« ドラフト’15雑感 | トップページ | 三軍制のデメリット »

2015年11月 3日 (火)

松来さんが・・・

 とりあえず日本シリーズに勝ててほっとしています。李大浩選手など外国人選手のおかげですね。もちろん明石選手なども活躍したんですけど。バリオス投手もうまく調子を上げてくれて良かったです。育成選手だったバリオス投手が日本シリーズの舞台で投げているって不思議ですね。

 山本武白志選手は横浜DeNAに育成で入団するようですね。大学進学という噂がありましたが、それは違ったらしい。入団すれば横一線。活躍すれば1軍のチャンスもあるはずです。体が大きいので頑張って欲しいものです。


病気療養中の声優・松来未祐さん死去

 突然の訃報を受けて、かなり大きなショックを受けました。
 後藤邑子さんが復帰できたから松来未祐さんも大丈夫だと楽観していました。
 ご病気は白血病かもしれないし、膠原病かもしれない。いずれ公表されるのだろうと思っていましたが、亡くなってしまったことを考えると、白血病だったのかもしれません。そして、決して公表されることはない。
 重い病気なんだろうな……肺癌や肺炎かもしれない。もはや想像するしかないです。

 私は松来さんを、恐らく声優としてはあまり意識していなくて、ラジオ芸人という印象が強いです。松来さんを意識したのは「ひだまりラジオ」からなのかもしれない。声は聞いているのにね。
 その後、後藤沙緒里さんに似ていると言われて多少声を意識するようになった感じです。

 知人が松来さんのお兄さんと友人だと聞いて驚いたり(笑)、学祭に行ったらサインが当たってしまったり(驚)、舞台を見に行ったり、うっかりCDを買ってしまったり、かなり楽しませていただいたように思います。

 最近は「結婚できないキャラ」で活躍していました。ずっと「結婚できないキャラ」を貫き通していましたが、結婚していたと私は思っています。そういう書き込みを見つけたことがありますし。
 しかし、現在の状況ですと、仮に結婚していたとしても公表は難しいのでしょう。
 もしも結婚していてそれを公表したら、多くの人に「おめでとう」と言われていたと思うんだよなあ。だから、やっぱり結婚していなかったのかな?とも思います。

 本名・松木美愛子のその名の通り、多くの人に愛された声優だと思います。そして、松来さんの意志は多くの声優さんに引き継がれると思います。引き継いで欲しいです。

 あらためて、心よりお悔やみ申し上げます。たくさん楽しませていただき、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

ありがとう


【小林至教授のスポーツ経営学講義】ソフトバンクはなぜこんなに強いのか 柳田、千賀を生んだ3軍での実戦経験

 三軍の運営費をざっくり計算して、1000万円×40人(選手30人+コーチ・スタッフ10人)=4億円。移動費や設備費などが1億円として、年間約5億円と考えていたのですが、小林至さんによると年間約3億円らしいです。
 かなり安い印象です。小林至さんでもいいし、他の方でもいいので、是非とも三軍について詳しい本を執筆して欲しいです。できれば新書が読みやすいかな?

○感想:あぶない一神教

 本書を読んでイスラム教に対する理解が多少進んだかな? イランがシーア派で、サウジアラビアはスンナ派のワッハーブ派でイスラム国もワッハーブ派なんですね。シーア派は少数で1~2割程度しかいない。大部分がスンニ派であるけど、それも国によってことなるみたいですね。
 「あぶない一神教」というタイトルですが、本書は一神教を理解して、あえて「あぶない」と過激な言葉を使っているように思います。

 神道に関しては、だいぶ対抗できるだけの理解が進んできたように思うなあ。多分、日本人は三位一体のうち父と子は理解できるんですよ。戦前でも、天皇は天孫だけど、人間だろうって薄々は感づいてたんじゃないかな? 恐らく、神であり人間であるところまでは理解できる。しかし、聖霊を理解できないのが日本人だと思っています。
 天皇は奇跡を起こしていない。唯一起こしているのが「神風」ですが、これはむしろ天皇というよりも日本という国土が起こしたと思っている。ということは、ひょっとして日本人の理解では、聖霊=日本列島だったりするんかな?
 日本で理解するには、「聖霊」って何になるんだろう? たぶん、私も理解できていないように思います。今のところ奇跡を起こす何か程度の理解なんだよなあ。

旭化成建材:データ改ざん、横行…親会社も責任認める

 例のマンションって、たまに行く映画館の近くらしいです。どの建物なんだろ?
 しかし、データ改ざんが横行していたのならば、被害はますます増えそうですね。旭化成という企業にとっても正念場に感じます。

SB、楽天、DeNAが指名の勝ち組?12球団の2015年ドラフトを完全採点!

 今回は評価がバラバラな気がします。週刊ベースボールの結果が出ているので、野球太郎が出揃ったら、並べて比較しようと思います。

 ソフトバンクの指名は去年からほとんど高校生なんですよね。三軍制になったら、よほどの逸材でない限り、4年前に指名した高校生の穴埋め指名になってしまうと思います。
 4年前は2011年ドラフトで、武田翔太、吉本祥二、白根尚貴、釜元豪という面子です。吉本投手と白根選手が育成落ちしているので、ドラフトで大学生を獲得するのかと思いましたが、育成枠での獲得にとどまりました。
 いくら三軍があって層が厚くても、高校生ばかりの指名は危険性もはらんでいるように思います。単純に成功率が低いからですね。しかし、ホークスは伝統的に高卒野手の成功率が高い。
 そして、最近は大卒投手が成功していない。2012年は大卒を獲得して大成功と言われたドラフトですが、現状は結果を残せていませんしね。結果的に、高卒ばかりで問題ないということだろうと思います。

 今回、印象に残ったのは、ヤクルトの指名とソフトバンクの指名でした。
 リストって、次のパターンのどちらかだと思っています。

☆パターン1

右投手左投手捕手内野手外野手
1位①X ③Z②Y
2~3位①A ④D③C②B⑤E
4~5位②Q ⑤T③R①P④S

☆パターン2

右投手左投手捕手内野手外野手
①a ③c ⑥f②b ⑦g⑧h⑤e④d

 「パターン1」は1位2~3位4~5位とグループ分けするイメージ。指名順によっては1位2位3~4位5~6位という感じでグループ分けします。
 「パターン2」はグループ分けしない方法。こちらの場合は、同じ欄に選手が多くなりすぎてわかりにくいように思います。恐らく「パターン1」の方が好まれるのではないかな?

 どちらのパターンでも守備位置ごとに必要人数を確保したら終了だと思います。守備位置はもしかすると右打者・左打者も分類されているのかもしれません。内野手でも遊撃手は特別かもしれませんしね。

 ヤクルトの1位指名は、高山選手→原投手でした。そして、その後のコメントを見るに、次のリストのイメージだと思います。多分、外れ1位を用意していないんですよ。2位の最上位選手(=原投手)を外れ1位として指名した印象です。

右投手左投手捕手内野手外野手
1位①高山俊
2~3位①原樹理

 ソフトバンクのリストはこんな感じなんだろうと思います。廣岡選手をヤクルトに指名されたから、谷川原捕手を繰り上げ指名したと考えています。小澤投手が残っていなかったら、ひょっとすると廣岡選手を2位で獲得したんじゃないかと思っています。左腕を3位で確保という選択もあったかもしれません。
 よほど小澤投手と谷川原捕手が魅力的だったということでしょう。

右投手左投手捕手内野手外野手
2~3位①小澤怜史②廣岡大志
4~5位①谷川原健太

 楽天がドラ2で熊原投手を選択せずに吉持選手を選択したのも、似たような理屈だと思います。プロスカウトのリストがわかったら、より面白いんだろうなと感じたドラフトでした。

|

« ドラフト’15雑感 | トップページ | 三軍制のデメリット »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラフト’15雑感 | トップページ | 三軍制のデメリット »