« 2016年 迎春 | トップページ | 公開処刑(SMAP謝罪会見) »

2016年1月13日 (水)

感想:傷物語 I 鉄血篇

 サッカーの東福岡は強かったですね。久々に強い東福岡でした。フィジカルを鍛えたのが功を奏したようです。

 スターウォーズも見てきたんですが、エピソード4~6をあまり見た記憶がない。見たことはあるのでしょうが、覚えていません。構成やVFXなどはエピソード1~3よりも面白かったです。
 レイ役のデイジー・リドリーがかわいいのかな? ちょっとこじるりっぽさがあるような気がしたけど気のせいだろうな。
 年配のファンが多いことに配慮したシーンがあって、そこは強調しなくても良いなあと思ったり。

 ようやく真田丸を見ました。結構良いように思いました。配役が良い感じ。高木渉さんも活躍できそうじゃん。楽しみにしたいと思います。結局、戦国時代が好きなようです。

 鉄血のオルフェンズはOPとEDが変わりましたね。このアニメはかなり好きなのですが、敵の強さが表現されていないのが残念です。初代ガンダムにしろ、ドラゴンボールにしろ、セーラームーンにしろ、敵が強いじゃないですか。
 味方がボロボロになって、そこから反撃して、カタルシスをゲットみたいな感じが理想です。「俺TUEEE」は大好きだけど、「敵YOEEE」は嫌いなんですよね。「敵TUEEE」からの「俺TUEEE」をやってほしいです。


●感想:傷物語 I 鉄血篇

 傷物語を見てきました。「鉄血篇」ってガンダムですか? 鉄血が流行ってたんかな?
 三部作らしく序盤なんですよね。何を書いてもネタバレになりそうだなあ。とりあえず、阿良々木君と主要キャラの出会いで終わっています。
 「そうやって阿良々木君が不死身になったのね」という感じで、「面白い」というよりは「なるほど」って思いました。
 短すぎるので、正直なところ二部作で良いように思います。前後編ならばバランスは良かったのでは?

 シャフトの演出は映画よりもテレビに向いてそうです。映画になってよく動いているのですが、よく動いているように見えない(笑)。テレビでよく動いて見えるように最適化されているんだろうな。
 映画用の演出をシャフトが見つけられることを願います。そうしたらアニメの技術が一歩進みそうな気がします。

 この映画を見たら、キスショットの声優の変更は当たりだったのではないかと思えてきました。熟女キスショットを平野綾が演じたらどうだったのかな?(以前のテレビシリーズで熟女キスショットは出てきているのですが)

 とりあえず完結までは付き合うつもりです。そういうファンは多いと思うので、アニプレックスは安心していいよ(笑)。
 映画商法は結局当たりなんだろうな。このところテレビアニメが少し低調になっているのが残念です。


DAIGO、プロポーズはKSK 北川景子とツーショット結婚会見

 みんなに祝ってもらえる理想の結婚という感じよなあ。情報の出し方も結婚の時期も理想的じゃなかろうか?
 そもそもDAIGOが感じ良すぎるんよね。キャラ付けはしているけど、それでも好青年というのはにじみ出てるし。

 男性ファンの場合、相手の男が相応ならば反発しないものらしく、逆に女性ファンの場合は相手の女が良い女であるほど反発するらしいんよね。DAIGOファンの女性ファンがそこまで多くなかったから落ち着いているんかな?

SMAP解散へ!木村拓哉以外ジャニーズから独立

 ジャニーズが分裂するのかな? ジャニーさんやメリーさんが亡くなった後に分裂するのかもしれないと思っていたものの、想像以上に早かったですね。SMAP以外にも女性マネージャーについていく人はいるものと思います。
 SMAPには学生時代お世話になったので、お疲れ様って心境です。森君が帰ってくるところがなくなっちゃったなあ。

○感想:「空気」の研究

 「空気」の研究をようやく読み始めました。

 「空気」が日本人特有のものだとは思えません。そうじゃないと、キリスト教社会で十字軍が起きたり魔女狩りが起きたりナチスドイツが生まれたりしないように思うんよね。空気をムードとしている箇所があるけど、海外にもそういうものはあるはずだと思っています。
 世界情勢では顕著で、現在は北朝鮮に対して空気を読めと世界が思っているし、帝国主義は終わりかけてたので太平洋戦争では日本は空気を読めない側だったように思います。

 しかし、日本はより「空気」が支配しやすい。私は「水を差す」側の人間なので、というか空気に流されるのが嫌いな方なので、強くそれを感じます。
 日本では過半数を超えると途端に正義になるんですよね。代表的なのが地デジやETCかな? 利用者が5割を超えると空気が変わる(笑)。少数派になりたくないから、多数派になりたいから、一気に流れるんですよね。

 日本教という意味においては、以下を追加してもよいかなと思います。

一、知人を助けよ(知人でなければ助けなくてもよい)
一、感情移入を尊ぶべし。あらゆるものに感情移入せよ
一、偶像崇拝せよ。偶像を絶対視せよ
一、全会一致であれ(和を以て貴しとなすかな?)
一、換骨奪胎せよ

 本書で驚いたのは、イタイイタイ病の原因がカドミウムではないらしいことですね。空気でそう決まってしまったのかも。

 本書で「空気」とはこれだというところまでは定義できていないように思うので、継続して調査が必要かなと思います。同時に「水を差す」研究も必要かもしれません。

軽減税率は低所得層の味方なのか?

 軽減税率は低所得者層に有利ではないのです。それがすべて。高所得者の方が食品にかける金額が大きい。従って、高所得者の方がメリットが大きい。公明党がなぜ軽減税率にこだわったのか、非常に疑問です。低所得者の味方ではなかったのか?
 消費税が低所得者層に不利というならば、一律同じ金額を還付すればよかったのです。ばらまきと批判されることを嫌うのでしょうが、還付と言えば日本人はなぜか納得する。消費税還付ではダメだったのかな?

|

« 2016年 迎春 | トップページ | 公開処刑(SMAP謝罪会見) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2016年 迎春 | トップページ | 公開処刑(SMAP謝罪会見) »