« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月15日 (月)

交流戦が終わる

 Googleアナリティクスというのをブログに設置してみました。うまく動いているのかな? 最近、httpsが増えてきて、暗号化されているせいで、検索ワードなどがわからないんですよね。Googleのサービスならば、Googleの検索ワードだけは取得できるようです。ものは試しですわ。完全に実験です。

 ドラフト評価は一向に進んでおらず1/3ほど終わったところで中断中。さすがにオールスター前までには終わらせたいけど、気持ちが乗らないという。単純に入力がかったるいんですよね。結果は見ていて面白いです。今のところ、日ハムが相当いいなあという結果になっています。


交流戦 8年ぶりパ全勝 4度目の2桁以上勝ち越し確定

 交流戦も残すは1試合。今年の交流戦も「実力のパ」でした。
 この状況の原因はDH制だろうと予想されていますし、私も賛同します。DH制が投手を育て、投手が野手を育てる好循環なんですよね。

 他の原因を考えるに、セ・リーグの「高齢化」「世代交代の失敗」だろうと推察します。
 巨人・中日を見るに、高齢の選手が多いように見受けられます。開幕時の平均年齢は、巨人が31.8歳で中日が32.4歳みたい。野球で強いのは27~30歳のようなので、明らかに高齢ですね。反対に若いのが日ハムで25.2歳らしい。今でも強いのに、この2年後に最強となることを考えると恐ろしいです。

 では、なぜ高齢化したのか? 結局は「ドラフトの失敗」と「育成の失敗」でしょう。長距離砲を育てよう、エースを育てようとしても半分は失敗するものです。しかし、即戦力に行き過ぎたのではないでしょうか?
 長距離砲は大抵上位(1~2位)でないと獲得できないものです。日ハム中田選手は高校1巡(分離ドラフト)、西武中村選手は1位、森選手も1位、ソフトバンク柳田選手は2位、松田選手は1位です。高打率の選手は下位にもいるんですけどね。
 セ・リーグでもヤクルト畠山選手は5位ですが、横浜筒香選手は1位で、ヤクルト山田選手も1位です。上位の方が成功しやすいのは明らかですね。

 過去3年の上位野手指名率を計算したところ、次のようになりました。

1位 巨人 67%(4/6)
2位 日本ハム 50%(3/6)
2位 広島 50%(3/6)
4位 ロッテ 33%(2/6)
4位 西武 33%(2/6)
4位 阪神 33%(2/6)
7位 ソフトバンク 16%(1/6)
7位 楽天 16%(1/6)
7位 オリックス 16%(1/6)
7位 横浜 16%(1/6)
11位 中日 0%(0/6)
11位 ヤクルト 0%(0/6)

 巨人のドラフトは良さそうです。捕手や長距離砲を獲得している。ただし、大塁選手や和田選手は長距離砲ではないので疑問が残ります。セ・リーグでは、巨人・広島・阪神の打線は改善しそうです。しかし、中日とヤクルトはかなりまずい気がします。
 パ・リーグではソフトバンク・楽天・オリックスがいまいちですね。今年のドラフトでは長距離砲を狙うのかに注目したいです。ちなみに、日本ハムの大谷選手は投手としています。日本ハムは理想的ですね。大砲候補・ショート・捕手を獲得できています。

 育成に関しては、大きく育てているのはパ・リーグなのでしょうね。豪快な打撃のバッターが多いです。セ・リーグで豪快なのは、畠山選手と筒香選手ぐらいかな? 強い打球の方が内野手の間を抜けるのでヒットになりやすいと思うんですよね。従って、ミートが同じならば、フルスイングの方がいい。当てるだけならファールの方がいいということだと思います。
 投手の育成に関しては、セとパは同じじゃないかな? パ・リーグはストレートが多いという印象だと思いますが、そうではないはずです。むしろストレートだけだと確実に打たれます。打たれないストレートとストライクをとれる変化球が必須です。
 NPBでは150キロを超えると被打率が大きく落ちるようです。従って、150キロを超えるように育てた方が良いはずです。そのうえで、ストライクをとれる変化球を身につける。ホークスも千賀投手はこの段階だと思います。
 現状のパ・リーグは、投手は良くはないけど野手が育った段階です。今後投手が育つのだろうと思っています。そういう好循環がセパの戦力格差を生んでいるのでしょうね。結局、試合が選手を育てるのだと思います。


PERSONA3 蒼鉛の結晶

 当日券で見てきました。なんだかんだで見てるんだよね(笑)。千秋楽でした。
 隣の方が熟練者だったようで、「動かないでください」と注意されました。やっぱり舞台のマナーってあるのね。映画よりも敷居が高い想像は正しかったのか。ADHDがじっとするのはかなりきつい。観劇後に肩が凝っていました。次回があったら注意してマナー良くしよう(汗)。
 かなり面白く、かなり完成度が高くなっていました。映像を使った演出がうまくなってた! 違和感が少ない! シャドウ役のパフォーマーの動きがかっこいい! 動きと映像のシンクロがすごい! 落ちる演出が多かったのですが、奈落はどうなってるのでしょう?と興味津々でした。
 阿澄さんの動きも良くなっていたように思います。薙刀に振り回されてない。
 ペルソナ3をやっていないので、ストーリーも新鮮でした。そうなるのねー。なんとなくわかるようになりました。
 ZAQさんがインパクトのある歌声でした(ハミング?)。さすが歌手ですね。そういう歌声の使い方もあるんだなーって感じでした。ゲームのアイギスも、ZAQさんがやっていたようなスクワットや肩の動きがあるもの?
 男優では、植田くんの2役が面白かったです。キャラがかなり違うので。

AKB総選挙2位・柏木由紀とジャニーズメンバーの「浴衣抱擁写真」

 週刊文春の全方位爆撃は正直すごいです。総選挙後にスクープ写真を公開するのも手馴れている感じがします。総選挙前だと警備を強化する必要があるからだろうな。今後の対処に注目したいです。

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

感想:チャッピー

 ADHDでグレーゾーンなアスペルガー症候群なのですが、都合が悪いことに完璧主義のADHDみたいなんですよね。ゲームとかでは、最初は丁寧に進めているのですが、途中で飽きて投げ出すわけです。きっかけは大抵コンプリートできなかった時ですね。実社会では投げ出すわけにはいかないので、無理やり先に進めるか、もしくはその場で足踏みしています。ということで、完璧主義をやめなきゃいけないわけですが……折り合いが本当に難しいですわ。

 アスペルガー症候群の配偶者に「カサンドラ症候群」という症候群になる人がいるらしいです。アスペルガーの性質上、どうしても共感性に乏しいので、配偶者が孤立してしまうのでしょうね。
 また失敗してしまったのですが、これに似た状態になっているのかもしれません。「失敗した失敗した失敗した失敗した」という心境で、ちょっと落ち込んでます。良かれと思ってやっていることが、うまくいっていないのでしょう。発達障害者のリーダーって無理ゲー過ぎませんか?
 そうは言っても任されていることをこなすしかないので、周囲への気配りができるように、もうちょっと成長したいと思います。

 やはりホークスは交流戦が得意なようです。連勝できて良かった!
 セ・リーグの各球団を見ていると、世代交代の難しさを痛感します。中日は世代交代に失敗してBクラスに転落しました。巨人と阪神は現在Aクラスですが、世代交代がうまくいかない限り、あっという間にBクラスに転落すると思います。ホークスもそろそろ世代交代なので注意が必要です。
 各球団のドラフトを見ていて、「即戦力ってそんなに必要?」と感じます。即戦力を求めるのは、直近の5年間のドラフトが失敗しているということです。高卒ドラフトで育成が間に合わない、優勝を狙える戦力が整ったなどの理由で、たまには即戦力ドラフトを行うことがあるでしょう。しかし、毎年毎年即戦力ドラフトはおかしいように思います。
 即戦力ドラフトを行うと、その選手が即戦力ではなかった時に世代交代できないんですよね。そこで終わってしまう。育成を前提としたドラフトを行うと、世代交代をイメージしながら数年後の戦力を計算できるわけです。高卒をとったがうまく育成できなかったので即戦力で補おうとか、高卒をとってうまく育成できたがライバルがほしいので即戦力ではない大卒をあてがおうなどです。
 こうするとスケールが大きな選手を指名するようになります。特に巨人のドラフトが疑問なのですが、非力な打者を上位指名するんです。遊撃手や捕手なら有力ですが、二塁手や外野手ならば長距離砲タイプを選択すべきだと思います。非力な打者は下位指名やトレードなどで獲得すべきでしょう。
 やっぱり身体能力が高い選手を大きく育てた方がいいのだろうなということです。パ・リーグのAクラス球団を見て強く感じます。しかし、ロッテの清田選手があそこまで打つのは予想できませんでした。ドラフト時点でもノーマークですし。
 今年のホークスは松田選手の後釜を獲得できたらラッキーだなと思います。基本は先発と中継ぎの左腕を狙った即戦力ドラフトになるのではないでしょうか?


●感想:チャッピー

 また南アフリカでげんなりしました。『第9地区』を高く評価しすぎていたみたい。ニール・ブロムカンプという監督は、出身地である南アフリカを舞台にしちゃうのか。
 正直、今回は南アフリカよりもアメリカが舞台の方がそれらしかったのではないかと思います。

 たぶんサイバーパンクです。近い将来、実生活でも直面する可能性がある「AI」がテーマだと思います。2045年問題です。サイバーパンクへの知見があまりなく、攻殻機動隊ぐらいしかわかっていません。しかし、影響は受けているんじゃないかな?
 その他にも、ニンジャがいたり、変な日本語の服を着ていたり、カンフーしていたり、ベイマックスっぽいロボットへの呼びかけがあったり、ヒロインがアニメ声だったり、電波ソングが急に流れたり、オタク色が強い映画だと思います。

 面白いけど第9地区の方が好きかな? 第9地区ほどグロくはないので、さっぱり見たい人には良いと思います。でも、完全にオタクがつくった映画なので覚悟はした方がいいです。


マイナンバー法改正案、採決当面見送りへ 年金機構の漏えい事件影響

 マイナンバーのシステムをつくっている企業や関係者にとっては良いことなのか悪いことなのか。こういう形で影響が出るのですね。
 人的なミスって発生するものなんですよね。ウイルスに感染するし情報漏洩は起きる。これを前提にシステムを構築するしかないのではないかと、何となく思います。ウイルスに感染しても情報漏洩しないシステムとかができたら、その方がいいのかな? 情報漏洩が起きても少ない件数で食い止められるシステムとか素敵ですよね。

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

お渡し会に行ってみた

 交流戦が始まっています。勝敗としてはまずまずなんですが、今宮選手の不調にイライラが募ってます(笑)。さすがに2番から8番に降格してもいいんじゃない?
 今回より交流戦のルールが変わって、でも球場に行きたいので、どうしようかなあと思案しております。雨で順延というのが個人的に一番都合が良いのかも。

 弥生人と稲作と古代神道は中国江南地方より伝わったと考えております。
 ジャポニカ米は暖かい地方しか育ちません。現在、東北地方や北海道でも育ちますが、これは品種改良の成果です。だから、寒い地方から伝わるわけがないのです。南から伝わったと考えるのが自然です。
 神仙思想のうち仙人が伝わらなかったのは、数代を経て日本に来たからだろうと思います。仙人って山に住みますよね。でも、島々で生きると仙人のリアリティがない。そこで仙人が捨てられて神祇が残った。
 それに対して、鉄と仏教は朝鮮半島経由だろうと思います。しかし、これは相当時代が下っています。稲作が弥生時代とすると、鉄は古墳時代で仏教は飛鳥時代。
 日本には製鉄の技術はあったものの、朝鮮半島への依存度が高かったのだろうと予想しています。
 仏教は百済経由でもたらされたのでしょう。また、朝鮮半島の南部には倭の勢力圏があったと予想しています。その中心は百済という友好国ですね。

 倭の五王って晋を除いて南朝に朝貢しているんですね。その前の魏志倭人伝を見ると、魏→晋までは北部なのに、そのあと南朝重視になっている。
 その後、隋になって北朝との国交の必要が生じるわけですが、そこで対等外交に転じます。南朝支持だから北朝に対して強気だった可能性はあります。白村江では唐とも戦っていますしね。中国を軽んじていたと思われます。
 要するに、隋になるまでは中国江南地方をあてにしていた可能性があります。呉ではなく魏を選択しているのは不思議ですけど・・・そうすると長江流域ではなく淮河流域かもしれないなあ。山東半島あたりとか?


EDテーマ「ここから、かなたから」発売記念イベント実施決定!

 はじめて「お渡し会」というものに参加してみました!
 お渡し会って何をするのかなあと思ったら、ポストカードを手渡しされて、おしゃべりするんですね。それを見た瞬間あわあわしてました(笑)。何を喋ればいいのさ!
 某所に行ってもらいたいセリフを考えろと書かれていたので、今回はそれにしました。結果、大橋歩夕さんからはセリフをゲットできましたが、高森奈津美さんからはゲットできませんでした。「最終回まで見て欲しい」ってさ。ちょっと最終回っぽいセリフを要求しちゃったかな?
 ちょっと声色を変えて要求することも考えたのですが、恥ずかしいのでやめました。やっぱ無理。
 セリフ要求のお陰で時間は潰せたものの、それでよかったんかなあ? ラジオで鹿乃さんが好きと言っていた「ミラ」はくじら座の変光星だよと教えてあげた方が良かったかな?と終わったあと思ったものの、ラジオにメールを送ればいいような気がするので、まあいいかという気分です。

 とりあえず、お渡し会は結構恥ずかしいです。声優さんはお仕事とはいえ頑張るなあと思いました。ちなみに女性はひとりだけだったように思います(笑)。プレアデスは女性にもオススメですよ! キラキラしててかわいいよ。

 心の中で「某声優さんによろしくね」と思いつつ、つつがなくお渡し会は終了したのでした。


株式会社トリアスと有限会社トリトリオフィスは合併し、株式会社パワー・ライズが始動致しました。
山村響がトリトリオフィスを離れ、東京俳優生活協同組合の所属に
種﨑敦美もトリトリオフィスを離れて6月1日からフリーとして活動
大橋歩夕もトリトリオフィスを離れて6月1日からフリーとして活動

 トリトリオフィスに何があった?!

 株式会社と有限会社だから吸収合併なんだろうけどね。かつてトリアスに所属していた府川さんが社長で、トリトリの谷津さんが専務だし。
 でも、新事務所はトリトリオフィスに近いっぽい。どちらも九段南だし。
 そもそも両方の事務所に詳しくない。というか、トリアスの方は初めて聞きました(笑)。というわけで、もともと関連のあった会社なのか知らないんですよね。
 3人も逃げるということは、恐らく吸収合併でマネージャーも逃げたということなのでしょう。だから、かなり性質が異なる事務所なのだろうと予想します。

 大橋さんはトリトリ最終日にお渡し会だったのね。まあ、記念ということで。

町村前衆院議長 死去

 清和会の重鎮が亡くなってしまいました。これでまた安倍首相を止める人がいなくなったのかな?
 こういう訃報を聞くたびに、政治家って結局は長く生きた方が強いのではないかという気がしています。

Windows 10の無料アップグレード提供日が7月29日からに決定!

 Windows10がそろそろになってきました。無料アップグレードは人柱の反応待ちですよね?

Windows 10は7月29日リリース

 7月29日リリースなのですね。って……パッケージ版は未定なのか。タブレットがほしいので、検討しております。

Windows 10の自作PC応援キャラクターが公開、6月19日より名前募集がスタート!

 今回のCVは野中藍さんらしいです。窓と10は必須ですよね。なにかいいのはないかな?

不正アクセスで年金情報125万件が流出か

 日本年金機構ってメンバーは社会保険庁とほとんど同じらしいですね。同じ人が管理するんだから、今回の事件は仕方がないように思います。起きた事件の内容は大きく異なるんですけどね。
 収拾をつけるためには、真っ正直に情報公開するのが一番良さそうです。マイナンバーへの影響が心配されますが、どうなるんでしょうね。

シャープ退職者を狙うアイリスオーヤマの戦略とは?

 アイリスオーヤマって好調ですね。いつの間にか家電メーカーへ変化していっています。それを支えているのは、リストラされた技術者なのでしょう。
 ベースアップはできるけれどベースダウンは難しいのが正社員です。そこで早期退職支援などが実施され、要するに首切りが行われます。そういう人をアイリスオーヤマは再雇用しているということなのでしょう。
 同時に、日本では技術者のゴールも管理職なんですよね。管理職になれる人が少ないという理由もあるでしょうが、技術者を極めるという価値観は見捨てられている。アイリスオーヤマはその価値観を突きつけているように思います。

メジャーでもついに先発6人制を導入する球団が 故障防止につながるか

 日本の文化が輸出されます。これは非常に良いことですが、メジャーでは出場枠が25人なんですよね。日本では28人なので3人も違う。これはかなり大きいですよね。これを変更すればメジャーでも先発6人制が流行するんじゃないかな?

MERS:人同士の感染懸念「日本でも対策必要」

 韓国でここまでMERS感染が進んだら、日本に来るのは止められませんね。いよいよ覚悟したほうが良さそうですよ。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »