« 松来さんが・・・ | トップページ | 感想:ガールズ&パンツァー 劇場版 »

2015年11月11日 (水)

三軍制のデメリット

 性格の良し悪しって点数化できないから難しいですよね。正直、相性の良し悪しではないかなと思っています。
 味の良し悪しのように、多くの人が性格が良いと判断した人は性格が良いのでしょう。点数化するとしたら『食べログ』のような感じ。あんな感じで性格を点数化したら……怖い世の中になりますね。飲食店が食べログを嫌がるのがよくわかります。

 婚活サイトへの登録から1年も経ってしまったらしく、契約終了するなら連絡しろ。連絡しないと継続するぞということらしいです。えー。
 最近進展がないので、もうちょっと続けるべきなのかもなあ。とは言え、どうやって婚活を進めていくべきか。もうちょっと頭の中を整理した方が良さそうです。

 先払いの店と後払いの店がありますよね。特に飲食店。どうも最近混乱しています(笑)。後払いの店で先払いと勘違いしてお金を払わず店を出て呼び止められました。
 寝起きはかなり自閉の状態がひどいと感じているのですが、その状態で外食するとやばいようです。
 先払いの店は食券制ですよね。その方がうまくさばけるのかな? 後払いの店よりも並んでいないように思います。逆に並ぶことで宣伝効果があるのかもしれません。どちらがいいのかはわかりませんが、メリット・デメリットがあり、それぞれの店で選択しているのでしょう。


ソフトバンク「三軍」出身者たちの矜持。トライアウトで見せた“再生工場”の力。
この世界で終わりたい。元ソフトバンク白根尚貴のトライアウト
坂井オーナー 若手育成について掛布2軍監督に相談

 阪神も三軍に興味があるようです。ソフトバンク、巨人に続いて三球団目の三軍創設になるのかな?

 さて、今回は三軍のデメリットについて書いてみたいと思います。
 当然メリットがあればデメリットもあるものです。

 白根選手が育成契約を拒否してトライアウト受験を選択したのも、デメリットのひとつでしょう。白根選手にとって育成契約は納得行くものではなかったのだろうと思います。
 育成ドラフトで獲得した選手は3年で、それ以外の育成契約の選手は1年ごとに、自動的に自由契約になります。白根選手は育成落ち(支配下から育成契約への変更)なので、今年は自動的に自由契約になります。
 従って、トライアウト受験は問題ありません。しかし、恐らくソフトバンクに戻れません。覚悟を決めてのトライアウト受験です。独立リーグでプレーするつもりもないようで、完全なる背水の陣です。

 選手枠があるので、育成枠の選手をすべて支配下契約することができません。取捨選択になります。三軍制になると、この取捨選択をするしかありません。白根選手はまだ育成枠の選手だと球団に判断されたのだろうと思います。
 球団としては、このようなケースも想定して、三軍を運営しなければなりません。ある程度選手を獲得しないと三軍制を維持できませんし、獲得し過ぎると有力選手を他球団に渡してしまう危険性があります。
 要するにバランスが重要ということでしょう。

 もうひとつ、ソフトバンクホークスが陥るかもしれないデメリットがあります。
 1流の選手がFAで抜けて、1.2軍クラスの選手が数多く残ってしまうことです。三軍制では選手がよく育ちます。しかし、1軍に出場できる選手は限られています。その結果、中途半端な選手で選手枠が埋まってしまう可能性があります。
 そうすると最下位にはならないかもしれませんが、そこまで強くはなりません。ドラフト・トレード・FAなどを活用して、一流選手をうまく育てる必要があります。これは三軍制を導入していない時と同じですね。そういう一流選手は贔屓して起用することになると思います。


半世紀ぶりの国産旅客機MRJが初飛行

 ようやくMRJが初飛行に成功しました。これをずっと待っていた!
 国産と言ってもエンジンは国産ではありません。しかし、この一歩がないと次に進めない。将来的にはエンジンも国産であって欲しいです。
 ホンダジェットは国産エンジンらしいですが、用途が異なりますしね。

 H2ロケットだって、最初は商売できると思われていませんでした。しかし、実績を残すに連れて、次第と評価も高まり、商売できるかもしれないところまで来ています。
 同様に、最初の一歩は小さいかもしれませんが、非常に大きな一歩だろうと思います。

 MRJが客を乗せて飛んだら一段落かな? それまでは見守りたいと思います。

君が好きだと叫びたい!てゆうか何度も叫んだ!

 ひだまり好きとしては、想定した程度の仲でほっとしました。(と言っても、私は「ひだまらー」ではない)
 そして、今回のことをきっかけに仲良くなれて良かったように感じました。
 結果は非常に残念でしたが。
 「皮肉だけど私達を近づけたのは病気です。」──最後に近づけて本当に良かったです。

 投薬とかを見るに、癌のような重大な病気だったのかな?
 LINEとは別に「友人グループ」があったようですね。愛されてたんだなあ。どういうメンバーなんだろうね。お別れのラジオがあるようなので、それを聞こうと思います。

 どうやら病院は広島のようです。みんな広島に見舞いに行っていたようですね。大変だったんだろうな。
 でも、誕生日会は都内だから、都内の病院のような気もする。この状態で広島から都内に来れないよね?

|

« 松来さんが・・・ | トップページ | 感想:ガールズ&パンツァー 劇場版 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松来さんが・・・ | トップページ | 感想:ガールズ&パンツァー 劇場版 »