« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

業者のネット工作

 以前書いたものの、対策がいまいちだったような記憶があるので、もう1回書こうかなと衝動的に思い立ちました。今回はこのネタだけにしよう。


 ネット工作は少人数でも可能だと思います。もちろん大人数が必要なネット工作もあります。
 ネット工作を観察して、恐らくこういうことだろうということをまとめてみました。対策が成功するかはわかりませんが、何らかの助けになればと思います。
 このところ批判されているイスラム国がネット工作をしたと仮定したケースを例にしてみました。そのせいでわかりにくくなっていましたら申し訳ありません。やはり工作するのも難しいです。
 では、6種類の工作をどうぞ。(1種類追加しました)

①多数派に見せかける

 典型的なステマ手法です。いわゆるサクラ。
 2ちゃんねる以外のスレッド型掲示板、ブログでも可能です。この方法は、そこそこの人数が必要だと思います。
 まず、スレッドを立てる担当(2ちゃんねるでは>>1)とコメントを書く担当が組みます。次に、スレッドを立ったすぐ後に、コメント担当が肯定意見を書き込みます。20コメントぐらいで、そのスレッドは肯定派が多数になります。
 コメント担当が否定意見を書き込むと否定派が多数になり、いわゆる『炎上』になります。

 【イスラム国の例】
 イスラム国は正義
 イスラム国の戦闘は聖戦
 イスラム国かっこいい

 【発見方法】
 サクラ(コメント担当)は人数が必要なのでアルバイトかもしれません。そういう際はコピー&ペーストできるように、定型文で肯定意見が用意されるケースが多いと予想できます。肯定意見が定型文だった場合は、工作をしている可能性があります。
 個人が行う場合は、ネット接続手段を複数持っていることが多いです。それでも、複数人に見せかけるにはIPアドレスを切り替えるため、どうしても発言が1個だけになりがちです。ひとつのIDで発言が1個だけの場合で極端な肯定意見や否定意見の場合は疑うべきです。

 【対処方法】
 内容がおかしい、語尾がおかしいなど定型文の間違いを指摘する方法ぐらいしか思いつきません。また、発言が単発であることを指摘するのも有効かもしれません。
 多数派に流されずに自分の意見を主張できる人が多いと効果を発揮しないので、気持ちを強く持つことが一番の対策方法なのでしょう。

②レッテルを貼る

 反対意見を封じ込める方法ですね。多数派工作ができている場合に有効です。政治活動で多いように感じています。「自民党は右翼」「民主党は左翼」のような感じですね。
 「お前は工作員だ」「お前は工作業者だ」と書き込んでしまうと同様にレッテル貼りになるので注意が必要です。

 【イスラム国の例】
 アンチISは十字軍
 アンチISはイスラムの敵
 アンチISはアメリカの犬

 【発見方法】
 単語(蔑称)が決まっているので分かりやすいです。その時に嫌われているものが蔑称として使われます。例えば、アフィリエイトブログが嫌われていたら「○○はアフィ」となります。

 【対策方法】
 無視するのが一番良いと思います。どう頑張っても会話になりません。

③話題をそらす

 多数派工作に失敗すると話題をそらす行動に出ます。「そんなことより野球しようぜ!」(『キャプテン』より)のような感じです。ここはテクニックが必要なので、工作業者の可能性が高いと思います。

 【イスラム国の例】
 ユダヤが世界を支配している
 日本でテロがあったらどうするんだ
 イスラム教の天国は処女とやりまくれるらしい

 【発見方法】
 話題そらしは巧妙なのでわかりにくいのですが、下衆な話題や陰謀論にシフトすることが多いと予想しています。その方が興味を示す人が多いので話題をそらせるからです。話題にしていることと似ているけどちょっと違うなと感じたら、このパターンを疑いましょう。

 【対策方法】
 話題そらしに乗らないことでしょう。もしくは、元の議論に戻すことが重要です。話題そらしに乗ってしまうと、それに対して「キモい」などの否定的な意見が書き込まれますが、気にしないことです。

④スレッドを流す

 炎上してしまったときは当該スレッドを隠す必要があります。
 2ちゃんねるなどスレッド型掲示板では、新しいスレッドが一番先頭になります。そして、2ちゃんねるでは一定時間書き込みがなくなったスレッドは消えてしまいます(dat落ち)。これらの機能を利用して、大量の新規スレッドをつくり当該スレッドを見えなくして、最終的にはdat落ちしてしまいます。

 【イスラム国の例】
 新規スレッドA
 新規スレッドB
 新規スレッドC

 【発見方法】
 いつもよりも新しいスレッドが多く立つ場合は疑わしいです。

 【対策方法】
 ageで書き込むと当該スレッドが目立つようになり、スレッド流しに対抗可能です。また、定期的に書き込めばdat落ちしにくいので有効です。

⑤スレッドを荒らす

 炎上してしまったときは当該スレッドを終わらせる必要があります。
 2ちゃんねるでは、1000コメントしか書き込めません。1000コメントが埋まると書き込めなくなるので、一定時間が経つとdat落ちします。この機能を利用して、2人で協力して自作自演でスレッドを荒らして、スレッドを書き込みで埋めてしまう方法です。

 【イスラム国の例】
 キリカス氏ね
 もう一回言ってみろ!
 なんだと!

 【発見方法】
 同じ人が何度も書き込んでいると怪しいです。スレッドとは無関係な喧嘩の場合は疑ってもよいでしょう。

 【対策方法】
 同じスレッドをもう1回立てると、荒らした意味がなくなります。しかし、スレッドを立てる行為が荒らしに該当するかもしれません。「荒らしがいたので」など、もっともらしい理由が必要になるかもしれません。

⑥誤誘導する

 恐らく最後の手段です。デマ(間違った情報)をわざと流して、誤誘導します。
 ミステリー小説やミステリーのテレビ番組などでは定番で、すごく怪しい人物を配置することで読者や視聴者の目をそちらに引きつけることができます。地味な人物や行動を共にしていた人物、協力的な人物が実は犯人でしたという展開ですね。

 【イスラム国の例】
 イスラム教徒はみんなイスラム国を支持している
 イスラム国はアルカイダと連携している
 アメリカがイスラム国に資金提供している

 【発見方法】
 よく読めばおかしいことがわかります。目立つようなことをしている目的を考えると、誤誘導の可能性に思い至るはずです。

 【対策方法】
 誤誘導は利用する方がいいです。ひっかかったふりをして情報を引き出しましょう。


 いかがでしょう? 「詭弁の特徴のガイドライン」にほとんど同じものがあります。
 他にも工作しているのでしょうが、プロの業者がやっているので、普通の書き込みと見分けがつきません。「性別透視」や「国籍透視」などと同様、妄想でしかなくなってしまいます。

 2ちゃんねると同じような形式の掲示板を使って、工作業者とアルバイトの間で情報交換をしているイメージを持っています。工作業者はもちろんアルバイトもIPアドレスを偽装しているのではないかと予想しています。

 ネット工作を規制することは難しいでしょう。しかし、ネット社会がギスギスしそうでちょっと嫌なので、各自で何らかの対策はした方が良いのではないでしょうか?

 ネット工作の存在を知って以来、ビッグデータの価値が落ちるような気がしています。データが汚れているんだよなとげんなり。汚れたデータを使っても、正確な分析はできないんじゃない?とか思っちゃって、どうもメリットがないのではと感じています。綺麗なデータの方が役に立ちそうですよね。

| | コメント (0)

2015年1月26日 (月)

感想:ビッグ・アイズ

 IS(イスラム国)のニュースが多いですね。日本政府はISILと呼称しているんですね。ISISは知っていたけど、ISILは知りませんでした。イスラム国自身はISと自称しているようです。
 日本には助ける力がないから仕方ない面もあるんだよなと思いつつ傍観しています。
 それにしてもコラがひどい。生きているうちはやらない方が良いような。死んでからやるならば文句はないです。追悼という意味において、盛大にやっていいんじゃないかな? 生きているうちは何もしない方が良いと思っています。生き残る可能性がある限り、その可能性を信じたいです。

 最近忙しすぎて、今期アニメを見れていません。1話を見て注目しているのは、『夜のヤッターマン』と『シンデレラガールズ』です。どちらも演出が結構好きでした。余裕ができたら見ようと思います。
 そう言えば野球のデータ入力もまだだった。こちらも余裕ができて飽きていなかったらやります。


●感想:ビッグ・アイズ

 ティム・バートン監督作品だったんですね。と言っても他の映画は見たことがないような?

 大きな目が日本のアニメや漫画の特徴ですが、ディズニーの影響というだけでは語り尽くせないところがあると思っていたんですよね。
 映画館でこの映画のポスターを見るに、めちゃくちゃ漫画っぽい。これは見る必要があるかなと思い立って見た次第です。
 この『ビッグ・アイズ』シリーズが流行ったのは1960年代らしく、さらに驚くことに、これを描いた方はご存命らしいです。『鉄腕アトム』が1952年、『リボンの騎士』が1953年らしくそれよりも確実に後です(松本零士さんも少女漫画で大きな目を開拓してたみたい)が、影響を受けた人がいてもおかしくないよなと思えるほどに少女漫画的です。

 予告にある通り、身も蓋もなく言ってしまえば、再婚相手が詐欺師でしたという話です。
 最近の事件で言えば、佐村河内さんと新垣さんのようなもの。実際に描いているのが妻マーガレットで、描いていると嘘をついて売っているのが夫ウォルター。そこそこタイムリーな映画だと思います。去年公開されたらさらにタイムリーだったかもね。

 友人がホワイトナイトで、台詞の中に暗示が多かったりするのですが、時折挟まれる「他人や鏡の中の自分がビッグ・アイズになる」描写が気になってしまいました。
 整形手術で目頭を切ったり、アイプチで二重にしたり、カラコンを入れたりするらしいじゃないですか? それが『ビッグ・アイズ症候群』という感じがします。たぶんそういう人はこの映画を見るとドキッとすると思う。

 ちょっとだけ気になるのはエホバの証人勧誘映画になっているような気がするところかな? 「エホバの証人」の勧誘の人が超リアル。「ものみの塔」や「目ざめよ!」を持っていれば日本でも通用する感じです。
 真実は大切だと思うし、エホバによって変われたのも事実でしょう。しかし、それでも「エホバの証人」で本当に幸せになれるのかは眉唾だと思っています。宗教としては認めるんですけどね。

 『ビッグ・アイズ』はたいてい悲しそうな少女です。マーガレットの心情がそこに表現されているらしい。そういう目で絵を見ると面白い映画で、そして身につまされる映画だと思います。

 芸術家にはこういう関係が結構あるらしいですね。話上手な詐欺師と不器用な芸術家の組み合わせ。たぶん、テレビに出てるのは話上手な人なんですよ。実際に才能があるのは裏方で頑張っている人。そういう意味では裏方に光を当てた映画なのかもしれません。

 嘘が嫌いな人はこの映画を見てスカッとしてはいかがでしょうか? 結構分かりやすく落ちをつけちゃうので、気持ち良く見れます。
 ……と言っても、ナチュラルに嘘をついちゃって、それが嘘だと思ってない人もいるからなあ。つまらん嘘はつかない方が良いよなと思うのでした。自分も多少失敗してるし。


岡田斗司夫さん、ネットに流出の「愛人リスト」めぐり謝罪 「妄想を書いたもの」

 ニフティのオタクアミーゴス会議室で「ヲチ」というものを知ったわけですが、そのうちの2人(岡田斗司夫・唐沢俊一)がヲチされる側にまわるとは世の中わからないものです。

 それにしても最初に予想した展開よりもすごいことになっていてビックリ。「妄想を書いたもの」ではないのは誰の目にも明らかですが、そういうことにしておきましょう(笑)。

 正直なところ、『ぼくたちの洗脳社会』を読めば詐欺っぽいことをしているし、したいということはわかるので、やっていたことに対してそんなに驚きはありません。

 驚いたのは、洗脳して得たいものが「愛人」だったということ(笑)。かなり拍子抜けというか、趣味を通り越して依存症なんだなと思えました。金じゃなくて名声を得るようなことを言ってたけど、得たいものとは便利な女だったのかな?

 『恋愛の取説』というのも出しているわけで、そういう傾向はあるとは思っていたけど、ガイナックスをつくった原因が浮気だとかは予想していませんでした。(そう言えば、『恋愛のトリセツ』は妹が持っていて驚いた記憶がある)

 もうひとつは愛人を評価していたこと。アニオタのアニメ評価、野球ヲタの選手評価みたいなもんです。
 「便利度」「愛しさ」「床上手・名器度」「処女度」「SEX好き度」「年齢差」「巨乳度」──すごい分類だわ(笑)。数をこなしているのがわかる分類ですね。

 裏切られた感を持っている人もいると思うので、岡田さんの今後の活動に期待したいと思います。

 ちなみに岡田さんも他人の意見をうまく剽窃していると思っています。口の上手な詐欺師ですから、そういう習性ですし、仕方ないですね。
 庵野監督と岡田さんの関係も詐欺師と天才芸術家だったのだろうと思います。岡田さんがガイナックスを追い出されたのも納得と言えば納得かな?

○キャラとは何か?

 武将や戦艦などのキャラクター化、擬人化、女体化は外部から見ると気持ち悪いものだと思います。そして、キャラが立ちすぎている人が、私には気持ち悪い……というよりも、気味悪く写っています。
 恐らくこれらは共通で、コインの裏表なんだと思います。
 前者はキャラクターなのに裏側に武将や戦艦があり、後者は人間なのに裏側にキャラがある。役者がキャラを演じているとすると、まあそれだけなのかもしれませんが、最近は普通の人もキャラを立てようとするじゃないですか。自分も立てようとしているのかもしれませんが、何か違うと思うんですよね。
 キャラを立てるというのは小池一夫さんが提唱したそうです。漫画用語ですね。人間は漫画のキャラクターではないのに、人々はキャラを立てようとする。
 そこまでキャラを立たせる必要はあるんだろうか? キャラに縛られる生き方でいいのだろうか? と思ってしまいます。「無理してない?」ってことですね。
 アイドル人気や声優人気など(ファンとしても、目標としても)は、キャラ立ちを意識してのことですよね。それはそれでいいのかもしれないけど、一般人が意識する必要があるのかなと思わずにはいられません。現代日本の病理のひとつじゃない?
 人は誰しも職業に縛られて演じているのでしょう。先生と呼ばれる人は特に演じていると思います。重役の方々も演じていると思います。しかし、みんながみんな演じちゃうと、仮想と現実の区別ができない世界みたいで、気持ち悪いし気味悪くないですか?

世界よ、これが日本だ! ブラピ主演の戦争映画「フューリー」BD版に「ガールズ&パンツァー」映像特典をつけて発売!

 意味がわかりません。そんなに面白くないというか売れそうにないんだろうか?

邦人拘束も機能せず 世界にバレた「日本版NSC」の情報力

 日刊ゲンダイの記事なのでちょっとあれですが、残念ながら正直日本版NSC「国家安全保障会議」は全く機能しなかったと思います。
 外遊に先立ち人質がいる情報が政府にあったのか、外務省はどう対応してたのか、官邸に伝わっていたのか、国家安全保障会議はどういう役割を果たしたのか、明らかになって欲しいです。

「軍事援助」か「人道援助」か?

 今回の外遊は武器を売りに行ったと言われています。これまで何度も武器輸出目的で外遊しているので、たぶんそうなのでしょうね。
 しかし、首相は「避難民が命をつなぐための支援だ。必要な医療、食料、このサービスをしっかり提供していく。日本は今後とも非軍事分野において積極的な支援を行っていく」と反論しています。
 軍事目的の外遊なのに非軍事分野と言い放つ。すごい根性です。
 英語の言い方が悪いという話もありますが、武器輸出三原則緩和から今に至る政権の方針だと、遅かれ早かれどこかでイスラム国とぶつかっていたのだろうと思います。

 今後、イスラム国との関係が良くなることはないでしょう。日本には海外の邦人を救出する能力はない。そこに関しては国はあてにできないということなのだろうと思います。

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

感想:ベイマックス

 時に、西暦2015年──そう言えば2015年なんですよね。思えば遠くへ来たもんだ。

 私の座右の銘というか好きな言葉は「塞翁が馬」ですが(午年生まれだけに)、裏座右の銘は「面白い方に倒す」だと思っています。
 逆に言えば「気に食わない方は選べない」んですよ。難儀なもんだ。負けると思ってやった抗争(勝てると思ったことが1度もないような)はたぶん数えるほどしかないけど、結局この難儀な性格が引き起こしているようです。

 私はDDっぽい。「どっちもどっち」という意味もあるけど、アイドルファン用語では「誰でも大好き」なんだって。要するに複数推しでいいのかな?

 『六花の勇者5』をようやく読み終わりました。騙されたー(笑)。よくあるテーマの意趣返しかよ。1巻ではあり得ると思っていたのですが、思い入れが強くなっていくに従って疑いが消えていくものですね。
 「このライトノベルがすごい」で評価を落としていましたが、思うにミステリーで分冊の場合は同時刊行であるべきだと思います。そうじゃないと読者の推理が作者を上回ってしまう。それを回避するためには、どうしても後出し設定にするしかない。そして、後出し設定は「わかるわけないじゃないか」と批判されやすい。
 『ひぐらし』が批判されたのもこの点だと思います。竜騎士07さんは今は人気がなくなってしまいましたが、『ひぐらし』は2つの大きな影響を残したと思っています。

 ひとつはループものを一般化したこと。劇場版エヴァはまだマルチエンディングだったと思っています。しかし、新劇場版ヱヴァはループものになっている。ループものは『うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー』が大きすぎたように思います。リメイクされるというYU-NOなど、いくつかありますが、どうしても一般化しなかった。それを一般化させたのは大きいです。その結果、『まどか☆マギカ』や『進撃の巨人』などが生まれやすくなったように思います。(『進撃の巨人』は『マブラヴ オルタネイティヴ』でしょうけど)
 もうひとつが謎解き・駆け引きを一般化させたこと。『ひぐらし』が2002年で『デスノート』が2003年です。『デスノート』は犯人を最初からバラすことによって、読者と作者を神の視点に置くことに成功したように思います。謎解き・駆け引きがジャンル化した結果、『カイジ』などもアニメ化できたのではないかと思っています。

 『ネイションの神話』というかなり高い本を買ってしまいました。
 ここ数年気になっていることが2つあって、そのひとつは大和朝廷の成り立ちと神道についてなのですが、もうひとつがキリスト教とナショナリズムと近代化の関係だったりします。
 双方に共通するのが、「中央集権国家」ということです。日本が中央集権国家になった理由と実現できた理由を知りたいです。
 前者は仏教を受け入れており、後者はキリスト教を受け入れています。しかし、日本をまとめるときに利用したのは天皇です。
 何がわかるのかはわからないのですが、何か気づきを得られたらいいなという気分です。

 ドラフトを評価する指標がないか探していると、RSWINとRCWINというのにぶち当たりました。RSWINが投手の指標(リーグ平均の投手が代わりに投げた場合に比較して、その打者がどれだけ勝利をもたらしたか)で、RCWINが打者の指標(リーグ平均の打者が代わりに出場していた場合と比較して、その打者がどれだけを勝利をもたらしたか)です。
 2ちゃんねるで見たときはRSWIN+RCWINという指標を使っていたのですが、この指標では1軍の試合に出場しなかった選手は±0となり、1軍の試合に出場したものの平均に満たなかった選手はマイナスとなってしまいます。
 ドラフトという観点では、1軍出場経験がない選手よりも、出場経験があって平均に満たないほうが優れていると思っています。だから、この指標は使いにくそう。
 そこで、新しい指標を作ってドラフトの成否を判定する予定です。データ入力に時間がかかるんよね。ドラフトの成否が一目でわかる指標にはならないので、どうしようかなと思っています。


●感想:ベイマックス

 菅野美穂さんのキャスおばさんと浅野真澄さんのゴー・ゴーがかわいい。

 『ベイマックス』を見ました。すごい日本びいきの映画だと思いましたが、原作『Big Hero 6』からして、当初は全員日本人キャラで日本が舞台なんですね。リスペクトどころではない。映画は2008年版に準拠しているようです。
 それでも、舞台は架空都市サンフランソウキョウ(サンフランシスコ+トウキョウ?)。看板や路地裏がめちゃくちゃ東京です。路面電車は都電なのか京都なのか? そして、日本の街並なのにかっこいい。
 最近流行りの日本を賞賛する番組みたいですが、100の褒め言葉を並べられるよりもずっと褒められている気分になります。日本の映画でなぜこれができないんやろ? やっぱり日本人は日本の街並が嫌いで日本人の顔が嫌いなのかな?

 『アイアン・ジャイアント』以来の感動作でした。『ベイマックス』で泣いた方は『アイアン・ジャイアント』も見た方がいいよ。泣けるから。
 『ドラえもん3D』より良い映画かな? 『ドラえもん3D』はようやくここまでできるようになりましたって感じだけど、『ベイマックス』は一歩先を行っている感じがあります。
 原作を改変しているけど、改悪になっていないように思う。そりゃあ原作ファンの一部は怒ってるかもしれない。でも、必要のために改変したんだろうなというのが伝わってきました。
 犯人は、『ベイマックス』に関してはすぐ予想がつきます。そこは主題ではないはず。人の命とロボットの命、どちらが大切ですか?ということかもしれません。

 「ベイマックス」というキャラがかわいいですね。何に近いのかな? パンダコパンダのパパンダ(大きいパンダ)?
 冒頭に書いたように、キャスおばさんもエロかわいい。声は誰かな?と思いましたが、菅野美穂さんでした。かわいい。
 ゴー・ゴーもかわいい。浅野真澄さんという名前を見て驚きました。青二強いなー(ますみんが勝ち取ったものだと思います)。
 日本語版エンディングはAIさんのStoryで、これも映画と合っていてかなり良かったのですが、アメリカではどんななんだろう?

 むず痒いですが、他国の映画ファンやアニメファンやディズニーファンが嫉妬しそうなほどに日本愛に溢れた良い映画です。
 アニメだから子供だましな面は大いにあります。でも、戦隊ヒーローものやロボットもので育った日本人にとって、この感覚は共有できると信じます。


ドッターなめんな! 「ベイマックスのドット絵化は難しい」に対するドット絵クラスタのみなさんの返答

 こうやって表現するんですね。ドッターすごい。
 そして、ここまでいじられるのは愛されているということですね。最近のディズニーアニメの愛されっぷりがすごいわ。(アナ雪も日本でダントツ人気らしいし)

 顔は鈴口がモチーフらしいですが、「鈴口」という隠語も当然知っていそうだよな(笑)。分かってやっている感がある。

大阪都構想、5月住民投票…法定協で制度案決定

 維新と公明党が和解したようで話が進展しています。たぶん、維新が妥協したんだと思う。詳しいことは知りません。衆議院選挙で大阪では維新が相当苦戦したのが大きいと思っています。
 名称はさておき大阪都構想は正しいと思っています。東京と大阪の発展の仕方を見るとそれが明らかかと。

NHK特番「知られざるコミケの世界」どうだった? 「きれいなコミケ」像に反応さまざま

 いやーほんときれいなコミケだったわ。良い側面も伝えられて良かった。多くの部分はエロくないよ。同好の士が集まって直接顔を合わせるだけの空間だもの。(自分にはそういう人はいない)
 でも、エロい方が売れるんだよ。過激な方が売れるんだよ。そして、悲しいかな描き手も売れる方に集まっちゃう。
 準備会がチェックしているし、納税もすすめているというのを紹介してたから、無法地帯とは思われないようにはなってたかな? 話せる人を登場させてたし、NHKすごいなと思いました。

フランスで200万人行進、反テロへ結束 各国首脳らも

 フランスのテロを見て思うのですが、表現の自由とヘイトスピーチの違いって何なのでしょう?
 例えば、嫌韓デモはヘイトスピーチですが、嫌韓本はヘイトスピーチになるの? 韓国の朴槿恵大統領を揶揄する風刺画は? ナッツ姫の風刺画は?
 フランスの新聞社の風刺画は表現の自由とヘイトスピーチの中間にある微妙な問題のように感じました。
 そりゃテロが悪いのは明らかです。でも、怒っても仕方ないと思う。単純に割り切れないと思うけど、世界がテロだけが悪いとしてしまっているので、ISISの勢いが増すことを危惧しています。

ヤクルトの“奥村獲り”情報戦の舞台ウラ 内野手は巨人の想定外?

 噂が錯綜していますが、本当のところどうなんでしょうね?
 ヤクルトに若手内野手が少ないのは本当らしいです。恐らく、ドラフト時に狙っていた選手なのでしょう。でも、ここまで巧妙にやるかな?
 巨人にとっては大いに痛手だと思います。悪くても守備固めの楽天藤田選手タイプだろうと思っています。
 そして、プロテクトは公表されませんが高卒2年目の選手も狙われるとわかったので、今後のFA戦線はかなり変化しそうです。

| | コメント (0)

2015年1月 7日 (水)

2014年を振り返って

 2015年になりました。本年も宜しくお願い致します。

 一昨年の鬱を引きずっていた形ですが、昨年はかなりgdgdでした。
 でも、得られたものも大きかったように思います。自分を知ることは重要ですね。思った以上にイライラしていることや心配症なことを理解しました。
 そして、やはり「売り言葉に買い言葉」はダメですね。あれは「本人が言っているんだから、それを信じろ(大意)」という書き込みを見て、ムカっとしてやってしまったという……。本人が言ってても嘘なことはあるでしょ? STAP細胞はなかったでしょ?
 関係ない人に迷惑をかけたと思っています。あまり後悔はしていないけど(もっとスマートな方法をとれたらよかったような)、ごめんなさい。
 おかげで様々なことに対して徐々に吹っ切れてきています。恐らく、これを乗り越える必要があったのでしょう。若干視野が広くなったような気もします。

 今年の目標は何にしようかな? 残り人生の目標を決めるとかどうだろ? 目標を決めたことがないんよね。

 『天使の3P』を読んで、音楽のコードを多少理解できました。メジャーとかマイナーとか7とかそういうことなのね。サグたんは説明が上手だなあ。

 「ためしてガッテン」だったか、重曹を入れるて麺を茹でるとインスタントラーメンが美味しくなるというのを見て以来、カップ麺に重曹が入ってたらどうなるんだろうと思っています。スープに重曹が入るとまずくなるようなので、酸辣湯のスープにしてしまえば、酢と重曹が反応するのではないかとか(笑)。ソーダ水は酸+重曹でつくるようなので、炭酸スープになるでしょうが、少量なので大丈夫じゃないかな?


年間アクセスランキングTOP100

 年末年始はゴロゴロしていたせいでネタがありません。ぶりおいしい。あごだしおいしい。ごまさばおいしい。

 昨年は面白い事件が豊作でしたね。個人的には、昨年の漢字は「嘘」なんだよな。嘘がバレた人が非常に多いように思います。
 片山ゆうちゃんも佐村河内さんも小保方さんも野々村県議も全部嘘なんよね。そしてそれぞれに恐ろしいほどキャラが立っている。
 その釈明会見のいくつかが非常に面白かったという年だろうと思います。「ダメよダメダメ」よりも「ありまぁす」の方が生き残るだろうしね。

 2ちゃんねるのクーデターも大きかったですね。どこかで手打ちしているのだと思いますが、ひろゆきの求心力はなくなったのだろうと思います。でも、蛇の道は蛇で、ネット業界は結局つながってるんだろうな。
 Twitterにコミュニティ機能があればいいのにね。LINEにはあるのかな?

 他には、『ハイスコアガール』は裁判に発展しましたがどうなるのでしょうね? これまでグレーゾーンだったところが真っ黒になったらダメージが大きいと思います。

 世界的には「ウクライナの紛争」「ISIS」「原油安」「エボラ」あたりでしょうか? 特にISISの広がりは不気味です。

 今年は何が起きるのかな?


噂はぜーんぶハズレだよ

 煽るなあ(笑)。
 正直、こうやって反応してくれるところが大好きです。素直に反応してくれるんだよな。面白い! アホかわいいゾ!(笑)

 ところで噂って何だろうね?

 ①旦那について
 ②仕事の減少
 ③舞台への移行
 ④離婚

 ②~④はアンチの人が言っていることで、①は自分が言っていたことですね。
 ①については泳がせておけばそのうちボロが出ると思っています。隠しきれるもんじゃないっしょ。まだ指輪は確かめていません。
 ②については、仕事量は減るけど問題ないと思うな。続編もあるし、アニプレックスの仕事もあるし。
 ③については、舞台をするには阿澄さんはあまり上手くないというのがひっかかりますね。大胆な衣装は見てみたいです。
 ④直感でしかありませんが、離婚はないと思います。10年後にならあるかもしれませんが。

 全部外れと言っちゃうということは、何か当たりがあると思っています(笑)。もしくは、イライラして書いてしまった、単なる煽りね。
 アスミスは直接2ちゃんねるに書き込んでいると思うんだよなあ。煽り合いたいわ。

エントロピーをめぐる冒険 初心者のための統計熱力学

 読んでみてやっぱりわからないエントロピー。
 まだ最後まで読み終わっていないけど、ところどころ「?」なところがあります。狐につままれたような気分。

 温度が逆にエントロピーから決まる数値だとわかったのは、統計力学を理解するうえで重要かも。
 
 様々な人と論文の偶然の出会いがエントロピーを有名にしたんだなあと思うと感慨深いです。熱素という考え方があったのも新鮮。この方が分かりやすいけど違うんだよね。

ドコモはなぜ“3日間で1GB”の通信規制を撤廃できたのか

 なるほどこういうことだったのですね。
 しかし、ユーザ数ではなくARPU(加入者ひとりあたりの月間売上高)を重視したということなのでしょう。ドコモがそういう戦略をとるとは予想外でした。VoLTE導入のためとばかり思っていました。
 新料金プランの評判は良くないですが、NTT法の緩和で「ドコモ光」のセット割も始まりましたし、今後反転攻勢になるのでしょうか? また、auやソフトバンクの動向も気になるところです。

二浪、プロでの葛藤、引退後の進路。元SB江尻慎太郎の「人生のFA宣言」。

 江尻投手は文章が上手い印象が強いです。野球以外でも活躍できる才能があると思っています。ホークス球団から一般社会に進む選択も提案されたというのもわかります。可能性を狭める必要はない。
 ホークスってソフトバンクになってかなり面倒見が良くなったように思います。ひとりひとり親身に進路を提案している印象。

 江尻投手は、投手としてはサイドスローにして生き残ったんですね。小林繁さんが育てたのか。
 フォーム変更など苦労されており、様々な球団を渡り歩いていますし、一般社会を経験して野球界に戻ってくれば重宝される人材になるのではと思います。

 江尻投手、お疲れ様でした。今後の活躍を期待しております。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »