« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

福山雅治結婚

 ホークスが弱い! 弱すぎる。松中さんが打席に立った試合は全て負けています(笑)。
 肥後もっこすだなあ、松中さん。もっと良い形で引退しなよと思うのですが、他人の迷惑顧みずなところが松中さんらしいなと思います。面白いおっさんだわ。
 怪我が怖いと思っていたら、柳田選手も怪我してしまいました。内川選手も休んでいるし、CSは大丈夫なのでしょうか? 中継ぎ投手も疲弊しているので、ちょっと心配です。

 島袋投手が1軍で投げました! ここまで復活したのは本当にすごいです。変化球のコントロールがまだまだなようですので、来年は変化球を鍛えて1軍で活躍してほしいものです。

 今年のドラフトはさっぱり読めません。小笠原投手まで肘を怪我しているし! 2008年のようにドラ1が不作だったりするのでしょうか? そんな中でも当たりを引き当てたいものです。
 ドラフトでは私はブラフ連呼厨です。かなり昔から連呼していたので、定着して満足だったりします(笑)。

 初期から三軍すごい三軍おすすめと言っていたので、最近の三軍賛美に戸惑う。気付くのが遅いよ!
 金満じゃないとできないという話だけど、高額外国人1人分で可能だろうと思っています。恐らく年間4~5億円。
 その程度ならば投資できる球団もあるんじゃない?
 そろそろ三軍を成功に導いた人々を描いた本や雑誌の特集を読んでみたいです。


福山雅治が吹石一恵と衝撃婚!4日ラジオで生報告へ

 福山雅治の結婚は正直驚きました。結婚しないものだと思っていたから。
 お相手も情報漏れ。記事にはなったことがあるみたいだけど知りませんでした。芸能人情報には結構疎いんだよな。名前を覚えられないことも多いし。

 オールナイトニッポンの元リスナーなので、福山ファンではあるんですよね。長い間聞いていませんが。
 福山ファンは傷心の方が多いだろうな。既婚者でもショックを受けている方が多いのでは? 誰のものでもない福山さんが、特定の誰かのものになるんですもの。

 お相手の吹石一恵さんは、野球ファンとしては近鉄の吹石選手の娘さんで、オタクとしてはときメモの映画の藤崎詩織です(笑)。正直なところときメモをそこまで知らない(爆弾処理ゲームとかPCエンジンからはじまっているとかは知っている)ので、エガを見ていないのですが、オタクの基礎知識みたいな感じです。

 最近はユニクロのブラトップのCMがたいそうえっちぃですよね。何カップなんだろうなあ。巨乳というか美乳という感じ。エロいことで有名な福山さんが大好きそうです。

 今回も年の差婚で、おっさんが人気ですね。精力があるんだろうなあ。
 個人的には納得できるんですが、納得していないガチなファンも多いのは想像に難くないですね。

 末永くお幸せにって感じです。


現役続行・松中の行く末 ソフトBからも心配の声

 時事通信が「引退」と速報を打ち、球団より「退団」と訂正が入り、東スポが時事通信を煽り(笑)、時事通信が謝罪するという、なんとも奇妙な現役続行発表でした。

 どこか獲得してくれる球団はあるのかな? 完全にストレートに振り遅れているので、晩年の清原選手みたいなんですよね。もう無理じゃないかなあ?

西武秋山、史上最多214安打 一気5本で並んだ

 秋山選手おめでとうございます。もう無理かと思ってたけど、5安打の固め打ちは見事と言うしかない。新記録に期待します。

○感想:卑弥呼と天皇制

 最近、卑弥呼づいています。少しずつ自分が思い描く邪馬台国がはっきりしてきたように感じるんですよね。

 この手の本は大抵暴走します。思いが強すぎて暴走します。本書も暴走していると思うな。
 でも、ところどころ引っかかるんですよね。

 本書でようやく笠井新也さんという考古学研究者(教師)の存在を知りました。
 戦前に倭迹迹日百襲姫を卑弥呼と考えたのが笠井さんです。そして、水行を日本海側と考え、投馬国を出雲と比定しています。「投馬国=出雲」は個人的に大いにあり得ると思います。
 吉備が栄えるのはもう少し後の時代だと思うんですよね。それに、四道将軍を派遣するぐらいなので、敵対しています。私は国譲り神話を同盟だと考えているので、出雲が登場するのは自然に感じました。

 もうひとつが唐古・鍵遺跡です。
 欠史八代の皇后や后を調べると、日本書紀ではやたら磯城県主の血筋が登場するんですよね。恐らく、「磯城王朝」と呼んでも良いような勢力が存在していたのだろうと考えています。
 そして、この唐古・鍵遺跡があるのが磯城郡なのです。重要な遺跡に違いない!
 纒向遺跡よりも古い弥生時代の遺跡で、規模は吉野ヶ里遺跡よりは小さいようです。時期といい、規模といい、欠史八代のほとんどは磯城王朝っぽい。

 ということは、磯城王朝→卑弥呼王朝→崇神王朝→応神王朝→継体王朝なのではなかろうか?と妄想してしまいます。磯城王朝→卑弥呼王朝の血縁については、あるような気もするしないような気もする。本拠地が近いからあるのかな?
 唐古・鍵遺跡についてはまだ調査不足なので、もうちょっと調べてみようと思いますが、纏向遺跡にもかなり違いんですよね。いよいよ面白い遺跡だと思います。

○感想:ツクヨミ 秘された神

 戸矢さんも暴走していると思います。でも、問題意識がちょっと似ているんだよな。
 アマテラスとツクヨミがいて、なんでスサノヲがいるんだろう? そもそもツクヨミは男神なの?女神なの?などですね。

 太陽と月という二元論に、戸矢さんは天神地祇も含めようとしているように見えるのですが、私は意見を異にします。
 天神地祗ではなく、天神地祇人鬼で天地人だと思います。だから、アマテラスとツクヨミが天神(天津神)でも問題ないように考えているんですよね。

 むしろ個人的には、中国では「三」という数字が尊重されているように思えます。三皇五帝の三皇はその典型じゃないかな? 奇数が陽数で偶数が陰数なので、奇数の方を好んでいるだけかもしれません。その影響で、アマテラスとツクヨミにスサノヲを加えた可能性もあるように思います。
 三柱にして安定させるのは、他にも意図がありそうなのですが、本書を読んでもさっぱりわかりませんでした。

 唯一、アマテラスとツクヨミにスサノヲの三柱と三種の神器に関係がありそうだということはわかりました。天武天皇=ツクヨミとする戸矢さんの説には首をかしげていますが……

 私はアマテラスとツクヨミが天神(天津神)で、スサノヲが地祇(国津神)と考えています。伊勢神宮にはアマテラスとツクヨミが祀られているので、天津神の神社だと思います。
 スサノヲは出雲の国津神で、類似の神としては大国主、大物主、牛頭大王があります。大和と出雲の同盟に際して、出雲人が大和に入り、地祇を広めたように思えるのです。
 ツクヨミとスサノヲのエピソードは一部重なっています。性格が似ているのです。従って、一部習合が起きているのだろうと予想しています。

 また、陰陽に当てはめるとアマテラスという太陽の神が女神というのはとてもおかしいです。本書にもアマテラスが男神だったり、ツクヨミが女神だったりという記述があるように、性別は意識していなかった可能性があります。西洋ですとアポロンという太陽の男神とアルテミスという月の女神ですしね。
 日本では、太陽神を信じる巫女のせいで、アマテラスが女神となった可能性もあるように思えます。このあたりは何か証拠がほしいです。

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

感想:心が叫びたがってるんだ。

 シルバーウィークは、『true tears』聖地巡礼の続きに行ってきました。と言っても、前回行けなかった「比美乃江公園」に行っただけです。ついでに、北陸新幹線に乗り、氷見うどんと白えびを食べました。
 初めてまともに日本海を見たように思います。波が激しいのかな? 比美乃江公園では、海沿いは立入禁止なんですね。だから日本海は触れませんでした。それでも、高岡から氷見線で氷見に向かう途中、海が見えたときは結構感動しました。視界がぱっと晴れる感じです。

 『継体天皇と朝鮮半島の謎』を読んで、ひとつ気になることがありました。日本書紀に「古より今に迄るまで、皇位の継嗣が絶えたことにより、禍は起こってきた」とあるらしい。要するに、皇位の継嗣が絶えるようなことが起きているというわけです。それも、恐らく複数回起きています。1回だとたまたまでしかないのですが、複数回だから「皇位の継嗣が絶えた」→「禍が起こった」と因果関係を導けます。
 卑弥呼の前もあるかもしれません。例えば、「奴国→卑弥呼」ですね。
 しかし、「卑弥呼→崇神→応神→継体」と少なくとも3回の王朝交代があるんじゃないかなと考えております。「応神→継体」はこの記述がある皇位の継嗣が絶える事態なので、その前の「卑弥呼→崇神」「崇神→応神」で2回=複数回です。

 セ・リーグはヤクルトが優勝かな? 先発投手はそこまで安定していませんが、中継ぎと抑えが安定しているし、何より打てるのが大きいですね。ここにきてバレンティンも戻ってきましたし、このまま行くのではないかと思っています。

 ラグビー日本代表が南アフリカに勝てたのはかなり驚きました。スコットランド戦ではミスも目立って完敗でしたが。
 高校の後輩が日本代表にいるはずなんですよね。母校はそこそこ強いのに、東福岡という大きな壁に跳ね返されて花園に行けません。そんな中でも頑張って日本代表までなっているんだからすごいものです。
 ミスがあれば勝てないのがワールドカップだと思うので、ミスを減らして接戦を見たいなと思います。まだ力の差はあると思うからね。


●感想:心が叫びたがってるんだ。

 『ここさけ』を見ました。長井監督のアニメが好きですし。

 多くの人が気づいているのでしょう。『ここさけ』は『true tears』ですね。愛子がいないけど、「乃絵=順」で「比呂美=菜月」です。なぜこうなるかというと、たぶん脚本が岡田麿里さんだから。
 しかし、最後の展開は『true tears』と同じようであり、意趣返しなのかなとも思います。
 また、『あの花』でめんまを見えることにしたけど、今回はそうしていません。この点も意趣返しかな?

 決して傑作ではありません。最後もモヤモヤ感が残ります。しかし、悪くない凡作ではないかと思います。この路線は終了という意味で。

 「王子」に点をつけて「玉子」というネタなんですよね。それだけでしかない。
 それをここまで膨らますことができた。ちょっとした群像劇っぽくできた。それはそれで良かったんじゃないかな?

 長井監督と岡田麿里さんのコンビの『鉄血のオルフェンズ』が、10月より始まります。ガンダムです。評判が悪いけど一応ガンダムです。
 恐らく、ガンダムに移行するにあたり、この映画が必要だったのだろうと思っています。誰が要求したのかは不明です。アニプレックスかもしれないし、フジテレビかもしれない。でも、禊のアニメをつくってでもガンダムに移行したかったのだろうと思います。
 当然、面白いネタはガンダムの方につぎ込むんじゃないかな? このアニメは全力ではないと思います。余力があったと思う。前のめりにコケてないです。

 そういう映画なので、気楽に見るには良いかなと思います。

 主題歌と声優は政治的(ソニー的)なんですよね。そこが非常に残念です。
 水瀬いのりさんの声はかわいいですね。声優としては成功しそうです。この映画でも非常に良い感じの演技で好感を持てました。しかし、少し愛嬌が不足しているので、アイドル声優としては失敗すると思います。
 雨宮天さんの声は優等生なんですね。委員長タイプの声。ちょっとツンツンしている。以前の戸松遥さんもツンツンしていたけど、最近はだいぶ柔らかい声を出しているように思います。事務所の先輩のように柔らかい声を出せるようになったらいいですよね。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

 富山で見ました。そこそこまともなドラマだったかな? 子役の方がうまく感じました。

 1点残念なのは、「secret base」がいまいちだったことです。アニメでは3人が歌っています。3人で歌うと広がりが生まれてごまかせていたように思います。しかし、1人で歌うとうまくないと違和感が激しい。特に今回の歌声は幼さがあったので、ちょっと浮いていたのではないかと思います。

20人前後参加「水月会」28日発足…石破派

 無派閥を目指していたのにね(笑)。政治とは不思議なものです。これではっきりと派閥となり、堂々と行動できるのではないでしょうか?

独VW、排ガス不正でブランド失墜

 酷いなと思いつつも、どこに波及するのかわからない恐怖があります。
 ドイツ経済はもちろんですが、欧州経済に波及しそうですし、クリーンディーゼルをつくっている他社にも波及しそうです。当然、日本メーカーにも波及するでしょう。(特にマツダでしょうね)
 世界的に株価に影響がありましたが、そう簡単には収束しないように思います。日本で言えば、三菱自動車の不祥事に近いのではないかな?

欧州難民問題:米国やカナダは消極姿勢 IS流入恐れて
「難民の100人に2人はIS隊員」…恐怖に震える欧州

 難民の中にテロリストがいる恐怖。日本は受け入れるのかな? もはや対岸の火事ではないでしょう。そのとき、テロリストの存在をどこまで考慮するのか? それでも受け入れるのかの決断になると考えております。

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

古代豪族と王朝交代

 竹達さんが演じている文野はじめさんが何者なのか、ようやく理解しました。NOVELiDLEというのはそういうことか。しかし、作者はすべて文野はじめさんで、別にプロデューサーがいるという売り方は正しいのだろうか?

 ついに1台のPCをWindows10にアップグレードしてみました。
 スタートボタンからの操作が大きく変わっているので、そこは使いにくいのですが、他はそんなに使いにくさはないかな?と感じています。アイコンやフォントもそんなに違和感がない。もう少し使用して、評価を下そうと思っています。
 ついでに、Windowsタブレットを買いたいなという心境です。どうせならばWindows10がいい。そこで、最近調査を開始しています。近所に家電のアウトレット店が開店したので、そこも利用できたらいいなと思っています。


●古代豪族と王朝交代

 古代豪族について調べていたら、ふたつの氏族が気になっています。

 ひとつが息長氏。この氏族はやはり謎が多いですね。

 息長氏の出自は意富富杼王(応神天皇の孫)となっていますが、応神天皇の母である神功皇后(息長帯比売命)がすでに息長なのです。意富富杼王の祖母で、応神天皇の后である息長真若中比売も息長。彼女の父が息長田別王で、日本武尊(ヤマトタケル)の息子となっていますが、このあたりはあやしいですね。
 そして、意富富杼王の曽祖父が継体天皇なのです。
 継体天皇は息長氏の流れと考えた方が自然です。そして、継体天皇がなぜ成立したのかという点ですが、「息長氏が大王家である」「以前も同様の継承をしている」ということだろうなと思います。

 まず、神功皇后が超重要人物ということですね。三韓征伐を行ったことになっているぐらいですからね。実際に広開土王陵碑に倭が朝鮮半島を攻撃したことが記述されています。朝鮮半島に何らかの拠点は作っていたのだろうと予想します。

 次に、応神天皇が仲哀天皇と神功皇后の息子というのが非常に怪しいのです。出産を遅らせて福岡県の宇美で応神天皇を出産したということが古事記に書かれています。要するに、怪しいということをはっきりと書いちゃってるわけです(笑)。

 神功皇后までは巫女の時代だと思っています。
 今のところ、私は卑弥呼=倭迹迹日百襲姫命という説を信じているわけですが、そうすると台与=豊鍬入姫命の可能性が高いわけです。そして、倭姫命(豊鍬入姫命の姪)が伊勢神宮の初代斎宮となります。
 伊勢神宮には内宮と外宮があるので、倭迹迹日百襲姫命と豊鍬入姫命を祀ったのではと考えています。それが自然ではないかな?
 ちなみに、記紀では卑弥呼=神功皇后と考えていたようで、そのせいで長く生きた人が増えているのではないかと思います。それだけ神功皇后が重要人物だったということですね。

 巫女の時代に力を持つのは、巫女の父親と兄弟および一族でしょう。だから、倭迹迹日百襲姫命の父親である孝霊天皇相当の人物はいたと思っています。そして、当然地域の有力者がサポートしたのでしょう。

 もうひとつ気になっている氏族が磯城県主です。調べてみるまでまったく知りませんでした。最初に県主になった氏族らしいので、ヤマト王権の中心氏族と考えていいでしょう。
 日本書紀の一書として記載されているだけで、綏靖天皇の皇后、安寧天皇の皇后、懿徳天皇の皇后、孝昭天皇の皇后、孝安天皇の皇后、孝霊天皇の皇后です。欠史八代のほとんどの皇后を輩出しており、相当な有力氏族という認識です。半分は嘘でしょうけどね。

 王朝交替説というものがありますが、私の認識した王朝交代はちょっと違います。

 卑弥呼を初期のヤマト王権とすると、孝霊天皇と磯城県主の王朝があったことになります。仮に、卑弥呼王朝とします。

 その次に、実在が確実視されている崇神天皇の王朝、崇神王朝です。崇神天皇の娘が豊鍬入姫命であり、巫女の時代としては自然な王朝交代です。
 しかし、自然に王朝交代したい。そこで、孝霊天皇(卑弥呼王朝)の子孫を皇后としたわけです。ここに崇神王朝が成立します。

 その後が神功皇后や応神天皇の王朝です。ここでも、自然に王朝交代したいわけで、応神天皇の皇后が景行天皇(崇神王朝)の子孫を皇后とします。その息子が仁徳天皇で、ここに応神王朝が成立します。ちなみに、各地にある八幡神社の八幡神(八幡大菩薩)が応神天皇です。
 仁徳天皇の皇后が磐之媛命(葛城襲津彦の娘)なので、実質、息長葛城王朝です。
 しかし、ここで巫女の時代が終わってしまいます。神功皇后が応神天皇を産んでいるからです。神功皇后を巫女と考えると、巫女が天皇を産むのは前代未聞なわけです。
 
 その次が継体天皇の王朝です。ここでも、自然に王朝交代したいので、仁賢天皇(応神王朝)の娘を皇后とします。ただし、継体天皇が息長王朝の一族だったのは事実だろうなと予想します。そうでないと、安閑天皇と宣化天皇が成立しません。欽明天皇の時代となって、継体王朝が成立します。過去、女系天皇(婿入り)が成立していたためになされた措置でしょう。
 欽明天皇の后が堅塩媛(蘇我稲目の娘)なので、実質、息長蘇我王朝です。

 王朝交代で何が起きていたのかを考えるに、実は、恐らく間違いなく「女系天皇」がいます。「卑弥呼王朝→崇神王朝」「崇神王朝→応神王朝」が怪しい。男系による万世一系ではありません。
 なぜ女系天皇を許さなくなったのか? それは巫女の時代が終わったからでしょう。巫女の時代は巫女の血筋ならば正統だったのです。しかし、巫女の時代から大王の時代に移行したのです。それには、息長氏の思想も関連しているように思います。

 これをまとめると、次のようになります。

王朝巫女天皇続柄有力豪族
卑弥呼王朝倭迹迹日百襲姫命孝霊天皇磯城県主
崇神王朝豊鍬入姫命崇神天皇尾張氏・吉備氏?
応神王朝神功皇后応神天皇息長氏・葛城氏(尾張氏)
継体王朝継体天皇息長氏・蘇我氏(物部氏・大伴氏)

 王朝交代説では卑弥呼の王朝を無視しています。しかし、天皇の実在はともかく、王朝としては認めても良いのではないかと思います。


尾木ママ、佐野氏謝罪に「一般国民の常識では理解出来ません」

 佐野さんのエンブレム問題について、これまであまり興味がありませんでしたが、「一般国民」という発言への反応でようやく興味を持ちました。
 佐野さんは一般国民と別の世界にいるという認識なのでしょう。かつてのオタクの「パンピー」という言い方と近いかな? 「一般ピープル」ね。
 広告業界ってすごくガラパゴスなんですよね。日本に閉じているのではなく、さらに根深く広告業界に閉じている。日本人ですら呆れるほどの閉じ方。
 だから、自然と内と外の意識が芽生えるんだろうなと思います。

 当然、「一般国民」と言われた外側の人には、立腹する人や不快感を示す人がいるでしょう。

 私は、かつて同じような感覚を味わったことがあります。
 阿澄佳奈さんの結婚に端を発したわけですが、そのときの調査で声優業界の思惑が何となくわかったんですね。それも、今回と同様に内と外の意識。「ファンはファンでしかないでしょ」という拒絶。それを察したときに、すごく悲しくなりました。
 調査してわかったのが「一緒に盛り上げていきましょう」とやっていたのは建前だってこと。本音は拒絶でしかない。彼女の身を守ろうとしすぎて、本音を晒してしまったわけです。恐らく多くのファンが察したと思います。
 事情はわかるのですが、ネット工作までやっていると、それはやり過ぎだろうと言わざるを得ません。彼女ではなく、周囲がやりすぎたのです。

 政治家が「一緒に盛り上げていきましょう」とやっていても、それは何となく嘘っぽい。多くの人が感じていると思います。
 しかし、今回は政治家でなくデザイナーのひとりがそれをやってしまったんですね。「あなた方は外側の人ですよね」って。国民全員が参加するオリンピックということを理解せずに。
 芸能人は内側の人なので、その中には内側の論理を言ってしまう人がいると思います。しかし、それは残念ながらガラパゴスなのです。

 オリンピックも外圧のひとつですね。オリンピックによって多少でもガラパゴスな日本が解放できたら良いなと考えるようになっています。

 そう言えば、佐野研二郎さんの兄は佐野究一郎さんで、経済産業省の官僚らしいですね。
 そして、その友人のひとりが平井卓也さんで、自民党のIT戦略特命委員長でJ-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)代表だった人です。
 ネットに強い人が揃っているので、様々なネット工作が行われるのではないかと邪推します。

東芝、378億円赤字…不採算事業の整理加速

 本来は上場廃止になって逮捕されるべきだと思います。悪質な利益操作です。

 とりあえず今回の決算は発表されました。
 新しい体制と次の決算で、新生東芝をアピールできるかが鍵だろうと思います。次の決算は恐らく黒字でしょうが、きっと疑いの目で見られます。これをどのように払拭するのか、信頼を取り戻すのかに注目したいです。

森下、上野ら進学へ、オコエらプロ/志望進路一覧

 残念ながら決勝で負けてしまいましたが、上野投手が良かったですね。想像していたよりもずっと良かったです。将来ドラフト候補になるのかな?
 進路が掲載されていますが、森下投手も進学なのですね。プロだと思っていたので意外です。大学経由でドラ2以上の評価をもらえるかというとそうでもないように思うのですが、将来が不安なのかもしれません。

| | コメント (0)

2015年9月 1日 (火)

2015年ドラフト注目選手

 ついに、オリンピックのエンブレムが取り下げられました。パクリが噂された段階で予想されたことでしょう。どうやって収束させるのかという問題だったように思います。

 東芝がまたもや決算を発表できなかったようで。本当にどうしたもんでしょう? 上場廃止でも不思議ではないですよね。

 錦織くんが全米オープンで1回戦敗退してしまいました。個人的には責める気にならないなあ。スポーツはそういうものだと思います。勝つこともあれば負けることもある。


●2015年ドラフト注目選手

 今年は無茶苦茶ドラフトモードです。アニメをほとんど見ずにドラフトモードになっています。

 U18では、高橋純平投手(県岐阜商)や小笠原投手(東海大相模)に人気が集まるのはわかっていますし、オコエ選手が騒がれるのはわかっています。そのうえで、森下投手(大分商)、高橋樹也投手(花巻東)、勝俣選手(東海大菅生)、船曳選手(天理)に注目ですね。
 森下投手は外れドラ1~ドラ2、高橋樹也投手はドラ2~ドラ3、勝俣選手と船曳選手はドラ4~ドラ5と予想します。

 他に高校生で注目したい選手は、船曳選手のライバルの廣岡選手(智弁学園)、吉田投手(東海大相模)、専大松戸の原投手と渡邉大樹選手、柘植捕手(健大高崎)、渡辺巧選手(近大泉州)、九国大付の富山投手と山本選手あたりですね。多くは下位指名だろうな。廣岡選手と吉田投手は3~4位指名で良いと思います。小澤投手(日大三島)も注目らしいですね。150キロ投げるということは、2~3位かもしれない。
 面白いところでは黒瀬選手(初芝橋本)と山田大樹投手(菰野)かな?

 進学や就職する選手では、U18ですと成田投手(秋田商)と津田選手(浦和学院)、杉崎選手(東海大相模)、篠原選手(敦賀気比)あたりが面白いのかな? 他には、伊藤選手(関東第一)が気になっています。

 大学生は今永投手(駒沢大)、上原投手(明治大)、高山選手(明治大)、茂木選手(早大)あたりなのかな?
 最近、岡田投手(大商大)に注目が集まっていますね。大商大では、吉持選手も注目されています。
 他には、多和田投手(富士大)、熊原投手(仙台大)、吉田選手(青学大)、藤岡選手(亜大)、谷田選手(慶応大)、大城選手(立教大)あたりかな?
 個人的には、藤岡選手と大城選手に注目しています。3~4位かな?

 社会人はやはりわかりません。近藤投手(パナソニック)がドラ1候補らしい。

 独立リーグは徳島インディゴソックスの吉田投手と福永投手、香川オリーブガイナーズの松本投手が良さそうです。特に3軍が対戦した福永投手には注目しています。ドラフト2~3位じゃないかなあ?

 全般的に不作ですね。特に大学と社会人が小粒で即戦力が少ないです。

 「野手は走攻守揃った選手が上位指名されやすい」「一芸に秀でた選手はドラフト下位になりがち」「高校生の三塁手はドラフト下位になりがち」「外野手よりも二塁手と遊撃手の方が上位指名される」「野手よりも投手の方が上位指名されやすい」「投手は球速が速い方が上位指名されやすい」というのが基本的な見方です。
 また、各球団はマスコミを通じて、情報戦を繰り広げています。ブラフやデコイと呼ばれますが、嘘の情報を流して本当に獲得したい選手を隠す戦術が多いです。「地元優先」などのイメージを使って、その選手をブラフとすることもあります。残った選手の中でほしい選手を獲得していく戦法もあります。
 今年は不作なので、様々な情報戦、隠密行動が繰り広げられるのでしょう。非常に楽しみです。

 ホークスのドラ1は、現状、「小笠原投手:40%」「森下投手:40%」「今永投手:20%」という予想です。
 「左腕が不足しているので左腕を獲得したいだろう」「大学生よりも高校生が欲しいだろう」という理由になります。これだけですと小笠原投手の可能性が高いのですが、左腕は下位で獲得する戦術ですと、森下投手になるんですね。
 恐らく、昨年同様に高校生中心のドラフトになると思います。高校生3人、その他2人、育成4人かな? 育成は野手中心だと予想しています。


○ドラフト集計(パリーグ編)

 2014年までの規定投球回数や規定打席をもとに集計した結果を載せてみます。すっかりやる気をなくしていたのですが、最近ようやく復活してみようと思い立ちました。
 Wikipediaを利用して手作業で集計しているので、大いに間違っているだろうなと思うのですが、傾向は見えるのでは?

2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年合計
ソフトバンク7.9377.1983.5233.2862.0830.9170.45625.400
オリックス3.6354.6672.7641.9627.3811.6521.22223.282
日本ハム10.79610.7164.0995.2282.5483.4631.02937.881
ロッテ8.7948.0046.9163.1166.8871.9581.72937.403
西武3.0109.7094.31110.3632.7652.5350.62733.319
楽天12.3094.3372.8975.4914.7743.3631.52534.697

 やってみて思ったのは強さとは連動しないんですね。ただし、どれだけドラフトに頼っているのかは良くわかります。
 日ハムは高いだろうと思っていましたが、予想以上にロッテが高い。補強をドラフトに頼っているんですね。
 強さまで集計しようと思ったらWARとかになるのかなあ。難しいですね。

 そして、ドラフトの成否はわかりますね。高卒を考慮するに、6年以上経過して5ポイント以上ない年は失敗ドラフトでしょう。すでに結果が出ているのは、2007年と2008年ですね。2009年も4ポイントはないと厳しい。ホークスは2009年が失敗ドラフトみたいですね。

山口組分裂で激震! 芸能界の勢力図がひっくり返る日「ケツモチが弘道会の芸能プロは……」

 本当に山口組って分裂するのかな? 芸能界だけでなく政界にも影響しそうだし、影響の規模が想像できていません。極道の世界を全く知らないもので。
 警察も大変なんだろうな。これまで集めてきた情報やコネが使えなくなるのかもね。

「敗軍の将」の末裔が明かす大名家に伝わる極秘の言い伝え

 秀頼の墓が鹿児島(薩摩藩)にあったり、秀頼の遺児が大分(立石藩)にいたりということは知りませんでした。
 「羽柴姓を名乗らせた」はいよいよすごい話ですね。家老の長沢が切腹したというのもすごい話。本当だったら面白いですね。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »