。ぶりおいしい。あごだしおいしい。ごまさばおいしい。

 昨年は面白い事件が豊作でしたね。個人的には、昨年の漢字は「嘘」なんだよな。嘘がバレた人が非常に多いように思います。
 片山ゆうちゃんも佐村河内さんも小保方さんも野々村県議も全部嘘なんよね。そしてそれぞれに恐ろしいほどキャラが立っている。
 その釈明会見のいくつかが非常に面白かったという年だろうと思います。「ダメよダメダメ」よりも「ありまぁす」の方が生き残るだろうしね。

 2ちゃんねるのクーデターも大きかったですね。どこかで手打ちしているのだと思いますが、ひろゆきの求心力はなくなったのだろうと思います。でも、蛇の道は蛇で、ネット業界は結局つながってるんだろうな。
 Twitterにコミュニティ機能があればいいのにね。LINEにはあるのかな?

 他には、『ハイスコアガール』は裁判に発展しましたがどうなるのでしょうね? これまでグレーゾーンだったところが真っ黒になったらダメージが大きいと思います。

 世界的には「ウクライナの紛争」「ISIS」「原油安」「エボラ」あたりでしょうか? 特にISISの広がりは不気味です。

 今年は何が起きるのかな?


噂はぜーんぶハズレだよ

 煽るなあ(笑)。
 正直、こうやって反応してくれるところが大好きです。素直に反応してくれるんだよな。面白い! アホかわいいゾ!(笑)

 ところで噂って何だろうね?

 ①旦那について
 ②仕事の減少
 ③舞台への移行
 ④離婚

 ②~④はアンチの人が言っていることで、①は自分が言っていたことですね。
 ①については泳がせておけばそのうちボロが出ると思っています。隠しきれるもんじゃないっしょ。まだ指輪は確かめていません。
 ②については、仕事量は減るけど問題ないと思うな。続編もあるし、アニプレックスの仕事もあるし。
 ③については、舞台をするには阿澄さんはあまり上手くないというのがひっかかりますね。大胆な衣装は見てみたいです。
 ④直感でしかありませんが、離婚はないと思います。10年後にならあるかもしれませんが。

 全部外れと言っちゃうということは、何か当たりがあると思っています(笑)。もしくは、イライラして書いてしまった、単なる煽りね。
 アスミスは直接2ちゃんねるに書き込んでいると思うんだよなあ。煽り合いたいわ。

エントロピーをめぐる冒険 初心者のための統計熱力学

 読んでみてやっぱりわからないエントロピー。
 まだ最後まで読み終わっていないけど、ところどころ「?」なところがあります。狐につままれたような気分。

 温度が逆にエントロピーから決まる数値だとわかったのは、統計力学を理解するうえで重要かも。
 
 様々な人と論文の偶然の出会いがエントロピーを有名にしたんだなあと思うと感慨深いです。熱素という考え方があったのも新鮮。この方が分かりやすいけど違うんだよね。

ドコモはなぜ“3日間で1GB”の通信規制を撤廃できたのか

 なるほどこういうことだったのですね。
 しかし、ユーザ数ではなくARPU(加入者ひとりあたりの月間売上高)を重視したということなのでしょう。ドコモがそういう戦略をとるとは予想外でした。VoLTE導入のためとばかり思っていました。
 新料金プランの評判は良くないですが、NTT法の緩和で「ドコモ光」のセット割も始まりましたし、今後反転攻勢になるのでしょうか? また、auやソフトバンクの動向も気になるところです。

二浪、プロでの葛藤、引退後の進路。元SB江尻慎太郎の「人生のFA宣言」。

 江尻投手は文章が上手い印象が強いです。野球以外でも活躍できる才能があると思っています。ホークス球団から一般社会に進む選択も提案されたというのもわかります。可能性を狭める必要はない。
 ホークスってソフトバンクになってかなり面倒見が良くなったように思います。ひとりひとり親身に進路を提案している印象。

 江尻投手は、投手としてはサイドスローにして生き残ったんですね。小林繁さんが育てたのか。
 フォーム変更など苦労されており、様々な球団を渡り歩いていますし、一般社会を経験して野球界に戻ってくれば重宝される人材になるのではと思います。

 江尻投手、お疲れ様でした。今後の活躍を期待しております。

|

« 感想:ホビット 決戦のゆくえ | トップページ | 感想:ベイマックス »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:ホビット 決戦のゆくえ | トップページ | 感想:ベイマックス »