« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月22日 (火)

なぜホークスは高卒選手を指名するのか?

 サンフレッチェは強かったのかもね。3位はすごく立派な成績だと思います。
 バルセロナは案の定すごく強いしなあ。3-0ってサッカーでは大差ですよね。力の差があるということ。

 台湾WLは優勝できなくて残念でした。勝負どころでの継投失敗とバント失敗は痛いですね。
 ホークスの選手は個々に課題が見つかっただろうと思うので、来年はそれを消化できて活躍につなげられたらいいですね。
 巨人の岡本選手はさすがの活躍でした。ホークスの各選手も岡本選手並に活躍して欲しかったな。しかし、目標ができた感じで良かったのかもしれません。

 ドラフト評価を別指標で構築したいのですが、結構難しいですね。大変な作業になるのがわかっているので躊躇しているというのが本音です。でも、それを乗り越えて、どの球団のドラフトが成功しているのかを正確に把握したいなあ。RCWINとRSWINでも使ってみようかと思います。WARでも良いけど、データを探すのが大変そう。


●なぜホークスは高卒選手を指名するのか?

 ソフトバンクホークスはこの2年間のドラフトで、育成ドラフトを除いて、10人の高卒選手を指名しています。本指名は全部で11人(昨年5人、今年6人)なので、11人中10人が高卒選手です。今年は6人全員が高卒選手でした。これは近年では驚異的な高卒選手の割合でしょう。
(1970年代と1980年代は高卒選手だけのドラフトも多いようです。高卒選手6人ドラフトは巨人が1983年ドラフトで行っていますね)

 最も大きな理由は選手層でしょう。同じ年齢の選手は3~4人程度いたら十分です。選手層を見ると一目瞭然だと思うので、どの年代にどのような選手がいるのか表で示してみます。
 括弧は育成枠の選手で、★は2015年ドラフト指名選手です。

☆投手

年度投手(右投)投手(左投)
1988バリオス山田
1989岩嵜嘉弥真
1990東浜・二保・スアレス飯田・(伊藤祐)
1991大卒社会人加治屋・森・(石川)(川原)
1992千賀・岡本・星野・(伊藤大)島袋・坂田
1993大卒武田・(吉本)(★児玉)
1994高卒社会人笠原
1995(東方)
1996松本・(柿木)笠谷・(斎藤)・(山下)
1997高卒★高橋・★小澤・(★野澤)・(★中村晨)(★渡辺)

 大卒社会人と大卒に関しては1個上の世代が厚いです。従って、緊急性はなかったということでしょう。補強したかったのは先発と中継ぎ左腕だろうと思います。
 しかし、中継ぎ左腕に関しては、島袋投手と坂田投手に期待したのかもしれません。ドラフトでの獲得は児玉投手だけでした。
 中継ぎ右腕も2年前の社会人ドラフト、加治屋投手と岡本投手が控えています。スアレス投手も良さそうですし、伊藤大投手や吉本投手にもチャンスがあるかもしれません。
 そう考えると、先発がほしかったということになります。高橋投手と小澤投手の獲得は、将来を見据えた良い指名なのかもしれません。
 選手層から予想するに、来年は大卒投手を上位で獲得するように思います。笠原投手だけというのはいささか寂しいものですし。

☆捕手

年度捕手(右打)捕手(左打)
1988
1989
1990(張本)
1991大卒社会人拓也斐紹
1992
1993大卒(★樋越)
1994高卒社会人
1995
1996(堀内)栗原
1997高卒★谷川原

 木下捕手の獲得が予想されましたが、斐紹捕手と拓也捕手の世代なんですよね。年代がかぶりすぎかもしれません。
 このところの傾向は、左打ちの捕手を数多く指名していることですね。去年は栗原捕手を、今年は谷川原捕手を指名しました。目指すは阿部捕手なのかな?
 ここ2年で4人獲得しているので、来年は捕手の獲得はないのかもしれません。

☆内野手

年度内野手(右打)内野手(両打)内野手(左打)
1988(李杜軒)
1989
1990猪本(河野)高田
1991大卒社会人今宮
1992牧原
1993大卒
1994高卒社会人
1995(曽根)
1996古澤
1997高卒★茶谷・★黒瀬★川瀬

 大卒内野手がちょうど欲しいように思ったのですが指名がありませんでした。右打者の長距離砲がいないからでしょう。そこで高校生の右打者を2人(茶谷選手と黒瀬選手)獲得しています。
 来年は大卒か高卒社会人の内野手を指名するのではないかと予想します。

☆外野手

年度外野手(右打)外野手(左打)
1988福田・柳田
1989塚田中村晃
1990
1991大卒社会人
1992
1993大卒釜元
1994高卒社会人真砂
1995上林
1996(幸山)(金子将)
1997高卒

 外野手は、柳田選手、中村晃選手、福田選手がいるうえに、さらに下の世代も釜元選手、真砂選手、上林選手がおり、補強が不要です。
 高卒選手も育成枠も指名がありませんでした。外野手が充実しすぎているので、塚田選手も内野に再転向するかもしれません。
 来年は1~2人程度は獲得があるかもしれませんが、よほどのことがない限り上位指名はないでしょう。

 戦力が充実しており、欲しい選手がいなかったために、高卒ドラフトとなったように思えます。来年戦力が不足した場合はトレードで補うのでしょうね。

 三軍制で大卒を指名しにくい事情はあると思います。大卒を指名しても、特に野手はなかなか使いにくいんですよね。しかし、白根選手がDeNAに移籍した影響で来年はもう少し大卒指名にシフトするのではないかと予想します。高卒でも移籍する選手は移籍するんですよね。


東芝、家電大幅縮小…最大赤字で7800人削減

 東芝がここまでダメになると予想していませんでした。完全に読み間違いですね。あと数年は我慢するしかないなあと思います。覚悟は決めました。

| | コメント (0)

2015年12月15日 (火)

感想:天孫降臨の夢―藤原不比等のプロジェクト

 はやぶさのスイングバイのチェックを忘れていました。スイングバイ中を実感したかったな。

 羽生君がすごいですね。(将棋の羽生さんもすごいのですが)
 別次元の演技になっていて、日本人がこの領域に立つことがあるんだと不思議に感じています。男子体操や卓球、バドミントンなど活躍できている選手が多いので、今後もチェックして見どころは押さえておきたいです。

 サンフレッチェが強いですね。Jリーグがプレーオフを採用した効果かもしれません。サンフレッチェはレッズに選手をとられている中でよく勝てるチームを作れるものです。育成が良いんでしょうね。
 私は現行プレーオフは嫌いです。J2のプレーオフも嫌い。
 J1は16チームが良いと思っているし、プレーオフするならば、3シーズン制で1st優勝+2nd優勝+3rd優勝+通年勝率最上位(優勝チームを除く)かな? 秋から始めるために導入したという話を聞いてなるほどと思ったんですけどね。
 J1とJ2の入れ替えは個人的には2チームが良いです。3チームにするなら入れ替え戦をホーム&アウェイでやってほしいです。J2を盛り上げるために6位まで参加できるのでしょうけど、すぐにJ2に戻っちゃうからね。

 イスラム国の問題は、国民国家(ネイションステート)と宗教国家(=イスラム国)の戦いに見えています。
 国民国家はナショナリズム(民族主義)をもとに成立しており、民族(国民)が最重要になります。それに対してイスラム原理主義(宗教至上主義の方がいいかも)では、民族よりも宗教の方が重要なのです。だから、イスラム教の国がほしい。民族で区切られた国境線や、ましてやキリスト教国が人工的に区切った国境線は不要ということなのでしょう。
 ナショナリズムは良くないと言われることが多いですが、国民国家であり、国があり国境がある以上、ナショナリズムは無縁ではいられません。しかし、イスラム国はそれを破壊したいわけです。「イスラム教>民族」というのがイスラム教です。
 立憲主義では憲法が絶対ですが、イスラム教の国々では憲法よりもイスラム法が重要だったりするわけです。
 逆に、キリスト教の国々で「民族>キリスト教」というのが不思議なのかもしれません。A国とB国が戦争していて、互いに「おお、神よ」と祈ってるわけですしね。
 イスラム国は「既存の国という概念を破壊する」のが目的と考えると比較的分かりやすいような気がしています。
 宗教至上主義では、かつての日本がそうだったように、政教分離なんて不可能です。戦前の日本は神道を宗教にしないことで回避したわけですけど、イスラム教にそれは不可能でしょう。
 イスラム教の国々で知恵を出すしかないのでしょうけど、国民国家がキリスト教により生まれているというのが問題なのでしょう。イスラム教なりの国民国家と憲法が必要なのだろうと思います。


●感想:天孫降臨の夢―藤原不比等のプロジェクト

 「聖徳太子はいない」というのは最近良く知られていることですが、それをこれでもかと証拠を上げて書いています。正直、久しぶりに衝撃を受けてしまいました。聖徳太子がいないだけでなく、十七条の憲法もなければ、仏教伝来の時期すら怪しいということのようです。読んでいくに従って本当に怪しいと思える説得力に脱帽です。

 用明天皇・崇峻天皇・推古天皇などが天皇ではなかったということに関しては少し疑問があります。事実上の権力者が蘇我馬子であろうことは同意なのですが、天皇(大王)になると権力を振るえないのが日本です。従って、形だけでも大王を置いたのではないかと思います。その上で、本来はありえないことを蘇我氏はやっているということを印象付けたかったのではないでしょうか? その本来ありえないことを指して、天皇ではないというのは少し乱暴かなという感想です。

 欽明天皇が蘇我氏の一族だったという考え方は受け入れ難いように思います。血筋的には完全に蘇我氏ではありません。従って、藤原氏が行った方法と同じで、取り込んでいただけじゃないかな?
 天皇の血筋が巫女として重要ということならば、蘇我馬子が王として君臨してしたのも納得できます。蘇我氏と物部氏の争いは、結局のところ大王(天皇)の地位の問題だったように思います。蘇我氏が勝った結果、王として君臨した。
 しかし、乙巳の変というクーデターで大王が王位に返り咲いた。
 乙巳の変がクーデターであることは明らかでしょう。乙巳の変は、蘇我氏勢力とアンチ蘇我氏勢力の争いではないと私も考えています。というのも、蘇我氏の中にも天智天皇サイドの人物がいるからです。蘇我石川麻呂や蘇我赤兄などです。石川麻呂の子孫は後に石川氏を名乗ったようです。
 クーデターの原因は、本書にあるように外交政策の違いかもしれませんが、大王の立ち位置問題もあるように思います。現在は天皇が国家元首ですが、蘇我氏時代は天皇が国家元首ではなかったということでしょう。

 蘇我馬子の母が恐らく葛城氏で、蘇我氏がその地盤を受け継いだのでしょう。さらに藤原氏が蘇我氏の地盤を受け継いだように思えます。藤原氏も天皇という権威を残しつつ、国家元首なのかは曖昧にして、天皇を一機関にしてしまったのだと思います。やっていることは蘇我氏とそんなに変わらないかな?

 私は「スサノヲ=蘇我氏」なのではないかと思ってたりします。祟りを恐れたとかで、神をでっちあげた感じですね。そして、蘇我氏は出雲出身だと考えています。出雲の前は朝鮮半島出身で、そのせいで渡来人(高句麗人)と仲が良いという妄想。
 このあたりの理屈の強化にはなりませんでしたが、蘇我氏のイメージはちょっと具体的になったように思います。

 いくつか納得いかないところもありますが、本書はかなり説得力があります。

 天武天皇はそこそこ有能だと考えていただけに、無能説は目からうろこでした。確かに何もしてなさそうです。持統天皇の方が圧倒的に有能だったのですね。

 奈良の大仏をつくった理由として、中学時代に「長屋王の祟りを恐れたから」と答えたのですが、いまだに間違っていないと思っています。天然痘という話ですが、藤原四兄弟が相次いで死ぬという、相当ひどい伝染病が蔓延した時代です。当時とすると「祟り」としか考えられないでしょう。漫画で得た知識だったので、中学生の当時はうまく説明できなかったのですが、本書を読むに多少上手く説明できそうな気がします。

 最後に書かれている、天孫降臨神話の捏造は、夢がないので捏造であってほしくないです。せめてそういう神様がいてほしいなあ。
 ところどころ適当に作ったような神様がいるので怪しいのは確実です。でも、脚色はあるにしても、本筋はそういう神話があって欲しいかな。
 結局、いつ作ったのかという話でしかないのでしょうが、藤原不比等が作ったとなるとちょっと味気ないように思います。


○感想:暗黒物質とは何か 宇宙創成の謎に挑む

 本書を読んで、ようやく「暗黒物質」のイメージが分かりました。
 現在わかっている物質と相当に反応しにくいのですね。そして、質量が大きくて遅い物質。宇宙にまとわりついている物質のようです。

 「ニュートリノ」とはどういうものか、「ニュートリノ振動」とはどういうものかなどかなり丁寧に解説されています。難しいけど、大学時代に知っていたら、もう少し素粒子と向き合えたかもね。
 カミオカンデやスーパーカミオカンデ、XMASSの仕組みも丁寧に解説してくれています。よくこのようなプロジェクトを遂行できるなと関心。予算や法律など、門外漢な分野も多いでしょうに、完成にこぎつけられるのはすごいです。
 スーパーカミオカンデでは、ニュートリノに質量があることの他に、ニュートリノの速度まで調査できていたのですね。非常に大きな成果だと感心しました。

 こういう本を読んでいると、「スピン」について良く分かっていないと気づきます。スピンで右向きや左向きと言ってもひっくり返したら同じですし、1/2とかどういうスピンなのかわからないように思います。
 わかったつもりだったエントロピーも新書を読むと目からウロコだったので、スピンについてもそういう新書が刊行されて欲しいと思います。

軽減税率、「外食を除く食品全般」で自公合意

 ベーシックインカム派の私からすると、軽減税率導入は大敗北です。「給付付き税額控除」が良かった。
 公明党と自民党の勝利ですね。公明党の巻き込み方と自民党の思い切りの良さに脱帽です。
 外食を除くという割り切りもまともで、非の付け所が難しい。民主党は攻撃が大変だろうと思います。
 新聞も軽減税率の対象となるようで、要求が通ったということはますます自公贔屓になることでしょう。
 2021年からはインボイス方式も導入するようで、本気で軽減税率を導入するのだなと感じています。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »