« 感想:傷物語 I 鉄血篇 | トップページ | 文春無双 »

2016年1月20日 (水)

公開処刑(SMAP謝罪会見)

 今年最初の雪が低い空から舞い落ちる♪

 忙しくて体力が落ちていたのと、急に寒くなったせいで、体調を壊して寝てました。起きたらSMAPが謝罪会見してた。かなり驚きました(笑)。

 「アイドルはやめられない」んですね。「夢は夢で終われない」んですね。一連の騒動で、操り人形も大変だなあと思いました。やっぱり芸能事務所が強すぎますわ。


SMAPのメンバーは「俺たちより社畜」なのか? 「今年のブラック企業大賞はジャニーズで決まりだな」の声も
SMAPは昨日死んだ! そして裏切り者はやっぱりキムタクだった! メリー氏が自ら“木村家にお呼ばれ”を告白

 芸能界はやくざだなあと思うと同時に、日本の会社っぽさ(いわゆる社畜っぽさ)もあったように思います。やっぱり日本社会は多かれ少なかれ極道なんじゃね?
 アーツビジョンの松田社長のときも感じたのですが、芸能事務所はタレントを矢面に立たせるんですよね。不思議な慣習だなあ。通常の業界では、こういうときは経営者(社長や幹部)が謝罪するんですよね。そこは特殊だと感じました。

 謝罪会見を受けて、「SMAP存続」というニュースが流れましたが、会見では一言も「存続する」とも「解散しない」とも言っていません。ジャニーズ事務所がマスコミに情報を流したのでしょう。
 今回の騒動では、スポーツ新聞、特にスポニチは大本営発表を行っていますね。ジャニーズ事務所の機関誌になっていて面白いです。

 正直、私はSMAPが解散するものと思っていました。
 時系列を追うと、今回の結末はジャニーズの思惑通りでもなさそうなんですよね。

 まず、登場人物を整理したいと思います。
 ジャニーズはジャニー社長と、その姉のメリー副社長が二大巨頭らしいです。そして、メリー副社長の娘のジュリー副社長とSMAPのマネージャーの飯島さんが次期社長候補。また、木村拓哉さんの妻が工藤静香さん。この程度が私の把握している登場人物です。

 今回の事件は、端的に言えば、飯島さんの「クーデター失敗」です。

 事の起こりは、去年の週刊文春に掲載されたメリー副社長のインタビューのようです。メリー・ジュリー親子と飯島さんが対立していたようですが、この記事でメリー副社長は飯島さんに直接「対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう」と言ったとのこと。

 これをきっかけに、飯島さんとSMAPの独立への迷走が始まります。

 独立するために受け皿となる芸能事務所を探したり、新しい仕事を取りに行ったりしたようです。その過程で、SMAPはパラリンピック支援団体「日本財団パラリンピックサポートセンター」の応援役に就任しています。

 しかし、木村拓哉さんがジャニーズ事務所にとどまろうとします。ジャニーズサイドが仕掛けたのか、木村さんサイドが仕掛けたのかはわかりませんが、私は工藤静香さんが仕掛けたのではないかと思っています。それに、メリー副社長と木村拓哉さんが乗った。
 工藤静香さんとしては収入を減らしたくない、木村拓哉さんは工藤静香さんに同調。ジャニーズ事務所は木村拓哉というタレントを手放したくない。そんなところではないかな?

 その動きを飯島さんと4人は知らずに、独立へ突き進みます。しかし、木村さんを通じて情報は筒抜け。紅白での司会やトリでもめた結果、完全に決裂してしまいます。(その結果、トリを近藤真彦さんがつとめることになった模様)
 ジャニーズ事務所としては4人を追い出そうとしたんだと思います。

 飯島さんは受け皿を探したものの、木村さんのいない4人のSMAPを受け入れてくれるところがなく頓挫してしまったようです。
 万策尽きた状態ですが、4人の中には芸能界を引退していいと思っていたメンバもいるんじゃないかな?

 メリーさん・工藤さん・木村さんは、SMAPは解散で4人を追放というシナリオを描いていたと予想します。
 だから、スポーツ新聞に情報をリークして記事を書かせた。

 しかし、分裂・解散にはならなかった。ファンの声も大きかったのですが、政界が解散を望まなかったようです。ジャニーズ事務所としては、不本意ながらSMAPを続けるしかなくなった。追い出したいのに追い出せない。

 そこで、公開処刑です。

 カメラの横か後ろに、メリー副社長かジュリー副社長がいたと予想しています。
 ファンに謝罪している台本ですが、4人が謝罪している相手はメリー副社長です。

 草彅さんの「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、今、僕らはここに立てています」というのがすべてだろうと思います。謝っている相手はメリー副社長ですけど。
 そして、香取さんの「笑顔を作っていきたい」が4人の心境そのものだろうと思います。

 誰が悪いというわけでもないけど、芸能界の闇を生放送できるジャニーズ事務所ってすごいなと思いました。(金屏風事件はよく知りません)

 しかし、メリー副社長も89歳らしいです。女帝が亡くなれば、第2ラウンド(夏の陣かな?)が始まるのではないかと予想しています。そして、ジャニー社長とメリー副社長が倒れた時に、ジャニーズ帝国が終焉する可能性は高いように予想します。

 ジャニーズ事務所が断末魔の叫びを発したときに、案外、工藤静香さんが女帝に君臨するのかもしれないと感じています。今回の動きを見るに、そういうしたたかさは持ってそうです。

 日本の芸能界に労働組合がないために起きた謝罪会見のように感じます。芸能事務所が異常に強すぎて、タレントが操り人形になっている。このグロテスクなアイドルの状況は、「クール・ジャパン」ではなく「グール・ジャパン」かもしれないよ。何らかの法律で縛れないものなのかな?


私たち、同人ゲーム作ります! 『ステラのまほう』のTVアニメ化が決定

 ステマと言われそうなタイトルですね。
 『SHIROBAKO』以降、このような作り手のアニメが増えている印象です。部活ものから仕事ものに移行したんかな? 『なれるSE』のアニメ化はまだ? 今がチャンスじゃね?

“芥川賞”本谷有希子氏、アニメ声優は「もうやらない」 『彼氏彼女の事情』に出演

 声優経験者が芥川賞。カレカノ声優が芥川賞ですよ。すごいすごい。
 本谷さんの小説は読んだことないんだよなあ。気にはなっているんですけどね。

台湾総統選 民進党の蔡氏が圧勝 初の女性総統に

 民進党の蔡英文さんが次の総統に選ばれたようです。民進党は日本びいきなので日台関係は少し改善しそうな気がします。
 しかし、蔡英文さんを萌えキャラにしたようで、台湾は日本を超えたような気がしています。萌え文化を受容しすぎ(笑)。
 ひまわり学生運動で若者の政治参加が進んだようで、台湾も危機感を持っているんだなと感じています。

 中国の影響は大きいので、政治の舵取りが非常に難しいでしょう。下手をすると中国に飲み込まれるが、中国を敵に回したら経済が悪くなる。つかず離れずの程良い関係を目指すのかもしれません。

|

« 感想:傷物語 I 鉄血篇 | トップページ | 文春無双 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:傷物語 I 鉄血篇 | トップページ | 文春無双 »