« 感想:天孫降臨の夢―藤原不比等のプロジェクト | トップページ | 2016年 迎春 »

2015年12月22日 (火)

なぜホークスは高卒選手を指名するのか?

 サンフレッチェは強かったのかもね。3位はすごく立派な成績だと思います。
 バルセロナは案の定すごく強いしなあ。3-0ってサッカーでは大差ですよね。力の差があるということ。

 台湾WLは優勝できなくて残念でした。勝負どころでの継投失敗とバント失敗は痛いですね。
 ホークスの選手は個々に課題が見つかっただろうと思うので、来年はそれを消化できて活躍につなげられたらいいですね。
 巨人の岡本選手はさすがの活躍でした。ホークスの各選手も岡本選手並に活躍して欲しかったな。しかし、目標ができた感じで良かったのかもしれません。

 ドラフト評価を別指標で構築したいのですが、結構難しいですね。大変な作業になるのがわかっているので躊躇しているというのが本音です。でも、それを乗り越えて、どの球団のドラフトが成功しているのかを正確に把握したいなあ。RCWINとRSWINでも使ってみようかと思います。WARでも良いけど、データを探すのが大変そう。


●なぜホークスは高卒選手を指名するのか?

 ソフトバンクホークスはこの2年間のドラフトで、育成ドラフトを除いて、10人の高卒選手を指名しています。本指名は全部で11人(昨年5人、今年6人)なので、11人中10人が高卒選手です。今年は6人全員が高卒選手でした。これは近年では驚異的な高卒選手の割合でしょう。
(1970年代と1980年代は高卒選手だけのドラフトも多いようです。高卒選手6人ドラフトは巨人が1983年ドラフトで行っていますね)

 最も大きな理由は選手層でしょう。同じ年齢の選手は3~4人程度いたら十分です。選手層を見ると一目瞭然だと思うので、どの年代にどのような選手がいるのか表で示してみます。
 括弧は育成枠の選手で、★は2015年ドラフト指名選手です。

☆投手

年度投手(右投)投手(左投)
1988バリオス山田
1989岩嵜嘉弥真
1990東浜・二保・スアレス飯田・(伊藤祐)
1991大卒社会人加治屋・森・(石川)(川原)
1992千賀・岡本・星野・(伊藤大)島袋・坂田
1993大卒武田・(吉本)(★児玉)
1994高卒社会人笠原
1995(東方)
1996松本・(柿木)笠谷・(斎藤)・(山下)
1997高卒★高橋・★小澤・(★野澤)・(★中村晨)(★渡辺)

 大卒社会人と大卒に関しては1個上の世代が厚いです。従って、緊急性はなかったということでしょう。補強したかったのは先発と中継ぎ左腕だろうと思います。
 しかし、中継ぎ左腕に関しては、島袋投手と坂田投手に期待したのかもしれません。ドラフトでの獲得は児玉投手だけでした。
 中継ぎ右腕も2年前の社会人ドラフト、加治屋投手と岡本投手が控えています。スアレス投手も良さそうですし、伊藤大投手や吉本投手にもチャンスがあるかもしれません。
 そう考えると、先発がほしかったということになります。高橋投手と小澤投手の獲得は、将来を見据えた良い指名なのかもしれません。
 選手層から予想するに、来年は大卒投手を上位で獲得するように思います。笠原投手だけというのはいささか寂しいものですし。

☆捕手

年度捕手(右打)捕手(左打)
1988
1989
1990(張本)
1991大卒社会人拓也斐紹
1992
1993大卒(★樋越)
1994高卒社会人
1995
1996(堀内)栗原
1997高卒★谷川原

 木下捕手の獲得が予想されましたが、斐紹捕手と拓也捕手の世代なんですよね。年代がかぶりすぎかもしれません。
 このところの傾向は、左打ちの捕手を数多く指名していることですね。去年は栗原捕手を、今年は谷川原捕手を指名しました。目指すは阿部捕手なのかな?
 ここ2年で4人獲得しているので、来年は捕手の獲得はないのかもしれません。

☆内野手

年度内野手(右打)内野手(両打)内野手(左打)
1988(李杜軒)
1989
1990猪本(河野)高田
1991大卒社会人今宮
1992牧原
1993大卒
1994高卒社会人
1995(曽根)
1996古澤
1997高卒★茶谷・★黒瀬★川瀬

 大卒内野手がちょうど欲しいように思ったのですが指名がありませんでした。右打者の長距離砲がいないからでしょう。そこで高校生の右打者を2人(茶谷選手と黒瀬選手)獲得しています。
 来年は大卒か高卒社会人の内野手を指名するのではないかと予想します。

☆外野手

年度外野手(右打)外野手(左打)
1988福田・柳田
1989塚田中村晃
1990
1991大卒社会人
1992
1993大卒釜元
1994高卒社会人真砂
1995上林
1996(幸山)(金子将)
1997高卒

 外野手は、柳田選手、中村晃選手、福田選手がいるうえに、さらに下の世代も釜元選手、真砂選手、上林選手がおり、補強が不要です。
 高卒選手も育成枠も指名がありませんでした。外野手が充実しすぎているので、塚田選手も内野に再転向するかもしれません。
 来年は1~2人程度は獲得があるかもしれませんが、よほどのことがない限り上位指名はないでしょう。

 戦力が充実しており、欲しい選手がいなかったために、高卒ドラフトとなったように思えます。来年戦力が不足した場合はトレードで補うのでしょうね。

 三軍制で大卒を指名しにくい事情はあると思います。大卒を指名しても、特に野手はなかなか使いにくいんですよね。しかし、白根選手がDeNAに移籍した影響で来年はもう少し大卒指名にシフトするのではないかと予想します。高卒でも移籍する選手は移籍するんですよね。


東芝、家電大幅縮小…最大赤字で7800人削減

 東芝がここまでダメになると予想していませんでした。完全に読み間違いですね。あと数年は我慢するしかないなあと思います。覚悟は決めました。

|

« 感想:天孫降臨の夢―藤原不比等のプロジェクト | トップページ | 2016年 迎春 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:天孫降臨の夢―藤原不比等のプロジェクト | トップページ | 2016年 迎春 »