« 暴力表現規制のあり方 | トップページ | ついに国税局にまで狙われる »

2015年4月 7日 (火)

食道発声法

 そろそろ発達障害の治療が終わるかもしれません! 薬物に頼らず認知行動療法で行けそうです。発達障害の薬って、覚醒剤の仲間に思えてならないんだもの。そりゃあ子供には禁止されますわって感じ。お薬怖い。

 『ダンまち』を見るに、やっぱり水瀬いのりさんは声優としての才能があるね。子役から声優になってくれてありがとうございます。声量はわからないけど、少なくとも声色を変える能力はある感じです。
 日高里菜さんっぽいと感じる人も多いようですが、私は堀江由衣さんっぽく聞こえました。今後は叫び声と泣き演技を期待したいです。


つんく♂声帯摘出に医師も「素晴らしい決断」
つんく♂「もう一度自分の声で」 勇気のリハビリ「食道発声法」開始

 祖父の友人に似たような状態の方がいたので、状況は何となく把握できています。
 恐らくつんくさんの喉には穴が開いています。それを見られないために、つんくさんは喉を隠しているのだと思います。
 「食道発声法」の声は、びりびりと震えたような声です。確か最初は振動させる機械を使っていたような(これは機械式人口咽頭で違うものらしい)。
 子供心には、喉に穴が空いていることもあって、怖い声に聞こえていたように思います。でも、声帯がなくなってもしゃべれるんですよね。不思議です。

 つんくさんは『「ああ、良かった!」と思える大学生活をセルフプロデュースしてください!』と近畿大学の新入生にエールを送っていました。
 彼らは良い大学生活を遅れそうな気がします。挫折しそうなときに、つんくさんを思い出し奮起できるのではないでしょうか?

 私はセルフプロデュースはできないものの、「自分プロジェクトを運営しよう」という意識を持てるようになりました。発達障害者にとって自分をコントロールするのが恐らく一番難しいはず。
 だって、忘却や衝動、過集中や不注意が自分の意志に関係なく起きるんだもの(笑)。これをコントロールできるようになったら、プロジェクトをコントロールすることもできるっしょというね。

 つんくさんに負けないように、頑張って行きたいものです。様々な記事を見るに、つんくさんは慕われてますね。


「H×H」の“キルア”が1月に結婚 妊娠も判明

 伊瀬さんおめでとうございます。やっぱり舞台降板は妊娠だったのですね。リュドミラの演技が良かったです。
 「関係者への取材で分かった」というのが意味深ですね。報告したくてそういうことにしたのか、関係者のタレコミがあったのか、記者が取材してわかったのか…?

 そして、噂でしかありませんが、『惡の華』のジュノンボーイがお相手とか? これがもしも本当ならば、かなり年下をつかまえたことになります。姉さん女房ですね。
 でも、これが本当ならば、「妻だけ報告して、夫は報告しないって何?」ってなるんよね。「誰に向けての報告なのか?」ってね。本人が祝われたいだけの報告に思えてしまって、こればかりはどうも納得がいかない。「報告するなら夫妻で報告すべきじゃない?」ってイラッとしてしまうのは、純粋すぎるんかなー?(むしろ気が短いと言うべきか)

林原めぐみさん、オフィシャルブログ「Heartful Station」スタート

 ラジオが終わってもブログは始まっています。ハートフルステーションは不滅ですね。今年の林原さんは攻めています。

ダイソン、未来の二次電池“全固体電池”実用化に向け米バッテリー開発ベンチャーに出資

 「ナトリウムイオン電池」や「リチウム空気電池」、「マグネシウム電池」などリチウムイオン電池の次の候補がありますが、「全個体電池」という電池もあるんですね。ダイソンが目をつけるというのことはかなり有望なのかもしれません。

|

« 暴力表現規制のあり方 | トップページ | ついに国税局にまで狙われる »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暴力表現規制のあり方 | トップページ | ついに国税局にまで狙われる »