« 感想:チャッピー | トップページ | 7月3日、セ・リーグ全球団が借金 »

2015年6月15日 (月)

交流戦が終わる

 Googleアナリティクスというのをブログに設置してみました。うまく動いているのかな? 最近、httpsが増えてきて、暗号化されているせいで、検索ワードなどがわからないんですよね。Googleのサービスならば、Googleの検索ワードだけは取得できるようです。ものは試しですわ。完全に実験です。

 ドラフト評価は一向に進んでおらず1/3ほど終わったところで中断中。さすがにオールスター前までには終わらせたいけど、気持ちが乗らないという。単純に入力がかったるいんですよね。結果は見ていて面白いです。今のところ、日ハムが相当いいなあという結果になっています。


交流戦 8年ぶりパ全勝 4度目の2桁以上勝ち越し確定

 交流戦も残すは1試合。今年の交流戦も「実力のパ」でした。
 この状況の原因はDH制だろうと予想されていますし、私も賛同します。DH制が投手を育て、投手が野手を育てる好循環なんですよね。

 他の原因を考えるに、セ・リーグの「高齢化」「世代交代の失敗」だろうと推察します。
 巨人・中日を見るに、高齢の選手が多いように見受けられます。開幕時の平均年齢は、巨人が31.8歳で中日が32.4歳みたい。野球で強いのは27~30歳のようなので、明らかに高齢ですね。反対に若いのが日ハムで25.2歳らしい。今でも強いのに、この2年後に最強となることを考えると恐ろしいです。

 では、なぜ高齢化したのか? 結局は「ドラフトの失敗」と「育成の失敗」でしょう。長距離砲を育てよう、エースを育てようとしても半分は失敗するものです。しかし、即戦力に行き過ぎたのではないでしょうか?
 長距離砲は大抵上位(1~2位)でないと獲得できないものです。日ハム中田選手は高校1巡(分離ドラフト)、西武中村選手は1位、森選手も1位、ソフトバンク柳田選手は2位、松田選手は1位です。高打率の選手は下位にもいるんですけどね。
 セ・リーグでもヤクルト畠山選手は5位ですが、横浜筒香選手は1位で、ヤクルト山田選手も1位です。上位の方が成功しやすいのは明らかですね。

 過去3年の上位野手指名率を計算したところ、次のようになりました。

1位 巨人 67%(4/6)
2位 日本ハム 50%(3/6)
2位 広島 50%(3/6)
4位 ロッテ 33%(2/6)
4位 西武 33%(2/6)
4位 阪神 33%(2/6)
7位 ソフトバンク 16%(1/6)
7位 楽天 16%(1/6)
7位 オリックス 16%(1/6)
7位 横浜 16%(1/6)
11位 中日 0%(0/6)
11位 ヤクルト 0%(0/6)

 巨人のドラフトは良さそうです。捕手や長距離砲を獲得している。ただし、大塁選手や和田選手は長距離砲ではないので疑問が残ります。セ・リーグでは、巨人・広島・阪神の打線は改善しそうです。しかし、中日とヤクルトはかなりまずい気がします。
 パ・リーグではソフトバンク・楽天・オリックスがいまいちですね。今年のドラフトでは長距離砲を狙うのかに注目したいです。ちなみに、日本ハムの大谷選手は投手としています。日本ハムは理想的ですね。大砲候補・ショート・捕手を獲得できています。

 育成に関しては、大きく育てているのはパ・リーグなのでしょうね。豪快な打撃のバッターが多いです。セ・リーグで豪快なのは、畠山選手と筒香選手ぐらいかな? 強い打球の方が内野手の間を抜けるのでヒットになりやすいと思うんですよね。従って、ミートが同じならば、フルスイングの方がいい。当てるだけならファールの方がいいということだと思います。
 投手の育成に関しては、セとパは同じじゃないかな? パ・リーグはストレートが多いという印象だと思いますが、そうではないはずです。むしろストレートだけだと確実に打たれます。打たれないストレートとストライクをとれる変化球が必須です。
 NPBでは150キロを超えると被打率が大きく落ちるようです。従って、150キロを超えるように育てた方が良いはずです。そのうえで、ストライクをとれる変化球を身につける。ホークスも千賀投手はこの段階だと思います。
 現状のパ・リーグは、投手は良くはないけど野手が育った段階です。今後投手が育つのだろうと思っています。そういう好循環がセパの戦力格差を生んでいるのでしょうね。結局、試合が選手を育てるのだと思います。


PERSONA3 蒼鉛の結晶

 当日券で見てきました。なんだかんだで見てるんだよね(笑)。千秋楽でした。
 隣の方が熟練者だったようで、「動かないでください」と注意されました。やっぱり舞台のマナーってあるのね。映画よりも敷居が高い想像は正しかったのか。ADHDがじっとするのはかなりきつい。観劇後に肩が凝っていました。次回があったら注意してマナー良くしよう(汗)。
 かなり面白く、かなり完成度が高くなっていました。映像を使った演出がうまくなってた! 違和感が少ない! シャドウ役のパフォーマーの動きがかっこいい! 動きと映像のシンクロがすごい! 落ちる演出が多かったのですが、奈落はどうなってるのでしょう?と興味津々でした。
 阿澄さんの動きも良くなっていたように思います。薙刀に振り回されてない。
 ペルソナ3をやっていないので、ストーリーも新鮮でした。そうなるのねー。なんとなくわかるようになりました。
 ZAQさんがインパクトのある歌声でした(ハミング?)。さすが歌手ですね。そういう歌声の使い方もあるんだなーって感じでした。ゲームのアイギスも、ZAQさんがやっていたようなスクワットや肩の動きがあるもの?
 男優では、植田くんの2役が面白かったです。キャラがかなり違うので。

AKB総選挙2位・柏木由紀とジャニーズメンバーの「浴衣抱擁写真」

 週刊文春の全方位爆撃は正直すごいです。総選挙後にスクープ写真を公開するのも手馴れている感じがします。総選挙前だと警備を強化する必要があるからだろうな。今後の対処に注目したいです。

|

« 感想:チャッピー | トップページ | 7月3日、セ・リーグ全球団が借金 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:チャッピー | トップページ | 7月3日、セ・リーグ全球団が借金 »