« 感想:GAMBA ガンバと仲間たち | トップページ | ドラフト’15雑感 »

2015年10月19日 (月)

感想:映画『バクマン。』

 もうすぐドラフトなんですよね。うずうずしています。外れるのを分かっていて予想しちゃうのは、ドラフトオタクの悪い癖ですね。

 日本シリーズの相手は東京ヤクルトスワローズに決まりました。トリプルスリー対決ですね! 非常に楽しみです。打撃戦になるのか投手戦になるのかイメージできませんが、良い戦いをしてほしいものです。そして、ホークスが勝って欲しいですね!(笑)


●感想:映画『バクマン。』

 邦画の中でもかなりレベルの高い方じゃないかと思います。漫画への愛と遊び心に溢れた良い映画でした。

 一番良いのは省略の仕方だと思います。序盤の様々な説明をうまく処理していたと思います。下手な監督ならば原作通りやって説明セリフが増えてしまったのではないかな? サクサク省略していたので、テンポが良くて非常に見やすかったです。その分密度も濃くなっていたように思います。媒体が違えばそれなりに変更はありますよね。原作通りが正しいわけではない。

 しかし、この映画を見た人は誰もが感じるはずなのですが、1ヶ所だけ残念なシーンがあります。
 なぜか漫画のミュージカルっぽく、バクマンなのに戦闘しているの。それも背景がアニメーション。少しだけなら良かったのですが、ちょっと時間が長くて間延びしていたと思います。全体的にすごく良かっただけに、このシーンの残念さが目立っていたように思います。
 漫画を描いている実写をカット・インするだけで、だいぶ画面が引き締まったんじゃないかな?

 ヒロインの亜豆役の小松菜奈さんって、絶世の美女って感じではないし、声で選んだんでしょうか? 亜豆は声優ですし。すごく澄んだ良い声だなと思いました。現在の声優の本流の容姿ではないですが、こういうのも面白いですね。
 
 ちょうどいい塩梅に漫画家とか編集者という職業を描けていたように思います。職業映画としてレベルが高い。お互いに本音でぶつかっているのが好感を持てます。バクマンって思っていた以上に良い漫画だったんですね。

 監督は漫画を描いたことがあるのではないかなあ? 漫画の道具の選び方や背景などの指示の方法がわかっている感じがしたんですよね。
 背景に漫画を投影したり、簡単だけど印象的な演出も多かったと思います。演出がいちいち漫画への愛に溢れているように感じました。気のせいかもしれませんけどね。

 エンディングロールも遊び心が満載で非常に面白いですよ。原作者について知っていたらニヤリとできますしね。最後までじっくり見て楽しんで欲しい映画です。


○ドラフト予想

 私は投手はK/BB(奪三振÷与四球)で判断し、野手は守備位置と長打率(塁打数÷打数)で判断するのが良いと考えています。
 三振とホームラン以外は運の要素が絡むので、奪三振が多い方がいいですし。アマチュアはプロよりもストライクゾーンが広いので、与四球が多いと地雷の可能性が高い。従って、リーグのレベルも関係しますが、K/BBが高ければ信用できます。
 また、長打率は長打の確率ではなく塁打率なので、打率よりも正確に能力を知ることができます。長打率が高ければ、ホームランが多いか、足が速くて二塁打・三塁打になりやすいかです。アマチュアはプロよりもストライクゾーンが広いので、出塁率はあまり信用していません。長打率だけで十分だと思います。

 さて、今週ドラフトが行われます。例年こそこそ調べていましたが、今年はだいぶ全球団を予想できるようになってきたので、現時点の予想を公開してみます。と言っても、自信がないので1球団2人あげます(1人の球団もありますが)。
 今年はかなり難しいので、外れていても石を投げないでね。センバツのベスト8ですら当たらないので、こんなの当たるわけないと思っています。スポーツ新聞の調査力はすごいですわ。

楽天平沢大河内野手(仙台育英)
横浜今永昇太投手(駒沢大)小笠原慎之介投手(東海大相模)
オリックス吉田正尚外野手(青山学院大)岡田明丈投手(大阪商業大)
中日高橋純平投手(県岐阜商)
西武多和田真三郎投手(富士大)
広島上原健太投手(明大)岡田明丈投手(大阪商業大)
ロッテ多和田真三郎投手(富士大)オコエ瑠偉外野手(関東第一)
阪神高山俊外野手(明大)高橋純平投手(県岐阜商)
日本ハム高橋純平投手(県岐阜商)
巨人高山俊外野手(明大)熊原健人投手(仙台大)
ソフトバンク高橋純平投手(県岐阜商)小笠原慎之介投手(東海大相模)
ヤクルト高山俊外野手(明大)熊原健人投手(仙台大)

 今年は、巨人、ロッテ、ソフトバンクがさっぱり読めません。スポーツ新聞に掲載された情報は嘘かもしれないんですよね。
 分析した結果、巨人は優勝できないと即戦力を獲得する傾向がありました。ロッテは即戦力投手または外れ1位クラスの野手でした。ソフトバンクは高卒投手が多いです。
 従って、上記の予想となったわけですが、本当に難しいですよね。
 巨人とヤクルトが同じ選手を狙っているせいで、駆け引きが活発になっているように思います。

第12回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編

 『永山 勝アマスカウトチーフは「将来の柱は武田、千賀、松本(裕樹。14年1位)です」と言う。』と書かれています。
 今年の甲子園で、優勝した東海大相模を抑えた松本投手はひょっとするとかなりすごいのかもと思っていましたが、永山スカウトがこのように言っているのは驚きました。そこまで評価していたのか!

ホークスの圧倒的強さを支える「3軍」の正体

 非常にまとまった記事ではあるのですが、一冊の本で読みたいです。なぜ巨人やロッテが失敗してソフトバンクが成功したのか? 誰の発案なのか? 目的は何だったのか? 今後の目標は何か?
 非常に早い時期に3軍の有用性に気づいて注目していたので、思い入れが非常に強いです。最初はどうなるんだろうとドキドキして、軌道に乗るに従って面白さに気づき、3軍の選手が1軍で活躍するのを見てワクワクする。
 このような楽しみを与えてくれたことに感謝しています。本当に成功して良かったです。

「IGまで潰れたら、この国のヲタアニメやばいだろ…」 IG、2016年第1四半期プチ赤字も「だって攻殻つまんないもん」と妙に納得!?

 IGも赤字なのはきついね。アニメ業界が円盤依存から変わりつつあるのを感じます。と同時に、いくつかの制作会社が潰れるのかもしれません。怖いですね。

|

« 感想:GAMBA ガンバと仲間たち | トップページ | ドラフト’15雑感 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:GAMBA ガンバと仲間たち | トップページ | ドラフト’15雑感 »